笠山コーポレーション Z元:Zチュンリー戦

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はじめに

移動スピードが早く、通常技の性能は良い。
なかでも地上戦での主要技である大足(元キック)は、発生およびリーチに優れ, めくりループ(めくり小K>屈中P>天翔脚)も狙えるためリターンが大きい。空中技の判定も強く, 元の通常対空では落とせる間合いが限られる。そのため、画面端に追い詰められると攻めを切り返しにくい。


技のリーチと判定


忌流中足>チュンリー中足>チュンリー元キック


  • 元キックに対して
忌流中足のほうがリーチが長く、出てしまえば一方的に負けることはほぼ無い。チュンリーが踏み込んで元キックを出そうとする前に置くと勝ちやすい。元キックは喪流の立ち中Pや、忌流立ち小Pなどでも潰すことは出来るがタイミングが難しい。喪流屈中Pは相打ちになりやすい。


  • 中足に対して
忌流中足と発生は同じ(8F)だが、戻りが早いため挿し返すのは難しい。
喪流と忌流の屈中Pで潰せる。



チュンリー戦における立ち回り



チュンリーは技を挿すために中足、元キックの間合いまで接近してくる。(この辺の間合い取りは足が速いチュンリーに主導権をとられやすい)。そこで接近を阻止するために忌流中足、喪流屈中P(仕込み惨影)、弱蛇穿などでチュンリーの前進を止め、弱蛇穿の先端ぐらいの間合いをキープする。この位置なら飛び込まれても忌流屈大Kで落とせる(相打ちの場合もあり)。
弱蛇穿は飛ばれるリスクはあるが、忌流中足だけでは単調になり前進を止めるのは難しいので、
ある程度使って行く必要があると思われる。(ただし、相手がVの場合は空爆を合わせられると危険)


近い間合いになると元キックの間合いとなり、J小Kでめくり気味の飛込みも
忌流屈大Kでは落とせなくなる。元キックは食らうと詐欺飛び(詐欺めくりJ小K)が確定する。
近い位置で食らっても起き上がりのハッケイと投げの2択も強力であるため(特に忌流の場合)間合いが近い場合は注意したい。そのためこの間合いでは、地上技はなるべく出さず間合いを離すことを意識する。飛びはバックジャンプガードからの逆瀧や地上受身などで凌ぎたい。