※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

38杯目で出た提案をもとに、そのスレでの良問をここに記録します。


●幻想郷的ウミガメのスープ35杯目

契約の理由


【問題】
彼女は久々の契約で喜んでいたが同時に驚いていた。
まさかあんな理由で契約してくれるお客がいるとは思わなかったのだ。
最も彼女の知る理由は表向きのものだったのだが。

彼女の知る表向きの理由とは何かを考えてください。

るーる:ウミガメのスープ






●幻想郷的ウミガメのスープ38杯目

ちょっとした贅沢


【問題】
メリー「夢があると言うべきか、もったいないと言うべきか、どっちなのかしら?」
蓮子 「どっちでもないわ。あえて言うなら「ちょっとした贅沢」ってやつね」
さて、蓮子の言うちょっとした贅沢とは何でしょう?

ルール:ウミガメのスープ





※「霧雨魔理沙の危険~アル中危機一髪~」は、編集者が削除して下さいとの事なので削除。




●幻想郷的ウミガメのスープ41杯目

もはや手遅れ


【問題】

彼らを侮っていたことを認めないわけにはいかないだろう。
だが、認めたところでもう手遅れなのだ。
彼女にできることは見守ることだけだった

彼女が見守っていたのはなんでしょう?
そして、その原因は?

ルール:ウミガメのスープ







●幻想郷的ウミガメのスープ46杯目

一番乗り


【問題】
あんたが一番乗りとはね。
しかし、意外や意外。これじゃちょっと足りないかもね。