留守番電話

かがみ「……出ないわねぇ。家の電話なら出るかと思ったのに」
こなた『はい、泉です』
かがみ「あ、もしもしこなた?」
こなた『ただいま留守にしております。メッセージがある方は……』
かがみ「何よ、留守電か……ていうかこなたが声を入れたにしてはまともな」
こなた『〈ガラスを引っ掻くような音〉の後にメッセージをどうぞ』
かがみ「……は?」
電話『ギャキキキ~~!!』

・・・

電話『メッセージは、一件です』
かがみ『ちょっとこなた!!なんて音を留守電にしてんのよ!!!』
こなた「もー、最近の留守録こればっか」
ゆたか「いや、音変えようよ……」


つかさ「……出ないなぁ、こなちゃん……もう寝てるのかな」
こなた『もしもし、泉です』
つかさ「あ、こなちゃん?聞きたいことが」
こなた『ただいま留守にしております。メッセージがある方は……』
つかさ「あれ?留守だったんだ」
こなた『謎の断末魔の後にメッセージをどうぞ』
つかさ「……え……?」
電話『ギャアアァァ!!!』

・・・

電話『メッセージは一件です』
つかさ『こ、こなちゃ~ん……そんなの……留守電にしちゃ……だめ……』
こなた「うーむ……まさかつかさが最初の犠牲者とは……」
ゆたか「だ、だからさ……もうちょっとまともなのにしようよぉ……」


ゆたか「もう、お姉ちゃん!イタズラばっかりしちゃダメだよ!」
こなた「あはは、ごめんごめん」
ゆたか「次は私が留守電を入れるね」

・・・

みなみ「……出ない……」
ゆたか『はい、泉です』
みなみ「あ、ゆたか?明日」
ゆたか『ただいま留守にしております。ご用件がある方は……』
みなみ「あ……留守電だったんだ……」
ゆたか『小鳥のさえずりの後にメッセージをどうぞ』
みなみ「小鳥の……さえずり?」
電話『チュン……チュンチュン……』
みなみ「すっごくゆたからしい留守電……和む……(ポワ~ン)」

カシャ

みなみ「!!」
ゆかり「ぷふふ……お邪魔してるわね、みなみちゃん……」

・・・

電話『メッセージは一件です』
みなみ『あ、ゆたか?私、みなみ。明日の話なんだけど、、、、、だから。あ、あと、留守電、変えてくれると嬉しいな……』
ゆたか「みなみちゃん、どうしたんだろ?せっかくかわいい留守電にしたのに」
こなた「なんとなくわかるかも……」


かがみ「こなため……私だけじゃなくつかさまで……お返ししちゃるっ」

・・・

こなた「……かがみ、出ないなぁ……」
つかさ『はい、柊です』
こなた「あ、つかさ?こなただけど、かがみは」
つかさ『ただいま、留守にしています。メッセージがある方は……』
こなた「あれ、留守電か……」
つかさ『蚊の羽音の後にメッセージをどうぞ』
こなた「……へ」


・・・


こなた「つかさ~……昨日はよくも~……鳥肌が、鳥肌がぁ……」
かがみ「自業自得よっ!」
つかさ「考えたのはお姉ちゃんだけどねっ☆」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。