※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウミガメのスープ 過去問集 140スレ目





アンケート番号140-U1

神出鬼没な怪盗


【問題】
幻想郷に怪盗現る!

人里・紅魔館・永遠亭・命蓮寺……。
幻想郷中の主だった場所から次々と秘宝が姿を消していく。
どれだけ厳重な警備も警戒も奴には通じない。
嘲笑うかのようにそれらを突破し、易々と目的を果たして去っていくのである。
あまりに神出鬼没なその様に、住人達は人妖の区別なく畏れ、恐怖した。

……が。
騒ぎはそう長く続かなかった。
ある日を境に犯行は突如ぴたりと止む。
そして、盗まれた品物もいつの間にか持ち主の元に戻っていたのである。

犯人は何者であったのか?
犯行を止め、宝を取り戻した人物は誰なのか?

結局、事件の後しばらくは人々の口の端にのぼったそんな話題も、何一つ明らかにされないままにいつしか風化し、忘れ去られていった。
すべては人々の与り知らぬところで始まり、終息してしまったわけである。

この事件の全貌を想像し、推理してください。
(犯人、手口、犯行が止んだ理由、宝を取り戻した人物etc)





アンケート番号140-U2

夢見がちに丁度よい


【問題】
A「○○ってものがあるらしいね。」
B「夢見がちな人間にはちょうどいいんじゃ。」
A「私の能力を使えば簡単なんだけど。」
C「目的だけ果たすならA以外でもやれそう。」

○○とは何かを当ててください。
念のため口調は統一しております。





アンケート番号140-U3

人数がカギ


【問題】
A「お前たちはそれで楽しいのか?」
B「いつもそうしている訳ないじゃない。」
C「楽しむことだけが目的じゃないしね」

ABC は誰?また何について話している?





アンケート番号140-U4

頻繁にたくさんばら撒いたあれ


【問題】
A「『あれ』をあんなにばら撒いて大丈夫だったのかしら。そんなことだから…」
B「し、失礼ね!」

ABの名前と『あれ』を当ててください。





アンケート番号140-U5

とてもタイムリー


【問題】
何かについて話し合っている命蓮寺一行。
ナズ「だから、それは駄目だろう。『』にならないよ」
ぬえ「えー、でもこれなら<>をこうすれば・・・」
村紗「おー、ありじゃない?」
一輪「ここはやっぱり私の雲山が()して・・・」
星「ここは正攻法で私が||って言うのはどうでしょうか」
星以外「それは止めといたほうがいい」
さて、命蓮寺一行は何について話し合っているでしょう?





アンケート番号140-U6

一つ消えると大惨事


【問題】
もし、幻想郷から○○がなくなったらどうなりますか?

A「嫌ね、私の能力の意味がなくなるもの」
B「嫌です… 私なんて全否定です…」

○○とA・Bを当ててください。





アンケート番号140-U7

はた迷惑な話


【問題】
A「迷惑な話ですよね」
B「本当だよね」

一体何が迷惑なのか、答えよ





アンケート番号140-U8

ぶたれたお兄さん


【問題】
A「『コレ』の意味は分かるか?」
B「『お兄さんがぶたれた』とかそんな感じ?」
A「…それでよく大丈夫だったもんだ。」
B「簡単よ。メモの通りにするだけだもの。」
A「ああ、そのメモ…。」

ABの名前、『コレ』の中身、何について話しているかを答えてください。





アンケート番号140-U9

一つの迫力


【問題】
「それ」は忍び寄る影の様にひっそりと、しかしある種の存在感を持って現れた。
彼女たち3人には「それ」を理解する事はできなかった。
「それ」はある種の冒涜であるとすら彼女たちは思ったが、
「それ」は彼女たちの難詰にも一切答える事は無かった。

目標:「彼女たち」と「それ」を特定して下さい。