※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

希望の船 ◆FbzPVNOXDo



「……誰も来ねえ」

ぶっきらぼうに祐子は呟く。
殺し合いが始まってから第一回放送を向かえ、つい先ほど第二回放送が終了した。
主催側から明確にはされていないものの、今までの定時放送は6時間毎に行われている。
そしてたった今その第二回放送が終了した。

6×2=12

つまり12時間、1日24時間だからその半分。なんとゆっこは半日近く死体と糞ウザイ変なロボット以外とは遭遇していない事になる。
一体何処の誰が、目立つからドームに人が居るなどとほざきやがったのだろう。

「あちゃーあたしゃ知りませんよ」

分かってる。悪いのは自分だ。
あんな浅はかな考えが悪かったのは百も承知だ。
そうと分かってはいるが、バリカンの態度がウザく感じてしまうのはしょうがない事なのかも知れない。

「それよりも、禁止エリアを確認した方がいいんじゃない?」

バリカンに言われてはっとした。
そうだ。人に会う以前にまずはそちらを確認するべきだ。
人と会うと目標を掲げた所で、禁止エリアに入ってドンッというのは避けたい。

別の紙にメモしたエリアと実際の地図を照らし合わせて見る。
なんともまあバラバラに禁止エリアを指定したものだ。

「 ? また海が禁止エリアになってる…」

思い返せば、前回はJ-6、A-4、C-1と三箇所も海が禁止エリアに指定されていた。
当時はあまり気にしていなかったが、また今度は二箇所、H-1、B-9が禁止エリアとなっている。
果たしてこれは偶然なのだろうか。海なんて早々参加者が集まるような場所じゃない。
なら、別の場所を指定した方が効率はいい気もするが…。

「誰か海水浴でもしてるんでゲスか?」

海水浴?
まさか、誰か海を泳いで殺し合いから脱出でもしたんじゃ。

(――いや、待って…)

更にこの時、裕子に電流走る。
泳いで脱出。それなら海を禁止エリアに指定する辻褄は合う。
いや冷静に考えれば、海を泳いで島から脱出なんておかしいが気にしない。
ならば、裕子も同じく海から脱出出来るのではないか。
無論、裕子には泳いで島からの脱出など不可能。


――だが、あるではないか。


海を渡るにはもってこいの船が。



「豪華客船エスポワール…」



客船と書いてある以上、エスポワールが船である事に間違いは無い。
つまり、エスポワールさえ確保すれば裕子も殺し合いから脱出する事は可能。

「でも、問題は距離…」

エスポワールのあるエリアはここからかなりの距離があるH-1。
しかも、これから約二時間後に禁止エリア指定されている。

(間に合う…かな)

全速力で走っていってもギリギリ間に合うか間に合わないかだろう。
だが、これを逃せば次に何時好機が巡ってくるか分からない。

(これは…希望の船…逃すわけには行かない…!!)

拳を握り。息を大きく吸い。そして吐く。
そして一度頬を両手で叩き気合を入れた。

「行こう! バリカン!!!」
「え? 何処へ?」
「エスポワールだよ!」
「エ゛ェー!?」

【A-07 ドームですよ!ドーム!/1日目・日中】

【相生祐子@日常】
[状態]:健康、死への恐怖とそれに伴う悲しみ、若干希望を持ちつつある
[装備]:バリカン
[道具]:基本支給品、一本満足バー×28inファミマの袋@アサヒフードアンドヘルスケア、
バトルロワイアルガイドブック@ニコロワγ
スポンジボブ@ハッキョーセット、でかいきんのたま@ポケットモンスターBW
キチガイレコード@チャージマン研!
[思考・状況]
基本行動方針:殺し合いには乗らない
0:エスポワールへと向かってみる
1:研君を探しに行きますか
2:危険地帯…恐るべし…!
3:もっといい道具が欲しかった
4:研君の そこにシビれる 憧れる
5:なのちゃんに続く新しいロボットの知り合いができて嬉しい
6:………死にたくないよ
※ジュラル星人と研の関係、泉家の家族構成を簡単に知りました。
※精神がわずかに不安定になっている可能性があります。
※民家の地下でニコニコ危険地帯を発見しました


【バリカン@チャージマン研!】※意思持ち支給品
[状態]良好、首輪なし、愛称で呼ぶ程度にはゆっこを信頼
[思考]
基本行動方針:ゆっこと一緒に研を探す。見つけたら保護してもらう。
0:何か胡散臭そうな船でゲス
1:ゆっこと行動。
2:終わったらゆっこがジュラル星人の存在を知らない事について話し合う
※機能に何らかの制限が課せられているかもしれません。
※ゆっこの交友関係を軽く知りました。
※星君を警戒対象に入れてないのは、彼がジュラルであることを知らないからです
※参戦時期は最終回よりも前のどこか。魔王については面識があるか見たことはあります


共通:ガイドブックで見逃している箇所があるかもしれません。



sm127:第二回定時放送 時系列順 sm129:真実
sm127:第二回定時放送 投下順 sm129:真実
sm111:ひとりぼっちは、寂しいもんな 相生祐子 sm130:何だ!ルシフェルっていい奴じゃん!




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー