※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクターデザインにこの作品と同作者木下さくら氏&東山和子氏両名による作品tacticsからのパクリが多数見られます。

ポーズについてはありがちという意見の出たものを含みますが、
かなりの影響をこの作品にうけていることから参考程度にはなっていると思われます。
ちなみに櫻沢氏はオリジナルサイト運営以前にはパプワとtacticsの二次サイトを運営しており
この作品を見た事がないという事は有り得ません。


  • 衣装デザイン


  • キャラクターデザイン
バリーは「出し入れ自由な黒い羽」という設定も春華と同じ。(春華は天狗、バリーは吸血鬼という相違あり)




  • キャラクターのポーズ・構図
1・ポーズだけじゃなく衣装デザインもかなりかぶる(特に胸のリボン)
2・中心のキャラは左の画像、背後のキャラは右、下画像を参考?
3・ポーズ自体はありがちだが、髪、袖、スカートの表現等一致する部分が多く見本にした可能性が高い
↑上の比較画像の顔パーツをそれぞれ重ねたもの
眉毛は尻上がり、尻下がりと反対だが、角度や形状が一致。目と瞼の線は片方ずつにしなくてもぴったり一致


4・これもありがちだが、体や右腕の角度がかなりかぶる

5・切り掛かる人物の表現


6・他キャラを抱き寄せるシーンの構図など

7・「おかえり」「ただいま」(単なるやりとりではなくシーンに特別な意味を持たせている)

8・襲いかかるモンスターのコマ構図、効果

9・顔のパーツ

10・顔(輪郭と右眉は形状もぴったり一致。目鼻口は形状は異なるが位置が重なる)


11・コマデザイン(トーンワーク)
トーン自体市販されているものであり、同じものを使っていてもなんら不思議ではなく
もしも真似をして使用していたとしてもパクリとはみなされない程度の一致である。
だが、キャラとトーンとコマ形状の組み合わせ、このコマが出てくるエピソードのシチュエーションの類似などからしてお手本にした可能性が高く
少なくとも「似せないように努力した」という本人の談を考えると疑問が残る



12・黒い羽を広げた立ち絵、舞い散る花びら(tacticsのほうは羽)などデジャブ

13・椅子にすわって足をくんだポーズ

  • キャラクターの名称パクリ
木下さくら氏がキャラクター原画を務めるゲーム「ペット探偵」にはGo-STのキャラクターと同名称のキャラクター「バリー」が登場
http://www34.atwiki.jp/td2watch?cmd=upload&act=open&pageid=13&file=td2_uljp00021.jpg