※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おかげさまでフランク達はドラゲナイことになってるんです ◆J/0wGHN.4E






「その顔はもう慣れたな…」

「まぁ、とりあえずその武器を下ろしてくれると助かる」


筋肉モリモリマッチョマンなカメラマン、フランク・ウェストは目の前の男に対し、そう言い放った。



「…何者だ」

目の前の男―ランサーは槍と剣を構えつつ、しかし冷徹に返した。
先程のメイトリックスと大して変わらない反応である。
ここまで出会う人間が警戒するとなるとさすがのフランクも自分の見た目に非があるのだろうかと思い始めてきていた。


ランサーとしても流石にその男には怪しい所があった。
先ほどのクッソ汚いホモと体格が似ているのも理由の一つだ。
だがランサーが警戒する理由は彼の得物にあった。

ガタイのいい男の手に握られた、どす黒くべっとりと血塗れた鋸。
それは如何なる形かで何者かを殺めたという動かぬ印である。


「フランク・ウェスト、ジャーナリストだ。殺し合いには乗っていない」

フランクはそういって手に持った鋸を足下に放り投げ、敵意の無い事を証明する。
それを見たランサーは片手の剣をゆっくりと下ろす。もう一方の槍は構えたままである。
男はまだ警戒を解ききっていないようだ。

ランサーとしても先ほどのホモの様に素手で襲いかかってきたり、或はまだ武器を隠している可能性も考えられるが故の行動であった。


「…その鋸は何故そこまで血塗られている?」


男は再び問う。


「最初からこんな感じだった…とは言っても信じてくれるような顔じゃなさそうだな」

「お前のイケたお顔を傷つけるような真似は間違ってもしないさ、お前がこの殺し合いに乗っていない限りはな」

「とりあえずこれについて調べたくてな…こいつがある以上はお前も俺も奴らの飼い犬だ」


フランクはおもむろにデイバックからイワークの首輪を取り出し、ランサーに見せる。
同時にデイバックも足下に投げる。


「当然既に死んだ奴からとったものだ、鋸はそれにしか使っていない」

それを聞いた男はやっともう一方の槍を下ろした。
ようやく警戒を解いてくれたようだった。


「俺はランサー。我が騎士道に掛けて、殺し合いには乗っていない」

「少し前に厄介な殺人者に出会ってな…失礼だが君がそいつの容姿に少し似ていたので先程の様な無礼な態度を取ってしまった、容赦願いたい」

「いや、別にかまわないさ。わかってもらえたならそれでいい」





出会いも一段落した所でフランクが情報交換を始める。
できれば探し人の手がかりが見つかればいいのだが。

「ケンという子供を見なかったか?言動がまともじゃない奴だ」

「ケン?」

それを聞いてランサーはピンと来た。
言動がまともじゃない所に心当たりがありすぎる。

「まともじゃないというかかわいそうなお友達というか…そういえばどこに行った?」

ランサーが思い出したように周囲を見回す。
どうやら手応えありの様だ。

「近くにいたのか?」

「ああ、前までずっと一緒に行動していた…しかし先ほどの殺人者との戦いに気をとられて逸れてしまったみたいだ、すまない」

「それっていつ頃の話だ?」

「2~3時間程前だ、少年の足という事も考えれば恐らくまだそれほど遠くには行っていないだろう」

「フランクだったか、俺もケンを探そうと思っていた所だ、良ければ協力する」

「OKだ」

フランクとしては一人では心細いという事は無いのだが、協力者が増えるのは有り難い。
何よりこういった情報を得る事は、この先生きのこる上で必要不可欠である。

「そうか、ありがたい。後俺からもいくつか質問をしたい」

「ケイネスという男を見ていないか?デコの広い壮年だ」


立場逆転。
今度はフランクがそれを聞いてピンと来た。
デコの広い壮年に心当たりがありすぎる。

「ああ、それならさっきもう一人の俺みたいないい体した奴と一緒にクルマに乗って船に向かったぞ」

「何、本当か!?」

ランサーはここに来てやっと望んだ答えが得られた。
一方でただ事ではないどこか大袈裟なランサーの反応にフランクは動揺する。

「それなんだが…今向かっても直接出会うのは難しいと思うぞ」

「どういうことだ?」

「何しろ今は夕方だ、今頃船は禁止エリアに指定されているはず。おそらくは船をもう動かしているだろう」

「ここからだと様子が見えないからな…俺としてもケンを見つけたら向かいたいと思うが」



ランサーはしばし、迷った。
やっとの事でフランクから自らのマスターであるケイネスの居所をつかめたのだ。
一刻も早く合流したいのが彼の本音というものである。

フランクと協力し、ケンを見つけてから船に向かうか。
あるいは直接自分が船の様子を見に行くか。
自分が船の様子を見に行った後でフランクと合流する手もある。





「…わかった、私もケンを見つけたら向かおう」

ランサーの答えは、フランクとの協力だった。
考えてみれば、弱い少年を捨て置いて勝手に主の所へ向かうのは自分の騎士道精神が許さないというものだ。
そのうえ少なくともマスターはまだ死者として呼ばれてはいない。
おそらく自分同様の制限も課せられてはいるだろうが、ケン程非力な人間ではない筈だ。
単独行動ならともかく今は協力者もいるようだ。一刻を争うという事はない。


次に二人は自分たちの存在する世界について説明し合った。
フランクの語るゾンビ地獄と化したショッピングモール。
そしてランサーの言う願いを叶える聖杯戦争。
お互い、聞けば聞く程理解しがいたい奇妙な説明ばかりが交わる。
半信半疑な話ではあったがこんな状況に置かれては信用せざるを得ないのが現状であった。

続いて支給品の調べ。
先の人探しと同様お互いにとって興味深いものがあった。

フランクが最初にデイバックから取り出したのは、あの腐っている訳でも焦げている訳でもないのに何故か真っ黒な林檎。
ランサー曰く、魔法に関連する器具かもしれない、マスターの方が詳しい筈との事。
あの男に魔法が絡んでいるのかと思うとフランクは少し妙な気分になった。
フランクの世界では魔法使いなどという者は大抵キチガイだからだ。
そして叩くと助っ人が召喚されるとかいう太鼓。
これは完全な召喚魔術の触媒との事。
二時間という短い時間とは言え、詠唱無しで100人も呼び出せるのは非常に強力なもので、もし主催が作ったのであれば主催者側にそれほど上位のキャスターがいる事になる。
フランクには魔術の類いは理解が低いが、この支給品が間接的に主催の絶対性を示す物でもあるという事を知覚した。
次にGrand Theft Auto: San Andreas Cheatsと書かれた書類。
これもまた呪文の類いである可能性があるらしい。
ランサーに指摘されて初めて気がついたが、大文字で区切りが無いため分かりにくいがよく見るとどれも英単語のようである。
グッドバイクルーエルワールド、カンガルー。

「C、V、Y、K、X、Y、M、…これはなんて読むんだ?」

「すまないが俺にもわからん」


この間、フランクを対象にチートコードが発動したのだが二人は当然知る由もない。
この支給品には説明書の類いは存在していないのだ。
幸いこのコードは水中で息が無限に続くようになるコードである。
中には使用者の首輪が爆発したり、周囲1エリアにいる参加者が無条件で使用者に襲い掛かるコードも存在する故、知らぬ間にフランクは命拾いしたのである。


立場は変わりランサーの支給品の番である。
はじめにシーザー・カエサル・エンペラーなる昆虫を模した玩具。
何故か同義語を三つも並べたネーミングに疑問を覚える。
それほど価値のある物には見えないが捨てずにとっておいたらしい。
次の刺々しい形をしたスター。
ディーノが士に致命傷を与えた物だがランサーによってその際に付着した血は拭き取られていた。


この事はランサーは知らないがニオイも血によって流されていた。

そして北米化パッチ。
これも魔術と関連性があるかもしれないとの事。
さっきからかもしれないが多いが実際ランサーはそういった魔術関連の情報をケイネスから聞きかじった位しか持ち合わせていないのである。

フランクは少し興味を持って試しに付けて見たが、これと言った変化は無かった。


これは決して故障ではない。
ただフランクの出典世界のゲームであるデッドライジングはそもそも洋ゲー色が強く、北米化パッチを付けても大した変化はないのだ。
敢えて言うならば、攻撃時のゾンビの欠損表現や内臓露出描写が追加される程度である。

それからディケイドライバーとライダーカード一式なる物。
一見玩具のようにも見えるが実際に士はこれで変身し、ディーノを倒した。
これがどういった原理で変身するのかは士亡き今、知る術は無い。
だがやはりケイネスを頼ればわかる可能性もあるし形見という意味でもとっておかねばならない。

最後に其為右手なるもの。
取り出して見れば人間の腕が出てきたのだからフランクは少し驚いた。
死体そのものは見慣れているが、デイバックからいきなり手が出てきたらさすがのフランクも眼を疑う。
士のデイバックに入っていた物で、異能の力を回数限定で無力化するらしい。

支給品を回収した際ランサーは説明書を見て、言い知れぬ怒りを覚えていた。
主催のこのような殺し合いを娯楽感覚で行い、剰えその一環で人の腕をもぎとって支給する行為、許される物ではない。




「…それと、これはお前に渡しておこう。俺には現状不要だ」

ランサーがフランクに渡したのは先ほどまで自分が持っていたハイリアの盾である。
普通盾を捨てるというのは戦士において致命的な事にも見える。
だがランサーにとって盾というものはあくまで攻撃を防ぐ為の防具でしかなく、武器として扱うには鈍器レベルの性能しか無い。
元より俊敏の高いランサーとしてはこういったチート盾も片手が空いているからという理由で装備したに過ぎない。
止むなく攻撃を受ける場合も本来は槍や剣でいなせば十分なのである。
最もランサーがあまり盾を使い慣れていないという点もあった。
普段は二刀流や二槍流で戦う事がほとんどだからである。

「そうか、大切に使わせてもらおう」

フランクは満更でもない様子だった。
彼にとってはマネキンの胴体でも一撃でゾンビを殺せるだけの力があるのだ。
それなりの耐久度のあるものなら何でも武器になり得る。
それはこの盾でも何ら変わらない。


こうした流れでランサーはプラシドの剣とゲイ・ボルグを装備した形となった。

剣と槍というのは見かけの上では非常にアンバランスに思えるかもしれないが、実は以外と理にかなった戦闘スタイルでもあるのだ。
剣では届かない間合いの敵をリーチに優れた槍で補いつつ、柄の長い槍では対処しづらい至近距離や死角の敵には剣で迎撃する。
無論、二刀流最大の強みである「右と左でどちらから攻撃が来るかわかりにくい」といった点も持ち合わせている。

元々ランサーの真名ディルムッド・オディナ―ケルト神話に登場するフィアナ騎士団の随一の戦士―は二振りの槍(ゲイ・ボルグとゲイ・ジャルグ)に加えて二振りの剣(モラルタ、ベガルタ)を持ち、所謂セイバー適性も持ち合わせていた。
第四次聖杯戦争に於いてケイネスはディルムッドをセイバークラスとして召喚したかったがセイバークラスは既に召喚されてしまっていたので、ディルムッドはランサークラスで顕現した。
このためランサーは剣技こそ優れていたが今回は剣を持っていなかった。

ランサーがこのような片方づつの装備を試みるのも初めてであったが、「輝く貌」の異名をもつ戦士は伊達では無い。
速くもランサーは振るっただけで剣と槍の複雑な組み合わせによる主要的な動きを掴み始めていた。

尚、これはランサー程の腕前があっての話である。
良い子の皆さんは真似しないように。



「それともう一つ、聞きたい事がある。もう一人の俺みたいないい体した奴といっていたがそいつの名前は何だ?」

「あいつは確かメイトリックスって奴だ。おそらく俺よりは頼りになるだろうな」


メイトリックス、聞いた名である。


「―――待ってランサーさん。最初に主催者に一人を殺したメイトリックスっておじさんと
 変な仮面の姿に変身する人は殺し合いに乗っているから気をつけて。私とほむらちゃんも襲われたの……」

あの時まどかという少女から聞いた証言である。
それを聞いてその当時のランサーはあっさり信じてしまった。

それから数時間後、
危険人物と言われていたうちの一人である変な仮面の姿に変身する人―士はいざ出会ってみれば正義感の強い男と分かり、これと言って殺し合いに乗った様子でもなかった。

そしてその士の仲間だというメイトリックスも今ケイネスと行動を共にしている。
マスターであるケイネスがこんな殺し合いなどする器ではない。
つまるところメイトリックスもいわゆる対主催の人間の筈だ。

複数の人間が嘘をついてまで参加者を殺し合い反対派と嘯くメリットなどあるだろうか。
否。嘘をついているのは、まどかという事になる。
だが、あのような年端も行かぬ少女がそんな仲間割れを引き起こさせるような事をする意味があるのか。
嘘でなかったとしても勘違いという可能性もある。
何らかの事故で敵対してしまったのかもしれない。
そうなれば説得し、誤解を解く必要があるだろう。
ランサーはケイネスとの合流後に余裕があればまどか達を説得しておく事にした。



話が一段落し、二人でケンを探そうとした矢先、

「おい、そこのコスプレの二人、聞いてるか?」

唐突に何者かが会話に割り込んできた。






&&&







遊星と別れて数時間、東豪寺麗華と鬼柳京介の肉体を借りた美樹さやかは南へ向かっていた。
理由は当然学校にいた襲撃者などの危険人物から離れる為である。


学校は当然あの透明の何かがまだうろついている可能性もある故一刻も早く離れたかった。
戦闘経験のある麗華としてもそのような敵をさやかを守りながら戦うのは流石に分が悪い。

そして町にいた眼から血を流しながら水を求める男。
あれもかなりの戦闘力を持っている上に話が全く通じない。
見た目といい戦う以前に余り関わりたくないキチガイの類いだ。

それに加えて遊星と別れてすぐに起こった背後の大爆発。
その爆風はさすがに命を脅かす程のものではなかったが、北でまたろくでもない事がおこっていると感じさせるには十分すぎた。

とはいえ、南へ向かうとはいっても具体的な所までは決めていない。
ゲキド街へ向かい人を探すという手もあるが人が見つかる確証はないし、会えたとしてそれがまともな協力者である確証もない。


現に今まで麗華が出会ったまともな対主催参加者は精々遊星位であった。
漠然と歩いていてもここが島である以上いつか海に着くだけである。
どこかでスタンスの転換点としなければいけない。

そういった思索が麗華の脳内で巡る中、出会った二人の騎士はちょうどいい転換点と言えよう。






%%%





「…それと、これはお前に渡しておこう。俺には現状不要だ」


少し離れた場所で二人を観察する麗華。
最初は一方が警戒こそしてたが今や完全に分かち合い、話し合いや支給品確認を進めている様だ。
奇妙な恰好だがこの殺し合いには乗っていないと見て間違いないだろう。

こういう場を生きのこるにしても一人だとつらい物がある。
協力者が特段必要という訳ではないのだが、情報は無いよりはあった方がいい。
危険人物や安全な施設を知る事ができればそれはサバイバルの上で大きなアドバンテージとなる。


(そろそろ潮時だな)

麗華が茂みを抜け、二人のもとへ近づく。
後からさやかが麗華に隠れるようにそっとついていく。



「おい、そこのコスプレの二人、聞いてるか?」

麗華が口を開く。
フランクとランサ-の視線が声の方向に注がれる。

「そんな顔するな、今アンタらと戦う気はないよ」

そういって麗華は二人の警戒を解くため両手を上げる。
自分としてはこんな儀式をする意味などあるのだろうかと考えつつさやかにも同様の行為を促す。

「アンタら、人を探してんのかい?」

「知っている事があるのか?」

「いや、ケンやケイネスって人は知らないね」

「ただ一度多くの人に出会って情報を集めたいと思っていてね、盗み聞きで悪いけど聞く限り船の方にも行きたいんだって?」

「ああ、協力してくれるのか」

「そのつもりさ、そうすればすこしはゆっくりケンって奴を探せるだろう」


思わぬ協力者であった。
同時にランサーにとってまたとないチャンス。

「感謝する。それと名乗り遅れたが俺はランサー、もしケイネスと出会えたなら探し人を見つけ次第海岸に向かうと伝えてくれ」

「俺はフランク、ジャーナリストだ。」

「それと、四条雛子、我那響、アカツキ、カズマ、不動遊星、ジョン・メイトリックス、ロックオン・ストラトス、アンリエット・ミステール、今俺が言った人間は殺し合いには乗っていない」

「特に遊星は技術者らしい。もしかするとこの首輪について何か知ってるかもしれない」

「遊星?それってもしかして蟹みたいな頭してなかった?」

「俺はケイネスから聞いただけだからわからん、もしかして会ったのか?」

「ああ、3~4時間前に変なバイクに乗ってきた。それと海東という奴に気をつけろとも言ってたな」

少し遅れた自己紹介に呼応して麗華も自己紹介を返す。

「あっそうだ(唐突)こっちも自己紹介位はしとかないとね。」

「ウチは東豪寺麗華、そっちは美樹さやか。事情があって男の体になってる、決してコスプレじゃないから」

「後それと遊星から聞いたんだけどシャーロック・シェリンフォード、権兵衛、東風谷早苗、松岡勝治も安全らしい」

ついでに遊星から聞いた早苗達の特徴を付け加える。





「じゃあもう行くけど、一つ言っておきたい事が」

用を済ませた麗華とさやかは背を向けながら二人に話す。

「学校の方に透明の敵が居るらしい。気をつけてな」

敵という言葉でフランクが再びピンと来た。
ケイネスの伝言を思い出したのだ。

「すっかり忘れていたが敵で思い出した。ブルーベリー色の巨人には注意してくれ。
 神出鬼没で人を食う、何らかの方法で人を同種にする化け物らしい」

麗華がそれに返事をすると、フランク達も踵を返し、ケン探しを再開した。




【G-03/1日目・夕方】

【フランク・ウェスト@デッドライジング】
[状態]:疲労(小) 弐度の火傷(小) チートコード発動
[装備]:ナイトの防具一式@FF11、ハイリアの盾@ゼルダの伝説、富竹のカメラ@ひぐらしのなく頃に、鋸@School Days
[道具]:イワークの分含めた基本支給品、林檎@Bad_Apple!!、
太鼓@1歳から100歳までの100人が順番に太鼓を叩いて行くムービー、チートコード@GTA SA、血塗れの私服、医療道具一式@ニコロワγ、イワークの首輪
ミックスジュース(青、白、緑)×6@デットライジング
[思考・状況]基本思考:殺し合いには乗らない。生還する
1:ケンを追いかける。
2:情報と協力者を集める。
3:ロックオンと男声の女を警戒する。
4:一応、イワークの首輪を持ってきたが……
5:ミキサーが欲しい…
6:さっきのコスプレ発言は割とブーメランっていう。
※参戦時期は、少なくともショッピングモールからの脱出前からです
※ミルキィホームズ、スクライド世界の話を聞きましたが半信半疑です。
※ケイネスと情報交換しました。
※水中で息が無限に続くようになりました。ただし本人は気づいていません。
※チートコードはアルファベットを一つ一つ読み上げないと発動しないようです。
※チートコードに発動期間があるかどうかは不明。

【ランサー@Fate/Zero】
[状態]:疲労(中)、頬にかすり傷
[装備]:ゲイ・ボルグ@Fate/stay night、プラシドの剣@遊戯王5D's
[道具]:基本支給品、シーザー・カエサル・エンペラー@人造昆虫カブトボーグ V×V
   グレーテルの基本支給品一式、コンビニ弁当、スター(二日目早朝まで使用不可)@マリオシリーズ、北米化パッチ
   ディケイドライバー@仮面ライダーディケイド(2時間使用不可)、ライダーカード一式@仮面ライダーディケイド
   ライダーカード(スペランカー)@ニコニコワールド、ライダーカード(イーノック)
   其為右手@真夏の夜の淫夢(残り使用回数7回)、
[思考・状況]基本:殺し合いには乗らず主催を討ち取る。
1:ケンを探す。
2:まどかの証言は嘘かまどかの誤解ではないのか?
3:ケイネスとの合流後、まどか達を説得する。
4:あの鎧のデザインいいな…
※まどかの証言はもうほとんど信じていません。
※参戦時期は不明ですが少なくともセイバーと戦った後です。



【東豪寺麗華@MMDDFF】
[状態]:健康
[装備]:エクスカリバー@Fate/Zero
[道具]:基本支給品、DMカードセット(デモンズ・チェーン@遊戯王5D's)
[思考・状況]
基本:生存優先、主催は殺す
1:とりあえず積極的に人と会い情報を集める。その一環で船の方に向かう
2:幽香の奴、死んだのか。
3:水色髪の男(さやか)はほっとけない。
4:レア様とはいずれ決着をつけるつもりだったけど……。
※制限はほとんどされてません。
※遊星、フランク達と情報交換しました。

【美樹さやか@魔法少女まどか☆マギカ】
[状態]:鬼柳京介の肉体。
[装備]:さやかのソウルジェム(濁り:大)@魔法少女まどか☆マギカ
[道具]:基本支給品、「スピード・ウォリアー」のカード(4時間使用不可)@遊戯王OCG、
    「くず鉄のかかし」のカード(4時間使用不可)@遊戯王OCG、「???」のカード@遊戯王OCG、不明支給品0~1
[思考・状況]
基本:殺し合いをぶち壊して鬼柳の分まで満足する。
 1:謎の戦車を警戒。
※ショウさんの話を聞く直前からの参戦。
※肉体は鬼柳京介のものになっています。
※第一放送を聞き逃しました。
※遊星、フランク達と情報交換しました。




sm154:殺し合いやめますか?人間やめますか? 時系列順 sm156:「アイテム渡しすぎじゃないですかね?」「ま、多少はね?」
sm154:殺し合いやめますか?人間やめますか? 投下順 sm156:「アイテム渡しすぎじゃないですかね?」「ま、多少はね?」
sm143:D.K. ディケイドは世界を紡ぐのか? 最終鬼畜ホモディーノ ランサー sm165:サーニャ・リベンジャー
sm148:幕間2 フランク・ウェスト sm165:サーニャ・リベンジャー
sm135:幕間 東豪寺麗華 sm161:友【さいかい】
sm135:幕間 美樹さやか sm161:友【さいかい】




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー