※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妖怪(プラ/シドがテケテケ的に)競演 ◆FbzPVNOXDo



「く、そ……」

両手を使い、必死にもがくプラシド。その様はまさにテケテケ、安っぽいホラー映画のようだ。
だが、そんな努力もむなしく、対して距離は進んでいない。
元々、人間の両手は歩くために、付いている物ではない。従って、人間をモデルにしたロボットであるプラシドも、手だけでは移動は困難だ。
そこでまずは、下半身を治そうと考えた。運のいいことに、代用できそうな部品は今目の前にある。
首から下のないルカのボディ、大破したオデッセイ。同じロボットであるルカは尚更、オデッセイも幾つか納品は代用できるはずだ。
もっとも、ルカのボディはブルーベリー色の巨人になる可能性もあるが、恐らく純粋な生物ではないルカはそうならないと、プラシドは推測している。
事実、殺されてから数時間経っているのに、ルカのボディに異変はない。

「はあ……はあ……、よしオデッセイの大破で若干痛んではいるが使えそうだ」

元の仲間であったルカのボディを使うのに、何も感じない訳はないが、ここでグズグズしている暇もない。
頭部をなくした以上、メモリーは完全にいかれ、仮にルカを復元したとしても、それはルカと同じ容姿をした別の何かである。
そんな自己満足で済ますのならば、いっそ自信のパーツとして使わせてもらう。
ルカのディバックを開き、自分の下半身のボディを確認したあと、ルカのボディを入れた。
自分のディバックも回収したいところだが、燃えてしまっていた。中身のカードは灰になっている。

「くっ、エクシーズカードが……」

よりにもよってインヴェルズはまだしも、希望王のカードが燃えるとは皮肉の以外の何物でもない。
やはり希望など、絶望に飲まれる物なのか。沸いてくる絶望を打ち払うかのように、プラシドは内心舌打ちをしながら作業を続けた。
その後、大破したオデッセイから、使えそうなものを部品見つけ回収。これだけの作業に数時間掛かってしまうとは、我ながら情けなくなる。

「あとは、……道具か」

遊星とは違い、即席で道具無しで機械を弄れる程の技術はプラシドにはない。
あるのは自分達を創ったゾーンの技術、それも見よう見真似だ。

(市街地に向かえば、道具があるとは思うが……)

このテケテケの状態で市街地にたどり着くのに、どれ程時間が掛かるか分からない。
それでも行くしかない。せめて自分の居る場所が、禁止エリアに指定されないことを祈るばかりだ。

「うんざん……」

ふと奇妙な声が聞こえる。
見れば、巨大な雲の入道がプラシドの周りをうろちょろしていた。
そいつは非常に困った様子で、金色の法輪を見つめている。

「お前は?」
「うんざん!」
「なるほど、うんざんか」

うんざんと名乗る入道―――というか「うんざん」としか言えないのだが―――は、助かったと言わんばかりにこちらに寄ってくる。
そしてジェスチャーで、何とかプラシドに金色の法輪から離れないことを教えた。

「そうか、お前も移動手段に……お前自身は持てないのか?」

首を横に振る。
どうやら持てないらしい。首輪のないところから支給品らしいが、どうやら参加者のように自立させないための処置だろう。

「なら、俺がしばらく持とう。代わりに俺の足の変わりになってくれないか?」
「うんざん!」

今度は首を縦に振る。了解と見たプラシドは金色の法輪を手に取る。
すると、雲山はプラシドを掴み上げた。

「良し、まずは市街地に寄ってくれ。俺の足を治すための道具が必要なんだ」
「うんざん!」
「それと出来る限り、人に見つからんように頼む」

プラシドの指示を聞き、可能な限り体を縮めながら雲山は市街地へと向かった。

(他の参加者に出会えたのは幸運だったな)

まどか達との戦いの後、カズマの後を追っていた雲山だがサーニャが誤って金色の法輪を落としてしまった。
そこで雲山はカズマは愚か瀕死のサーニャにも気付かれず、置いてけぼりを食らい途方にくれていた。

(あの青年もサーニャ殿も無事だと良いが……)

目的地は学校といっていた。
サーニャの事は気になるが、カズマと一緒ならば戦闘に関しては問題はないだろう。
あれで、中々骨のある男だと雲山は評価している。それよりも、今はプラシドの用事を済ませてやるのが先決だ。

こうして移動手段が乏しかった二人は、互いの欠点を補い合いながら市街地へ向かった。

【D-05/1日目・夕方】

【プラシド@遊戯王5D's】
[状態]:上半身のみ、希望の番人化
[装備]:アノニムの二丁拳銃 弾数(5/6)@アカツキ電光戦記、金色の法輪@東方Project
[道具]:基本支給品一式、プラシドの下半身@遊戯王5D's、モンスターボール(バッフロン)
    もしかしてオラオラですかーッ!?@未来ガジェット研究所、ふなっしー@現実 、ルカのボディ@VOCALOID、
    プラシドが使えそうだと思ったオデッセイの残骸のパーツ@課金騎兵モバマス予告集
[思考・状況]
基本行動方針:絶望の未来を変える
0:市街地に向かい、道具を調達し下半身を治す。
1:気に食わないが戦力になりそうな不動遊星を探す。
2:愛用のDホイールと剣が欲しい。
3:不動遊星との決着は保留。
4:下半身♂を直したい。
5:宙……ルカ…。
6:青鬼を最優先で警戒
※ルカ達の話の食い違いについては一応思考中・・
※プラシドのディバック及び支給品は灰になりました。


【雲山@東方星蓮船 AfterExtra】 支給品
【思考】
1:今はプラシドの用事を済ます
2:サーニャ達の事が気になる




sm147:大きすぎる…修正が必要だ… 時系列順 sm152:最期の戦い
sm150:伏線回収した淫夢くんUC 投下順 sm152:最期の戦い
sm147:大きすぎる…修正が必要だ… プラシド sm162:どうしてD・ホイールと合体しないんだ・・・




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー