※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その他の作品からの部分的パクリです。

  • ほたか乱氏の同人誌(コミックボックスJr掲載)より

  • 金田一少年の事件簿より 台詞丸パク(パロディとの言い訳もなし)

  • 挿入ネタ「目の節約」
「片目で生活すればもう一つの目を長持ちさせられると考えたある男が実際に片目で生活し、その目がつぶれたときに閉じていたもう片方の目を開くと、その目はとっくにつぶれていた」
という小咄が旧Go-ST20話18ページに登場。
公開時、打人氏(当時は櫻沢敏吾氏)はコメントにて「自分で全て考えた創作の小咄」だと主張していた。
しかし落語にこれと良く似た話があり、その話では主人公の浦島太郎化がオチとなっているが
子供向けの笑いの本等では「目が見えなくなっていた」という打人氏の作品と全く同じオチで掲載されている事もあるという。
このような子供向けの笑いの本には打人氏お気に入り(Go-STや配布していたゲームで何度も登場)のネタ「悪の十字架」も載っている事が多く
そのような本からネタをいただいていると考えられる。
該当の落語
ある男が、目が2つあるのはもったいない、と片方のまぶたを縫い合わせてしまった。十数年後、長年片目で見ていた為か目が眼病になってしまう。ここぞとばかりに片目の縫いあわせを解くと、世間は見知らぬ人ばかりだった。
引用元:ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%8B%E6%9C%AB%E3%81%AE%E6%A5%B5%E6%84%8F

また打人氏の引用元は漫画であることが多いが、王ドロボウJINGという漫画にもこの落語が元?
と思われるネタが挿入されている。

  • ヘルシングより犬の魔物?パク

  • 余の名はズシオより キャラパク

  • 王子様Lv1より幽霊キャラパク