笠山コーポレーション 喪流

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

喪流 通常技


  • 立ち小P
しゃがんでいる相手にも当たる。
小Pからは、チェーンに移行、歩きながら刻み、めくり気味の飛びなど攻めの起点となる。

  • 立ち中P
Zは根元のみキャンセル可能。
持続が長いため、相手の起き上がりに重ねるのに適する。
密着で終わり際を重ねてヒットすると小技が繋がる。(最大8フレ有利)
また、判定も強いのでゴウキのクウジンを落としたり、ダルの手足を潰すのに使う。

  • 立ち大P
2段技。これも持続が長くガードさせても有利。
一段目が当たる距離なら大Pカウンター確認>逆瀧が狙える。



  • しゃがみ弱P
小足があるためあまり使わない。
立ち小Pのほうがダメージが1高いので、できればそちらを使いたい。

  • しゃがみ中P
手の先の判定が強く、ほぼ全キャラの足払い系(スラも含む)の技を潰すことができる。(チュンリーの元キック、アドンの↓中Kなど判定が高い位置にある技には負ける)
他にも弱ラフィアンや、ダルシムの伸びる↓P系、ガイの遠立ち中Kなども潰すことができる。
仕込み惨影について

  • しゃがみ大P
出の速さ、リーチ、隙の少なさ、判定、全てにおいて非常に高性能な技。
空ぶっても差し返すのは難しい。対空、けん制、チェーンの締めなど使用用途は多い。



  • 立ち小K
隙が大きくガード後反撃されるため、ほぼ必要がない技。
ただ、持続が長い。

  • 立ち中K
リーチが長く、キャンセルがかかる。
けん制や、差し返し、小足が届かないときのコンボ始動技として使う。しゃがみ中Kよりも若干リーチが長い。
特に立ち状態のナッシュには、小足の先端からチェーンで中足が届かない場合があるので、余裕があれば立ち中Kを使いたい。



  • 立ち大K
しゃがみ大Pと発生、リーチは同じ。
判定もそこそこ強いが持続が短い。
チェーンでガードゲージを削りたい場合に使う。



  • しゃがみ小K
下段の小技。
チェーンの起点の技として、最も使用頻度が高い。

  • しゃがみ中K
主に小足からチェーンでつなぎ、ヒット確認で惨影に繋ぐために使われる。
単体では立ち中Kがあるため、あまり使わない。サクラが立ち大Kを空ぶったときの差し返しに使える程度。

  • しゃがみ大K
喪流の中ではリーチが最も長い。その代わり隙も最も大きい。
しゃがみ大Pが強いため、そこまで頼る技でもない。
ヒット後相手は前受身、後ろ受身を取れるため(ランダムで取れない場合あり)他のキャラのように詐欺飛びに行けない。



  • ジャンプ弱P 
空対空、もしくは詐欺飛びで使う。

  • ジャンプ中P 
小Pと同様に空対空で使う。
空中カウンター後は着地キャンセル逆瀧、下大Pで追い討ち。

  • ジャンプ大P
発生は遅いが、頭の上から判定が出るのでロレントの三角飛び落としなどに使える。また、ゴウキの起き上がりに重ねると阿修羅の出始めの隙に当たる。



  • ジャンプ弱K
低い位置で出して小足と二択として使う。
また、空中の相手にヒットさせると若干浮くので、惨影後の受身攻めに使える。

  • ジャンプ中K
めくり用の技。めくり性能は十分。
最も使う状況は逆瀧途中止めからのめくり中K。

  • ジャンプ大K
中Kとモーションはまったく同じであるがめくり性能は無い。代わりに、足の先端の判定が強い。そのため正面からの飛び込みに使う。持続は4フレと短いが、間合いとタイミング次第でガイやナッシュなどの↓中P系の対空に勝てる。


ZEROカウンター

技の動作は逆瀧と同じ。上に跳んでいくため横のリーチは短い。そのため足払いの先端に当てると当たらない。地上の相手に当てた後は、受身が取れないので詐欺飛びが狙える。