※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

看板作品である「Go-ST」のイメージムービーを公開した打人タソ
しかしそのムービーのBGMとして使用されていた 音楽ファイルは、売り物のCDにも収録されているものだった。
海外サイトで拾った。フリーだと思ったが違ったと言い訳する打人タソ
しかしそのCDは、打人タンが所持しているとアピールしているコレクションの中にも存在…
↓(参考)
打人タソの趣味の紹介ページ(と見せかけて全てアフィリエイト)tp://go-st.xii.jp/gallery/hobby.htm
魚拓

時系列

2007/08/31
Go-STイメージムービー公開。
冒頭でトリルが少女のスカートのようにエプロンを広げて挨拶。
パクリ疑惑(ほとんど黒)のある「RoR」のムービーを思わせる流れ

ムービー使用曲は、3曲。全てショパンの曲であり、 現在活躍中のピアニストによる演奏である。
演奏者については、現在調査中。安定した演奏から、ポリーニ氏かアシュケナージ氏のものと考えられる
<使用楽曲>
1)作品71 ポロネーズより 1番 ヘ短調(Polonaises Op. 71:No.1 D minor)
2)作品10 12の練習曲 作品10より 4番 嬰ハ短調(Etudes Op. 10:No4.C# minor )
 海外では「Torrent(激発、迸り)」の愛称で呼ばれる難曲である(出典:Wikipedia)
3)作品70 3つのワルツより 2番 ヘ短調(Waltzes Op. 70:No.2 F minor)

2007/8/31~9/4
>A氏により、op.2の「苦情メールフォーム」にて、楽曲使用に関する注意文が送られた模様。

2007/9/5
>19:23 SEELE氏によりイメージムービーについて掲示板への書き込みが為される。
 題名:イメージムービーですが……。
ドライアイとのこと、お疲れ様です。
過日、私の気の良い友人が、イメージムービーの音楽について、メールフォームにて連絡を差し上げていたと思いますが……。日記で完全に無視されていらっしゃるようですので、友人の代わりに皆様の目に入るこちらではっきりと質問・ご忠告いたします。
イメージムービーの音楽ですが、あれは演奏者と、その代理たるCDを出した会社に許可を取っていますか?
仮に訴えられますと、相手が海外の方ですので、罰金は日本のものとは比較できない程の額、重い量刑になります。
それが大変心配なので、ご気分を害されることを承知でご忠告申し上げます。


>19:41 打人タンより返信
お手を煩わせてしまい、大変申し訳ありません。
メールフォームに悪戯送信が多かったため、読まずに削除してしまったのだと思われます。

あのイメージムービーの音楽なのですが、音楽素材を探し回っていた際、とある方にそれはフリー素材として無料で自由に使用して良いファイルであると紹介され、すっかり信じきって安心して使っておりました。

まさか、CDの音楽だったとは……本当にまずいことをしておりました。
私は大変英語が苦手でして、一応辞書や翻訳ソフトで英文を翻訳したものの、思い切り意味を勘違いして捉えていたようです。
やはり、問題がかなりあったようですね。
ご忠告感謝致します。
そして大変ご迷惑をお掛けしました。本当に申し訳御座いません。

気分を害するだなんてとんでもないです!
余りにも他力本願だった当方が完全に悪いのです。
今後は注意するよう、本当に気をつけさせて頂きます。

改めましてこの度は、わざわざご忠告くださり本当にどうもありがとう御座いました。
お友達の方にも、そう当方の謝罪と感謝の意をお伝え頂けましたら幸いです。


>この後、「使用音楽に問題があったため公開を中止します」の文とともにイメージムービーへのリンクが切断される。


>19:54 打人タン日記を更新
イメージムービーですが、著作権諸々の問題で絶対に使ってはいけないものであったのを、無料の素材ファイルだと素で勘違いして使ってしまうと言う、とんでもないお馬鹿をやらかしておりましたので、急いで公開中断いたしました。
大変ご迷惑をお掛けして、本当に申し訳御座いません。
堂々と安心して使って良い、代わりの音楽が見つかったら、再公開します。
本当に、申し訳ないやら情けないやらで泣きそうです。
あちゃー!な感じです。あああ。この、お馬鹿め。

入手元のサイトさん(海外サイト)はきっと、勝手に集めて勝手に大公開してしまっていたのですね(滝汗)。

魚拓
悪いのはファイルを公開していた海外サイトであり、まるで自分は被害者とでも言いたげな文章に住人唖然。流石にマズイと気付いたか、この後すぐに文章は差し替えられている
また後に公表されたその海外サイトも、個人によるショパンデータベースサイトであり、素材サイトとの記述は全くなし。(詳しくは後述)

今回はたまたまプロ演奏家のものであったため気付かれて騒動になったが、打人タンは「英語読めない」を免罪符に個人サイトのMP3を勝手に編集して不正使用していたことになる。

>20:26 SEELE氏より再度書き込みが為される。
メールは見ずに捨ててしまった、ムービーは公開中止という大変分かりやすい方法を取られたこと、申し訳ありませんが、呆れて果てております。
そうしますと、他にも私の友人のように、善意で送ったメールも消してしまわれたのでしょうか?メールフォームが全く意味をなしていないではありませんか?
前のtd2というサイトを拝見し、こちらのop.2というサイトも長いこと見ております。他人の創った構図や、絵などを"パクった"と言われ、新しく完全にやり直すのかと思っていれば、またどこかで見たような服、どこかで見たような構図ばかり。
これでは名前もサイトも変えて逃げたとしか思えません。
はっきり言わせていただきますが、打人さまは、大変姑息な性格でいらっしゃるようですね。これが皆の目に触れぬよう、今度は掲示板を閉鎖されるのでしょうか?

英語が苦手、等ということは言い訳になりませんよ。
仮にも「オリジナルの一次創作」をされている方ならば、例えばご自分の「創作したキャラクター」を勝手に使われ、その出典元を公開されないまま「自分が作ったキャラでーす」などと言われているのを目にしたら、不愉快になるのではないでしょうか?
"創作者"というのは得てしてそういうものです。
そうでないならば、余程ご自分の作品に対して誇りを持っておらず、著作権に対して希薄な概念をお持ちの方なのだ、と思わざるを得ません。

そして一つ付け加えておこうと思います。
音楽はお持ちのCDに入っているはずですよ。

>21:12 打人タンより返信。
貴方のお怒りがどれ程のものなのか、こちらにはもはや想像もつきません。
この度の音楽ファイルの著作権侵害につきましては、呆れられて当然です。
メールフォームも、おっしゃる通りです。見なくては意味がありません。
また、相変わらず構図などが似ている点につきましては、もう何と申せばよいのか。
改善したつもりが全く改善されておらず、愚かでした。最低です。

これ以上何を申しても貴方のお怒りをさらに買うだけでしょう。
貴方のお言葉が身に突き刺さる思いです。
本当に申し訳ありませんでした。


>この直後、イメージムービーへのリンク画像も撤去される。

>21:26 匿名氏よりツッコミ
横槍を入れることをご容赦ください。
管理人さんのレスのあと、イメージムービーが撤去されましたね。
しかしこの場合自分が何をやった為にムービーを撤去したのか明らかにすべきではないでしょうか?

そして管理人さんは謝罪のことばを並べては居ますが、質問した側の問いかけには答えていませんよね。
そして、ただ、自分の行いに自己嫌悪しているという文章だけ。
それでいて、日記だけは残しています。
日記も、BBSも削除は容易です。
このまま事実をうやむやになかった事にしようとしているような、これは姑息な手段をとるきでしょうか?

打人さんは、著作権侵害云々の前に、閲覧者をなめきっている。もしくは閲覧者に対して、まったくの誠意をもっていないのでは?
本当に悪い事をしてしまったと思うのであれば、きちんと経緯を説明し、それを誰の目にもつく場所にアップするのではないでしょうか?

>21:47 打人タンより返信
>匿名様 まさにおっしゃる通りです。 ろくな説明もせず、とても卑怯な事にいきなり削除をしてしまいました。
只今、急いで謝罪の文章をトップに掲載させて頂きました。
まだまだ言葉が足りないかもしれませんが、ご覧頂けましたら幸いです。

訪問者の方を馬鹿にしているつもりは全くありません。しかし、そう思われても無理はありません。
不愉快な思いをさせてしまい、大変申し訳ありませんでした。

打人タンサイト、トップから入ったttp://go-st.xii.jp/top.htmに謝罪文掲載。
が、他人に罪をなすり付けようとする文章に閲覧者、スレ住人激怒。

>21:54 匿名氏、再度書き込み
最後にお聞きしてよろしいですか?
所持しているCDに入っている曲にも関わらず、何故フリーと思い使用したのでしょうか?
CDとして所持しているのであれば一度や二度は聞いていますよね?
フリー素材として配布されており、ムービーに使おう!というのであれば、視聴した時に気づきませんか?
打人さんは、自分のキャラクターにテーマソングを販売されているCDからつけるほどです。
それなりに大量の曲を何度も聞き込んでいるのでは?

海外サイトで配布。英語が苦手で翻訳ソフトで~というのも、引っかかりを覚えます。
そして、先ほどのレス内容と現在のレス内容が、違います。修正したのでしょうね。
ですが、わざわざ修正したという点に引っかかりを覚え不信感だらけです。
証拠隠滅に走っているようにしかみえませんよ。

一ついえるのは、失望を感じた事だけです。
それでは、失礼いたします

>22:01 打人タンより返信
私がいつも聞いているのは、アシュケナージのショパン全集です。
ポリーニは、練習曲だけ持っております。あの、赤い画面で流していた曲は、やはりそうだったのですね…。
使用前、似ていると思って数回聞き比べましたが、少し違うような気がして、他の人の演奏だと思ってしまいました。
もう、呆れてくださいとしか申せません。

海外サイトは、質問サイトで質問した所、教えて貰いました。
レス内容は、謝罪文を載せたので合わせて修正いたしました。

最低な奴とお思いの事でしょう。
もう、お詫びの言葉も御座いません。

>聞かれてもいないポリーニ氏(ショパンコンクール第6回(1960)年1位優勝者の名前を出す。)

>22:24 SEELE氏より最後の書き込みがなされる。
題名:これで最後にします。
謝罪文を拝見して、貴女がやはりとても姑息な方だということが良く分かりました。自分は過失しかしていない。悪いのは、プロ演奏をmp3化した海外サイトだと。
その海外サイトはどこでしょうか?閲覧者のためにどうぞお教えください。

>私がいつも聞いているのは、アシュケナージのショパン全集です。
ムービーの初めにかかっていた曲は、貴女がお持ちの
赤青がロゴの「LONDON」が出している
「ショパン:ポロネーズ全集」ポロネーズ8番ニ短調
アシュケナージ演奏版のものに間違いありませんね?
確かに、お二人ともに安定感のある演奏をする方ですが、あの演奏はポリーニのものとは異なっています。

何故自分がmp3データ化したと、素直に認め、謝罪することができないのか。貴女のその考えが分かりません。
その思考回路を改めない限り、絵も、漫画も、決して成長することなどできないでしょう。

全てが自己満足の世界。閉じこもった貝の世界でお暮らしください。それでは、貴女が干からびていくのを眺めることにします。


>22:30 tea tio氏より的外れな擁護が入る。
すみません横入りで失礼します。
ピアノのMIDIサイトでしたらhttp://classic-midi.com/さんがお勧めですよ(*・ω・*)
ポロネーズの8番は無いようですし生音のピアノでは無いですが…。音だけ知ってて曲名知りたい時等利用させていただいてましたvvもうご存知かもしれませんが
生音のCDのピアノを使うのなら著作権団体?の申請をして年1200円程(JPOPの場合のようですが…)支払えば使用可能みたいですが…?それでは駄目なのですか?
詳しい事知らずに言い出だして申し訳ないのですが。

リンクの方は早い対応でありがとうございます(´`*)

>2007/09/06
16:43 棕櫚氏より擁護カキコがされる。
題名:おひさしぶりです
だいぶ久しぶりでもう覚えてないかもしれませんが、こんにちわ。
本当は口を出さずに傍観していようと思ったのですが…ちょっと見ていられなくて出てきてしまいました;

ムービーのことは、そんなに気にしなくてもいいと思いますよ。
そもそも前サイトからメールフォームを見てる方なら、いたずらメールかもしれないメールは読まずに削除していることは知っているはずですし、私にはアレはもう重箱の隅を突っついているようなものにしか見えませんから;

えっとなんだかごちゃごちゃになってきちゃいましたが…とりあえずいいたいのは、そんなに落ち込まなくても大丈夫ですよ!ってことです。
フリーだと書いていたサイトも悪いわけですし、打人サマだけが悪いわけではないのですから、そんなに自分ばかり責めないでください;

サイトを晒せとかもいわれてますが、無視したほうがいいと思いますよ。
たとえばそのサイトをお気に入り登録していなくて、見つからなければまた暴言をはかれるだけでしょうし、そのサイトをだしても今度は違うところでとやかく言われるだけだと思います。

最後に、こんなことを掲示板で書いてしまってすみません。
考えてみたらこれが原因でまた掲示板が荒れてしまうかもしれませんね…;
もし打人サマがこれはまずいとおもわれましたら、この投稿は削除していただいてかまいません。

それでは乱文&長文失礼しました。
少なくとも私はずっと応援してますから

>17時台、打人タン、パーミッション変更により掲示板の閲覧を不可とする。
同日、逆ギレ謝罪文掲載。以下内容。
イメージムービーの公開停止についてのお詫び
イメージムービーを、本日(9/5)公開停止いたしました。 その理由は、ムービー中で使われていた音楽ファイルを、私がうっかり著作権を侵害して使用してしまった事にあります。
あの音楽ファイルは、プロの演奏家のCDをMP3化したものだったようです。
ご指摘下さった方や閲覧者の皆様に大変不愉快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。
また、ろくな説明もせず、少し日記に記述しただけでいきなりムービーだけを削除してしまった事も、大変失礼致しました。
酷くお怒りの方々のお言葉が身に染み突き刺さる思いです。
今後はこのような事が絶対に無いよう、しっかりと配布サイトの説明書きを読み、細心の注意を払って音楽をお借りして来ようと思います。
沢山の方に不愉快な思いをさせてしまい、ご迷惑を掛けてしまい、本当に大変申し訳ありませんでした。

打人
>2007/09/06~07追加
※お怒りになられている方の中には、私が勝手に手持ちのCDの音楽をMP3にして違法に使用したのに、それを海外サイトで見つけたと嘘を付いてごまかしているとお思いの方がおられるようです。
なので、今回の一連の事実を申し上げますと、幾ら探し回ってもフリーで配布しているサイトが全く見つからず、質問サイトを発見して試しに質問してみたところ、すぐに教えていただき、行って見た所探し物が見事見つかり、回答の真偽も調べずろくに英文も理解せず嬉々と借りて来てしまった。と言うのが全てです。
悪いのは、100%私です。なので今後は2度とこんなとんでもない事をしないよう、心に誓おうと思いました次第です。
また、借りて来た音楽が手持ちCDに入っていたにも関わらず、全く気付かなかったと言うのは嘘ではなく本当の事実です。私の耳は、世界的ピアニストの音楽が一般人の演奏に聞こえるボロ耳です。
一部の方は私が相当クラシックに詳しいとお思いのようですが、大きな勘違いです。
これを買ったので、ショパンのマニアックな曲をやたら大量に知っている。ただそれだけです。本当は全然詳しくありません。

魚拓

ちなみに文中の「これ」にはショパン:ピアノ・ソロ作品全集へのアフィリエイトリンク
配布サイトではないサイトからのMP3不正使用であったことについては言及せずに、「プロ演奏家の音だと気付けなかった」事についてのみ平謝り。

>2007/09/07 管理人プロフィール書きかえ
趣向:洋館、洋装、洋風家具、アールヌーヴォー、エドワード・ゴーリー、クラシック、ショパン

趣向:洋館、洋装、洋風家具、アールヌーヴォー、エドワード・ゴーリー、ヤン・ヴァンデルロースト、ショパン

何故か趣向から「クラシック」を削除し以下の文を追加
かなり詳しいと勘違いされますが、ぶっちゃけた話クラシック超初心者です。ショパンのマニアックな曲を沢山知っているのは、これを買ったからです。それだけです(笑)。

変更前の魚拓
変更後の魚拓

文中の「これ」にはこちらもやはりショパン:ピアノ・ソロ作品全集へのアフィリエイトリンク
あくまでも自分の過ちは「クラシックに詳しくないせいでプロ演奏家のMP3を素人演奏だと思って使ってしまったこと」と主張したいようだ。
では、この事を事実と仮定したとして、演奏したのがもしもプロではなかったら?罰則や罰金はなくとも、公開されているだけの曲を勝手に拾ってムービーに取り込み、好きなようにぶつ切りにし、それをサイトで公開しても良いのだろうか?洋館トレス問題からも伺える、打人タソの著作権意識の低さが改めて浮き彫りになった。


------------------------イマココ。

BBS詳細についてはアップローダーをご覧ください。
魚拓はこちら


●掲示板についての疑問点
「アシュケナージ氏演奏と指摘され、何故ポリーニ氏を出したか?」
打人タンは、ポリーニ氏演奏の「ショパン12の練習曲」※2曲目収録
を所持しており、レスにて
あの、赤い画面で流していた曲は、やはりそうだったのですね…。
と言っている。 ここから、
1.海外サイトの演奏はポリーニ氏のものであり、※現在はっきりしていない知っていて使った。
2.自ら所有するCDからmp3化して使用した。※mp3化自体は、殆どのPCにプリインストールされているソフトで可能である。
以上のことが推察される。後述するが、海外サイトのデータには誰の演奏か全く明かされていない。



●打人タンが提示した質問サイトから飛べる海外サイトについて。
"Chopin complete music"という名のサイトであり、
ショパンファンである管理人が「いつショパンが作曲したか」の研究や、「著名な演奏家」を紹介する
データベース的サイトである。mp3化されたショパンの曲は、誰の演奏とサイト内で明らかにされておらず
パスワードで入れる領域に格納されている。

また、トップページにこのような注意文が書かれている。

This website was the first and only one that presents the complete collection of Chopin mp3. However, in order to comply with copyright law, this domain no longer stores mp3 files even though the artists and their recording companies are not disclosed. Another party agreed to own and host these files on its domain. Professional listeners should obtain original CDs to have high-quality recordings from various pianists of their choice. Please note that visitors use these music files at their own risk. This website is not in anyway responsible for the quality, the completeness or the copyright of these files.

これをLivedoor翻訳に入れると、
このウェブサイトは、1番目、およびショパンmp3の完全な収集を示す単なるものでした。しかしながら、著作権法に応じるために、たとえ芸術家とそれらのレコード会社が示されなくても、この領域はもはやmp3ファイルを格納しません。もう一人のパーティーは、その領域上のこれらのファイルを所有するおよび主催することことに合意しました。専門のリスナーは、好みの様々なピアニストからの高品質録音を持つためにオリジナルのCDを得るべきです。ビジターが自分の危険でこれらの音楽ファイルを使用することに注意してください。このウェブサイトはそうではありません、の中で、質、完全あるいはこれらのファイルの著作権にとにかく責任を負う

となり、自分でCDを所有するように、またデータ使用は個人責任の範囲で行うよう警告している。

以上より、素材サイトではないことは明らかである。

●今回の著作権侵害について
著作権は著作物の創作と同時に発生し、著作者の死後50年(ないしそれ以上)まで存続するものと規定されている。
ショパンについては、1989年に死去しており、ショパン楽曲の著作権は切れている。
このため、ショパン楽曲を演奏することは誰にでも認められている。

今回問題となるのは、打人タンが別の箇所で、著作権法に触れていることである。
著作権法1条では「著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。」
と定められている。(出典:六法全書 平成19年版 有斐閣)
また、作曲家によって制作された楽曲は著作物であり、著作者である作曲家は著作権を有しているが、
この楽曲を演奏する演奏者やそれを録音するレコード製作者、コンサートを放送する放送事業者は、
著作物の著作者ではないが、著作物に密接に関わる活動を業としている。
このような著作物の利用者に発生する権利が、著作隣接権として扱われる。(出典:Wikipedia)
とあるように、演奏者、レーベル会社には「著作隣接権」が発生しており、
それをweb上など公共の場で用いる場合は、権利所有者に許可を得なければならない
日本音楽著作権協会等に申請し、権利料を払い、使用登録許可を得ることで 楽曲が使用可能になっている演奏者もいるが、ダウトタンはサイト中でそれを行っていない。
このことから、著作権法違反を犯していることは明白である。


このページは編集中です