笠山コーポレーション ジャンプキャンセル必殺技

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジャンプキャンセルのシステム

ジャンプするまでの隙(キャラにより2~7フレ)を必殺技でキャンセルすることで、投げられ判定のない必殺技、OCを出すことができる。
投げ無効化時間の持続は一瞬だけ。(4フレ程度)

入力方法

ジャンプキャンセル波動拳なら、波動コマンド+上方向+P(百鬼コマンド)
で出すことができる。オリコンの場合は上方向+立て押しとなる。
(上方向にレバーを入れ、飛ぶ前にコマンドを完成させる)
猶予フレームはジャンプするまでの数フレで、ボタンを押すのが遅いとジャンプに化ける。なお、成功しているかは見た目では分らない。


実用例


例1)ジャンプキャンセル疾駆け

例1)ジャンプキャンセル各種


上の例ではザンギのファイナルに対してジャンプキャンセル必殺技をあわせた結果で、ファイルの持続(1フレ)を付加した投げ無敵で回避している。(スクリューでも同様の結果となる)

最も使えるのが例1のガイの疾駆けであり、スクリュー(ファイナル)をジャンプキャンセル疾駆けで回避した場合、隙にゴクサが入る。ただし、同じ状況でアトミックだとパワーボムに化け疾駆けの隙に食らってしまう。
実戦なら、ザンギの起き上がりに近づいてリバーサルスクリューを誘ってJC疾駆けを出したり、空ジャンプスクリューに合わせて狙いたい。
また、ソドムの近中P>ブツメツの連携も中P後にJC疾駆けを入力し、成功すればブツメツの隙にゴクサを入れることができる。