※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

見せてやるよ……暗殺者の意地って奴をよぉおおおお!!!!! ◆czaE8Nntlw氏




「…よし、とりあえずはこんなもんか。」

総統閣下ことアドルフ・ヒトラーはデイパックを見下ろしながら呟いた。
彼がデイパックに詰め込んだ戦利品は大量のマンガと本、それに台所で発見した食料。役に立ちそうな物を持っていこうと放送終了後に民家を探索した結果である。
何より有り難かったのはこの緑色の生物の使い方を記した説明書が見つかったことだ。説明書によればこの生物も武器に分類されるらしい。

(だからってホイホイ使う訳にもいかんだろ……常孝。)

問題はそこである。
この生物はそれ自身が爆発する事で武器となる。故に、一度しか使用できないのだ。襲われたからといって早々に使ってしまえば後で必ず詰む。一応予備として包丁は調達したが、それだけでこの先生きのこれるとは到底思えない。
それに何というか愛着のような物もある。可愛さの欠片もない外見だが、味方のいない状況で一緒に行動していれば自ずと絆も芽生えるものだ。もちろん自分の身が危険なら躊躇なく使うつもりではあるが。
いずれにせよ、まだ手持ちの武器では不十分と言わざるを得ないだろう。

そこでこの大量のマンガの出番だ。
変わった名前の施設を見た時やギルガメッシュとの遭遇時に感じた違和感。まさかとは思ったが適当に本棚から本を選び、参加者名簿(幸か不幸か自分の知り合いはいなかった)と照らし合わせると……
「相生祐子」「イカ娘」「鹿目まどか」そして「ギルガメッシュ」。
ざっと見ただけでもこれだけの名前が該当する上、ギルガメッシュに至っては本の挿絵と全く同じ人物がこの会場に存在する。
これらの事実から察するに、信じ難いがマンガやアニメの人物が参加している可能性がある。もしその人物が危険な思想を抱いていた場合、彼らの弱点や性格を把握しておくことで自分に有利な状況を作り出せるかもしれない。仮に危険人物でなくとも情報が多いに越したことはないのだ。
ちなみにDVDやBDはプレーヤーがなければ使えないので放置してある。

(それにしても…あれだけ本を詰め込んだのに全く重さが変わらないのはどういうことだ?これも謎、か…まぁいい。とにかく今はこれからの指針を固めよう。)

膨らんだ様子のないデイパックを眺めながら閣下は再び頭を回転させる。

(この6時間での死亡者は16人。何故かは分からんが同じ奴の名前が二回呼ばれてたから実質15人。つまり1時間に2人以上のペースで死人が出てる、と。かなりの参加者が殺し合いに乗っている可能性が高いな。いずれにせよ、早く誰かと合流しないと危険か。徒党を組んでれば当座の安全は保障されるだろう。それに…)

閣下は手元のノートを開き放送後に分かった事、放送や名簿の不可解な点を書き込んでいく。

(これだけ情報があればマーダーと遭遇してもどうにかなるかもしれんな。殺し合いに乗った奴を上手く操ってこちらの味方に付けるのも一つの手か……。
あとは名簿に“知的な犯人”と書かれていた「右代宮譲治」なる人物も気になる所だが、とにかく誰かと合流しよう。情報交換すれば奴が何者か分かるかもしれん。)

閣下はノートを閉じてデイパックに滑り込ませると、玄関のドアに手を掛けた。






暗殺者がサーヴァント、ハサン・サッバーハは走っていた。
彼は皆殺しという目的の為、他の参加者を捜し求めてひたすら走り続ける。
今までにも数名の参加者と遭遇してはいたのだが、残念なことに参加者を減らすのに貢献してくれそうな強者ばかりだったので殺害は見送っていた。つい先程も異様な風体で凄まじい殺気を放つ参加者がいたが、彼との遭遇も避けて一路北へと移動する。

勘違いしてはいけない。
これは逃げたのではなく、見送ったのだ。
ただ他の参加者を減らすのに貢献してくれそうだから見逃してやっただけである。
見るからにヤバそうな奴だから隠れてやり過ごそうとか、強そうだから戦わずに逃げよう等という卑劣な考えでは全くない。
なぜならアサシンの長にしてダンスマスターであるハサンが本気を出せばこの場にいる全員を殺害することなど雑作もないのだから。

とはいえ、とハサンは足を止めて周囲を見渡す。先の放送で読み上げられていた死者は16人。何故か同じ名前が二回呼ばれていたがこの際それは無視する。
暗殺者たる自分が何も出来…しなかった間にホイホイ殺し合いが進行するのも気に入らない。ここらで一人くらい殺しておかなければ“噛ませ”だの“サラマンダー”だのといった不名誉な二つ名を付けられかねない。

(そろそろ本気を出すとするか…手頃な獲物がいれば良いが。)

手頃な獲物(決して弱そうな奴の事ではない)を求め徘徊するハサン。不用意に姿を晒さないよう細心の注意を払いつつ、建物の影を移動していく。
丁度その時耳障りな音と共に向かいの民家の扉が開き、冴えない風貌の中年男が姿を見せた。首輪を付けている事から彼も参加者の一人らしいが、見るからに一般人である。おまけにこちらに自分が隠れているとは全く気付いていないようだ。
間違いない、今なら殺れる。
…しかし、先程の女のような見た目からは想像出来ない能力の持ち主であることも否定できない。反撃の隙を与えずに一撃で仕留めるにはナイフでは心許ない。
ならば、これを使うまで。本来ならば近代兵器は好まないのだがこの状況で贅沢は言っていられない。
ハサンはデイパックから得物――――ウィンチェスターライフルを取り出すと、中年男の眉間を正確に狙って引き金を引いた。


さて、ここで豆知識。
ハサンに支給された得物、ウィンチェスターライフルは銃身とストックに切り詰め加工の施された“ランダルカスタム”という改造品である。
この改造は嵩張るライフルの携行を容易に出来る反面、反動が大きくなり命中精度が大幅に下がるという欠点がある。
その為、右代宮家の皆様のような熟練者でなければ狙い通りの場所に当てるのはかなり難しく、素人が撃った所でまず当たらない。
そんな代物を伝説の暗殺者とはいえ、近代兵器とは無縁の戦い方をしてきたハサンが使えばどうなるか。

当然のことながら弾丸は全く見当違いの場所へ飛んで行き……
派手な音と共に民家のガラス窓を砕け散らした。

「あるぇ?」

信じられないといった表情で立ち尽くすハサン。そんな彼を余所に、獲物は絶叫しながら逃げ出す。

「畜生めぇぇぇぇぇぇ!!!!姿も見せずに他人を狙撃する奴なんか大嫌いだぁぁぁぁぁぁ!!!」
「あ!ま、待て!!」

鈍った身体に鞭打ちながら全力疾走する中年と未だ誰も殺せぬ暗殺者。
不毛な鬼ごっこの勝者はどっちだ!?

【D-09 森林/一日目・朝】

【総統閣下@総統閣下シリーズ】
[状態]:疲労(小)
[装備]:出刃包丁@現実
[道具]:基本支給品一式+?(クリーパーの説明書)、大量のマンガと本、カイジの地下王国豪遊セット(ポテチ、チーちく、肉じゃが、ビール×4)@逆境無頼カイジ 破戒録編
[思考・状況]
基本行動方針:生きて祖国に帰り可能であるのなら二次元に行く。打倒主催。
0:とにかく狙撃手から逃げる
1:情報収集。首輪の解析
2:主催者どもは必ず倒すが、具体的な作戦及び行動方針はこれから考える。
3:この生き物…中々頼りになりそうじゃないか。
4:メイトリックスと譲治を警戒……?
5:青鬼とレーザー、およびそれを発射した「何か」を警戒。
6:本に出てきたキャラやギルガメッシュが参加者……?
[備考]
※出典はあくまで総統閣下シリーズ、現実や最後の十二日間での真面目な独裁者ではありません
※サブカル知識も豊富ですが、なんらかの制限がかけられている可能性があります
※ギルガメッシュ他、数人の参加者について情報を得ました。
※アカツキ電光戦記の世界を知りました。
※別の世界から呼ばれたのだとギルガメッシュから聞きましたが半信半疑です。
 ただし、本や考察を通して考えが変わりつつあるようです。
※総統閣下のノートには今まで見聞きした事のまとめや考察が数ページにわたって書いてあります。
※クリーパーの説明書を読みました。
※総統閣下の持ち出した本やマンガの詳細は次の方にお任せします。ただしDVDやBDは持ち出していません。


【クリーパー@マインクラフトシリーズ】
[状態]支給品、首輪なし
基本行動方針:総統についていく、総統の合図で爆発する


【アサシン@Fate/Zero】
[状態]:右腕を負傷(中)
[装備]:ウィンチェスターライフル(6/7)@うみねこのなく頃に
[道具]:基本支給品一式、十六夜咲夜のナイフ×29、不明支給品0〜1
[思考・状況]
基本:参加者の皆殺し、主催者も殺す。
1:中年(閣下)を追いかけて殺す。
2:そろそろ本気出す。
3:あの金髪の女(四条雛子)は絶対に殺す。
4:ランサーのマスターは確実に殺す。


【ウィンチェスターライフル@うみねこのなく頃に】
アサシンに支給。右代宮楼座の得物。
ウィンチェスターM1894というレバーアクションライフルの銃身とストックを切り詰め、拳銃サイズにまで小型軽量化したもの。
携行性が向上しており狭い場所でも振り回しやすくなってはいるが、強力な反動と極端に短くされた銃身のおかげで遠距離での命中精度はまず期待出来ない。
これを完璧に使いこなせるのは楼座おばさんを始めとする右代宮一家だけである。
45ロングコルト弾を使用し、装弾数7発。

【出刃包丁@現実】
刃渡り15センチ程度の一般的な包丁。アドルフ・ヒトラーが民家にて調達した。





sm75:恐怖の終わり/恐怖の誕生 時系列順 sm78:スルーに定評のある……
sm75:恐怖の終わり/恐怖の誕生 投下順 sm77:ロストメモリーズ~失われた想い
sm46:私達はまだ本気出してないだけ アサシン sm83:ま、まだ本気出した訳じゃないから……
sm49:暴いておやりよアドルフ・ヒトラー アドルフ・ヒトラー sm83:ま、まだ本気出した訳じゃないから……




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー