※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ループ実装! ゴンさんを守れ! ◆Olivescz6Q





 ◇ ◇ ◇


 先刻、ランサーと龍昇ケンの二人を相手に、苦戦もせず優位に立ったゴンさん。
 しかし現在の彼からは、その際の圧倒的なパワーは見て取れなかった。
 未来を捨てるという危険な誓約と制約により授かった力は、ほんの数時間も経たぬうちに消え失せてしまったのだ。
 硬く鍛え抜かれた筋肉は衰えてしまい、太く強固だった骨は穴だらけ、分厚く張りのあった肌は全面に皺が刻まれている。

 ――そしてつい(終)に、立つことさえままならなくなった。

 受け身も取れず地面に身体を叩き付けても、地面の冷たささえ感じなかった……――


 ◇ ◇ ◇


 脳内に響く自身のため息、胸中から聞こえる「もう終わりだな」の声。
 無言で帰り始める細胞達の中、ゴンさんの思考を司る脳ミソは独り地面で泣いていた。
 G・Iで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる仲間たち・・・
 それを今のバトル・ロワイアルで得ることは殆ど不可能と言ってよかった。
「どうすりゃいいんだ・・・」ゴンさんは悔し涙を流し続けた。
 どれくらい経ったろうか、ゴンさんははっと目覚めた。
 どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい地面の感覚が現実に引き戻した。
「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」ゴンさんは苦笑しながら呟いた。
 立ち上がって伸びをした時、ゴンさんはふと気付いた。

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
 地面から飛び出したゴンさんが目にしたのは、東ゴルトー共和国を埋めつくさんばかりの観客だった。
 千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにキメラアント討伐隊の応援歌が響いていた。
 どういうことか分からずに呆然とするゴンさんの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた。
「ゴン、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返ったゴンさんは目を疑った。
「モ・・・モラウさん?」  「なんだツンツン頭、居眠りでもしてたのか?」
「ネ・・・ネテロ会長?」  「なんだゴン、かってに会長を引退させやがって」
「カイト・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた。
 1番:キルア 2番:シュート 3番:ナックル 4番:ネテロ 5番:モラウ 6番:ゴン 7番:メレオロン 8番:パーム 9番:ノヴ
 暫時、唖然としていたゴンさんだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった。
「勝てる・・・勝てるんだ!」
 ビスケからグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走するゴンさん、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

 翌日、ベンチで冷たくなっているゴンさんが発見され、多村と村田は病院内で静かに息を引き取った。

 ◇ ◇ ◇



 ジュラルの魔王とヴェルタースオリジナルのおじいさんが倒れ伏したゴンさんを発見したのは、まったくの偶然であった。
 「目的地? 気にするな!!!」というあてもないクセに偉そうな魔王に、ただただヴェル爺がついてきただけだったのである。
 いまにも呼吸が消え入りそうなゴンさんを前に、ヴェル爺は狼狽する。
 何せ、このような不愉快な催しで人が死ぬなど、あってはならない存在なのですから。
 それに、ヴェル爺にとって名も知らぬ初対面の人間とはいえ、誰かにとっては大切な存在なのですから。

「ま、魔王さん!」
「落ち着くのDA!!!!」

 落ち着けとの内容に反して、魔王はヴェル爺の四倍のエクスクラメーションマーク分叫んで、さらに続ける。

「いまから命令をすりゅ!
 貴様に支給されたあの道具を私に渡すのDA! 若貴!?」

 その言葉を受けてようやく、ヴェル爺は自身の支給品を思い出した。
 もちろん、甘くてクリーミィで素晴らしいキャンディではない。
 移動をしつつ確認した際に出てきた道具のことだ。
 説明書を読んでも使い道はよく分からなかったが、このような事態では役に立つのかもしれなかった。
 倒れているゴンさんは薬を嚥下する力もなく、そして手術を行うような大それた道具はないが、あの道具ならばもしもということもありうる。

 『リピート機能』という、あの道具ならば――

「魔王さん、これですね」
「んむ」

 リピート機能を手にした魔王がゴンさんの元に歩み寄っていくと、同じくしてゴンさんが吐血をした。
 思わず息を呑んだヴェル爺に向けて、魔王が声を荒げる。

「この肉体、地球人にしてはかなりのもの。我が配下となるに相応しい!
 治療に成功すれば、この殺し合いの脱出に一歩どころか五歩は近付く! まだまだ諦めるぞ!」

 発言に脈絡がない気がしたが、ヴェル爺は触れないことにした。
 余計な会話をするほど、事態に猶予はないのである。

「これより、接続すりゅ!」

 かけ声とともに、魔王はゴンさんの胸部にリピート機能を押し当てる。
 すると体内にリピート機能が沈んでいき、ついに肉に飲み込まれて見えなくなってしまう。

 ――そのとき、『リピート再生』が発動した。

 衰え切っていたゴンさんの肉体が、一瞬にして殺し合い開始直後の鍛え抜かれたものに戻ったのだ。
 いまにも喪失しかけていた意識も同時に覚醒し、幸せな夢はたちまち霧散する。
 完治した自身の両手を眺め、ゴンさんは目を丸くした。
 怪訝そうな表情を浮かべながら上体を起こすと、浴びせられたのは魔王の哄笑であった。

「ンハッハッハッハ! 一見大成功!!」

 やたら高い鼻が天に向けられるほど、魔王はのけ反って笑っている。
 その姿を見て、ゴンはゆっくりと手を伸ばした。

「First comes rock……」
「んん? 握手すりゅのか? ハハハ、殊勝なことだ! 死人同税のお前を救ったのは、この俺」
「Scissors」

 魔王の高慢な言葉は、そこから先が告げられることはなかった。
 彼の首は、ゴンさんの『チー』――二本の指から伸びた刃状の念により斬り落とされたのだ。

「Aiko is……」

 物言わぬ魔王の亡骸から、ゴンさんがヴェル爺へと視線を移す。
 念を知らぬヴェル爺にも、硬く握られた拳から次の攻撃を想像することができた。

(私のおじいさんがくれた初めてのお仕置き。
 それはゲンコツで、私は四歳でした。
 その拳は硬くてペインフルで……
 こんな酷いお仕置きを受ける私のしたことは、きっととても悪い行動だったのだと感じました)

 一歩ずつ、確実にゴンさんはヴェル爺に歩み寄っていく。
 ゴンさんの拳を覆うエネルギーもまた、見る見る光度を増していく。

(いまでも私は、お仕置きをされる立場。
 いまから喰らうのは、もちろんげんこつ。
 なぜなら、私は――)

 ゴンさんが足を止め、拳を大きく振りかぶった。
 そのゆっくりとした動作は、相手を決して逃がさないという自信の表れだ。
 事実、ヴェル爺に逃げる気力などなかった。
 自信の過ちを理解し、罰を受ける覚悟を固めているのだ。

「このような怪物がいるというのに、身の程を知らず殺し合いを止めようとした……悪い存在だからです」

 ――ボ。



【ジュラルの魔王@チャージマン研! 死亡確認】
【ヴェルタースオリジナルのおじいさん@ヴェルタースオリジナル 死亡確認】


【E-08 森林/1日目 黎明】

【ゴンさん(ゴン=フリークス)@HUNTER×HUNTER】
[状態]:回復、ループ実装
[装備]:チェーンソー(頭の毛に絡まってる)@ジェイソンさんシリーズ、リピート機能(胸部)@ニコニコ動画
[道具]:基本支給品×2、ヴェルタースオリジナル一袋@現実、ランダム支給品(1~4)
[思考・状況]基本:カイトを生き返らす。
1:その為に優勝する。
※参戦時期はゴンさんになってから右腕を失う前です。



【支給品紹介】


【リピート機能@ニコニコ動画】
ヴェルタースオリジナルのおじいさんに支給された。
終わると始まりに戻る。

sm30:真夏の夜の淫夢!グレイト・クレイジー・ティロフィナーレ 時系列順 sm32:ホテル「早速人ですか……」
sm30:真夏の夜の淫夢!グレイト・クレイジー・ティロフィナーレ 投下順 sm32:ホテル「早速人ですか……」
sm22:ボ【ゴンさん】 ゴンさん sm:38ゴンさんは滅びんよ、何度でも蘇るさ
sm07:優しい魔王 ジュラルの魔王 GAME OVER
sm07:優しい魔王 ヴェルタースオリジナルのおじいさん GAME OVER
村田修一 GAME OVER
多村仁志 GAME OVER




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー