※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最強の執事


「お嬢様ァーーーーー!!!」

少年は自分の身の危険もかえりみず、一人の少女を探した。
自分の主であり、恩人であり、守るべき少女を……

このゲームが始まってすぐに彼は走りだした。
何かがあってからでは遅い。それだけではなく、反射的な行動だった。
それは秒に直してわずか30秒の決断だった。
自分の身などかえりみず…………ひたすら走った…



そして彼は一時間近くを全力で走り回った。



「お嬢様…………この辺りにはいないのかな……」

自分のいるエリアは探し尽くしたんだし……
どこか見ていない場所でもあるんだろうか…………
もしかしたら、こことは全然遠い場所に飛ばされたんじゃ…………

「…それ以前にあの人はいったいなんなんですか…」

帽子をかぶった綺麗な女の人と、付き添いっぽい男の人に無理矢理こんな所に………
長い説明の中で首輪の単語が出てきて…………
モニター越しに人が突然死んでしまったし……何かの漫画にあったような展開だし………
そういえばお嬢様がそんな感じの漫画を読んでたような…………
あれって確か……バト◯・ロワイアルって言ったっけ?
ああいうのは実際にやると、サイ◯人だったり北◯拳士とか◯◯◯◯とかはチートに等しいから出ちゃいけないって……

(………なんだろう………僕のせいでシリアス感が台無しなような……………)

………………あっ!いけない、お嬢様を探さないと………
ナギお嬢様に何かあったら大変だ………………お助けしなければ…!!



でも…………ほんとにいったい何処に…………
今頃思い出したけど、他にもここには大勢の人がいるんだ。
周りにも気を配らないと………
…………よし…………
少し落ち着いて荷物を調べよう。
思い立ったらすぐに行動した。
そしてバックを広げて中を見たらすぐさま異常な物を発見した。

「…………………えっ!……………………」

なんでこんな物が……?
おかしい……ぜったいおかしい……!
バックの大きさから考えてぜったいおかしいぞ!!
自転車がなんでここに!?

「えと…いったいどうなってるんだ?」

自転車を引っ張り出してみた。すると
バックの大きさなんかお構いなしに、いつも見かける自転車が現れた。

「これってまさか、国民的アニメである某猫型ロボットの……………………」

…………………………………四次元◯ケット……………………………………
………ていうか絶対そうだ。それしか考えられないって………
でなきゃ自転車なんか入らないって…………}
じゃあこれは、四次元バックとでもいうのかな…………}


でも、僕に自転車が回ってきたのは幸運だ。
これなら通常の何倍も早く行動できるし、お嬢様を見つけたら一緒に乗ることもできる
集められてしまったのは不運だけど、今だけは運が良かった…!

「よし!もう一度探しにいこう!!」

バイト時代の自称・他称、最速便が懐かしい。
サドルにまたがってペダルに足をかけていざ行かんとした時。

「ハヤテェーーーー!!!!!!!」

甲高い声が辺りに響いた。

「この声は…お嬢様!?」

聞き慣れた声に一瞬で感付いた。
こんな近くにいらしたのか!どうして気付かなかったんだ!
いや、それよりも……なんで叫んでるんだ……?
僕が言えた事じゃないけど、むやみに叫んだら危険なのは知ってるはずだ。
………ひょっとしたら僕の叫び声が聞こえたんだろうか?

「とりあえず、すぐそばにお嬢様がいるはずなんだ!!!」

バックを背負ってペダルに体重を掛け、一気に声の方に疾走した。
…………………お嬢様がさらわれた時も、何度かこうやったっけ…………………
……!……今は声の方に急がないと!お嬢様!





「……ハァ…ハァ…ハァ…ハァ……ここに…………違い…ない……」

体力は限界だった。さっき探した場所も、もう一度調べまわった。
建物は一室残らず、しらみつぶしに探した。
そして残ったのは、この病院の一室。一気に入っていった。

「ナギお嬢様っ!!」

「……!…ハヤテ!!」



やった!やっと見つけた!!
ずっと探しまわった。
お嬢様が叫んでくれなければ見つからなかった!
誰かに襲われてるわけじゃなさそうだ。
これで、側でお嬢様を守ることができる!




「ハヤテぇ~!うぅっ!会いたかった!!!」
「僕もです、お嬢様!!」
「すっごく怖かった!誰かが襲って来るんじゃないかって!!」
「ご安心をお嬢様!これからは執事である僕が、お嬢様をお守りします!」
「ハ、ハヤテぇ~!!うわぁ~!!」

僕に走り寄って大泣きしだしてしまった。
やっぱりお嬢様も、年相応の女の子なんだな…………



「でも僕だけじゃ探せませんでした。
 お嬢様が僕の名前を叫んでくれたから、見つけることができたんです!」

「でも、他の人がやって来るかもしれなかったのに、どうして叫んだんですか…?危険ですよお嬢様」



「そ、そんなの!お前を呼ぶために決まってるじゃないか!!
 他にいったいどんな理由があるというのだ!?」
「だいたい、先に叫びまわっていたのはどっちだ!!?
 危険なのはお前の方だ!………」

あっ……いけない、そうだったんだ……
下手をしたら僕が襲われていたかもしれないんだ……

「も…………申し訳ありません……お嬢様…………」

「!!ま……まあしかし、こうやって私の所へ駆けつけてくれたんだ。
 それで……まあ、その………お前の危険行為は大目に見よう…!!」
「あ、ありがとうございますお嬢様!!」
「おお、お、おい!!なんでハヤテが抱き着くんだ!?
 抱き着いているのは私の方だ!」

ああっ!いけない!

「あ、あははっ!そうでしたね。抱き着いているのはお嬢様……って…あれ?」
「う、うわわ!別に怖かったわけじゃないぞ!!お前と会って安心しただけだ!!」
「でも先程怖かった~……と…」
「う、うるさい!そんなの一言も言ってないぞ!!」
「そう……ですか」

「だいたい!お前はそそっかしくて、危なっかしくて!周りを見ないで!
 さっき叫んでいた時も、自分の事なんか考えていなくて……私の事しか……」

…………お嬢様…………

「…だから命令だ!ハヤテ!!」
「はっ、はい!」
「これからずっと、私の側から離れるな…!
 ハヤテは私の隣にいて………襲って来る奴らから私を守るんだ」
「わかったな!」


この喋り方………良かった……いつものお嬢様だ………
もういつもの調子を取り戻されたようだ………

おいハヤテ!聞いているのか!?」

「………………ッフフ、ハハハ!」

「ハ、ハヤテ?」
「安心しました。お嬢様はどこでもお嬢様のままです。」
「……?…どういうことだ…?」
「お任せください。お嬢様は僕が命を懸けて守り抜きます。
 ですから、これからは僕に任せて、お嬢様はゆっくりお休みください」
「………………ハヤテ…………………」

「僕は三千院家の…お嬢様の執事ですから!」
「…うん!…わかった!期待してるぞ、ハヤテ!!」
「お任せください!お嬢様!!」



こうして、一人の少年…………いや、若き執事の、命を懸けた戦いが幕を開けた。



【E-4 病院3階室内 1日目 深夜】
【綾崎ハヤテ@ハヤテの如く!】
【状態】健康・身体的な疲労中
【装備】無し}
【道具】支給品一式・MTB@ハヤテのごとく!
【思考】1、お嬢様を守り抜く!
    2、あまり見ていない他の支給品を調べたい
    3、疲れているので少し休みたい}
    基本:相手が誰であれ、お嬢様に手を出す奴は許さない}


【E-4中間 病院3階室内 1日目 深夜】
【三千院ナギ@ハヤテの如く!】
【状態】健康・精神的な動揺(ハヤテにより緩和)
【装備】今のところ不明
【道具】支給品一式
【思考】1、ハヤテに隣にいてほしい
    2、ずっと周りを警戒していたので眠りたい
    3、このゲームから抜け出したい
    基本:何かあったらハヤテに頼む




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー