笠山コーポレーション Z元:Zガイ戦

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はじめに

Zガイはゲージの有無により戦略が大きく異なる。 ゲージがLV3溜まっている場合はLV3剛雷を絡めたコンボが強力であるが、ゲージが無い場合は 主にスラや立ち中Kなどの単発技で、少しづつ体力を削っていくスタイルとなる。 ガイにはめくりやガードゲージを大きく削る技も無いので、イズナや疾駆けを絡めた連携に対処できれば、お互い地上戦がメインのじっくりとした展開になりやすい。

地上技の相性

各技のリーチ  赤:ガイ   青:元

スラ 立ち中K 喪流大足 喪流屈大P 忌流中足 立ち中P、中足 喪流立ち中K 屈中P = 喪流屈中P

・元の喪流屈中Pとガイの屈中P

リーチは同程度だが、ガイの屈中Pの方が判定勝ちしやすい。

・元の忌流中足とガイの屈中P

忌流中足のほうがリーチが長く、先端を当てればほぼ勝てる。

・元の喪流大足とガイの屈中P

大足のほうがリーチが長いが、屈中Pをタイミングよく合わせられると潰される。また、屈中Pが大足の戻りに当たることもある。

・元の忌流中足とガイの屈中K

忌流中足の方が発生が遅く、ガイの中足には判定負けしやすい。

・元の忌流中足とガイのスラ

発生はほぼ同程度。図の位置でスラに潰されると、ダウンする根元食らいになりやすい。 (元のやられ判定が前に出ている)

ガイ戦における立ち回り

喪流

喪流屈中P(仕込み惨影)でスラと立中Kを抑制し、リーチの長い大足や屈大Pを差しながら間合いを詰めていく。

・J大Kでの飛び込み J大Kは、先端を当てるようにするとガイの屈中Pでの対空を潰すことができる。潰せなくても相打ちになりやすい。ただし、持続が短く引きつけて出す必要があるため、読まれていると空中投げで返されやすい。

忌流

忌流だと移動スピードはガイとほぼ同じになるが、スラを止めにくい。 そのため、ゲージが無い場合(仕込み惨影ができない場合)や、画面端から脱出した場合などでピンポイントで使うようにしたい。

・ガイの屈中Pに対して 喪流の大足を潰すための屈中Pが多いなら、忌流の中足を混ぜていくのも有効。 このときガイに中足を置かれると潰されるが、ダメージは低いためそこまで気にするほどでもない。

・蛇穿 弱蛇穿はスラよりリーチは長いが、出る前にスラに潰されやすい。 ただし、ガイはジャンプが大きいため他のキャラのように蛇穿に飛び込みを 合わせて反撃することは難しいので、画面端などで相手が固まっている状況ならば有効に使っていける。 めり込むと、ガイの立ち中Pが間に合うので注意する。

・垂直Jによる牽制 垂直Jをしたときにガイがスラを出していれば、タイミング次第でJ大Kで反撃できる。 ただし、飛ぶ瞬間にイズナ投げを狙われたり、間合いが近いと踏み込んで対空されるので 多用は危険。

・飛び込み 忌流の飛びはほぼ屈中Pで落ちるが、近い間合いからのめくり気味のJ中Kや、飛込みから狂牙などで 駆け引きを作ることもできる。 狂牙2発目は、ガイから逃げるような軌道にしないと八双で返されるので注意する。 できれば相手にゲージが無いときに狙いたい。