小ネタ23P

 (この作品へのレス)

かがみ「突っ込みきれるかぁぁぁぁぁぁぁ!!」
こなた「うおっ!?かがみがキレた!」
つかさ「お、お姉ちゃん、落ち着いて!」
みゆき「…というか、そもそも突っ込む必要があるのでしょうか?」
こなた「あ、みゆきさんそれダメ。死亡フラグ」
みゆき「へ?」
かがみ「…じゃあ、代わりにみゆきがボケなさい」
みゆき「はい?」
かがみ「みゆきがボケてわたしに突っ込ませなさい!出来るだけ分かりやすいヤツで!」
みゆき「そ、そんな無茶な…」
かがみ「やかましい!さっさとせんかぁぁぁぁっ!!」
みゆき「ふぇぇぇぇん!」

つかさ「えーっと…助けなくていいのかな…?」
こなた「下手にさわるとフラグが移りそうだからねー…ま、後で甘いものでも奢れば収まるでしょ」


-みゆき式-

こなた「あーもう!テスト勉強なんてやってられないよー!」
つかさ「こ、こなちゃん…頑張ろうよ…」
こなた「わたし、もう赤点でいい…」
かがみ「もう…こっちのやる気まで削がれるじゃないの…みゆき、なんか言ってやってよ」
みゆき「知識を脳ではなく、胸に貯えると大きくなりますよ。わたしみたいに」
つかさ「…いくらなんでも」
かがみ「…それはないでしょ」
こなた「よっしゃ!やるよ!ほら、かがみもつかさもなにぼーっとしてるの!続き続き!」
かがつか「「信じちゃった!?」」

こうして泉さんは、実力テストでかつてないほどの上位に入りました。
しかし、その後嘘だという事がばれまして、泉さんから折檻を受けている真っ最中です。byみゆき

こなた「うわーん!みゆきさんの嘘つきー!」バシバシバシッ!
みゆき「ごめんなさいごめんなさい泉さん!痛い、痛いですー!」


(↑へのレス)

2学期中間テスト成績上位者

1・山田太郎 99点
2・岩崎みなみ 97点
3・小早川ゆたか 90点

ひより「……」


(↑へのレス)

みなみ「嘘つきー」バシバシバシッ
ゆたか「嘘つきー」ポカポカポカッ
みゆき「や、やめて下さい!い、痛いです!い、泉さんですね!?広めたのはー!」


こなた「暇だな……そうだ」

ピポパ、トゥルルルル

かがみ「もしもし?」
こなた「ほっほーい、オラしんのすけ」
かがみ「ごめん、急ぎの用事じゃないなら後にしてくれる?ちょっと今忙しいのよ」

こなた「あ、うん……ごめん。じゃあ」ピ


こなた「はぁ……」

それ以来、こなたが物真似をすることは無かった。


つかとこなぎりす

つかさ「こなちゃん、勉強しようよ」
こなた「私は一夜漬けが得意」
かがみ「私もぬか漬けが得意」
みゆき「私は自分自身は客観的に見ることが出来るんです。あなたとは違うんです」
つかさ「こ、こなちゃん・・・」
かがみ「ほらつかさ。ぬか漬け食べな?」
つかさ「じゃあ私だけでも頑張る!」
みゆき「ぬか漬け美味しいです」ボリボリ
こなた「フッ・・・ぬか、一夜漬けのパワー、見せてあげる!」
かがみ「ぬか漬け食べないの?美味しいのに・・・」ボリボリ
つかさ「望むところだよ」

テスト当日

ななこ「じゃあ始めてや」

つかさ(スイスイ解ける!)
かがみ「つかさ、勉強の成果がででるみたいね」ボリボリ

こなた「今こそ、一夜漬けの力を!」

みゆき「泉さんさっきから叫んでるだけですね。それにしてもぬか漬け美味しいです」ボリボリ
かがみ「先生も食べます?」ボリボリ
ななこ「こら、テスト中やで」ボリボリ

終了

ななこ「テスト返すでー、柊は今回よう頑張ったな」ボリボリ
つかさ「!」
ななこ「あれ?泉は?」
みゆき「家でぬか漬け食べてるそうです」ボリボリ

後日腹を下しました


~死闘~

「かがみさん。残念ですが、今回は運が無かったようですね」
「くっ……悔しいけど、どうやら私の力じゃ、ここまでが限界ね」
「すごい戦いだったけど……まさか、あんなに強い私のお姉ちゃんが負けるなんて」
「上には上がいるのよ、つかさ。みゆきの方が強かった、ただそれだけよ」
「では、もうよろしいでしょうか、かがみさん?」
「ええ……私にはもう何の力も残ってないわ。さあ、みゆきの好きにしてちょうだい」

「待って!諦めるのはまだ早いよ、かがみ!」

「こなた……あんた、まさか」
「さすがにこれは、放っておけない事態だからね。私がなんとかさせてもらうよ」
「泉さん、いったいどういうことでしょうか?」
「ふっふっふ。奥の手というのは最後の最後までとっておくものなんだよ、みゆきさん」
「やはり、アレをする気ですか……しかし、泉さん。いくらあなたでも今の状態からそれをすれば――」
「うん。私もただじゃすまないだろうね。でも、私よりみゆきさんの方がダメージはでかいはずだよ?」

「つまり、どうあってもそれをする、と?」
「諸刃の剣であることは百も承知だよ。でも、みゆきさんを阻止するにはもうコレしかないからネ」
「こなちゃん……」
「ごめんね、つかさも巻き込んじゃうことになるけど」
「ううん。気にしなくていいよ。どうせ今の私じゃ、ゆきちゃんにかないっこないし」

「こなた、あんた本当にやるつもりなの?」
「みゆきさんに勝てるかもしれない、千載一遇のチャンスだからね」
「でも、ソレをやったとしても、あんたがみゆきに勝てる保障は――」
「大丈夫。私がダメだったとしても、かがみもいるわけだし」
「……感謝はしないわよ?別に私はあんたと組んでるわけじゃないんだから」
「もちろん。これは私が好きでやることだからね」

「覚悟はいい?みゆきさん?」
「ええ……もしかしたら、こうなってしまうのではないかとも思っていましたから」
「コレで勝たせてもらうからね、みゆきさん?」
「私もただで負けるつもりはありませんよ、泉さん?」
「じゃあ、いくよ――!」





「――という訳で、どーん!8が4枚!革命返しだヨ!」
「うかつでした……この終盤まで8が1枚もでていない事に気付くべきでした」
「すご~い、こなちゃん!」
「ふっふっふ。もっと誉めてくれたまへ……とはいえ、当初の計画には無いカードの使い方だから私もキツイんだよねー」
「これで私にも勝算がでてきたわね。さて、頑張りますか!」

 トランプゲーム(大富豪)で盛り上がる4人。


-懐かしいモノ-

みゆき「泉さん、それ消しゴムですか?良い匂いがしますね」
こなた「あれ、みゆきさんは匂い消しゴム知らないんだ?懐かしくて、つい買っちゃったんだ」
つかさ「これバニラだよね。わたし、小学生の時に色んな匂いの集めてたよ」
かがみ「………」グゥ~
みゆき「………」
つかさ「………」
こなた「…かがみ…またダイエット?」
かがみ「そうよ…なんか悪い?」
こなた「悪くはないんだけど…消しゴム食べないでね?お腹壊すよ?」
かがみ「食うかっ!」グゥ~


らき☆すた幼稚園

お昼

みさお「あ」
かがみ「あーあ、よそ見して食べりゅから」
みさお「だいじょぶだぜ」ヒョイパク
かがみ「ちょ、きちゃないわよ!」
みさお「5秒いないなら菌がつかないんだぜ」
かがみ「しょーなの?」
みさお「兄ちゃんが言ってたもん」

かがみ「ふーん」


その夜の柊家

かがみ「おっと」ヒョイパク
みき 「こら。落ちたものを食べるんじゃありません」
かがみ「え? だって……」
みき 「お行儀が悪いでしょ」

次の日

かがみ「くちゃかべのせいで怒られちゃったじゃないのー」ビシビシ
みさお「ちらねーよぉー」イタイイタイ


こなた「さーてやってきました!ピザ、パスタ食べ放題の店!」
みゆき「こういうお店は初めてですが…なんか楽しみですねぇ♪」
かがみ「…。」
つかさ「でもすごく混んでるねー。順番来るまでだいぶかかりそうだよー。」
かがみ「…。」
こなた「そりゃ学生のあたし達でも大丈夫なくらいリーズナブルなお値段だし…って、かがみ?なんか静かだけど、どったの?」
みゆき「かがみさん?おかげん悪いのですか?」
こなた「お腹空きすぎて元気なくなっちゃた?(プププ)」
かがみ「…拘束制御術式三号、二号、一号、零号解除…『クロムウェル』発動…(ブツブツ)」
こなた「へ?」
みゆき「はい?」
つかさ「お、お姉ちゃん?」
かがみ「さぁ夜はこれからだ!!お楽しみはこれからだ!!ハリー!ハリー!ハリー!ハリー!!」
こなた「わわわ、かがみんが壊れたー!!」


こなた「  な   い  !! 」

こなた「ここにも!!」

こなた「ここも!!」

こなた「今月号のコンプティークが何処にもぬわぁぁぁぁぁいっ!!!!!」


こなた「何故・・・だ・・・」ガクッ
ソウジロウ「こなた! しっかりしろ! 傷は浅いぞ!」


コンコン
つかさ「お姉ちゃん入るよっこいしょういちっと」ガチャ

つかさ「な、なんじゃこりゃあ」

そこには大量のこなたヴィネットが!!

かがみ「見たわね」
つかさ「ひぃっ! 見てないよ見てないよごめんなさい助けて」


帰り道

つかさ「あ、見て見て皆~」
こなた「なになに? あ」

みゆき「まぁ、カルガモの親子ですね」
つかさ「可愛いねぇ~」
かがみ「珍しいわね、こんなところに」

こなた「あれだけ居たら一匹貰ってもバレないよね」
かがみ「何をするつもりですかこなたさん」


※カルガモはスタッフでおいしく頂きました。


-八犬士-


仁=ゆたか
義=かがみ
礼=あやの
智=みゆき
忠=みなみ
信=みさお
孝=こなた
悌=つかさ


らき☆すた殺人事件~1レスミステリー~

その日、柊姉妹はみゆきやみさお、あやのとある場所で勉強会をしていた
かがみはその途中、こなたに電話をかけた

こなた「もしもし」
かがみ「臭くってさー!」
こなた「わかるわかる!」
ドスッ
こなた「え・・・そんな・・・どう・・・し・・・て・・・」ガクッ
かがみ「こなた?どうしたの!?ねぇこなた!?」

その後泉こなたは自宅の自室で心臓をさされ倒れていたのを発見された

つかさ「グス・・・何でこなちゃんがこんな目に・・・」
みゆき「絶対に、犯人を見つけましょう・・・」

みさお「イヤ・・・犯人ならもうわかってるぜ」
あやの「え?」
かがみ「だ、誰なの日下部!こなたを殺したのは誰なの!?」
みさお「まぁ落ち着け柊、今回の謎解きで重要なのはな・・・」
みゆき「重要なのは・・・?」
みさお「ちびっ子が殺された時間帯に私ら全員ちびっ子の部屋に居たってことだ!」

かがみ「・・・・・やっぱり?」
みさお「柊は別の場所からちびっ子に電話してると見せかけて、実はちびっ子の目の前でちびっ子に電話をかけてたんだ!」
あやの「な、なんて巧妙なトリックなのかしら・・・」
ゆい「巧妙もなにも自分らみんな見てたよね?」
つかさ「あ、ゆいさんこんにちは。そういえば見てたっていうか、手伝ったような記憶もあるような・・・」
みゆき「みんなで泉さんを殺害する計画なんて・・・その・・・えっと・・・立ててませんよ?」
ゆい「なにそのダメな計画」
かがみ「フ・・・、完璧なアリバイトリックだと思ったんだけどね・・・・・」
ゆい「いやアリバイトリックじゃないよねそれ」
みさお「バレちゃあしょうがねぇな」
みゆき「ですね」
ゆい「よーしみんな両手を前に出してね?」
ガシャコン
つかさ「どんだけー」

その後

こなた「いやー、ポリゴンショックって怖いねー。死ぬかと思ったよ」
ゆたか「まさか痙攣と刺殺を間違える人なんていないよね~」
こなた「ゆーちゃんに左胸指差されたのと同時に痙攣起きたのはビックリしたよ」


           イマジンブレイカー
こなた「私の右手の幻想殺しが雄叫びを上げてるぜ……」
かがみ「だれも超能力者じゃないから意味無いだろ」
こなた「不幸を呼ぶだけだよ、とほほ……」


-密室男女-

ウイーン…ガクンッ
かなた「あ、あれ?エレベーターが…」
そうじろう「止まっちまったな…そこにインターホンがあるから、聞いてみてくれないか?」
かなた「うん、わかった」

かなた「…動くようになるまで、二時間くらいかかるかもって」
そうじろう「そうか…まあ、待つしかないか」
かなた「そうね…」
そうじろう「………」
かなた(よ、よく考えたら、こ、これって密室に二人っきりてことよね…そう君の持ってる本にこんなシチュエーションのがあって、この後の展開がたしか…い、いや、いくらそう君でもこんな所でそんな…で、でも、吊橋効果だっけ?変な状況になったら変な気分になるとか…もし、ここでそう君に我慢できないような事言われたら…だ、駄目よかなた!そんな流されるような事しちゃ!そう君のためにもならないわ!………で、でも、ちょっとくらいなら…)
そうじろう「かなた」
かなた「ひゃ、ひゃい!?」
そうじろう「すまん…ちょっと我慢出来ないんだ」
かなた「えええっ!?…い、いや…私…その…でも…」
そうじろう「さっき買った漫画、読んでていいか?」
かなた「………」



「あー、はい。無事動きました。配線のトラブルだったみたいです。閉じ込められてたのは、二十歳くらいの男性と、小学生の女の子の二人です。怪我人は…男性の方がでかいタンコブ作ってたくらいですね。えーっと、それから…」


◎みゆきさんに聞いてみよう!

こなた「ねえねえみゆきさん。空はどうして青いの?」
みゆき「はい。それはですね……

     太陽光の波長4700オングストローム付近の可視光線、つまり青系統の色が
     大気中を熱運動するH2OやO2などの微小な気体分子によってレイリー散乱を起こし、
     またそれ以外の光線も光波長程度以上のサイズの微粒子などによるミー散乱によって
     あの色が出来るんですよ」

こなた「とってもわかりにくい説明をありがとう!みゆきさん!」


◎みゆきさんに聞いてみよう!2

つかさ「ねえねえゆきちゃん。どうしてリンゴは落ちるの?」
みゆき「はい。それはですね……

     キャベンディッシュの万有引力の法則によって逆二乗で
     万有引力定数を比例定数として二物体の双方の質量に比例した力が
     速さ無限大で働くからなんですよ」

つかさ「w○kipedia丸パクリの説明をありがとう!ゆきちゃん!」


(↑へのレス)

みゆき「私がw○kipediaを丸パクリ?違います。w○kipediaが私を丸パクリなんです」
つかさ「うわぁ……」


◆日下部みさおに聞いてみよう!

こなた「ねえねえみさきち。空はどうして青いと思う?」
みさお「あー?そーだなー……

    赤かったら夕方と間違えるし、黒かったら夜と間違えるからじゃねーの?
    緑や黄色だったらあれだよ、てんぺんちー、ってヤツになっちまうしな。
    あ、でも、ピンクとかオレンジ色だったらちょっと楽しいとか思わねぇ?」

こなた「そ、そだね~……え~っと……ありがとう、みさきち」


◆日下部みさおに聞いてみよう!2

つかさ「ねえねえ日下部さん。どうしてリンゴは落ちると思う?」
みゆき「あー?そーだなー……

    台風がくるからなんじゃねーの?
    知ってっか?台風で落ちたやつって安くなるんだぜ?あれって得だよなー。
    あ、でも、りんご農家にとってみたらやっぱり大変なんだろーな。なぁ?」

つかさ「そ、そうだね……えっと……ありがとう、日下部さん」


-奥の手-

こなた「うー文化祭の準備が終わんない…もういっそ投げ出して逃げちゃわない?」
つかさ「そ、それはちょっと…」
かがみ「他クラスのわたしまで手伝わせといて逃げるな」
みゆき「しかたありませんね…これだけはやりたくはありませんでしたが…」
こなた「お、流石みゆきさん。何か奥の手が?」
みゆき「はい。こうやって、眼鏡を外して…フェイスオープン!…なんちゃって…」
こなた「………」
かがみ「………」
つかさ「………」
みゆき「…え、えーっと」
こなた「じゃ、じゃーわたしは上着脱いでアーマーパージ!…とか…」
かがみ「え、えっとそれじゃ、鞄開いて卍開!…とか…」
つかさ「あ、あっと、その…」
みゆき「…わ、わたしが悪かったです…もう許して下さい…」


こなた「頭がパーン」
かがみ「いきなり何を言い出す」
こなた「なんかねー頭が重たくって」
かがみ「頭痛か何か?」
こなた「んー何て言うんだろ。何かその、頭がうまく働かないっていうか」
かがみ「それいつものことじゃない?」
こなた「いやいや流石にヒドいよ」
かがみ「ああごめん。まあ確かにそういう時私もあるかも」
こなた「あるよねー寝過ぎたときとか」
かがみ「私の場合お風呂上りにたまになるわね」
こなた「そーなんだ?」
かがみ「うん。その後片付けなきゃいけない宿題があったりすると大変で」
こなた「なるー」
かがみ「で、もしかしたら糖分不足かなーって思ってちょっとお菓子をつまみ食いしたり」
こなた「……あー、なるほど、かがみはそうやって太ってったのか」
かがみ「うるさい」


三人でお泊り

こなた「ムカデが一匹、ムカデが二匹、ムカデが三匹……」
つかさ「う~ん……」
こなた「ムカデが四匹、ムカデが五匹、ムカデが六匹……」
つかさ「う~~ん……」
こなた「ムカデが七匹、ムカデが八匹……」
つかさ「うううう~~……」
かがみ「こなた」
こなた「ん?」
かがみ「ムカデ数えるのやめない?」
こなた「えー」


みさお「ふっふ~ん♪」
かがみ「どうしたの?嬉しそうね」
みさお「だって柊、今日は3月30日だぜ?」
かがみ「それがどうしたのよ」
みさお「3月30日!今日は『みさお』の日!」





かがみ「へー」


(↑へのレス)

「ということは……3月73日は私の日……?」
「み、みなみちゃん、そんな日付は無いよっ?」
「あと43日後か……」
「みなみちゃん、戻ってきてっ!みなみちゃん!」


みさお「うーん困った」
あやの「どうしたの?」
みさお「柊に盛大な嘘ついてきたんだけどさー、ネタばらしする前に今日が過ぎ去っちゃいそうなんだよなー。エイプリルフールについた嘘を次の日にネタばらししたらそれって許されんのかな」
あやの「きっと柊ちゃんなら許してくれるわよ」
みさお「おぉ、そうだよな!」




あやの「ごめん今の嘘」


-お約束-

こなた「暑いんだから、あんまりひっつかないでよ~」
そうじろう「いいじゃないか。スキンシップだよ、スキンシップ」
こなた「…お父さん…なんかさ、背中のあたりにさ…」
そうじろう「当ててるのよ」
こなた「………」



ゆたか「こなたお姉ちゃん、どうしておじさん天井から逆さまにぶら下がってるの?」
こなた「あー、気にしないで。ただの毒抜きだから」


 「私の名前は泉こなた、人呼んで笑ゥこなちゃん、ただのこなちゃんじゃないよ、私が取り扱う品物は心、人間の心だよ(両手は3本指でキメっ)」

「この世はさ、老いも若きも男も女も心のさみしい人ばかりじゃない?そんな皆の心のスキマを埋めるのが私の仕事」

「いえいえ、お金は一銭もいらないよ?お客さまが満足されたらそれが何よりの報酬だかんね、さてと今日のお客さまは…」

かがみ「ん?なに?」

「おーほっほっほっほっ…(手の甲を口元へあてるお嬢様風に)」

 

で?っていう…orz 


 つかさ「演劇で使う吐血用の血糊作ってきたよー」
こなた「おお、早速練習してみよう」
つかさ「ゆきちゃんもやってみてよ」
みゆき「いえ、私は・・・」
つかさ「いいから」
みゆき「はい」
こなた「まず血糊を口に含んで・・・」グイッ
みゆき「あ、甘いですね」
つかさ「飲んでも大丈夫なように作るの、大変だったんだよ?」
こなた「頑張ったんだねー・・・ゴフッ!!?」
みゆき「泉さん、血糊吐くのお上手でグハッ!!?」

つかさ「ありがとう二人とも、とても参考になったよ!」
ななこ「二人ともうまいなぁ。こりゃ本番も期待できそうやな。・・・ん?泉ー、高良ー。なんや寝とんかいな」

 

 


ひより「どうッスか!?先輩!?」
こなた「あの、ひよりん・・・・私達になんか恨みでもある?」


ひより「・・・まさか」


 つかさ「私ね、勉強も運動もダメだからこなちゃん以上のオタクを目指そうと思うの」


 -理由-

こなた「と、言う訳でみゆきさん。ブルーハワイって何?」
みゆき「えっ、ブルーハワイですか?…ブ、ブルー…歌かな?…ブルー……すみません、よく分かりませんね…」
つかさ「あ、あのね。ブルーハワイってのはね、カクテルの名前なんだって。そのカクテルも映画の…」
みゆき「………」



みゆき「あの時でした…この人に、私のすべてを捧げようと思ったのは」
こなた(…あれフラグだったんだ…)


-写真-

こなた「みんなー。体育祭の時の写真持って来たよー」
かがみ「は?そんなのいつ撮ったのよ」
こなた「お父さんが撮ってた。折角だから、焼き増ししてきたんだ」
みゆき「わざわざありがとうございます、泉さん」
つかさ「…っていうか、おじさん来てたんだ…」


かがみ(…パン食いと幅跳びの失敗の時のだけ…)
つかさ(…ハードルの時の転んだのだ…忘れたいのに…)
みゆき(…胸しか写ってません…)
かがみ「こなた…おじさんに直接お礼がしたいから、今日家に行くわよ」
みゆき「そうですね。これは是非ともお礼を致しませんと」
つかさ「じゃ、家で準備してからこなちゃんちに集合だね」
こなた(…お父さん、ごめんなさい…わたし余計な事しちゃったみたい…)

 


 つかさ「・・・失敗だってドンマイ♪朝のまぶし~さに消えてしま~え~ばい~いな・・・♪」
かがみ「・・・アンタその歌なに?」
つかさ「えっ?え~と・・・なんだろう・・・?」
かがみ「なんだそりゃ」


こなた「はぁ…ヤバい…」

かがみ「どした?しょげた顔して」

こなた「いやさぁ今は春風感じまくりの春真っ只中じゃない?」

かがみ「それが?」

こなた「なのにさぁ私たち春らしいこと一つもしてないじゃん?」

かがみ「春らしいこと?」

こなた「そう、例えば花見とか?あ、かがみんチの神社で花見なんかどうかな?」

かがみ「却下」

こなた「えぇ~」

かがみ「大体ね、なんで春だから春らしいことしなきゃなんないのよ別にいいじゃないの」

こなた「いや、でもさこう日本人として季節感を大切に」

かがみ「あんたから季節感なんて微塵も感じないんだが…」

無理矢理すぎるかorz
あ、プチ祭りについて避難所でやろうかどうか話てます、皆さん意見下さいな

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。