※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンケート番号R1d

【妖々亀Ph?】






妖々亀Ph?: 八雲 紫

紫「あら、藍も負けちゃったの」
魔理沙「ちゃんとズタボロにしてやったぜ」
霊夢「ていうか罰ゲームなんてルールは無いけどね」
咲夜「もっと早く言ってあげなさいよそういう事は」
紫「あらあら、迷惑な人たちだこと」
霊夢「あんたにだけは言われたくないわね」

紫「さて、最後の相手は私じゃないの…特別な三人を用意しておいてあげたわ」

紅魔亀SP
妖々亀SP
永夜亀SP

紫「どこから挑戦するかは貴方達の自由…楽しみにしててね」




アンケート番号R1d-1

紅魔亀SP:矛盾を乗り越える影 ユナ


ユナ「チョリーッス」
魔理沙「ちょりーっす…っていつぞやの私の影じゃないか」
ユナ「許可もらっての特別出演だよ!」
魔理沙「誰に言ってるんだ」
霊夢「「奴」を問題にしてもらおうと画策してたらしいわよ」
ユナ「さらに言うと、文花帖4でフォローされるとは思ってもいなくて、
   ちょーダークな問題作ってたらしいよ」
魔理沙「だから何の事だよ」

( ・x・)<時空を超える存在てっふゐー参上!
ユナ「ひゃぁ!?」

【問題】
リーン「私と貴方が出会う。これ以上の矛盾点はないわね」
ユナ「まぁ、存在が矛盾みたいなものですからー」
リーン「…なんでそんなに陽気なのかしら…はぁ」
ユナ「それにしても閻魔さまからもらったこれ、使わなかったねー」
リーン「奴はもういないしね」
ユナ「よし!じゃあ別の事に使おう!」
リーン「え?」

何に悔悟の棒を使用したか、推理して理由もあわせて答えよ!
( ・x・) にんじん欲しいウs
ユナ「じゅるり」
( ・x・) !

20の扉・二時間制限
てっふゐーはユナに喰われそうになったので逃げました。(ヒント無し


※編集者注…オリキャラのユナ、リーンについては【影の幻想郷縁起】【陰と陽にたゆたう影と真実】を参照。





アンケート番号R1d-2

永夜亀SP:作り変えられた現実の住人 稲葉鈴仙


( ・x・)「ウサ」
( ・x・)ノ<やぁ、また会ったウサね。
( ・x・)<今回は敵ウサ。覚悟するウサ。
鈴仙「ちょっとまったぁー!」
( ・x・)<何ウサ。出番は無いウサよ。
鈴仙「いや、私の出番だって聞いたんだけど…」
( ・x・)<ッチ、ばれたウサ。
鈴仙「…あんな子、永遠亭にいたかなぁ…?」

【問題】
鈴仙「さて、向こうの世界には幻想郷の人々が違った形で住んでいたわけですが…」
鈴仙「師匠が薬屋さんで、姫がその店長だったり、八雲家が大企業だったり」
鈴仙「それでは…」

リグル・ナイトバグ&ミスティア・ローレライの向こうでの職業は何か!
20の扉・二時間制限
( ・x・) にんじん没収されたのでヒントだせないウサ。





アンケート番号R1d-3

永夜亀SP2問目


( ・x・)「ウサ」
( ・x・)ノ<やぁ、また会ったウサね。
( ・x・)<今回は敵ウサ。覚悟するウサ。
鈴仙「ちょっとまったぁー!」
( ・x・)<何ウサ。出番は無いウサよ。
鈴仙「いや、私の出番だって聞いたんだけど…」
( ・x・)<ッチ、ばれたウサ。
鈴仙「…あんな子、永遠亭にいたかなぁ…?」
鈴仙「というか、ちょっと前にこれと同じやりとりしたような…」

【問題】
鈴仙「さて、向こうの世界には幻想郷の人々が違った形で住んでいたわけですが…」
鈴仙「師匠が薬屋さんで、姫がその店長だったり、八雲家が大企業だったり」
鈴仙「それでは…」

向こうの世界でのてっふゐーの役割は何か!
残り回数・残り時間はそのままでスタート!!
のこり回数9回
タイムリミット 22:50





アンケート番号R1d-4

東方妖々亀SP



【はじめに…】
摩耶「皆様こんばんわ、『幻想郷ぶらり旅(ウミガメWIKI大作ページ参照)』にてお世話になった岩永麻耶です」
摩耶「以前、幻想郷に迷い込んだ私は、そこの住人にある遊びを教えました」
摩耶「それは『汝は人狼なりや?』というゲームです」
摩耶「しかし、それがあんな事件を引き起こす事になろうとは、その時の私は思ってもいませんでした」
摩耶「何が起こったのか?それは、貴方達自身に実際にみてきて頂きましょう」

( ・x・) それでは、血で血を洗う人と狼の争いの一部始終を見て頂くウサ
摩耶「兎がしゃべった!?」
( ・x・) ぶっちゃけ、出番ここだけウサ。

【ルール】
クリア条件・人妖を襲う『人狼』を全て見つけ出し、退治する。
ゲームオーバー条件・のこり生存者内訳が 人狼≧人 になった場合。


【プレイヤーが出来る事】
  • 生存している人妖達に色々な質問をする事が出来る。ただし、その質問・回答の内容は他の人妖も聞いている事とする。
(つまり、生存者にまぎれている狼達にも情報が行ってしまう)
  • 一日の最後に処刑する人妖を決める。(処刑者を決めると日にちが進む)


【このスレでの仕様】
  • 主人公は狼に襲撃されない。
  • 主人公に何か行動させたい時はレス内容の頭に【指示】と付けて発言する事。
  • 参加者と主人公の会話は誰にも聞かれない。
  • 誰かに質問したい時は【質問・○○(対象の名前)】と付けて発言する事。
  • 東方キャラは各自能力使いたい放題。ただし、その能力によって人狼を特定する事はルール違反とする。
  • 能力者の仕様が『汝は人狼なりや?』と違う場合がある(狩人の能力が変更)。
  • 狼、狂人でない人妖は質問に対し嘘を言ってはいけない。
  • 狼、狂人は質問に対し嘘をついても良い。

【主人公選択】
A・霊夢…『霊能者』その絶対的なカンは処刑された人物が狼役だったかどうかを判断できる。
B・魔理沙…『共有者』霊夢・アリス・パチュリー・咲夜のうち誰か一人をパートナーとして選べる。
C・咲夜…『狩人』一度だけ、少し時間を巻戻して、狼の襲撃を『無かった事に出来る』
※…主人公は絶対に狼に襲撃されない。
※…選択しなかった人妖が、上記の能力者になっているとは限らない。
例…霊夢を選択した場合、絶対に咲夜が『狩人』の能力者になっているわけではない。

【能力者解説】
占い師…夜中の内に一人を占って、その人が普通の人妖か狼かを判断する事が出来る。
霊能者…日があけると、処刑された人妖が狼だったかどうか知る事が出来る。
共有者…二人の人妖がペアになる能力者。お互いの潔白を証明しあえる。
狩人…夜中、誰か一人の護衛について狼の襲撃から守る。
狂人…嘘をついて場を混乱させる人妖。狼ではないが、生存者判定では狼側にカウント。
狼…夜中の内に人妖一人を食い殺す存在。
※能力を二つ以上所持する事は無い。一人一つ。

【参加者】
博麗霊夢、霧雨魔理沙、アリス・マーガトロイド
ルーミア、チルノ、レティ・ホワイトロック、リグル・ナイトバグ、ミスティア・ローレライ
紅美鈴、パチュリー・ノーレッジ、十六夜咲夜、レミリア・スカーレット
橙、八雲藍、魂魄妖夢、西行寺幽々子
上白沢慧音、鈴仙・優曇華院・イナバ、八意永琳、蓬莱山輝夜、藤原妹紅

以上、21名。

【プロローグ】
~招待状~
○月×日、紅魔館にてパーティーを開きます。
楽しい催しも用意してあるのでぜひ来てね☆

主催者・八雲 紫

霊夢「つーわけで来てみたんだけど…」
レミリア「私達も何もしらないのよ、ちょっと前にいきなり現れて『数日間ここのお屋敷を借りるわよ』って」
魔理沙「よく了承したな」
咲夜「お嬢様が面白そうだからと」
レミリア「でも、何をやるのか伝えられてないんだけどね、これだけ人を集めて何やるのかしら」
永琳「あの妖怪の事だから、何か企んでいるのかもね」
パチュリー「レミィ、大変よ…紅魔館の周囲がスキマで覆われたわ」
霊夢「…つまり、閉じ込められたって事?」
幽々子「あらあら、面白くなってきたわね~」
藍「私達も何も伝えられてないのだが…紫様は一体何を…」
橙「こ、こわいです藍さま…」

?『えー、テステス、ただ今マイクのテスト中~』
霊夢「なんだそれ」
紫『ただ今から『人狼ゲーム』を開催しまーす!各自、与えられた役割を演じきるように』

舞台は紅魔館。
八雲紫の大いなる悪ふざけがここに幕を開ける…!!

はいどうも、亀シリーズ出題人で御座います。

先ずはじめに、主人公を選択していただきます。
参加者の皆様方にはその主人公に指示を与えて、このゲームのクリアを目指してもらいます。

私への質問等もいつでも受け付けますので、お気軽に申しつけ下さい。


A・霊夢…『霊能者』その絶対的なカンは処刑された人物が狼役だったかどうかを判断できる。
※難易度はイージー。能力者が最後まで生き延びれるのは大きい。

B・魔理沙…『共有者』霊夢・アリス・パチュリー・咲夜のうち誰か一人をパートナーとして選べる。
※難易度的にはノーマル。確定白(狼でない事が確定している者)が最初から増えるのが利点。
ただし、パートナーは狼に襲撃されてしまう。

C・咲夜…『狩人』一度だけ、少し時間を巻戻して、狼の襲撃を『無かった事に出来る』
※はじめこの役を慧音で予定していた名残が残っていますが、襲撃をあらかじめ知っていて護衛できると置き換えていただくと有難いです。
難易度的にはハード。能力が一度きりしか使えないので、極普通の能力を持たない人妖とほぼ同じなため。

おっと、これも付け加えておかなければ。

※各人妖が持つ自身の能力の使用は禁止されておりませんが、ゲームを壊すような使用方法はゆかりんが厳しく取り締まります。
 つまり、せいぜい処刑方法のネタになるくらいです。むしろそっち方面ばっかり考えてます。

夜中の狼のささやきを、プレイヤーは知る事ができます・・・が。
口調その他は当然変更してあります。

( ・x・)ノΩ てっふゐーイヤホーン。
( ・x・) これがあると狼のささやきを盗み聞きできるのウサー。





アンケート番号R1d-5

東方妖々亀SPその2


~終了したその日の夜~

霊夢「おつかれさまー」
魔理沙「まけちまったが、まぁ面白かったからよかったぜ」
霊夢「というか、こういう形式でも人狼そのものの楽しみが味わえる事を理解したわ」
魔理沙「お前経験者だったっけ?」
霊夢「GMが言えっていった気がするのよ」


チルノ「ねぇれいむー」
霊夢「何よ、ご飯なら自分でとりなさい」
チルノ「なんで、わるいやつつらないの?」
霊夢「は?あんたまだ理解してないの…」
チルノ「??」
霊夢「人狼は、幽々子と橙と輝夜だったの、私達はゲームに負けたのよ」
チルノ「わるいひとまだいるよ?」
霊夢「…チルノ、もうちょっと詳しく」


チルノ「あの人、皆をだましてるからわるいひとだよね?」

霊夢「わかったわ、アイツね…」

【妖々亀SP・最終問題】
難易度:理不尽にも程がありすぎて自重しろレベル。


チルノが言う、『皆を騙している悪い人とは誰の事か!』

摩耶「そう…これは八雲紫が仕組んだ、壮大なる『悪ふざけ』だったのです…」

( ・x・) 出番到来!
( ・x・) 今までのゲーム中の行動・会話から『参加者に紛れ込んだ八雲紫を探しだせ!』

【ルール】
霊夢や参加者への質問は全て「禁止」
指摘できるチャンスは「一回」
間違えると紫はそのまま逃げてしまう!
一発で紫を探し当ててとっつかまえてお仕置きしよう!

プレイヤーができる事は「○○スレ目の>>○○にヒントはありますか?」の質問のみ!
質問回数は20回。

( ・x・) にんじん三本あげるウサよ~。

( ・x・) おっと、ヒント一つあげるウサ。
( ・x・) 八雲紫が参加者にまぎれこんだのは「脱落者が帰ってきた日から」ウサ。


「霊夢とチルノは犯人ではありません」

( ・x・) あと、GMへの質問もある程度受け付けるウサよ~。
( ・x・) 質問回数消費するのは「>>○○にヒントはありますか」という質問をした時だけウサ。

( ・x・) にんじん一本につき指摘ミス一回をなかった事にしてあげるウサ。

( ・x・) あとは…カンをフルに働かせて…ガンバレウサ。





編集者注:下記の問題は当シリーズとは無関係の問題ですが、特設スレの埋め問として出されたため、ここに記載します。



アンケート番号R1d-6

不戦主義者



霊夢「戦いたくないわ~」
紫「こら、ちょっと、何言ってるのよ」

何で戦いたくないのでしょう。
ルールはウミガメのスープです。