答えはきっと心の中に

なんかここ最近、柊の様子が変なんだよな~。
なんつーか、話しかけても上の空ってゆーか……
カラオケとか連れてっても全然歌わねぇし、いろいろイタズラしてやっても何もしてこねぇし。

「柊、最近向こうに行かねぇな」
「ええ……」
「誰かと喧嘩したの? だったら早く仲直りしなきゃ」
「ええ……」
「……おい、柊?」
「ごめん、トイレ行ってくるね」

弁当をそのままにして教室を出てく柊。
一緒に弁当食えるのは嬉しいんだけど……全っ然楽しくねーや。

「柊ちゃん、本当にどうしたのかしらね?」
「さぁ……アタシは知らないよ。あむっ」

弁当からミートボールを摘んで口の中に放り込む。
大好物なはずなのに、美味しく感じない。もったいね~。

「むぐ……早く元気になってくれなきゃ、アタシまで気が滅入っちまうんだよな~」
「みさちゃん、柊ちゃんのこと好きだもんね」
「んぐ!?」
「み、みさちゃん!」

げほっげほっ……ミートボールが変なとこに入っちまった……

「い、いきなりなんて事言うんだよっ!」
「あら、違うの? でもそういうのって、好きな人に抱く感情じゃないの?」

好きな人に抱く感情……?
そんなこと言われても……アタシにはわからねぇよ……

「みさちゃん、もしかして誰かを好きになった経験ってないの?」
「ねぇよ……」

強いて言うならあやのだけど……あやのの言ってる『好き』ってそういう意味じゃねぇだろうし……

「柊ちゃんが好きかどうか、それはみさちゃんが一番わかってるはずよ」

アタシは……柊が好き……?
確かに、柊がいないとすっげぇ寂しいし、こないだビンタされた時は柊に嫌われたかと思って怖かったけど……
……あれ……否定する部分ねぇや……

「好き……なんだろうな」
「うふふ、やっぱり♪」
「変じゃねぇかな? 初恋の相手が同性なんて……」

確かにアタシは男勝りだけどさ、性別はちゃんと女だぜ? 普通は異性を好きになるもんだろ。
アタシ、変なのかな……

「ううん、変じゃないと思うよ。人を好きになるのがどうして変なの?」
「あやの……」
「『異性を好きになるのが本能の愛なら、同性を好きになるのは理性の愛だ』みたいなことをどこかで聞いたことがあるわ。つまり、どっちも愛じゃない」
「……そっか……そうだよな」

アタシは柊に、人間的な魅力を感じてたから好きになった。そういうことなんだろうな。
なんだか、答えが出てきたからか頭がすっきりしたぜ。今なら美味しく食べれそうだゼ!

「あ~~んむっ。むぐむぐ……ごっくん。まずは柊に元気になってもらわねぇとな」
「そうね。そのためには原因を知らないと」
「原因か……。あ、アイツがいるじゃん」

 

〈答えはきっと心の中に〉

 

「お~っす、チビッ子」
「あ、みさきち」

あの時――三日くらい前だったっけか――チビッ子は泣きながら廊下を走っていってた。
柊がおかしくなったのもあの時からだったから……柊と大喧嘩したに違いない。

っと、見かけないやつがいるな。
チビッ子と手を繋いでて、チビッ子よりも小さいってことは……妹か従妹ってとこだな。

「そういやみさきちは初めてだよね。私の従妹の小早川ゆたか、通称ゆーちゃんだよ」
「は、はじめまして。こなたお姉ちゃんがお世話になってます」
「アタシの名前は日下部みさお。よろしくなー」

ビンゴ。やっぱ従妹だったか。
つーかチビッ子よりも更にチビッ子って、こいつの家系はどうなってんだ……?

「で、みさきち。私に何の用?」
「おお、そうだ。忘れるとこだったぜ」

ふう、危ねぇ危ねぇ。肝心なこと聞かなきゃな。

「最近、柊の様子が変なんだよ。チビッ子、何か知らねぇか?」
「「!!」」

……なんでそこで固まるよ?
小早川はオロオロしてるし、チビッ子にしては震えてるし……
もしかしてアタシ、地雷踏んだ?

「……ご、ごめん! 私、ちょっと用事を思い出した!!」
「あ、ちょ、おい!!」

そう言ってチビッ子は走って行っちまった。
たく、なんなんだよドイツもコイツも……

「あ、あの、今のお姉ちゃんに、かがみ先輩の話はしないでください。相当、傷付いてますから……」

……ほぉ~……?

「小早川。お前、何か知ってる口だな? ちょっと顔貸せや」
「えっ、えっ、ええぇ!?」

小早川の首根っこ掴んで、二人きりになれる場所まで移動した。


・・・


「さて……」

放課後、地平線に沈みゆく陽を見つめながら屋上で柊を待っていた。
小早川を使って、昼休みのうちに柊を呼び出しておいた。多分、もうすぐ……
なんて思ってると、ドアを開ける音と足音が聞こえてきた。


「……ゆたかちゃんまで使って、何の用?」

柊の声。振り返ると、ジト目でこっちを睨み付けてた。柊のこの目、ちょっとイライラしてる時のだよな……

「悪いな、柊。ここに呼んだのは、二人きりで話がしたかったからなんだ」
「……さっさと言いなさいよ。私、ちょっとイライラしてるんだから……」

なんでイライラしてるか……多分、アタシが『アイツ』と同じことを言うと思ってるんだろーな。

「どーせアレだろ? 『どうして自分は女にしかモテないのか』だろ?」
「!!」

そんだけ驚きゃ、間違いなく図星だな。

「小早川から聞いたよ。チビッ子の告白を蹴ったらしいな」
「……」

うつむいたまま、何も言ってこない柊。
向こうからは何も言ってこないだろうから、少しずつ聞いてくしかねぇか。

「なんで振ったんだよ? 柊はチビッ子のことが嫌いなのか?」
「そっ、そんなわけないじゃない!! でも……」
「でも?」

沈黙が続いて、それから柊がゆっくりと話し始めた。

「ど、同性との恋愛なんて……周りが認めてくれるわけないじゃない……周りに猛反発されて、駆け落ちとかになるのが関の山でしょ……?」

……なるほどな……

「つまり柊は周りの意見があるから断ったと」
「ち、違うわよ! だけど、受け入れてそれで二人が幸せになれるわけ……」
「断ってもなれなかったじゃねぇか」
「う……」

珍しくアタシに言い負かされてる柊。いつものキレがねぇな。

「で、他には?」
「他にって……そんなにあるわけないじゃない……」

なるほど、柊が言いたいことはよ~くわかった。


「つまり柊は、『チビッ子が男だったら受け入れてた』んだな」
「……え……?」
「だってそうだろ? 柊がチビッ子の告白を蹴った理由はそれしかないじゃねぇか」
「あ……」

まったく……気づいてなかったのかよ。
柊は頭がいいんだか悪いんだか、よくわからねぇや。

「チビッ子がどれだけ柊が好きかわかってんのか? 周りから猛反発を受けても、柊と一緒にいたいって思ったから告白したんだろーが」
「……」

胸の前で、祈るようにして手を組む柊。
そんな柊を見て……アタシは柊すらわかってないだろうことを言った。

「そしてもう一つ。柊は……いや、柊もチビッ子のことが好きだ」
「……は……?」

さすがにこれは予想外だったみたいだな。ポカンてしてる。
まあ、アタシもそうだったからな。柊が考えてることが手に取るようにわかるゼ。

「チビッ子を振ってから、柊はずっとチビッ子のことばっか考えてたんだろ? 『チビッ子が心配だ』『振らなけりゃよかった』ってな具合にな」
「あ……」
「『チビッ子がいない』……それだけで物凄く寂しい思いをしてたんだろ? つまり、柊もチビッ子が好きだったんだ」
「……私……私……!!」

やっと自分の気持ちに気付いて、ポロポロと涙を流してその場にうずくまる柊。
そんな柊に近づいて、まっすぐに目を見つめて言った。

「ひどいことをしたって思ってんなら……行ってこい。それが、柊の答えならな」
「……ええ。ありがとう、日下部!!」

涙を拭いて、柊は屋上を駆け出して行った。
校庭を駆けてく柊を見届けてから、ここにいるだろう『もう二人』の名前を呼んだ。


「……小早川、あやの。いるんだろ?」
「……やっぱり気付いてたんですね」

階段の陰からゆっくりと歩いて、私の隣に並んだ小早川とあやの。

「峰岸先輩から聞きました。日下部先輩も……柊先輩が好きだったんですね」
「びっくりしたわ。柊ちゃんに告白すると思ってたから隠れて待ってたのに」
「ああ……アタシもびっくりだよ」

小早川から話を聞いたら……なんだかアタシが思ってる以上の事態が起きてたからなー。

「でもなんで泉ちゃんに柊ちゃんを譲っちゃったの? あのまま告白して自分のモノにすることもできたのに」

……黒いなー、あやの……

「まあ……確かにできたことはできたんだろうけどさ。柊の一番は……チビッ子だったからさ、アタシが入る隙間なんてなかったんだ」

それに……柊には、チビッ子の方がお似合いだからな。

「……なあ、これでよかったのかな……」

本当は、アタシも柊が欲しかったはずなのにな……チビッ子を推した理由がわからねぇや。

「その答えは……きっと私達に聞いても出てこないと思います。答えはきっと、日下部先輩の心の中にあると思いますよ」
「そうね。みさちゃんの左の胸にしまわれてるんじゃないかしら」

アタシの左の胸……か……

「……うん。これでよかったんだよな。これで……」

ちょっと低いフェンスにもたれかかって、茜色に染まる空を見つめた。
あの空は少しだけ……滲んでいるように見えた。

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。