決戦イベント

攻略メモ

ラスト手前のイベントだが事実上のラストバトル。
過去の分割パーティ戦とは比べものにならない程に難易度が高いので、十分に鍛えてから挑戦しよう。
特に妖精部隊は戦闘後回復の暇を与えてくれないイベント戦が連続し、厳しい戦いを強いられることになるので、
何人かメインメンバーを混ぜておくことをオススメする。

ちなみに、チーム編成時に編成室左下の宝箱を調べることで、技能書と一緒に回復アイテムを補充できるため、
各チームのボス戦時点で使い切ってしまっても問題ない。
なお、箱は手持ちのメンタルパパヒールリーフを預けてから開けると若干得だが、その後取り出すのは忘れないようにしよう。

また、参戦メンバーが多く、戦闘が多いという性質上、店舗ブーストや会議報告で付けられる常時スキルが非常に有用で、
「ベルの冒険道具屋」、「クイズめいかいQ!」、「トレーニング広場」以外の常時スキルは全て固定メンバーが恩恵を受けられるので、
できるだけ多くの生産力を常時スキルの付く店舗に回しておきたい。

なお、メンバーの分割に関してはメニューリカバーの使えるティーティーヘルラージュウズシオーネの内、
1人づつを第一、第二小隊に入れておけば、大分戦いやすくなる。
また、強敵シンボルの敵にはスタンや暗闇が有用な事が多いため、暗闇付加技能を持つサイキッカーヤエクウェウリ
スタン付加技能を持つ雪乃地竜ちゃんポッコ等をばらけさせておき、他のメンバーにも「ヤマアラシ」や「クエイク」等を覚えさせておくと良い。
他にも合体技を使えるメンバーや、燃費等にも気を配って編成したい。

第一小隊

メンバーはメニャーニャ、マーロウ、ジュリア固定。残り7人を選択する。
戦闘は帝都防衛戦と同じだが、回復の魔法陣が存在しないので回復は全て自己負担となる。
かなり長い防衛戦になるので、この時点でアイテムが不足している場合は次元の塔王国会議で、アイテム収集を先にする事を勧める。
特にMP消費が馬鹿にならないので、MP回復アイテムは節約して使おう。
NPCの援護をフルに受けている状態なら、雑魚は防御連打で援護射撃で倒してもらっても構わない。
ボス戦に備え、最低でも一人は炎属性が欲しい。

途中、3回敵の輸送兵が出現する(馬の声が鳴るたび出現)。
見てのとおりなかなかレアなアイテムが含まれているほか、回復アイテムの大きな補給になる。
ただし守りが手薄になるので状況と要相談。
入手機会自体は他にもあるので無理に狙いに行く必要はない。

「大砲はまだか」の後、超高速でこちらを追跡する黒敵シンボルが現れるので注意。
援護を受けられる場所へ逃げよう。
防衛陣の消耗度はジュリアマーロウマーロウの順に警告をくれる。
三度の警告の後さらにしばらく消耗するとゲームオーバー。
ただし防衛陣はかなりタフで、こちらが中央の敵を全て片付けられるなら両脇は完全に放置でも突破できる。

+ボス

ボス:プラントヒュドラ

プラントヒュドラ
推奨Lv 出現MAP
HP 200000 弱点
有効状態異常 暗闇、混乱 ドロップ
■使用
  • (2回行動)
  • ブリザードⅦ
  • ダブルウィップ(単体2回/物理/会心あり)
  • スタンウィップ(単体/物理/高確率スタン)
  • 圧縮水鉄砲(単体/水/物理)
  • 丸呑み(単体/物理/中確率即死)
  • 消化粘液(単体/防御--/4T)
■戦術、アドバイスなど
3箇所のうち、どこでもいいので1体と戦闘すればよい。
自分に合った援護をしてもらえる場所で戦おう。
敵のステータスは全く弱体化してないので、程よい距離で戦闘すべき。
スタンや即死技も使うので、一応対策しておこう。

マナが枯渇しているので、新たに召喚するのは「枯れた芽」となっている。
それが成長した「アサルトフラワー」も栄養不足で全く火力が無い。HPもかなり低い。
しかし、超音波の混乱はしっかりと発生するので、芽が成長する前に炎技で始末したい。

「枯れた芽」・「アサルトフラワー」、「プラントヒュドラ」は援護でHPを0にする事は出来ない。


第二小隊

メンバーはヅッチー、プリシラ、かなづち大明神固定。残り7人を選択する。
プリシラがいる為、氷属性メンバーで固めると火力を上げやすい。

最初のマップは敵シンボルを5体倒す。
ここと次のマップのみ、敵の背後から接触する事で先制ダメージを与える事が可能。
セーブ・回復の魔法陣を使い放題なので、レベル上げをすると少しは楽になる。
魔方陣はこれ以降は第三小隊に移るまでないので、次のマップへ移動する直前にも回復をしておきたい。

次のマップは時間制限イベント。
7分以内に敵の指揮官(仮面シンボル)を倒してマップを出る。
なお、メニュー画面では時計は進行しない。
宝箱からレアアイテムを回収できるが、第一小隊以上に回収難度が高いので無理はしないこと。
固定と思われるアイテムは以下の通り。
左下 メンタルパパ×2、☆永久氷砂糖
中央上 ☆メロリンスウィート☆和尚さんの水あめ
中央 15000G×2
中央下 ヒールリーフ×2、魔法書*シルフィーキッス
右上 ☆音無しの剣特技書砕き潰す、(ランダムで装備3つ)
右の左下 ヒールリーフ×2、☆グレープグレイプ
右の右下 (ランダムでレア装備)

最後のマップはイベント連戦。合間にメニューを開くことは出来ない。
途中でかなづち大明神が離脱するので、主力にしている場合はカバー出来る仲間がいないとかなり厳しい。


+連戦1

大型モンスター:アシッドドラゴン

アシッドドラゴン
推奨Lv 出現MAP
HP 127000 弱点
有効状態異常 毒、スタン ドロップ
■使用
  • (2回行動)
  • アイスⅧ
  • 空気を震えさせながら突進(R3体/物理)
  • 凍てつくブレス(全体/氷)
  • 巨大な尻尾を振り回す(全体2回/物理/防御低下3T)
  • マナを取り込む(自己回復)
  • 深く息を吸った(自己回復/自身の異常耐性低下/次ターン酸毒ブレス)
  • 酸毒ブレス(全体/水/麻痺/睡眠/毒/暗闇)

大型モンスター:アンノウンビースト

アンノウンビースト
推奨Lv 出現MAP
HP 107000 弱点 氷、地
有効状態異常 スタン ドロップ
■使用
  • (2回行動)
  • 火炎の牙(R2体/炎)
  • 踏み潰す(単体/高確率スタン/敏捷性低下)
  • 砕き潰す!(単体/物理/会心あり)
  • 額の宝石が怪しく光る(全体/高確率麻痺)
  • 大地を揺るがす踏み潰し(全体/大地)
  • マナを取り込む(自己回復)
■戦術、アドバイスなど
見た目は違えど、基本的に時計塔で戦った時と戦法は変わらない。
ただし、マナ不足で弱っているのか、時折自己回復をはさみ、酸毒ブレスの間隔も長い。
「アシッドドラゴン」にある程度ダメージを与えると、「アンノウンビースト」が増援に駆け付ける。
ところが、こちらは混乱状態(攻撃では解除されない)なので、先に「アシッドドラゴン」を倒してしまおう。

あまりアイテムは使わないで、ヒール系だけで済ませたいところ。

+連戦2

連戦2

ここからかなづち大明神が離脱し、9人で戦う事になる。
ヅッチープリシラの攻撃・魔法攻撃が大幅に上昇するが、防御・魔法防御が大幅に下がるので注意。

初戦:プラントランナー×4、ヒグマクレイモア
雑魚戦と変わらない。取り巻きは開始直後に勝手に死ぬので、大地属性でヒグマクレイモアをさっさと仕留めたい。

第2戦

クリスタルネウザー
推奨Lv 出現MAP
HP 90500 弱点 雷、投擲
有効状態異常 暗闇、麻痺 ドロップ
■使用
  • (2回行動)
  • アイスⅧ
  • ブリザードⅥ
  • シューティングバブル(全体/水/睡眠)
  • 砕き潰す!(単体/物理/会心あり)
  • 凍てつくブレス(全体/氷)
  • エボシドキシン(全体/毒/疫病)
■戦術、アドバイスなど
「テケテケデビル」3体を連れて登場。水晶洞窟の時よりも強くなっている。
しかし、雷属性が弱点なのでヅッチーのゴリ押しで突破は可能。
立て直しは氷耐性が無いと少々厳しいか。

第3戦

モスドラゴン
推奨Lv 出現MAP
HP 98500 弱点 氷、投擲
有効状態異常 ドロップ
■使用
  • (2回行動)
  • ファイアⅦ
  • 火炎の牙(R2体/炎)
  • 砕き潰す!(単体/物理/会心あり)
  • 辺りを真っ暗に染め上げた(全体/水/暗闇)
  • 超高速で動き始めた(行動回数+1/2T)

プラントヒュドラ
推奨Lv 出現MAP
HP 105000 弱点
有効状態異常 混乱 ドロップ
■使用
  • (2回行動)
  • ブリザードⅦ
  • ダブルウィップ(単体2回/物理/会心あり)
  • スタンウィップ(単体/物理/高確率スタン)
  • 圧縮水鉄砲(単体/水/物理)
  • 丸呑み(単体/物理/中確率即死)
  • 消化粘液(単体/防御--/4T)
  • マナを取り込む(自己回復)
■戦術、アドバイスなど
とりあえず急いでどちらか片方を倒せば問題無い。
耐久の低い「モスドラゴン」を先に倒すのが良いだろう。
増援は何もしてこない上に、そのターンの終了時に消滅するので無視して構わない。

+連戦3

連戦3

ゲオルギウス
推奨Lv 出現MAP
HP 120000 弱点
有効状態異常 スタン、睡眠 ドロップ
■使用
  • (2回行動)
  • ファイアⅧ
  • 灼熱のブレス(全体/炎)
  • 火炎放射(R4体/炎)
  • 火炎の牙(R2体/炎)
  • 巨大な尻尾を振り回す(全体2回/物理/防御低下3T)
  • 鉄をも曲げる熱波(単体/炎/炎弱体)
  • マナを取り込む(自己回復)

アンノウンビースト
推奨Lv 出現MAP
HP 107000 弱点 氷、地
有効状態異常 スタン ドロップ
■使用(連戦1の項目と一緒)

プラントヒュドラ
推奨Lv 出現MAP
HP 105000 弱点
有効状態異常 混乱 ドロップ
■使用(連戦2の項目と一緒)

■戦術、アドバイスなど
味方全員のHP・MPが壊滅的状況から戦闘開始となる(数値はランダム)。
さらに、2ターン目開始直後に「プラントヒュドラ」が増援に駆け付けてくる。
絶望的な状況だが、最初の1ターン目でこちら側のHPが0になる事は無いので、アイテムは使わないように

2ターン目開始後、エルフ軍が駆けつけ、味方のHP・MPを大回復し、以降は援護射撃、回復、防御増強を行ってくれる。
さらに、敵の士気も下がるので、援護である程度回復してしまえば、ほとんどダメージを受けずに敵を倒す事が可能。

第三小隊

メンバーはデーリッチ、ローズマリー、エステル固定。残り5人を選択する。
最終ボスの弱点が雷なので雷属性を使える仲間が好ましい。
特技タイプは「プラズマファーント」があると楽。
また、雷が得意なのはサイキッカーヤエと(仲間に加えていれば)マリオンの2名。

雷以外でもドリントルは唯一キャラ特性で投擲耐性を持つので最終ボスの攻撃に強いほか、
道中の中ボスが投擲弱点かつ即死が効くので相性が良い。
運が良ければそのままM21グラニュー1発で撃ち殺すことも可能。
しっかり育ててるいるなら基本的に以前訪れたゼンマイ山でしか無く、雑魚敵は基本問題ないが、

ボス戦は人によっては第一、第二小隊より厄介である。
途中の大型モンスターは2つの小隊の戦闘時よりもかなり強いので、イベント中はスルー推奨。
ちなみにイベント終了後も残っているので、ベストメンバーで挑む事も可能。
撃破すると★つきのスキル書をドロップする。

+中ボス

中ボス:バベルティターン

バベルティターン
推奨Lv 出現MAP
HP 185000 弱点 投擲、風
有効状態異常 毒、暗闇、スタン、即死 ドロップ
■使用
  • (2回行動)
  • サンダーⅧ
  • トールハンマー(全体/雷/攻撃上昇++/敏捷性上昇++)
  • サンダークラウド(全体/雷)
  • ガーンディーヴァ(全体/雷/魔法防御二段低下/4ターン)
  • 帯電する牙(R2体/雷)
  • ショットガン(R3体/投擲)
  • 超高速で動き始めた(行動回数+1/3T、3ターン目および3+5nターン目?)
  • 必死に息を整えている(自己回復)
■戦術、アドバイスなど
とにかく雷属性攻撃が痛い。その上、バフ・デバフスキルも使ってくる。
また、かなり素早い上に、「トールハンマー」でさらに敏捷性を上げてくるのでほぼ回復が間に合わず、
挙句「トールハンマー」や「ガーンディーヴァ」等を連発することもあり火力が非常に高い。
ただし、超高速を使うターンと切れた次のターンには攻撃をしてこない、
弱ったキャラは順次後列に回しておいて、このターンに回復する様にしよう。

攻撃が激しいが状態異常に弱い。
暗闇やスタンが効いたらダメージを大いに抑えることが出来、毒が効いたらかなりのHP量を削れる。
即死が効く事すらあるので、正攻法で倒せない場合は狙ってみよう。

+ボス

ボス:*****

*****
推奨Lv 出現MAP
HP 350000 弱点
有効状態異常 ドロップ
■使用
  • (2回行動)
  • 巨大拳(単体/物理/スタン)
  • 凶悪なカノン砲(単体/投擲)
  • 散弾銃(R3体/投擲)
  • ミサイルをばら撒く(R8体/投擲)
  • ツインレーザー(R4体/投擲/必中)
  • デストロイレーザー(R4体/炎/必中/防御二段低下/4ターン)
  • ファイナルバズーカー(全体/炎/沈黙/3ターン)
  • 弾丸装填(TP+85)
■戦術、アドバイスなど
「弾丸装填」した後の攻撃は回数が多く、威力が高め。
カウンターや命中低下はオススメではあるものの、レーザーに対しては無力であり、
「デストロイレーザー」が集中してしまうと即死級のダメージにも繋がる。
しかしそれでも8連ミサイルを猛烈に弾き返すこたつの姿を目に焼き付けるプレイヤーが後を絶たない。

欲しい耐性は主に投擲、「デストロイレーザー」対策に炎。
必須メンバーであるエステルの「フレイムウォール」も有効。
8層の復興提案:隕石を防いで!で入手できる「☆防石の傘」(投擲耐+30%)が有ればベスト。
魔法キャラなら帝都で購入可能な「サモナーズインナー」(投擲耐+25%)も有り。

台詞

特定の戦闘前で特定のキャラが一度目に言うセリフと、二度目に言うセリフが違うことがある。
特に柚葉においては全部違う。

+セリフ集
+クラマ
(メニャーニャ)
はーぁ……。
子供の作戦が採用される国なんて、
聞いたこと無いぜ。福の神様は
何だってこんな王国を支援してんだ?

(はい)→
言われりゃ、俺は出ますよ。
ただし、手加減はできねえからな?


(ヅッチー)
すげえ数の兵隊が出ていったな……。
天界で戦い、地上でもまた戦争か……。
つくづく生き物ってヤツは、
争いが好きだねぇ……。

(はい)→
愚痴ってても仕方ねえな。
仕事と責任を果たしますかね。


(デーリッチ)
んー、時計塔かどうか分からないが、
嫌な気配は残っているな……。
恐怖というよりも、畏怖を覚える。
何だろうか、この圧力は……?

(はい)→
気になったら、探ってみますか。
未知の物を探るってのは。
結構好きなほうだぜ……!

+マリオン
(メニャーニャ)
星に平和を乱す者を
このマリオン、放ってはおけぬ。
審判の力で世を正さん……!

……と、息巻いて見せたものの、
さすがに、大人げなくないか?
マリオンは不思議に思うぞ。
普通、解決順番が逆だろうに。

(はい)→
仕方が無い……。
戦場にクレーターでも作りに行くか。
手加減は出来ないからな?


(ヅッチー)
奇襲をかけるなら飛べばいいではないか。
お前たちは妖精だろう?
どうして、飛ばないんだ?

……何だ。
その羽根は高くは飛べないのか。
半分以上、飾りなんだな。

しかし、マリオンは似合っていると思うぞ。
それ、可愛いものな。
大切にするといい。

(はい)→
お前のことは、わりと気に入っている。
同じイカヅチタイプだしな。
たまに、遊んでくれるからではないぞ?
あくまで相性の問題だ。


(デーリッチ)
手応え無し……!
この程度のバトルではマリオンの出番が無い。
せっかくマリオンを連れて来たんだ。
決戦の場で有効利用しろ。

(はい)→
当然の選択だ。
どんな障害があろうと、
マリオンが打ち砕いて見せよう。
上手く使ってくれよ?


コメント

名前:
コメント: