さよなら、大好きな人

かがみの息遣いが荒くなっていく。当たり前だよね、友達だと思っていた同性に告白されれば。

「かがみ……」

沈黙が嫌になって、かがみの名前を呼んでみる。
すると身体がピクッて動いた。今まで思考回路が停止してたんだろうね。
かがみの後ろにまわしていた手をかがみの肩に持っていく。
抱き付いたままじゃ、かがみの目が見れないから。

「こなたが……私を、好き?」
「うん。もちろん、友達としてなんかじゃないよ」

私の目を見つめているように見えて、でもかがみは私を見てはいなかった。
激しい動揺からか、かがみの瞳は揺れに揺れまくっている。
それからしばらく、沈黙が続く。やっと口を開いたかと思ったら、投げ掛けられた言葉は見当違いなものだった。

「なん……で……?」



さよなら、大好きな人



なんで……か。かがみは本当に鈍感なんだか敏感なんだかわからないや。

「理由なんかないよ。強いて言うなら……かがみが魅力的だからかな」

『人を好きになるのに理由はいらない』。そう何かで聞いたことがある。
最初は半信半疑だったけれど、実際にかがみに恋してみてわかった。
いつのまにか、かがみの顔が真っ赤になっていた。呼吸も苦しそうで、ちょっと危ないかも。

「かがみ、だいじょぶ?」
「……ごめん……ちょっと、落ち着かせてもらっていいかしら……」
「うん」

もともと私がこの事態を引き起こしたのに、なんで私が尋ねられてるんだろう。
そんなことを思いつつ、私は座り込むかがみをずっと見つめていた。



しばらくして、どうやら呼吸は落ち着いたようだ。

「こなた……」
「落ち着いた? かがみ」

立ち上がるかがみの姿を見て、一応尋ねてみた。
かがみはコクリと頷いて、私の目をずっと見つめている。

「考えは、まとまった?」
「……ええ」

怖い。
自分から告白しておきながら、返事を聞くのが、物凄く怖い。

「曖昧な答えはだめだよ。ちゃんとした、かがみの返事が聞きたいんだから」

いや、言わなくても大丈夫なはずだ。かがみなら、最初っからわかってる。
曖昧な答えは、私だけじゃなくて、自分自身をも傷つけてしまうということを。

「私もこなたは好きだけど、それは友達としてでしかないの。みゆきや峰岸、日下部に対して抱くのと同じ感情なの。だから……」

その先にくる言葉はもう決まったようなものだ。
私は目を瞑り、かがみの返事を待った。
かがみの顔を直視したまま、その言葉を聞くなんてできないから。



「だから私はこなたを、こなただけを特別視することはできない。こなたを恋愛感情で見ることは……できない」



予想は、的中した。
最初からわかってはいたはずなのだ。
かがみは普通の女の子。同性に告白されて、オーケーを出すはずがない。
わかってはいたのに。
覚悟は出来てたはずなのに。
なんで。

「そっか……やっぱりそうだよね……」
「こなた……ごめんね」
「謝らないでよ、かがみ。かがみは自分の思うことを正直に言っただけだもん」

それに、悪いのは私の方なんだ。
だってこれは、私の勝手だから。
私が勝手にかがみを好きになって。
私が勝手に……かがみに想いを伝えただけなんだから。
自分でもびっくりするくらいに声が震えてた。想像以上にショックが大きかったみたい。
必死に笑顔でいようとした。かがみに、これ以上迷惑をかけたくないから。
なのに、おかしいな。瞳から、涙が溢れた。泣きたくなんて、ないはずなのに。

「……かがみ、私達はもう……友達じゃいられないよね……」

私はかがみに振られた。
つまり、私達の関係は、終わったんだ。
もう、元の生活には戻れないんだよね。友達でいられた、あの頃には……

「……そう、ね……。もう、戻れないわね……」

もう戻れない。
その言葉が、私の身体に重くのしかかる。
フラフラになりながらも、屋上を出ようとして、そして、思い出した。
まだ、かがみに――

「こなた」
「かがみ」

お互いがお互いを呼ぶ声が重なり合う。
二人の声が完全に止まった。聞こえるのは、風の音だけ。

「かがみ。私はずっと、かがみの幸せを祈ってるよ」

かがみの言葉を聞きたくなくて、私は伝えたいことを一気に言った。
声が震えてるのが自分でもわかる。涙がまた、私の瞳から溢れだす。
でも、ダメだ。最後に見せる顔が、泣き顔なんて。



「今までありがとう、かがみ」



だから私は、最高の笑顔を彼女に送った。

「じゃあね、かがみ。さよならっ」
「あ……」

かがみが何か言いたげだったが、私は無視して走り去った。
階段を駆け降りて、廊下を走り抜けて、みさきちやゆーちゃんにぶつかったのも気にしない。
ただ、一人になれる場所を求めて走った。



「……ひっく……うあぁ……」

ひたすらに走って、辿り着いたのは体育用具室。
ドアにもたれかかり、私はひたすらに嗚咽をあげて涙を流していた。
誰にも見られたくなかった。私が泣く姿を。

「お姉ちゃん……」

ドアの向こうから、聞きなれた声がしてきた。
多分、廊下でぶつかった後、私を追い掛けてきてくれたんだろう。

「ゆーちゃん……私……かがみに振られちゃった……」
「……うん……」

ゆーちゃんはそれきり、黙り込んでしまった。
その方がよかった。私の気持ちを鎮めるには、喋り続けなくちゃいけないから。
だけど。

「覚悟は……できてたんだよ? かがみに振られることを、何度もシミュレーションした。それなのに……」

ドアを乱暴に開けて、ゆーちゃんの胸に飛び込んだ。
それだけはしないようにと、何度も我慢してきたのに。
我慢が出来なかった。気持ちを鎮めることが出来なかった。

「それなのに、なんでこんなに心が痛いの……!? なんでこんなに悲しいの……!? なんで……なんで……!? うあぁ……あああああああああああ!!」

私の涙腺という名のダムは、完全に崩壊した。
私はゆーちゃんの胸の中で、子供のように泣きじゃくった。

「……こなたお姉ちゃん……私はずっと、お姉ちゃんの味方だからね……」
「ゆーちゃん……ゆーちゃん……!!」

いきなりの出来事なのに動揺した様子もなく、ゆーちゃんはただ、私の頭を撫でてくれていた。





今日は本当に、忘れられない日になった。

私の初恋が終わった日。そして、かがみとの関係が終わった日。

明日からは、また新しい日常が始まるんだ。

かがみがいない、私とゆーちゃんとの日常が。

だから、私は今までの日常に別れを告げる。

もう二度と会うことのない、それでも、私の大好きな人へ……





――さよなら、かがみ。そして……ありがとう――

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。