※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウミガメのスープ 過去問集 67スレ目

愛ゆえに


A「ぐすっ・・・うう・・・えぐっ・・・。」
B「どうしたの、A! 何故泣いてるの!?」
A「実は・・・っ。 ぐすっ。」

さて、何故Aは泣いているのでしょう。



嘘吐きと言わないで


A「私、もう嘘吐きって言われるのは嫌! みんな私のことを嘘吐き嘘吐きって言うのよ!?」
B「私も最近になって嘘吐きと言われた事があったわ・・・。」
A「それもこれも、みんなアイツのせいよ!」

アイツって、誰でしょう。



スケープゴート


あるいは、もっと良い方法があったのかもしれない。
しかし、私にはこれ以上の解決策は考えられなかった。
こうして、私は今日も生贄を探し続ける……

文章を補足せよ。

ルール:ウミガメのスープ


幽霊だって油断大敵


花見の季節とばかりに冥界の白玉楼に向かった霊夢と魔理沙。
しかし、白玉楼の雰囲気は暗い。

霊夢「なんだか御通夜みたいね。」
魔理沙「でも今は花見の季節だろ? こんな時に幽霊らしくしなくてもいいじゃないか。」
妖夢「実はわけがあって……」


さて、花見なのに白玉楼の雰囲気が暗いわけは?



~いつでもさいきょう~


~いつでもさいきょう~

いつもげんきなこおりのようせい、ちるのちゃん。
ひとざとのほうにいっていたきょうは、ひときわごきげんでした。

ちるの「やっぱりあたい、そとのせかいでもさいきょうね!!」

【もんだい】
どうしてちるのちゃんはそうおもったんだろう?


輪廻転生


彼女は弱り、苦しみ、ついには死に至った。
そして、それを聞いた者は手を叩いて喜んだと言う、なぜか。
※編集者注:再録問題です


仕事の邪魔


【問題】
「うざったい……仕事の邪魔だなぁ……」
少女は目の前の光景にぼやいた。

【状況】
何が邪魔なのか答えよ。


リアル○○


伊吹萃香。
蓬莱山輝夜。
四季映姫・ヤマザナドゥ。
八坂神奈子。

そこには何とも層々たる面子が集まっていた。
とあることのために。

……さて、何故彼女達は集まっていた?