※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヨシヒコ


グレーテルに支給された。
DDTプロレスリングに所属するプロレスラーである。通称「地獄の墓堀人形」「魔界の人形」「オランダ・バッドアス」。
また、WWEのバックヤードにてDDTのビデオを観て大絶賛していたという「カート・アングルが認めた男」でもある。


なんとなく想像が付いているかもしれないが、ヨシヒコの正体はダッチワイフ。
故にキャッチコピーが「~人形」「オランダ~」となっている(ダッチは英語で「オランダの~」の意味)。
人形であるために動くことは出来ない。そのため、対戦相手にはとてつもないプロレス脳を求めることになる。
実際、TAKAみちのく選手はヨシヒコ選手にクラッチをさせる際に背中向きに肩関節が逆になった状態でクラッチさせるというミスを犯している(実況では「ルーズジョイント」「脇固め系が効かない」とフォロー)。
だが、プロレスラーのスキルにより、人形と戦っていると思えない熱い試合を見せ、観客も次第に人形であることを忘れるという。
特技は人形であることにより、常人には出来ない空中殺法を見せることが出来ること。場外への高々と舞い上がる「6次元殺法」のプランチャー、
(ディーノが投げつけることによる)超高速のムーンサルトプレスなどで観客を沸かせている。
ただし、空気で膨らませる人形であるが故に壊れやすいのも欠点。攻撃で頭を潰されたり、相手選手によって場外へと投げ飛ばされたときに、
会場の階段や椅子に引っかかって損傷することもしばしば。
KO-Dタッグ選手権ではオランダ・バッドアスで復活するも片腕が取れ、内蔵の風船が飛び出す(村田アナいわく「放送できない状態」)というボロボロ状態になった。
ちなみに、体重は空気を含めて約500グラムであるが、リングコールでは何故か2パウンド(約900グラム)となっている。
(以上、ニコニコ大百科より抜粋)






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー