※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シュワシュワする… ◆OIsh.EERos




サーニャ・V・リトヴャクがこの会場に飛ばされ、まず始めたのは、固有魔法を用いての周囲の探索だった

彼女自身、殺し合いに乗るつもりは毛頭に無いが、他の参加者もそうかと言えばそれは違う。多分、いや間違え無く殺し合いに乗り他者を殺めようとする輩は居るだろう。
だが逆に、殺し合いに乗らず、打破しようとする者も少なからず居る筈である。出来る事ならその様な者達と合流出したいと言う考えからだ

結果 二つの事が解った。

一つ目は、近くに人の気配は無い事。広い会場だ。それは仕方無いだろう
問題は二つ目だ。探索出来る範囲が著しく狭まり、魔力消費が僅かに増加している様に感じる。
大方 主催が何らかの仕掛けを施したのだろう。そう結論付け、一先ず魔法の使用を中断した。

次に彼女がは、手荷物の確認を始めた。正直主催者側の用意した道具に頼るのは癪だが生き残る為には、これに頼らざる得ないからだ。

最初に出てきたのは、透明で柔らい容器に入った液体だった。栓を開け 匂いを嗅ぎ 軽く口に含んでみた所どうやら只の水らしい。
それに続き 地図とランタン、方位磁石、パン、時計に筆記用具、そして真っ白な紙が出て来た。多分この紙が時間が経てば名前が現れると言う名簿なのだろう。


今は何も書かれてないこの紙に彼女の名が現れる迄、彼女が生きている保障は無い。―――が、少なくとも彼女は、生き延び この殺し合いを打破するつもりでいた。


続いて取り出されたのは、バッグの容量を明らかにオーバーした黒い大砲。付属されたメモによると★Rock Cannonと言う武器らしく。丁寧に使い方や性能についても記されていた。
その大きさに少し驚いたが、とりあえずこれで、最低限の戦闘はこなせるだろう

次に出て来たのは、白い枠の中に美しい龍が描かれた一枚のカード。これには、詳しい使い道が記されて居ない為、とりあえずは保留する事になった。

そして最後に出てきたのは、又も容器に入った液体だった。しかし先程と違い 色は黒く 赤いラベルが巻かれている。
これは一体何なのか?それが解らない為、とりあえず蓋を開けてみる事にした

――――これが主催者側からの罠とも気付かずに………

華奢な指に力を込められ、蓋が捻られた瞬間、――――悲劇は起きた

突如、容器から泡立った黒い濁流が吹き出し、一切の容赦も慈悲も無く 彼女の顔面を的確に捉えたのだ。瞬きする間も無い一瞬の出来事に成す術は無く。彼女は見るも無惨な姿に変わり果て………。
闇夜の静寂と 中身を殆ど失った容器だけその場に残された……

【サーニャ・V・リトヴャク@ストライク・ウィッチーズ 死亡!?】残り69人










まぁ

「………なに、これ?」

そんな事は、無かったんだけどね!!

【サーニャ・V・リトヴャク@ストライク・ウィッチーズ 生存確認】残り70人



【F-5/一日目・時間】
【サーニャ・V・リトヴャク@ストライク・ウィッチーズ】
[状態]:健康、全身コーラまみれ、魔力消費(微)
[装備]:★Rock Cannon@ブラック★ロックシューター
[道具]:メントスコーラ(空)@コーラを開けるとメントスが落ちるトラップの作り方、スターダスト・ドラゴンのカード@遊戯王5D's
[思考・状況]:殺し合いには乗らずゲームを打破する
1、知り合いが居れば合流する
2、ストライカーユニットとフリーガーハマーが有れば入手したい
3、殺し合いに乗ってない参加者が居れば合流したい
4、身体中のベタベタをどうにかしたい





sm00:オープニング 時系列順 sm02:男の名は反逆者
sm00:オープニング 投下順 sm02:男の名は反逆者
サーニャ・V・リトヴャク sm43:Little Witch in Moonlight ~月の女神よ、どうか今だけは小さな魔女に月光の祝福を~




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー