包茎手術と保健


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

包茎手術は保険適用されるのか?

 

真性包茎、カントン包茎の場合は生活に支障をきたす(=病気)と判断されることが多いため、健康保険が適用されて自己負担額はだいたい1万円~3万円程です。

仮性包茎の場合、生活に支障をきたすとは判断されず、【恥ずかしい】と言った精神的問題と見なされるため基本的には健康保険は適用されません。

一般病院と専門クリニックで手術が受けれる

 

一般病院(泌尿器科・外科)と形成外科等の専門クリニック(いわゆる美容外科といわれる病院・クリニックなど)で手術が受けれます。

保険治療の対象になるのは一般病院(泌尿器科・外科)での手術です。
手術方法は背面切開法(術後は化成包茎のようになる)、または環状切開法(激しい痛みと傷が残る)ようですので、ほとんどの手術が切ります。真性包茎やカントン包茎を仮性包茎にするための手術ですので当然かもしれません。

形成外科等の専門クリニックの場合は健康保険はききませんのでご注意ください。ですが個人のペニスに合わせた丁寧な手術をしてくれます。

縫合も丁寧で一般病院での手術に比べて傷跡が目立ちません。
また、血管の位置なども緻密に計算して手術してくれるので出血もすくなく、痛みも軽くなります。また術後のケアもかなり丁寧です。

包茎手術をしようと考えている人の多くは10代後半から30代の若者達。
多くの人がコンプレックスを無くすために勇気を振り絞って治療に行くのです。だからこそ、術後にコンプレックスとなる要素が少ない専門クリニックでの施術をお勧めします!

 

手術の相場はおおよそ8万~20万円程。最近だと内容によっては5万程のコースもあるそうです。

学割・友達紹介割引が適用されるところ多くあります。

 

まずは無料カウンセリングに行って話を聞いてもらうことがお勧めです。

その際に、増大手術などを強く勧めてくるクリニックには注意しましょう!!総額〇十万なんて金額になりかねません。しっかりとクリニックの先生の話を聞いて質問もしてください。きちんとしたクリニックであれば誠意をもって答えてくれます。

 

他のコンテンツ

 


人気クリニックガイド