※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

亀夫君問題 10スレ目



暗闇の黒き少女


【問題】
あー?…えーと、何だこれは。
いつものようにパチュリーのところから本を借りていこうとしたら
いきなり真っ暗闇じゃないか。何も見えないぜ…

とは言っても、この場にルーミアがいるはずがない。
確かに紅魔館に入って、いつものようにメイド隊に荒っぽい歓迎受けたからな。

ってことはここは紅魔館なのか…?

お?パチュリーの本が…喋ってる…!?





とある日のマヨヒガ


【問題】「とある日のマヨヒガ」
ここは、おおむね平和なマヨヒガ。
日差しもうららかなある日のこと。
スキマ妖怪である紫と、その式である藍は、お茶を楽しみつつ日向ぼっこをしていました。
「平和ねー」
「そうですねー」
こんな日がいつまでも続くと良い。
主従揃って、そんなことを思っていました。
ところがどっこい。
そんな思いは、次の瞬間、断ち切られてしまったのです。
「ら、ら、藍様、紫様、たいへんたいへんたいへんですーーーーーー」
そう言って、毘沙門天ばりに回転して飛び込んできたのは、式の式。橙でした。
「あらあら、どうしたんだ。そんなに慌てて」
「それが……それが……」
橙は、そこで一旦息を吸い込んで。

「赤ちゃんができちゃったんですーーーーーーーーーーー!?」

「なんだってーーーーーーーーーーー!?」
「テンコーーーーーーーーーーーーー!?」
紫も藍も飲んでいたお茶を噴出しました。藍にいたっては、狂ったように回転しまくってます。まさに混『藍』。
「って、そんなことを言ってる場合じゃないわ。ここは私がなんとかするしかないわね!!」
いち早く正気に戻った紫でしたが、その顔は嫌らしいスキマスマイルです。こういう下世話な話は大好きなスキマ妖怪なのでした。


さて、皆さんは紫になりきって、事態の収拾に当たってください。

【ルール:亀男(一部ウミガメのスープ)】
追加ルールの通称亀夫君問題です。
司会者は問題の証言者になりきって回答します。
そのため、証言者の知らないことは答えられません。
その代わり、Y/N以外の質問も回答できます。
証言者に「~調べて」というように誘導をすれば、調べた結果を分かる範囲で
教えてくれます。
また、当事者に直接聞いてみることもできますが、
質問内容によっては怒ってしまうので慎重にお願いします。

なお、橙のみ、非常に混乱しているためにY/N以外の回答、及び調べる等の動作はできません。
また、全年齢に引っかかる質問は、絶対に禁止です。藍が暴走して収拾がつかなくなります。




色の変わる花


【問題】

紅魔館のとある日。

美「さ、咲夜さーん!」
咲「なによ。騒々しいわねえ、美鈴。」
美「そ、それが、また花の色が変わっちゃったんですよぉー!」
咲「また? この間と同じでパチュリー様の仕業じゃないの?」
・ ・ ・ ・ ・
パ「…私じゃないわよ。あの時に凡その目標は達したから、
わざわざ二回目をやる意味なんてないもの。」
咲「そうですか…それで、一体何処の、どういう花?」
美「花畑の隅にいつの間にか生えてた木の花です。…名前なんて知りませんよぉ。」
咲「それじゃお嬢様に聞いても意味はなさそうね…
仕方ないわねえ。門番は暫くローテーション変えておいてあげるから、
さっさと原因を突き止めて、治せるものなら治してしまいなさい。」
美「はいー…」

ルール:亀夫君問題

皆さんは美鈴を誘導してとにかく「色の変わった花の名前だけでも」突き止めてください。
咲夜さんがローテーション表を弄ってくれたので時間はしっかりありますし、移動も出来ます。
が、美鈴は花の名前も知りませんし、知らない相手にも会いにいけません。
(知り合いは紅魔郷・芋夢想参戦メンバーのみ、と設定。)
これ以上咲夜さんやパチュリーに面倒をかけるときっとハリネズミや切断ショーにされるので、
そういう選択肢はありません。無論、お嬢様や妹様も論外。





気体のスープ


【問題】
「博麗神社襲撃!? 神社に放火! 巫女は出血多量で重体」

去る神無月の一日の深夜、博麗神社の居住区が燃えているのが発見され、またその中で、博麗神社の巫女・博麗霊夢が血まみれになって倒れているのが発見された。
発見したのは、紅魔館の吸血鬼・レミリア・スカーレットと、そのメイドである十六夜咲夜。
発見時、巫女は瀕死の状態であったが、咲夜が得意の手品を用いて永遠亭の薬師・八意永琳の元へ一瞬で運んだため、現在巫女は重体ながらも、意識はしっかりしているとのこと。
また、神社の火については、神社の異変に気が付いた、妖怪の賢者・八雲紫と、その式が消火にあたり、こちらも障子数枚と畳数枚程度の被害で済んだという。
この事件に関して、発見者であるレミリアは「誰が霊夢を……絶対に許さない。犯人を見つけたら八つ裂きにする」とのこと。
レミリアは、紅魔館に捜査本部を設置。事件の究明に当たるという。

文文。新聞 神無月の一日の号外より抜粋

「ねえ、どうしても、ダメなのかしら」
「ダメです。私の道具は、そのような目的で使うのではありません」
「はぁ……わかったわ」
昨日の深夜。博麗神社に遊びに行った私、レミリア・スカーレットは、道中不意に血の匂いを感じ、咲夜を時を止めて先に行かせ、様子を見させることにした。
その結果が……全て、私の手にある新聞に記されている。
だが、閻魔に訊けば、浄頗梨を通して楽に事件を解決できるかと思ったのだが、そうも楽にはいかないらしい。
まあ、ダメで元々だったので、そう深い落胆はない。
執念深く、しっかりと調べていけば、必ず霊夢にあんなことをした犯人は突き止められるはずだ。
まあ、とりあえずは……いろいろと、聞き込みから始めますか。

さて、皆さんはレミリアとなり、幻想郷中を調べ、誰に、どのようにして、霊夢が襲撃されたのかを明らかにしてください。