包茎と女性の病気


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

包茎が女性の病気を引き起こす?

一般的に包茎は男女に関わらず性病を引き起こす原因になりやすいといわれています。

理由は包茎のペニスは、余分な包皮のせいで亀頭が通気性を失い、亀頭の根元が湿った状態を保ち続け恥垢が溜まり、

さまざまな病原菌を繁殖しやすい状況になっています。これは本人だけの問題でなく、性交のパートナー女性にも影響します。

 

包茎は不妊症にも影響している?

包茎で不衛生なペニスは、女性の不妊症を招く原因にもなります。 包茎が引き起ことされている女性の病気として、代表的なものに「子宮頸癌」があります。

子宮頸癌の原因は未だに明確にはされていませんが、男性のペニスに付着した恥垢から感染するともいわれています。

また、勃起時も亀頭が露出できない真性包茎の場合、子供を作るために膣内射精をしても、覆い被さっている包皮のせいで子宮に十分な精子が届かず、

不妊に陥ってしまうといったケースもあります。そのため、包茎を嫌がる女性も少なくありません。

 

子宮頸癌や不妊症のほかにも、梅毒やHIV、性器ヘルペス、淋病、クラミジアなど、包茎が引き起こす危険性のある女性の病気はたくさんあります。
こうした病気の誘発を防ぐ対策としては、ペニスをいつも清潔に保っておくこと、性交時はコンドームを装着することを徹底すると共に、包茎であれば早期治療を

することお勧めいたします。

 

※包茎を気にしすぎてペニスを洗いすぎると、出血や最近がなくなりすぎ抗体ができなくなる恐れもあります。

   適度な清潔感を保つようにご注意ください。

 

 

他のコンテンツ

 

 

人気クリニックガイド

 

 

その他リンク