※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

未来プラシド研究所 ◆Rbv6YPF5LQ



「だいぶ夜が明けてきたな」

森林を抜けて、アスファルトの道路が広がる。

「おっ道だ!ここを抜ければ天界の書記室へ行けるんだよな!?」
「いや、この道路を経由する事もできるがそれだと回り道になる、まともな武器が少ない今、書記室へ着くまで余計な動きはしない方がいい」

プラシド達はそのまま道路を横切り反対側の森林へと足を向ける。

そして森林を歩くこと数十分、再び道路を横切り、天界の書記室へ到着した二人。

警戒しながら入り口の扉を開ける、

「中に人は居ないな…」

中に入り、デイバックを降ろし中央の椅子へ腰掛ける

「まずはデイバックの確認だ、司馬宙だったか?デイバックを見せろ」
「おう!そっちも見せてもらっていいか?」
「ああ、構わん」

司馬宙に自分のデイバックを渡し、司馬宙から渡されたデイバックを弄る。

(デュエルモンスターズのカードは無いな…)

「そっちのバックの中にカードはあるか?」

「何のカードだ?」

司馬宙が聞き返す

「知らないのか?…デュエルモンスターズと言って裏面が茶色で長さ10センチ幅6センチぐらいのカードだ」

「そんなカードならあるぜ、ほら、こいつだ」

そう言ってカードをかざす。

「インヴェルズ・ギラファか…フン…俺好みのカードだ」
「あと、そのカードは俺にくれないか?少なくとも俺の方が扱い慣れている」
「わかったぜ!あと、こいつはなんなんだ?」

司馬宙がカードを渡した後、何かよくわからない機械を差し出してきた。

「【もしかしてオラオラですかーッ!?】?」
「説明書によると嘘を見抜けるみたいだぜ」

おもむろに説明書を読み上げる。

「こんなので嘘を見抜くとはな…まるで意味がわからんぞ!」

よくわからない機械をデイバックに戻し、再び司馬宙のデイバックを探る


「さて、最後の支給品だが…何なんだこのボールは?」

赤と白のリンゴほどの大きさのボールを掴む。

「説明書によるとこいつはモンスターボール、伝説のバッフロンが入ってるらしいぜ」
「伝説って?」
.   _...    _,.                   \l l
 :/   /  ̄      _,,,..            |
 :::::::::イ::::      / ̄               丶、          あ
 :ヽ:::l:::::::    /     ,,:: ノ     i     f= ヽ.
 ::::::」':::::::.   ∠,iー_ニミ<フ:: /:::   .|       丶            あ
 ::::::l:::::::::::.   iイ"o‐、ヽ←"!:::::    j   l    l
 へl::::::::::::::::.. ハ i;;,,。ソ   ./::  ,,..=テ丿.  l    |
  (|レ: ハrヽ、:.i  `゙ "  /-='',rテ<イ::::::::  |   |           !!
 \l:: / l!   `        i、。j .}レ:::::   ,.!   ,.!
 :::::l /__,            / ,ヘl:: /  /
 :::::レ::::! `.      \._      j:::l,イ!::: ./
 :::::::::::..N ヽ.      丶  ̄   ノ::::ノハ:: ./
 ::::::.. i::::.\ ヽ         ,.⊿ |::::/  ヽ/
 ヘ:::::. 「 `ーゝ ` 、    〆:::K  l:/
 .,!べ::..!、     ` .イ~レ' |/   ゛レ-、、
 l   `込、     l     '         ` = 、_
 |           |       _.=-- "  ̄
 ト、_         \   _/
 ゛\ `丶-、..._     ゛\「l\、.._  _
  \\      ゛`ヽ _ッ-‐ 'ヘ .l  ゛ `メY--、
     \\、        //l .|    ヾ.  ゛、
.       \ \、      //│.|.     |.|   ヽ
同時に第一回定時放送が始まった。

【E-07/1日目・早朝】
【プラシド@遊戯王5D's】
[状態]:疲労小
[装備]:アノニムの二丁拳銃 弾数(5/6、6/6)(一丁のみ腰に差している)@アカツキ電光戦記
[道具]:基本支給品一式、インヴェルズ・ギラファ@遊戯王、
[思考・状況]
基本行動方針:絶望の未来を変える
0:宙と行動する。
1:この書記室を探索し、情報と仲間を集める。
2:愛用のDホイールと剣が欲しい。
3:不動遊星との決着は保留。


【司馬宙@鋼鉄ジーグ】
[状態]:疲労小
[装備]:専用変身グローブ@鋼鉄ジーグ
[道具]:基本支給品一式、モンスターボール(バッフロン)、もしかしてオラオラですかーッ!?@未来ガジェット研究所、ランダム支給品0~1
[思考・状況]
基本行動方針:主催者め!この鋼鉄ジーグが相手だ!
0:プラシドと行動する
1:この書記室を探索し、情報と仲間を集める。
2:殺し合いに乗ったやつがいたら、この鋼鉄ジーグが相手だ!死ねぇ!
3:グローブ以外の専用装備が欲しい。


【アノニムの二丁拳銃@アカツキ電光戦記】
おそらく普通のリボルバー式の拳銃。
ただアノニムの射撃スキルによるものか、弾丸の特性かわからないが、やたらと跳弾する。

【専用変身グローブ@鋼鉄ジーグ】
これがないと宙は戦闘スタイル・サイボーグ体になれない。
またこの際に体を丸めた体勢をとると、巨大ロボ・鋼鉄ジーグの頭部に変形する。
(wikipediaより転載)

【もしかしてオラオラですかーッ!?@未来ガジェット研究所】
未来ガジェット三号機。腋の下の発汗を検出し嘘を見抜く装置。(ただしその精度は保証できない)
原作XBOX360初回限定版の付属品にもなった。

【インヴェルズ・ギラファ@ガザス親分のインヴェルズ戦記】
星7/闇属性/悪魔族 ATK2600/DFE0
効果
このカードは「インヴェルズ」と名のついたモンスターを1体リリースして表側表示で
アドバンス召喚する事が出来る。
「インヴェルズ」と名のついたモンスターをリリースして
このカードのアドバンス召喚に成功した時、
相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して墓地に送り、
自分は1000ライフポイント回復する事ができる。
インヴェルズ・ギラファとは、偉大なる捕食者インヴェルズのエースモンスターであり、インヴェルズ一家の『The・過労死』である。

この作品中ではデュエルにおいてモンスターを召喚した時、
フィールドに召喚したモンスター本人が実体化する設定となっている。
故にインヴェルズ一家がデュエルする度にエースモンスターでもあるギラファ何度も召喚されることが多いため本人が望む望まないにかかわらず、
異次元から無理やり呼び出される事態となっている。
言うまでもなく、本ロワにも強制的に呼び出される。御愁傷様です。
必殺技は、右腕から放たれる「荷電粒子砲」である。
ttp://www.nicovideo.jp/mylist/22546422
(一部ニコニコ大百科から転載)

【バッフロン@ポケモンBW】
バッファローとアフロを組み合わせたネタ感あふれる猛々しいウシのポケモン。
無駄のない種族値配分で、高い攻撃と安定した耐久を持つ。
最近はニコニコ大百科では亜種のアフロが増殖しており、某所では今一番熱いバッフロンスレとされている。
その影響か現在、ポケモン記事の中で掲示板のレス数が一番多い記事となっている。どうしてこうなった・・・
(一部ニコニコ大百科から転載)
※伝説とありますがこのバッフロンは普通の物です

sm51:これは太鼓だよ 主催者の知恵の結晶って所か 時系列順 sm53:固い、強い、ピンポイント!
sm51:これは太鼓だよ 主催者の知恵の結晶って所か 投下順 sm53:固い、強い、ピンポイント!
sm20:磁力と絶望のコンチェルト 司馬宙 sm93:絶望と希望が交差する時、物語が始まる!
sm20:磁力と絶望のコンチェルト プラシド sm93:絶望と希望が交差する時、物語が始まる!




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー