※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

友【さいかい】 ◆FbzPVNOXDo



「ちっ、安全らしい連中が随分死んじまったな」

放送を聞き終えた麗華はたまらず舌打ちをした。
先の放送で、フランクとランサーから聞いた殺し合いに反対する者たちの名が、半分近く呼ばれた。
つまりそれだけ殺し合いに積極的な連中が、幅を利かせているということになる。
いつ自分がそんな連中に襲われる番になるか、分かったものじゃない。

「杏子にマミさんまで……」

そしてさやかもかなりのショックを受けていた。
頼れる魔法少女の先輩、巴マミの死は未だに信じられない。
その両目に涙が沸いてくる。

「泣いても始まらないだろ。こう言っちゃあれだけど、あんたの言ってたまどかって娘は無事みたいだしさ」
「……そうだね。まだまどかに転校生だって無事なんだ、ここで泣いてる場合じゃないよね」

涙を拭うとさやかは意を決したように笑顔を作る。

「私から言っといて何だけど、大丈夫、か……?
 無理してるみたいな」
「平気平気、さやかちゃん復活。早くまどか達に会わなきゃ」
「そう……」

どう見ても無理をしている。
麗華はもっと良い言い方があったんじゃないかと後悔したが、今更どうも言えない。

(ああ、くそっ。なんで私がこんな悩まなきゃいけないんだよ!)

一先ずまどか達を探しがてら悩みを振り払うように歩き始める麗華。

「あっちょっと待ってよ麗「さやかちゃん!?」―――え?」

聞き間違えるはずがなかった。
それは、その声こそは他の誰でもない唯一無二の親友でいてさやかの探し人の―――

「まど、か……?」
「さやかちゃん! さやかちゃんだよね!!」
「まどか!!」

その時のさやかの顔はどんなに泣き崩れていたか分からない。
友に会えた嬉しさや、鬼柳の容姿をしているさやかを一目で看破してくれた嬉しさ。
様々な歓喜がさやかの中を駆け巡り、さやかはまどかへと一直線に走り、その両腕を広げ抱きしめた。

「まどか、まどかなんだね!
 私こんな姿なのに分かってくれるの!?」
「うん、分かるよ。だって私達友達だもん」

こうして二人の友人は美しく再会した。



――――


「と、言う訳。私の言った連中は殺し合いに乗っていない。あとケンってのを探してる」

再会したまどかとさやかは、互いの連れを交え情報交換を始めた。
誰が危険で誰が安全か。ここに至るまでの経緯を互いに話し合う。

「嘘、メイトリックスって人殺し合いに乗ったわけ?」
「うん変な仮面の人と一緒に襲われたの」
「おい、ちょっと待て。仮面の奴は知らないけど、メイトリックスは安全だって聞いたぞ」

麗華が口を挟む。
確かランサーとフランクの話では、メイトリックスは殺し合いには乗っていないと言っていた。
この食い違いに麗華が怪訝そうにまどかを睨む。

「あの人は……口が上手いの。私達も最初は娘を助ける為に協力して欲しいといわれたもん」
「ええ、まどかの言うとおりだわ」

まどかの連れの一人であるほむらも会話に参加しまどかを擁護する。
麗華の疑惑は消えないが、少なくともさやかは嘘とは断定しきれていない。
さっきあったばかりの参加者よりも、親友の証言のほうが信用できるのは当然のことだ。

「待ってよ。何かの間違いなんじゃ」
「親友同士の話に口を挟んで悪いが、ワシもさやかちゃんと同じ意見だな」

今まで話を聞いていた閣下もまた違和感を感じていた。

「じゃあ、誰かが変装してたってこと?」
「そうだよ。じゃなきゃランサーさんやフランクさんが、嘘を吐いてるってことになるよ」

まどかは心の中で舌打ちをする。
どうやら、ランサーは自分の言葉を信じてはいないらしい。少なくとも、メイトリックスを危険人物とは想定していない。
幸いなことに、自分からメイトリックスの悪評を聞いたとは流してはいないようだが。
ここは、一先ず自分の勘違いであったとすませるしかないだろう。本来なら、メイトリックスを殺すように上手く誘導するつもりだったが仕方ない。

「分かったよ。さやかちゃん……」
「うん、何とかメイトリックスさんに会って確認してみようよ」

不本意ではあるが今は話を合わせるしかない。

(まあいいや。ともかく今は自由に動かせる駒が必要だもん)

友好的な関係を築けたのは良かったものの、ギルガメッシュや閣下は扱いづらくグレーテルは戦力にならない。
ここでさやかの存在は非常に貴重な人材になる。

「ところで、今ランサーと言ったな」
「えーと、ギルガメッシュさん……ですよね? ランサーさんと知り合いなんですか?」
「そやつが探している、ケイネスという男に用がある」
「ケイネス? そういやフランクが前まで一緒に居たって言ってたな。
 今は船のはずだ」
「ほう」

思いもよらぬ場所に居るなと言いたげな顔で、ギルガメッシュは笑みを作る。
そのまま地図を開き、指でエスポワールの位置をなぞりながら思案を巡らせ始めた。

「船から会場の脱出か……」
「そうか、それなら」
「脱出できる、とでも思っていたのか? アホか?」

ギルガメッシュの呟きを聞き歓喜の声をグレーテルが漏らすがすぐに一喝される。

「そ、そんな……」
「……だが目の付け所は悪くないかもしれぬな」
「え? それって」

さやかとまどか、ギルガメッシュとグレーテルのやり取りを見ながら麗華はちょっとした苛立ちを感じていた。
―――何やら胸糞が悪い。
一言で言い表せばこう特に理由はないが、ともかく何か気にいらない。
特にまどかという女は何かが気に入らない。

(訳がわからないけど……何なんだこれ)

そんな変わった感覚に襲われたせいか、まどかがさやかにそっと耳打ちをしたのに麗華は気づけなかった。

「ちょっと、私トイレ……」
「なん……だと」

モジモジとした様子でまどかが草むらへ駆け込む。閣下のテンションが上がるが

「ごめん、私も」

鬼柳(さやか)で下がる。



「なるほど、そうか」

辺りを歩き回り、考え込む動作を見せたかと思えば納得しギルガメッシュは笑う。
閣下はトイレでも覗き込んでるのかと疑うが、そういう様子ではない雰囲気だ。

『結界だ』

一言、紙にそう書き込みギルガメッシュは全員に見えるように投げた。



――――

「はぁ…はぁ…」

ギルガメッシュ達から離れたさやかの息は荒い。顔も真っ赤に染まっている。
さっきからさやかはおかしな気分だった。
正確にはまどかを抱きしめたときから、ドキドキと興奮が止まらない。
さやかも年頃の女性だ。これが何なのかは理解できる。

「これ、勃起……だよね?」

必死に隠していたが股間の盛り上がりは明らかに異性と刺激をを求めていた。
さやかの精神を押さえ込み、男の肉体がまどかを求めている。

「……良いんだよ、さやかちゃん」
「まど、か」
「私で思いっきり気持ちよくなって」

衣服を乱し誘惑的な姿をさらすまどか。
理性は弾け、考えるより先に手が伸びる。

「まどか……まどか!!」

雄と雌が交わり、そして――――







―――――



結界。
この殺し合いには結界が貼られているとギルガメッシュは筆談で伝えた。
そして今、皹が出来ているとも。
たったそれだけを伝え、ギルガメッシュは筆談を打ち切った。

話を伝えられた面子が目を丸くするなか、まどかとさやかが帰ってくる。

「ごめんね。遅くなっちゃった」
「大か」
「…コロス」
「すいません……」

閣下の呟きがほむらに聞こえ睨まれる。

「!? まどか……」
「どうしたのほむらちゃん」

まどかに近づいたとき、変なにおいがした。
この匂いは、そうこれは少し男臭い。

(美樹さやかと一緒に……まさか……)
「ほむらちゃん? 分かってるよね」

頭が真っ白になるのを必死に考え塞き止める。
これは何らかの手段として行った行為、だから自分を捨てた訳じゃないしこれはこれは―――

「とっても仲が良いんですね。さやかさんとまどかさん」

グレーテルの一言が今度こそほむらの思考を遮り頭を真っ白にした。

―――仲良し? 何を……?

―――私が一番長く居て、守ってきて

あの時、まどかと再会し行為を行ったとき、まどかの顔は快感で満たされていなかったかもしれない。
けれど今は、何処かしら満足そうな顔をしている、ように見えた。
勘違い? 気のせい? 

(そうよ、そうよそうよそうよそうよそうよそうよそうよそうよそうよそうよ。勘違い気のせいだわ)

「ほむらちゃん?」
「何? 何でもないわ。何でもないわまどか」
「そう?」

そんなほむらの心境も知らず、まどかは内心ほくそ笑む。
今さやかは、ある種の恋愛に似た錯乱状態のようなものだ。その衝動に戸惑いを感じながら、発散したいと考えている。
そこに付け込む隙はある。ある意味ほむら以上に従順な僕になってくれれば万々歳だ。

(私の体をはったんだから、ちゃんと役に立ってもらわないと本当に殺すからね。さやかちゃん)



――――――


「仲が良い、か。お前も中々やるようになったじゃないか」
「え?」

それは皮肉や他意など一切含まない。
ギルガメッシュからグレーテルへの心からの賛美だった。

「分かるだろう? あの三人は良い愉悦になる。
 お前は、それを更に良くする為に劇薬を放り込んだのだ」
「あの三人ってまどかさん達のこと? そんな、違う。私はそんなこと」
「もう隠す必要などないだろう。
 ―――第三者としての観測、いや傍観者とでも言うべきか。それがお前の本質であり、起源だ。
 今まではそれに気づかされる環境に居なかっただけ、だがこの場でお前は自身と見つめあい。気づき始めている」

否定したかった。
こんな王様気取りで全て見透かしたような発言、全てが見当外れの大間違いだと。

「それの何が悪い? 
 人が娯楽を楽しむのは当然のこと。それがお前は他人の不幸を見ることに特化していただけだ」
「そんなこと……」
「良いだろう? お前は散々不幸を味わってきたのだ、ならば今だけでもその分の蜜を啜る価値はあると思うがな」

分からなくなる。
自分の本質が何なのか、何もかも分からない。
ギルガメッシュの言っていることは出鱈目なのか、的を得ているのか、自分が本当は何をしたいのか。




―――――



閣下は既にここの面子に見切りをつけ始めていた。
まずまどか、さやか、ほむら、この三人の関係性は非常に危うい。
まどか自身は上手くやれていると思っているかもしれないが、閣下から見ればそれは火に注いでいるようにしか見えない。
おそらくこのまどかという少女自体人の心が理解できないのかもしれない。閣下はそう考える。
そしてギルガメッシュは優秀ではあるが、それ故に自信に溢れそう遠くない内にポカをやらかすと予想できる。
ありがとウサギとの戦いからもそれが伺えた。
その尻拭いが、自分にまで及ばないとはどうして言えようか。間違いない、セル編のべジータみたいにこいつは絶対何かやらかす。

(何処か別の参加者と会えれば、そっちに乗り換えたいところだが)

最悪、一人で別行動というのも取るべきかもしれない。
とはいえギルガメッシュの言っていた結界というキーワードが気になる。
しかし、当の本人がそれ以上の事を話さない以上、聞き出すこともできない。

(結界……。駄目だ、わしの今の知識では何も思い浮かばん。
 やはり魔術師、ケイネスとの合流が先決か)

幸い船に居る事は分かっている。
何処かうまいこと先回りし合流したいところだ。



―――――


「おい、さやか。お前大丈夫か?」
「え? 何、が」
「いや、前からモジモジしてると思ったら何か今度は悟ったみたいな顔して」

麗華はさやかの挙動不審さを見て訝そうにまどか達に聞こえないよう話しかける。

「何でもない、から」
「いやでも……」
「何でもないの。……本当」

まるで、拒絶されているかのような。
自分のある領域に踏み込んで欲しくないということなのか。
ともかく無理には聞き出せない様子だ。

(待て待て、そもそもこんな奴他人なんだ。私の知ったことじゃない。
 そうだ、別にほっときゃ良いじゃん。まどかって奴も居るんだし)

考えれば成り行きで共に行動していたが、自分が気にかける必要などもうまるでない。
あとは大親友であるまどかとやらに任せればそれで自分はお役ご免。
もう何も気にかけなくても良い。

(私一人で船に行くのもありかな。空飛べるし)


―――――



心は女なのに、それなのにまどかに強く惹かれてしまう。
これはいけない事だと思うのに、男の体が反応する。
それは今まであった友情と恋愛、発情へと変わった瞬間だった。

(まどか……まどか……)

まだ、あの行為がなければそれは戸惑いで終わった筈だった。
だが超えてしまった。だからもうこの思いは止まらない、止められない。

(まどか……こんなこと……)

どうすれば良い? こんなことさやかは誰にも相談できない。
麗華にだって言えば引かれる。転校生だってそうだ。
このままでは本当におかしくなりそうだ。

(こんなにまどかが好きになっちゃうなんて……)

この体は他人のものだ。
鬼柳、遊星にも合わす顔がない。もうさやかは分からない。
ただ今は、まどか笑みにそっと身を任せることしか出来なかった。

【G-2/一日目・夜】

【鹿目まどか@魔法少女まどか☆マギカ(クズなまどかシリーズ)】
[状態]:疲労(小)、ダメージ(中)
[装備]:ソウルジェム 、螺湮城教本@Fate/Zero
[道具]:基本支給品一式×3、キングクリムゾン(残り3回)@ニコニコ動画、タイム風呂敷@ドラえもん、不明支給品0~1
    十六夜咲夜のナイフ×3、イカ娘の支給品(ランダム品1~3)
    ゴンさんのデイバック(ヴェルタースオリジナル一袋@現実、スタングレネード×5@現実、コンコン@JAPAN_WORLD_CUP
    キャラ改変パッチ@MUGEN、ランダム支給品(0~2),ウィンチェスターライフル(1/7)@うみねこのなく頃に
[思考・状況]
基本:ゲームからの生還
1:ほむらちゃん、さやかちゃんと一緒に行動。あまり役に立たないようなら捨てる。
2:利用できる者は利用し、邪魔になる者は殺す。士、メイトリックスはいずれ殺す。
3:行動に出る際はパッチを利用してなるべく自分の悪評が広がることはないように動く。
4:海魔召喚のための餌も探す
5:ほむらの仮説を確かめる為に生きた参加者で実験する。その為に手頃な参加者を捕獲する。
6:優勝も視野に入れなきゃかな……。
7:四回放送までに残り二人何としてでも殺す。可能ならば目立たないよう確実に、でも余裕がなくなれば……。
8:ギルガメッシュ達を上手く利用したい。
9:二人殺害が間に合わなければ、ほむらの首輪解除の仮説も視野に入れる。
10:さやかを上手く利用できる駒にする。
※クズなまどかVS逆襲の魔法少女スーパーさやかちゃん【前編】直後の参戦です。
※さやかの体が鬼柳京介になっているのを知りました。
※螺湮城教本は制限により海魔の現界、術者の魔力補給、本体のダメージ修復等の同時運用は出来ません。
※制限として海魔の最大同時現界数は五体までしか出せません、また能力も下方修正されています。
※AV動画オールスターセットの動物はもう残っていません
※四回放送までに残り二人殺さないと死にます。


【暁美ほむら@魔法少女まどか☆マギカ】
[状態]:疲労(中)、ダメージ(大)、マドカァー 、ヤンデレ状態
[装備]:ソウルジェム、バルメM78(36/40)@コマンドー、ストライカーユニット@ストライクウィッチーズ、世紀末魔法少女パッチ@MUGEN
[道具]:基本支給品一式、キャベツ@夜明け前より瑠璃色な ~Crescent Love~、ランダム支給品0~1
[思考・状況]
基本思考:まどかに全てを捧げる。
0:絶対に残り二人まどかに殺させる。
1:何があってもまどかを守る。
2:どんなことをしてもまどかに認めてもらう。
3:もう役立たずだなんて言われたくない。
4:まどかに危険を及ぼしうるものは全て排除する。
5:北斗神拳を使い秘孔を突けば首輪が外れるんじゃ。
6:自分の仮説を確かめる為に生きた参加者で実験する。その為に手頃な参加者を捕獲する。
7:何か大切なことを忘れている気がする。
8:まどかの一番は私よね? 私よね?

【グレーテル@よもやま四方山】
【状態】軽度の火傷、打撲、疲労(小)、血塗れ、迷い
【装備】ボロ服
【道具】ディーノの基本支給品一式、ポッチャマ@ポケモン
    浜口優かも×3@学校で配られたDVDがひどい件、剣(石)@Minecraft、アサシンの首輪
【思考・状況】
基本:出来れば死にたくない
1:ギルガメッシュに着いていく
2:愉悦…
3:自分のデイバックを回収する
4:私は……
※モンスターボール(ポッチャマ)が壊れたため、引っ込めることができません
※ギルガメッシュと情報交換をしました
※会場からの脱出は諦めました



【ギルガメッシュ@Fate/stay night】
[状態]:打撲 、右腕復活、疲労(小)、機嫌回復
[装備]:王の財宝@Fate/stay night(空)、天の鎖@Fate/stay night、 必滅の黄薔薇(ゲイ・ボウ)@Fate/Zero
[道具]:基本支給品一式、作業台@Minecraft、ランダム品(0~1)
[思考・状況]
基本行動方針:気の向くままに行動する。
1:主催者を殺し王の財宝を取り戻す。
2:ポッチャマに興味。グレーテルはポッチャマのおまけ。
3:男(木原)は今度遭ったら殺す。
4:ヒトラーと共に市街地へ。ケイネスを探す。
5:まどかとほむらとさやかの関係は面白い。愉悦愉悦。しばらく同行してやる。
※自身にかけられている身体能力の制限に気が付きました。
※殺し合いの参加者が別の世界から呼ばれていると考えています。
※アカツキ電光戦記と総統閣下シリーズ、よもやま四方山の世界を知りました。
※ギルガメッシュがこの先どこへ向かうかは次の書き手さんにお任せします。
※放送と戦闘が被りました。しかし案外聞いている可能性もあります
※メイトリックス、士、カズマ、サーニャが殺し合いに乗ったと聞かされましたが何処まで信じてるか不明です。
※何か気づきましたが詳細不明です。結界とか言い始めてます。


【総統閣下@総統閣下シリーズ】
[状態]:疲労(大)、左肩負傷 、まどか達を警戒
[装備]:出刃包丁@現実、キー・オブ・ザ・グッド・テイスト@人造昆虫カブトボーグV×V
[道具]:基本支給品一式、大量のマンガと本、カイジの地下王国豪遊セット(ポテチ、チーちく、肉じゃが、ビール×4)@逆境無頼カイジ 破戒録編
[思考・状況]
基本行動方針:生きて祖国に帰り可能であるのなら二次元に行く。打倒主催。
1:情報収集。首輪の解析
2:主催者どもは必ず倒すが、具体的な作戦及び行動方針はこれから考える。
3:クリーパーを失うのは惜しかった…
4:メイトリックスと譲治を警戒……?
5:青鬼とレーザー、およびそれを発射した「何か」を警戒。
6:まどかに違和感と何処かで見た既知感。
7:こいつらがやらかす前に何とか別れたい。船に居るケイネスと会いたい。
[備考]
※出典はあくまで総統閣下シリーズ、現実や最後の十二日間での真面目な独裁者ではありません
※サブカル知識も豊富ですが、なんらかの制限がかけられている可能性があります
※ギルガメッシュ他、数人の参加者について情報を得ました。
※アカツキ電光戦記の世界を知りました。
※別の世界から呼ばれた事がほぼ確信に変わっています
※総統閣下のノートには今まで見聞きした事のまとめや考察が数ページにわたって書いてあります。
※クリーパーの説明書を読みました。
※総統閣下の持ち出した本やマンガの詳細は次の方にお任せします。ただしDVDやBDは持ち出していません。
※過去に読んだ「HUNTER×HUNTER」を思い出しました
※メイトリックス、士、カズマ、サーニャが殺し合いに乗ったと聞かされましたが何処まで信じてるか不明です。


※さやか達と情報交換しました。



【東豪寺麗華@MMDDFF】
[状態]:健康
[装備]:エクスカリバー@Fate/Zero
[道具]:基本支給品、DMカードセット(デモンズ・チェーン@遊戯王5D's)
[思考・状況]
基本:生存優先、主催は殺す
1:とりあえず積極的に人と会い情報を集める。その一環で船の方に向かう
2:幽香の奴、死んだのか。
3:水色髪の男(さやか)はほっとけない。
4:レア様とはいずれ決着をつけるつもりだったけど……。
5:まどかに何か嫌悪感?
6:メイトリックスは殺し合いに乗っている?
7:もうさやかは放っといても良いだろうし一人で船に行こうか……
※制限はほとんどされてません。
※遊星、フランク達と情報交換しました。


【美樹さやか@魔法少女まどか☆マギカ】
[状態]:鬼柳京介の肉体。まどかに発情、戸惑い
[装備]:さやかのソウルジェム(濁り:大)@魔法少女まどか☆マギカ
[道具]:基本支給品、「スピード・ウォリアー」のカード@遊戯王OCG、
    「くず鉄のかかし」のカード@遊戯王OCG、「???」のカード@遊戯王OCG、不明支給品0~1
[思考・状況]
基本:殺し合いをぶち壊して鬼柳の分まで満足する。
1:謎の戦車を警戒。
2:まどかと会えて嬉しい…けど
3:メイトリックスは殺し合いに乗ってる? 会って確認したほうが良いかも知れない
※ショウさんの話を聞く直前からの参戦。
※肉体は鬼柳京介のものになっています。
※第一放送を聞き逃しました。
※遊星、フランク達と情報交換しました。


※まどか達と情報交換(嘘を含む)しました。




sm160:これマジ?首輪が貧弱過ぎるだろ 時系列順 sm162:どうしてD・ホイールと合体しないんだ・・・
sm160:これマジ?首輪が貧弱過ぎるだろ 投下順 sm162:どうしてD・ホイールと合体しないんだ・・・
sm156:「アイテム渡しすぎじゃないですかね?」「ま、多少はね?」 鹿目まどか sm166:ニコロワγ流星群(前編)
sm156:「アイテム渡しすぎじゃないですかね?」「ま、多少はね?」 暁美ほむら sm166:ニコロワγ流星群(前編)
sm156:「アイテム渡しすぎじゃないですかね?」「ま、多少はね?」 グレーテル sm166:ニコロワγ流星群(前編)
sm156:「アイテム渡しすぎじゃないですかね?」「ま、多少はね?」 ギルガメッシュ sm166:ニコロワγ流星群(前編)
sm156:「アイテム渡しすぎじゃないですかね?」「ま、多少はね?」 総統閣下 sm166:ニコロワγ流星群(前編)
sm155:おかげさまでフランク達はドラゲナイことになってるんです 東豪寺麗華 sm166:ニコロワγ流星群(前編)
sm155:おかげさまでフランク達はドラゲナイことになってるんです 美樹さやか sm166:ニコロワγ流星群(前編)




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー