※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウミガメのスープ 過去問集 119スレ目



一部の問題は埋め用問題 111~120スレ目参照。







格差是正


【状況】
A:「と、いうわけで不公平だから是正を要求します」
B:「なるほど。理にかなっている」
C:「いやいや、確かにそうだけど。なんかおかしくない?」

【問題】
是正とは何をどうすることでしょう。









虫の知らせ


リグルによる、虫の知らせサービスに変わる新しいサービスが誕生した!
そのサービスは非常に評判が良かったのだが、
主催者であるリグルの評判は地に落ちてしまった。
サービスの内容と評判が落ちた理由を答えてください。










大罪:怠惰


自宅近くのコンビニに向かう途中だった。
メリーは道端で、偶然友達に会い、2・3分だが話をしていた。
その極々僅かな時間で、メリーは、まるで縛り付けられたかのように、その場を離れる事ができなくなった。
メリーは己の怠惰・緩みを悔い、また、元凶となった「それ」を恨んだ。

何故、メリーはその場を離れる事が出来なくなったのでしょう。










浴びるYOU


A「ちょっとー!死んじゃうってば!!」
B「試してみたいのよ、あの子でもいいわよ?」
A「いやいやいや。。。絶対それ私にとってあぶないから!
 とくにあの子なんかが浴びたら取り返しつかないわよ?」

さて、何が起こってるのでしょう? 状況を説明せよ











嵌るも嵌る


A「あなたがそんなもので遊ぶなんて珍しいわね?」
B「いやちょっと理由もあって惹かれてな、これがはまると楽しいんだ」

さてBは何をしているのでしょうか?それをする理由もつけてお答えを









店頭で転倒?


ある晩、とある店の前で客が大量に倒れていた。
その中には常連客もいる模様である。

一体何が起きたのか。










記念すべき1年目


【折角なので(?)前置きを】
さて。 本日は、私のウミガメ初出題から、ちょうど1年という節目の日でございます。
366日間で、129問の出題をして参りました。(前半のペースが異常でしたが)
本日は、そんな129問から生まれた反省を元に、よ~く煮詰まった難易度の問題をご用意いたしました。
今夜は、皆様を退屈させる事は決してあり得ません。 お楽しみを。
(下2行は嘘です。 まるで成長していないです。 むしろおととい出した問題の方が難しいかも知れません。 お気楽にどうぞ。)


レミリアは、人間の里に立ち入る事をやめた。
あの里は、レミリアにとって、もはや苦痛しか与えない場所になってしまったのだ。
もっとも、本来立ち入る必要のない者であるから、大した事では無いのだが……。

何故、里に入る事をやめてしまったのでしょう。
ルールはウミガメのスープです。










イケない夜遊び


A「最近あの子が夜遊びばかりして困るんです……」

さて、Aの言うあの子とは? そして夜遊びとは?

ウミガメのスープ形式です。Aさんが答えます。