※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンケート番号R1e

東方人狼祭





アンケート番号R1e-1

東方人狼祭





~プロローグ~

…再び、あの悪夢がよみがえる…

ある日の香霖堂にて…
「店主、相変わらずかしら?」
そう声をかけられたのは、この店の主人である森近霖之助。
「ああ、相変わらず暇しているよ…それにしても今日は何の用だい?」
こう返されたのは、境界を操る妖怪である八雲紫。
「こっちも相変わらず暇しているのよ」
「僕はたった今暇じゃなくなるだろうけどね」
そんなやり取りの中…紫があるものに目をつける。
「…これは…」
「ああ、その『箱』は最近見つけたやつなんだ」
その箱の蓋には『呪曼示』と書かれた紙が張ってある。
「どうやら、魔法の道具らしくてね、開けてみてもいいよ」
言われるまでもなく、紫はその蓋を手にとって中をのぞく。
「…中に、紙切れが何枚か入っているわね」
「その紙切れに、『ルール』を書いて蓋の上に貼り付けると、箱の能力が発動するらしい」
「箱の能力…興味が沸いて来たわ」
全て説明しないとこの妖怪は納得してくれないだろうと悟った霖之助は、読んでいた本を机の上に置く。
「どうやら、『ゲーム』をするための道具みたいなんだ」
「そう、『ルール』を書いて貼り付けるとこの箱の中に『そのルールを遵守しなければならない空間』が作られるのね」
一を言うと十を理解する紫には説明が楽でいい。
…ただ、一を言わずに十を口に出すこの妖怪の思考を読み取るのは苦労するのだが。
「ナルホド…これは面白いわね」
そんな紫がこの後に発する言葉を想像するのはとても簡単な事であった。
「まずは、藍あたりで実験してみないといけないわね」
しかし、実際の紫の言葉はさらに先を行っていたのだった。


東方妖々亀SP2
『 東 方 人 狼 祭 』


「それで?」
ふくれっ面で目の前の紫をにらみ付ける霊夢。
「嫌ねぇ、暇なんだからちょっとくらい付き合ってくれたっていいじゃない?」
「暇じゃないぜ、今日も紅魔館の図書館から本を借りてくる仕事があったんだぜ」
魔理沙も同じく、紫に文句を言う。
「借りてるってんなら今までの本早く返してくれないかしら…」
その図書館の主、パチュリーも文句を言う。
…これは魔理沙に対しての不満であるが。
「要するに、この前やった人狼ゲームをまたやろうって事でしょ?」
紅魔館の主、レミリアは何処から持ち込んだのか、テーブルと椅子を用意してお茶していた。
「その通りよ、ただし前回と違う部分があるわ」
「…まぁ、聞くだけ聞こうじゃない」
霊夢も諦めたように椅子に座ってお茶をいただく。

「この空間は『ルール違反が絶対に出来ないようになっている』という事よ」
「どう言う事よ」
「つまり、何をやっても良いという事よ」
「アンタはいつもそうやって途中を端折るからややこしくなるのよ」
そこへ、咲夜が助け舟を出す。
「以前は私達が能力などの使用を自重する形でしたが…ここでは能力を使用しても『強制的にルールに縛られる』という事ですか?」
「イエス、その通り、つまりはどんな事をしても『ルールの中に収められる』のよ」
「わかるようでわかりにくいわね」
「やってみればわかるわよ、さぁ始めましょう…楽しい宴を」





【ルール説明】
  • プレイヤー達は「村人視点」に立って手助けをする形でゲームに参加する。
  • 勝利条件は「狼を全滅させる事」
  • 敗北条件は「残り人数内訳が『狼≧村人』になった時」
  • 『箱』の中には幻想郷そのままの世界が再現されている。が、参加者以外に人は居ない。
  • キャラ固有の能力の使用可能。ゲーム用に少し制限がついてたりする。(ゲーム中に一度きり等)
  • 時間消費制度導入。詳細は後記。

【能力者内訳】
占い師…夜中の内に誰か一人を占い、その人物が白か黒か判別する事が出来る。
霊能者…処刑された人物が白だったか黒だったか、次の日の朝に判別する事が出来る。
共有者(二名)…お互いがお互いを白だと認め合える存在。
狩人…狼の襲撃から誰か一人を守る事が出来る。
狂人…狼の味方をする狂った村人。生存者判定、占霊判定共に白となる。
狼(八名)…夜の内に村人一人を食い殺す存在。
埋毒者…吊られると、誰か一人を道連れにして死んでゆく。かまれた場合は狼を道連れにする。

【特殊能力】
キャラが個々に持っている能力。
○…ゲーム中常に発動可能な能力。
●…ゲーム中、一度だけ発動できる能力。
×…トラップ能力、オープンした時点で発動、なにかしら不利な現象がおきてしまう。
コレのほかに、狼には「●狼側専用能力」が存在する。
固有能力はオープンされている者の能力のみ使用可能。 
霖之助以外にも能力をオープンできる能力者は紛れている。

【消費時間システム】
  • 制限時間は「8時間」
  • 消費は「一行動につき10分消費」
  • 時間が来ると処刑決定ターンへ。それが終わると夜ターンへ移行。



【参加登場人物】

  • 初日身代わり君・進行役 ○八雲紫 ○八雲藍 ○橙 

  • グループA 博麗神社組
○博麗霊夢 ○霧雨魔理沙 ○森近霖之助
○アリス・マーガトロイド ○伊吹萃香
○永江衣玖 ○比那名居天子

  • グループB 霧の湖・太陽の畑組
○ルーミア ○チルノ ○レティ・ホワイトロック
○リグル・ナイトバグ ○ミスティア・ローレライ ○風見幽香
○メディスン・メランコリー

  • グループC 紅魔館組
○紅美鈴 ○パチュリーノーレッジ ○十六夜咲夜
○レミリア・スカーレット ○フランドール・スカーレット

  • グループD 白玉楼・冥界組
○ルナサ・プリズムリバー ○メルラン・プリズムリバー ○リリカ・プリズムリバー
○魂魄妖夢 ○西行寺幽々子
○小野塚小町 ○四季映姫・ヤマザナドゥ

  • グループE 竹林・永遠亭組
○上白沢慧音 ○因幡てゐ ○鈴仙・優曇華院・イナバ
○八意永琳 ○蓬莱山輝夜 ○藤原妹紅

  • グループF 妖怪の山・守矢神社組
○秋静葉 ○秋穣子 ○鍵山雛 ○河城にとり
○犬走椛 ○射命丸文
○東風谷早苗 ○八坂神奈子 ○漏矢諏訪子




【ターン毎の行動表】

【朝ターン】
  • 襲撃等で脱落した人妖の判明。
  • 判明している能力者の能力結果発表。
  • 固有能力の使用。

【昼ターン】(時間制限があるのはこのターンのみ)
  • 会話・情報収集ターン
  • 固有能力の使用

【夕ターン】
  • 処刑先決定
  • あるのなら、狩人への守護先決定
  • 固有能力の使用

【夜ターン】
  • 狼組の作戦会議
  • 狼組の固有能力発動
  • 狼組の襲撃
  • 固有能力の使用



と、ここまでがテンプレとなります。

人妖表のグループわけはGMの都合なので特に気にする必要はありません。
別にサイコロで襲撃先決めようとか思ってません。ええ。

説明不足等あると重われますので、質疑応答を十分してから開始したいと思います。


【時間消費行動についての追記】
  • 誰か一人から情報を聞く、で「一行動」として「10分消費」します。
  • その人妖へ続けて質問しつづけるのならば追加消費はされません。どれだけ連続で質問しても全部で「10分消費」です。
  • 別の人から話を聞いてまた戻ってきた場合はまた「10分消費」します。

【人物についての追記】
能力上、霊夢は最初から村側確定します。




下記の問題からは別出題者




アンケート番号R1e-2

東方人狼祭地霊殿SP


~手抜きなるプロローグ~

始まりはいつもの一言。

パルスィ「妬ましい。楽しそうに吊ったり吊られたりしている連中が妬ましい…」
紫「それじゃ、貴方も参加してみる? 楽しいわよ」
パルスィ「! ! ?」
紫「レッツ、スキマイン♪」
パルスィ「妬ましい、便利すぎる能力の妖怪が妬ましいーーーーー!」


東方妖々亀SP2.5『 東 方 人 狼 祭 地 霊 殿 S P』

霊夢「……またやんの?」



【ルール説明】
  • プレイヤー達は「村人視点」に立って手助けをする形でゲームに参加する。
  • 勝利条件は「狼を全滅させる事」
  • 敗北条件は「残り人数内訳が『狼≧村人』になった時」
  • 『箱』の中には幻想郷(地霊殿)そのままの世界が再現されている。が、参加者以外に人は居ない。
  • キャラ固有の能力の使用可能。ゲーム用に少し制限がついてたりする。(ゲーム中に一度きり等)
  • 時間消費制度導入。詳細は後記。

【能力者内訳】
占い師…夜中の内に誰か一人を占い、その人物が白か黒か判別する事が出来る。
霊能者…処刑された人物が白だったか黒だったか、次の日の朝に判別する事が出来る。
狩人…狼の襲撃から誰か一人を守る事が出来る。
狂人…狼の味方をする狂った村人。生存者判定、占霊判定共に白となる。
狼(二名)…夜の内に村人一人を食い殺す存在。

【特殊能力】
キャラが個々に持っている能力。
○…ゲーム中常に発動可能な能力。今回は無し。
●…ゲーム中、一度だけ発動できる能力。
×…トラップ能力、オープンした時点で発動、なにかしら不利な現象がおきてしまう。
固有能力はオープンされている者の能力のみ使用可能。 
なお、今回はトラップ(ネタ能力)だらけです。ご注意を。その代わりに、狼側特殊能力はありません。


【消費時間システム】
  • 制限時間は「4時間」
  • 消費は「一行動につき10分消費」
  • 時間が来ると処刑決定ターンへ。それが終わると夜ターンへ移行。


【現時点での参加登場人物一覧】
  • GM兼司会兼能力オープン係…八雲 紫
  • 初日身代わり君…ゾンビフェアリー(愛称:ゾフィー)

○博麗 霊夢 ○霧雨 魔理沙 ○東風谷 早苗
○キスメ ○黒谷 ヤマメ ○水橋 パルスィ ○星熊 勇儀
○古明地 さとり ○火焔猫 燐 ○霊烏路 空 ○古明地 こいし

※○=生存者 ×=死亡者





アンケート番号R1e-3

東方人狼埋立祭SP




【オープニング】(スレがかつかつなのでこんなもので失礼します)
藍「おや、またその箱ですか? 幻想郷人狼祭とかなんとかで使った、アノ…

紫「そうよ。今度は少しルールをいじってみたの。それでテストも兼ねて…

藍「まだやるんですか!? そろそろ霊夢も怒りますよ。否もう怒ってますよ。

紫「…確かに最近神社を使いすぎたわねェ… じゃあ藍、耳貸して。

     ヒソヒソ
         ヒソヒソ


※メビウス人狼はいわゆる「普通の人狼」とは違うゲームです。
 人数は13人固定で、各人の能力は全てオープンしています。
 占いなどの判定から推理して、その中にいる狼全てを退治するというものになっています。

【キャスト】
占い師A:レティ ホワイトロック
占い師B:リリカ プリズムリバー
霊能者A:西行寺 幽々子
霊能者B:ルナサ プリズムリバー
狩人A:魂魄 妖夢
狩人B:八雲 藍
共感者A:アリス マーガトロイド
共感者B:メルラン プリズムリバー
庶民A:チルノ
庶民B:橙
庶民C:リリーホワイト
庶民D:リリーブラック
暗殺者:八雲 紫

※この中に狼が3人、狂人が1人います。

【サイド】
  • 人(9人)
 推理と能力を駆使して狼を退治することが目的です。いわゆる正直者。
  • 狼(3人)
 1日に1人ずつ、村人を食い殺していきます。人を狼と同数まで減らすことが目的です。
 他の人狼ゲームと同様、仲間の位置が分かっています。嘘を織り交ぜながら戦います。
  • 狂人(1人)
 人でありながら狼に味方しています。当然ながら狼の勝利が目的です。
 占いなどの判定には人と出るのを利用して、村に混乱を起こします。
 「狼のささやき」に参加でき、狼の位置を知っています。ぶっちゃけC国の狂人です。
 狼ではないので、実際に襲撃は行えません。

※混乱しそうなので、ゲーム中では人判定=白、狼判定=黒 で統一します。


【能力】
  • 占い師(2人)
 前日の内に占う対象を決めておくと、翌日に対象が人か狼か分かります。
 そのとき対象が死んでいると、占い結果は不明となります。
 初日の占い先はランダムで決まりますが、人占い師の占い先は必ず人か狂人に当たります。
  • 霊能者(2人)
 処刑された対象が人か狼か分かります。
  • 狩人(2人)
 前日の内に護衛する対象を選びます。自分は守れません。
 その人物が狼から襲撃されると、実際に襲ってきた狼と相討ちになって死亡します。
 その人物が暗殺者に襲われた場合も同様、暗殺者と相討ちになります。
  • 共感者(2人)
 初日に、ペアの相方が人か狼か分かります。
  • 庶民(4人)
 狼に襲われて死んだ場合、ペアの相方に対して誰が襲ってきたか知らせます。(DM:ダイイングメッセージ)
 狼・狂人の場合は特殊で、自分が死んだとき、ペアの相方に対して偽のDMを発行することができます。
 ペアの内訳はAとB、CとDです。
  • 暗殺者(1人)
 1度だけ、狼と同じように村人1人を襲撃します。翌朝、その人物が人か狼か分かります。


【進行】
  • 通常の亀男君と同じく、【質問】【指示】によって行ってください。
  • 1日の初めに、能力者の判定が出されます。(GMが勝手に出します)
  • その後、人妖に対して自由に【質問】【指示】してください。
  • ただし【能力の行使先の決定】、【処刑先の決定】は毎日必ず行ってください。
  • 1日の終わりはレス番によって決定しようと考えています。
  • 1日が終わると、狼が【実行犯を決定】【襲撃先を決定】します。
  • 決着がつくまでこれを繰り返します。

【勝敗の判定】
  • 狼を全て退治すると村側の勝ち、「人≦狼」となると狼側の勝ちです。
  • 狂人は人にも狼にもカウントされません。

※問題が終わらないうちにスレが埋まりきりそうなら、その時点で狼の勝ちにするかも…

【参加者の目的】
  • 第三者の視点に立ってキャラクタに質問や指示をしながら、人勝利を目指してください。






ここから下は人狼ではない埋め問題。

ムシシスシリーズはこちら




アンケート番号R1e-4

紅魔館パクリ訴訟


レミリア「ちょっと貴女! それは私の専売特許でしょうが!」
A「え?」

サーヴァントフライヤーに引き続き、また何かがパクられたようです。
何がパクられたのでしょう。





アンケート番号R1e-5

脆すぎる蓄積



【状況】
A「私が今まで積み上げてきたもの
  それらが全て否定されるかのように脆くも崩れ去ってしまった」


【問題】
状況を説明せよ





アンケート番号R1e-6

どうしたの?どうしたんでしょう?


さて、どうしたんでしょう?