らき☆すた・ファンタジーR2【静かに燃える復讐の蒼き炎】プロローグ

かつて、この世界《シャナン》には、たったの一週間で終わった戦争があった。
魔法を使う人種が作った《ザッパーアイン国》と、武術に長けた人種が作った《ジェリウス国》の、領土をめぐる戦い。
勝利したのは、この戦争を吹っかけたジェリウス軍であった。基本戦闘能力で劣るザッパーアイン人が、ジェリウス人にかなうわけがなかったのだ。
戦争の後、世界からザッパーアイン国の名は消え、最北にある《ザッパーアイン城》にその名を残すのみとなった。

そして百年の歳月が過ぎた今日、ザッパーアイン人の姿を街中で見ることはなくなった。
彼らは住むところを追いやられ、誰も来ないような辺境の地でひっそりと暮らしているのだ。
 
 
しかし――
 
 
ザッパーアイン人は、その身分を隠し、今も私達の近くで生活しているのかもしれない……
 
 
 
~シャナン歴史書59ページ『地図から消えたザッパーアイン』の項より抜粋~
 
 
 
プロローグ:全ての始まり、次元を越えての再会
 
 
 
「ん……」

目を覚ました彼女が一番に見たのは、二人の少女の顔だった。

「お! 気が付いたみたいだゼ!」
「よかった……一時はどうなることかと思ったヨ」

日下部みさおと泉こなた。彼女の親友二人である。

「……ここは……」

おかしい。
昨日は確かに自分の部屋にいたはず。しかし二人の間から見る天井は自分の部屋のものではなかった。

「私の家です。覚えていますか?」

顔を横に向けると、椅子に腰掛けた少女がちょうど本を閉じたところだった。

「……みゆき?」

彼女の親友の一人、高良みゆきであった。
だが……格好が変だった。
中世ヨーロッパというか、どこかファンタジーな服装をしている。

「えと……私、なにしてたんだっけ……」
「あっ、まだ動くんじゃねぇ!!」

昨日の記憶を思い出そうとしながら、身体を起こすかがみに怒号が飛ぶ。
その瞬間……

「ぅぐ!? うああ!!」

身体中に激痛が走る。
気を失いそうな痛みに必死に耐えるが、身体をあげることはできずベッドに倒れこんだ。

「まだ傷が治ってないから安静にしてないと」
「はぁ……はぁ……き、傷……? な、何があったの……?」

思い出せない。
昨日は普通に学校に行き、普通にみんなとお弁当を食べ、普通に家に帰って普通に眠ったはずなのだ。
それがなぜ、いきなり傷だらけになっているのだろうか?
いつもと違うことと言えば、『魔法の使える世界とか行ってみたくない?』と、こなたに言われたくらいだろうか。

「覚えてねぇのか?」
「う、うん……」
「記憶喪失……ではありませんよね。私の名前が出てきたわけですし……」
「何があったって聞かれても、私が見つけた時にはもうボロボロだったし……」
「そ、そう……」

やはり、おかしい。
彼女の一番の親友であったはずのこなたが、どこかよそよそしいのだ。
一体、何が起こっているのか……理解不能。

「一時的な記憶喪失かもしれませんね。とりあえず、自分の名前は思い出せますか?」
「ん、と……私は……柊、かがみ、よね……」

自分の名前は柊かがみ。そして目の前にいる人達は親友達の泉こなた、日下部みさお、高良みゆきの三人に間違いない。はず。

「あらら、本気で軽い記憶喪失になってるみたいだな」
「ええ、自分のフルネームも覚えていないなんて……私達のことは覚えているようですが、改めて自己紹介した方がいいかもしれませんね」
「へ? え?」

自分は今、ちゃんとフルネームを言ったではないか。
それなのに……一体どういう意味なのか? まったくもって理解不能である。
かがみの混乱を解こうとみさおが発した言葉が、さらにかがみに追い討ちをかけることとなる。

「名前は柊かがみで間違いないけどな、一個抜けてるんだよ」
「へ?」
「『柊・Osmanthus・かがみ』。これが柊のフルネーム。ちなみにアタシは『日下部・Sununder・みさお』だゼ」
「私の名前は『高良・Goodheight・みゆき』です」
「柊さん、はじめまして。『泉・Spring・こなた』だよ。3年前からここで居候させてもらってるんだ。これからよろしくね」

かがみの頭上に大量のハテナマークが浮かぶ。
とりあえず深呼吸して頭を冷やし今の状況をゆっくり整理。
そして、彼女が導きだした結論は……

「はああああぁあぁぁあああぁぁ!!?」

……否、結論を導きだすことは不可能だった。
今の彼女にとって、この状況はなにもかもが理解不能であった。
ちなみにその後、叫びのために発生した激痛に耐え切れず、かがみは気を失ってしまうのだが……
それはまた、別のお話である。

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。