包茎(真性包茎)の問題点


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

衛生

垢が亀頭冠状溝と包皮の間に溜まり、汚染や感染を生じ、感染症陰茎癌の発生率を高める可能性が指摘されている。

清潔にさえすればその心配はないが無理に剥離しようとすると出血の可能性があるため、無理な剥離はしない方がよい。

性行為 

射精自体は可能なものの包皮が引っ張られることにより痛みを生じることが多い。

挿入時の摩擦により陰茎が包皮を破り出て傷害を負う危険性もあるので通常の性行為は困難である。また、包皮に裂傷を負う場合もある。

尿路閉塞性疾患

力まないと尿が出ないほどの重度の包茎では尿路閉塞性疾患を起こして膀胱拡張、肉柱形成(膀胱の排尿筋の肥大)、水腎症と進み腎不全になるおそれもある。

嵌頓包茎

包皮口が狭小な場合、包皮を無理に反転させて亀頭を露出した状態にしておくと血管やリンパ管が狭い包皮輪の部分で絞扼されて循環障害を起こし先の包皮が腫脹して激しい痛みを伴うことがある。

HIV感染症予防

AIDSが多く見られる国家、地域においてはこれの感染を予防するため、包皮の切除を行っている。


 

他のコンテンツ

 

 

人気クリニックガイド