HEROES of Might and Magic @Wiki

■ Heroes 7
基本情報

■ Heroes 6
基本情報
攻略メモ
│ └ キャンペーン攻略
├ データ
│ ├ ユニット解説
│ ├ スキル
│ │ ├ マイト
│ │ ├ マジック
│ │ ├ 派閥スキル
│ │ ├ クラススキル
│ │ └ ヒーローの攻撃
│ ├ 建物
│ └ メインヒーロー
日本語化

■ Heroes 5
基本情報
操作方法
├ 攻略
│ ├ ゲームシステム
│ └ キャンペーン攻略
├ データ
│ ├ アーティファクト
│ ├ 魔法
│ ├ ヒーロー
│ ├ ユニット解説
│ ├ スキル・アビリティ
│ │ └ 種族能力
│ └ 建物
└ タウン
  ├ Haven
  ├ Inferno
  ├ Necropolis
  ├ Dungeon
  ├ Academy
  ├ Sylvan
  ├ Fortress
  └ Stronghold

■ Heroes 4
基本情報
├ 攻略
│ └ ゲームシステム
├ データ
│ ├ クラス
│ ├ 魔法
│ ├ 建物
│ └ スキル・アビリティ
└ タウン
  ├ Haven
  ├ Necropolis
  ├ Academy
  ├ Asylum
  ├ Prezerve
  └ Stronghold

■ Heroes 3
基本情報

■ Heroes 2
基本情報
ユニット

■ Palm Heroes
基本情報


アクセス: -

Admin:M2


HoMM5 > Fortress

基本情報

派閥 Fortress(フォートレス)
ヒーロー Runemage(ルーンメイジ)
魔法ギルドに優先的に現れる魔法 光魔法破壊魔法
安価な大型兵器 バリスタ(Ballista)

ヒーロー

ルーンメイジのレベルアップ時の能力値上昇確率
主要能力値 攻撃力 防御力 魔力 知識
上昇確率 20% 30% 30% 20%
ルーンメイジのレベル21時点での期待値
主要能力値 攻撃力 防御力 魔力 知識
期待値 4 7 8 6
ルーンメイジのスキル上昇確率
スキル 固有スキル 攻撃 防御 リーダーシップ 行軍 運勢 兵器術 習得 魔術 闇魔法 破壊魔法 光魔法 召喚魔法
上昇確率 10% 8% 15% 8% 2% 8% 15% 8% 2% 2% 10% 8% 4%

バックグラウンド

標語 血盟
好きな色 鮮赤と鉄灰色
崇拝しているもの 炎竜アルカス
思想 屈服は恥。汝を誇れ。一族と故郷,そして誇りを守れ。常に家族を庇え。
国名 山麓の王国グリムヘイム
首都 炎が轟く要塞トルミルダル
派閥のシンボル なし

戦略

フォートレスは北方のドワーフたちの陣営。HoFで新しく追加された。

フォートレスのヒーロー、ルーンメイジは攻撃以外のステータスが平均的に上昇する魔法系ヒーロー。ドワーフは戦士系のイメージが強いが、HoMM5でのドワーフヒーローは典型的な魔法使いである。

ルーンメイジはステータスが平均的に上昇するので他の魔法系ヒーローと比べて扱いやすい。得意な魔法系統は光魔法と破壊魔法でバランスがとれており、防御もそれなりに上昇するのでクリーチャー主体で戦っていける。初心者にオススメの陣営といえるかもしれない。

主力ヒーローの育て方は、光魔法を基本にクリーチャー主体で戦っていくコースと、破壊魔法主体でウォーロックのように戦っていくコースの2つがある。光魔法と破壊魔法は、実は両立するようでしない組み合わせで、どちらかを重視していったほうがよい。

光魔法を重視する場合はクリーチャー中心の戦い方になる。スキルは光魔法にリーダーシップ、運勢、兵器術、攻撃、防御、行軍のなかから好みで。行軍の確率が低いので光魔法、リーダーシップ、運勢、兵器術、攻撃が基本的な組み合わせになるだろう。必要アビリティは光魔法の憤怒の達人(Master of Wrath)で、フォートレスクリーチャーのイニシアチブと攻撃力の低さを魔法で補っていく。

一方、破壊魔法重視のスキルの選択は、破壊魔法、習得、魔術に、防御、運勢、兵器術あたりを混ぜたものになる。必要アビリティは習得スキルの知性(Intelligence)と破壊魔法スキルの発火(Ignite)。発火は炎の達人(Master of Fire)から取得できるアビリティで、後半のアーマゲドン(Armageddon)戦法にとくに有効だ。ステータスはとにかく魔力をあげていこう。

序盤から中盤にかけてはDefender、Spearwielder、Bear Riderの組み合わせでまわしていく。Spearwielderの射撃回数はたったの2回なので弾薬カート(Ammo Cart)は必須。Bear RiderはBlackbear Riderに早めにアップグレードしておこう。攻撃スキルの戦術(Tactics)と組みあわせるとルーンマジックのチャージのルーン(Rune of Charge)がなくても1ターンで相手陣まで届くようになるため資源の節約になる。

種族スキル、ルーン魔法は、なかなか便利な魔法がそろっているが、資源を消費するので切り札的な使い方になる。とくに「チャージのルーン」は序盤の対射撃クリーチャー戦にきわめて有効なので、ルーンの祭壇Lv1(Runic Shrine Lv1)は第1週に建設しておくと良いだろう。

その後は、光魔法中心の場合はThaneを、破壊魔法中心の場合はFireDragonの雇用を目指していく。Thaneの住居の建設には水晶20が必要なので資材置き場(Resource Silo)は早めに建設しておこう。一方、FireDragonは硫黄鉱山の確保が重要だ。

FireDragonは炎への耐性をもつためアーマゲドンのダメージがきかない。FireDragon+アーマゲドン+発火は、ヒーローの魔力さえ高ければ無類の強さを発揮する。この戦法の天敵はFireDragonとBlackDragonだが、それらは光魔法系の第2ヒーローで仕留めるようにすれば問題ないだろう。

更新履歴

取得中です。