ID:qEDASUI0氏:ダウト

別の人によるID:lxiw2.AO氏:デュエル?の続き

/

 かがみの怒りが静まった後、せっかく説明をしたのだからと、『ダウト』で遊ぶことになった。

「念のためにもう一度、基本ルールを確認しておこうか」

・1、2、3、…と数字を言いながら、順番に手札を裏向きで場に出していく
・一度に出すカードは何枚でも良い
・相手の言っている数字と出したカードの数字が違うと思ったら「ダウト」を宣言
・「ダウト」の宣言があった場合、出されたカードを表にする
 出すべき数字とカードの内容がすべて一致していたら、ダウトと言ったプレイヤーは場の札を全て回収する
 開いた中に正しくないカードが一枚でもあれば、その時カードを出した人は場にある全ての札を回収する
・手札を全て無くした人が一位で、他の順位はその時点での手札の残り枚数によって決まる

「ああ、そうだ。諦めてカードを集める人が出ないように、一つだけルールを追加するね」

・コレクターの登場を防ぐ為に、二十枚以上のカードをもったプレイヤーはゲームから除外される
 なお、除外される際に所持手札はゲームから取り除き、全員に公開される

「順番は名前の順番でいいよね? 苗字じゃなくて、名前のほうで」
「別にいいわよ」
 かがみがそう言うと、残りの四人も頷いた。
 六人は円形に座り、配られたカードを真剣に見つめて作戦を立て始めた。
 こうしてゲームは開始されたのだった。


「まずは私からね。1」
 あやのはそう宣言して、二枚のカードを場に伏せた。
「ダウト」
 次の瞬間、つかさが楽しげに言った。
 開かれたカードに書かれているのは「7とK」だった。
「うーん残念。最初だから通してもらえると思ったんだけどね」
 7とK……。
 かがみは頭の中でカードの内容を繰り返したあと、妹について心配した。
 おそらく、つかさの手には1が三枚あるのだろう。
 『二枚を嘘だと見抜く』のは、三枚以上そのカードを持っている人でなければ難しい。
 こんな最序盤で手札を三枚も見破られてしまうのは、かなり不利なことだ。
 そんなリスクを犯すのは、出したカードを回収させるだけなのに重過ぎると、かがみは思ったのだ。
「まあ、いっか。次いくわよ。二」
 一枚のカードが場に伏せられた。
 かがみは誰かがダウトと言うことを期待したが、誰も反応しなかった。
「さーん、っと。ねえねえ、勝ったら一つだけ最下位の人に命令できるって事にしない?」
 一枚のカードを伏せながら、こなたは言った。
 突然の提案にかがみ達は考え込む。
 たしかに賭けるものがある方が、ゲームは盛り上がるだろう。
「いいかもね。ただし、あんまり無理な命令――」
「ダウト」

「えっ?」
 かがみの言葉を遮ったのはあやのだった。
 こなたは空いているほうの手で頭を掻いた後、カードをめくった。
「さりげなくやった……つもりだったんだけどね」
 カードの表面に印刷されていたのは、ハートのキングだった。
「だってタイミングが怪しすぎたから。逆に、ダウトと言わせるための罠かと思っちゃったくらい」
「うーん。意外に手ごわいなあ」
 こなたは二枚のカードを回収して、手札が十枚になった。
「えっと、私の番だね。クラブの4」
「つかさ。マークは言わなくていいんだよ?」
「あっ、そうなんだ?」
 こなたの説明につかさが驚く素振りを見せたときだった。
「ふっふっふっ。ミスったみたいだな。ダウト!」
 みさおが勢いよく宣言して、つかさの代わりにカードをめくった。
「……ありゃ?」
 みさおが見たのは、つかさの出すべき数字の『4』だった。
 宣言と違っているのはマークだけで、ルール上はクラブもダイヤも同じ物として扱われる。
「あの、ごめんね?」
 つかさは首を傾け、身体の前で両手を合わせた。
「だーっ。余計にむかつくから謝んな。次。次っ。5っ」
「ダウト」
 こなたはノリでそう言ったのだが、調子が悪いときには全てが悪いほうへと行くのだろうか。
 みさおが出したのは5ではなく、9だった。
「くっそー。減らねえ」
 みさおの初期手札は八枚だったが、自分の番が終わった今、減るどころか一枚増えてしまっていた。
「では、私の番ですね。6を四枚出します」
「「ダウト」」
 つかさとみさおが叫んだ。
「って、同時かよ。この場合は外れたらどうなるんだ?」
 みさおの問いに、主催者であるこなたは少し考えてから答えた。
「二人以上がダウトと言ったけど正しい数だった場合は、自分の番に近いほうが手札を増やすって事で」
 つまり、みゆきが正しい札を出していたら、つかさが四枚も拾うことになる。
 二人は無根拠でも行動しそうな性格であり、何も言わなかった三人は「もしかしたら」と期待をした。
「えっと、ですね」
 しかし、みゆきは頬を掻きながら残念そうにカードを公開した。
「残念ながら、見破られてしまいました。Qが三枚と、2が一枚です」
「あのさあ、みゆきさん。せめて三枚にしておかないと、一枚持ってるだけでも嘘だとわかっちゃうよ?」
「なるほど。確かにそうですね。参考にさせていただきます」

 みゆきの番が終わったことで、また最初の一人目からになった。

「7を一枚で」
 あやのが言った。
「ダウト」
 どうせ四度目の自分の番には出すのだから、回収しても構わない。
 そう考えて、かがみが言った。
 開かれたカードは宣言どおりの7だった。
「何やってんだよ、柊。最初に7は見ただろ?」
「うるさいわね。はい、8を二枚」
「私は9を三枚」

 こなたがカードを伏せた瞬間、みさおを除く四人は互いに顔を見合わせた。
 残りの一枚はすでに見た。
 だから誰かが一枚でも持っていれば、嘘だと判断する事が出来る。
 しかし、沈黙が保たれたまま時間が過ぎていった。
「……誰もダウトと言わないみたいだね。じゃあ、つかさの番だよ」
「う、うん。十をペアで」
 カードの束の中から、つかさは隣り合った二枚を出した。
「こっちもJを二枚っと」
 みさおも同じように二枚を抜き取り、場に出した。
 ごく自然な動作だったが、こなたはそれを見逃さなかった。
「嘘だっ!」
「な、なんだよ。ちびっこ。ダウトならダウトって言えって」
「じゃあダウト。みさきちってさ、右から順に数字の大きいカードを並べてるよね?」
 その瞬間、部屋の空気が凍った。
「あんた、そんなところまで観察してたんだ……」
 そう言いながら、かがみは慌ててカードを混ぜた。
 つかさとあやのも同じように手札をシャッフルしていて、何もしていないのはみゆきだけだった。
「10とJか。いやーしかし、みんな素直だねえ」
 こなたはカードを表にしながら笑った。
「あれ、8が一枚しかない。柊ちゃん、一枚は嘘だったんだ」
「ふむふむ。嘘というツンと、本物というデレの二面性か。まさしくツンデレの鑑だね」
「いや、意味不明だから。ツンデレは関係ないでしょ」

 再び場がリセットされた。
 次はみゆきの番だった。

「では、いきます。クイーンの四枚です」
「えっ。さすがに嘘だろ……?」
 戸惑いを隠しきれずにみさおは言ったが、当然のことながら返事は無かった。
「それはダウトという発言と受け取ってよろしいですか?」
「ん……えっと。あー、ちょっとタイム」
 一巡目にみゆきが見せたカードの中には、クイーンは三枚含まれていた。
 それでも、残る一枚を持っている人間ならば迷わずダウトと叫ぶだろう。
 よほど安全にカードを出し続けられるのでない限り、このタイミングで黙っているはずがなかった。
 みゆきが嘘をついているのか、四人の内の誰かが偽っているのか。
 みさおがそこまで考えることが出来たのかは定かでないが、リスクの大きさだけは理解していた。
 彼女の手札は十六枚。
 ここで四枚も拾ってしまえば、その時点でコレクター防止ルールによる敗北が決まってしまう。
「私は通すよ?」
 最後の揺さぶりをかけるように、こなたが言った。
 みさおは手札を床に置き、頭を抱えて唸った。
 リスクは承知の上で、賭けに出るべきなのか。
 それとも、安全確実にゲームを続けるべきなのか。
 迷った末に、みさおは床を叩いて叫んだ。
「くそ。どうせ、このままなら負けるに決まってるんだ。ダウトだ! ダウト!」
 みさおのダウト宣言が終わった後、部屋が静まり返った。
 この結果によっては一人がゲームから外れる。
 公開される二十枚もの手札は、戦略に大きく影響するだろう。
「では、開きますね」

 これで最下位が決定するかもしれない。
 何人もの真剣な眼差しがカードに集まった。
 だが、みゆきの指がカードに触れるとほぼ同時に、かがみが言った。

「――ダウト」


/


「はい。クイーンの四枚であがり!」

 かがみが明るい声で言った。
 ダウトと叫ぶ者は誰もいなかった。
 四枚出しされた物を『横から奪い去った』ことは、全員の印象に残っていたからだ。
「うーん。かがみが勝つとは……予想外だったな」
 こなたは独り言を呟きながら、手札を床に落とした。
 長い緊張から開放された全員は、互いに残った手札を見せ合って騒いだ。
 今まで口にする事が出来なかった様々な感想を、すべて吐き出そうとして。
「みゆきさんの、わざと手札を増やす作戦には驚いたよ。まあ、一番びっくりしたのはかがみの行動だけど」
「え? ゆきちゃんのあれって、わざとだったんだ?」
 何も理解していないといった様子のつかさに、こなたは苦笑いを浮かべた。
 そんな中で、騒ぎに加わっていない人間が一人いた。
 いつもの元気が無い親友を心配して、あやのが声をかけた。
「ねえ、みさちゃん。ゲーム中も何度かぼーっとしてたけど、どうかしたの?」
「っと、そうそう。そのせいで考えが読めなくて、やり辛かったんだよね」
 こなたを加えた二人の視線が、みさおに向かった。
「あたし、そんな風になってたのか。たぶん……柊が助けてくれたことに感動してたんだろうな」
「へええ~?」
 こなたはニヤけ顔でかがみに擦り寄った。
「感動されちゃってるみたいだよ。かがみ。この女殺し」
「なっ。違うわよ。日下部がいなくなったら、順調に出していけるはずの予定が狂うから助けただけで……」
「ゲームだけじゃなく、フラグを立てるのも計算尽くだったんじゃないの?」
「だから、勝手に私をレズ扱いするな!」
 かがみは真っ赤になって否定の言葉を叫んだ。

「ところで、結局誰が最下位になったの?」
 つかさが思い出したように言った。
「えーっと、混ぜちゃったから、ワカラナイヨ」
 後ろ手にカードを混ぜながら、こなたが答えた。
 最下位に命令をする権利があるかがみは、眉をひそめて詰め寄った。
「わからない?」
「うん」
「あんた、まさか……」
「か、かがみ。顔が怖いよ」


 その後、こなたはアホ毛が萎れるまで、かがみの説教を受けたという。

~完~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。