小ネタ11P

「さぁ、始まるザマスよ」
「行くでガンス」
「ほんげぇ」

かがみ「まともに始めなさ…!!!!??」

かがみ「誰!?アンタ達!?……に、人間じゃない………!!!?」


怪☆物


かがみ「こなたぁ!メリークリ〇〇ス!!」

こなた「うわ……(;^ω^)」
つかさ「お姉ちゃん、流石にそれはないよ……」
みゆき「Pinkでやった方がよろしいかと」


かがみ「なによ…、ちょっとしたジョークじゃない!!もう知らない!!」ダッ


こなた「追い掛けると思ってるのかね…?」
つかさ「しばらくほっとこうよ」


あきら「あぁぁぁぁぁ!!!」
みのる「どうしましたかあきら様」
あきら「クリスマスオワタ」
みのる「知ってます」
あきら「クリスマスプレゼント貰ってない。」
みのる「クリスマス終わったから無効です」
あきら「(´・ω・`)にょろーん」
ひより「小早川さんは岩崎さんの嫁、これ常識っす」
みなみ「チェリー、何だか眠くなってきたよ……」
ゆたか「みなみちゃん……もう、ゴールしてもいいよね?」
こなた「>>1 乙~」
かがみ「それにしてもテンプレに出てくる人数増えたわね」
つかさ「そうだね~。なんか賑やかでいいな」
みゆき「でもパティさんがいないような気がするのですが……」
      
一同「あれ?」
かがみ「いよいよ今日ね」
つかさ「…うん。何だか不安になってきた…」
かがみ「つかさ、精神統一するわよ。目、瞑って」
つかさ「うん…」
かがみ「…」
つかさ「…」
かがみ「コミケ」
つかさ「ひいぃぃぃぃ!」
スーパーバルサー
ニューバルサー
キングバルサー
presented by つか佐
みゆき「ストラップ、1種類だけ余裕があるそうですよ?
       誰なんでしょうね?泉さんでしょうか?かがみさんでしょうか?ウフフフフ…」
~現場~
つかさ「柊そ~せ~じ、いかがですか~?あ、200円で酢♪」
かがみ「(こなたぬきそば!こなたぬきそば!)」
ただお「…ボソ…お客さん?ただおそ~せ~じ、いかがですか?黒くて硬くて、美味しいですよ?」
かがみ「(こなたそ~せ~じ!こなたそ~せ~じ!私限定、こなたカード付き!)」

みゆき「あ、あの、ストラップ、高良みゆき、完売間近です!
      みなさん、よろしくお願いします!よろしくお願いします!」
つかさ「私達の、みんな売れちゃったね。すごいね、お姉ちゃん」
かがみ「つかさ、しっ」
みゆき「…みなさん、お願いします…よろしく…お願い…します…」
ひよりんネット中
ひより「公式参拝…凄い盛り上がりっスね。行けばよかったっス。ふむふむ…?メイドでショタがいる!?
     しかもネコミミ!?…新ネタゲット!!」
かがみ「こなたぬきそばの作り方?まず、こなたをお風呂にいれます。
       しばらくするとダシが取れるので、そのお湯にそばと揚げ玉をいれて完成よ。簡単でしょ?
       あ、でも、これを食べて良いのは私だけだから。勝手に食べたら刺すわよ?」

こなた「かがみのおつむ大丈夫?」
かがみ「もうダメかも……。」
こなた「へ?」
かがみ「こなたー!私を抱いて~~///」
ゆたか「……」ウトウト 
こなた「ゆーちゃん、無理しないで寝たら?」

ゆたか「大丈夫……、お姉ちゃんと一緒に朝迎えたいんだもん……」 
こなた「ぶはっ、これは萌える」

 

ゆたか「……zzz」 
こなた「やれやれ、やっぱ寝ちゃったか。お休み、ゆーちゃん」

ゆたか「はつひのでぇー……ムニャ」


こなた「初詣ー」 
こなた「ん、雪原の中に見える紙の束・・・あれは・・・」

年賀状

こなた「・・・」 
高校生「~♪」

 おわり


つかさ「初詣ー(巫女やる的な意味で)」 
つかさ「ん、雪原の中に見える紙の束・・・あれは・・・」

年賀状?

つかさ「あ、知ってる人だ・・・」 
つかさ「・・・」

おわり


つかさ「お餅うにょ~ん。あはは、ゆきちゃんのココってお餅みたーい」モミモミ 
かがみ「ほんと、羨ましいわね」モミモミ 
みゆき「そういうお二人は、姉妹合わせて鏡餅みたいで可愛らしいじゃないですか」モミモミ


こなた「………」 
ゆたか「………」 
みなみ「………」 
ただお「………」


こなた「下は大火事、上は大洪水、これなーんだ?」 
かがみ「簡単よ。正解はお風呂でしょ」

こなた「ぶー、違うのだよかがみんや」 
かがみ「は? じゃあ何よ?」

こなた「正解は『滝の下でやる、キャンプファイヤー』だ!」 
かがみ「分かるか!!」


みゆき『新年あけましてこのみゆき様さ』」

こなた「みゆきさん…あけおめメール遅いし文章意味不明だよ」


あきら「ラジオ継続決定だよっ☆みんな、聞いてねっ☆」 
みのる「皆さんからのおたより、待ってまーす!」 
つかさ「バルサミコ酢~♪」


かがみ「あ…あたしは?」


あきら「おつかれさま~ずっ☆」
みのる「さぶっ」
あきら「レギュラーおりたいの?」
みのる「…すいません」
地球人「ガチレズの爆発的な増加、急激なこなたん不足……。もう新しい土地を探さねば、我々は生きていけないのだ」

魔界人「だから魔界を乗っ取りに来たと言うのか。人間というのは本当に勝手な奴らだな……」


みゆき「こなえも~ん!!」
こなえもん「どーせまた、カガミンにいじめられた~、とか言うんでしょ?言っとくけど仕返しするコロネなんて無いからね!」

みゆき「そんなこといわずになんか出してくださいよ~~!!」


こなた「いけバタフリー!ゴッドバード!!」
み「?!」
こなた「pgr」
つかさ「ナゾノクサギザカワユスwwwwwww」

おや、ナゾノクサの様子が?

つかさ「ktkr」

おめでとう!ナゾノクサは


なんと! モモワカメに しんかした!!
つかさ「うわ、いらないや。逃がそ」

つかさは モモワカメを 逃がした 
バイバイ モモワカメ!


こなた「ふふふ、ポケモンには隠されたパラメータがあるのだよ? かがみ~ん」
かがみ「そうなのか? 気にしないで育てちゃったけど……」

こなた「じゃ、通信しようか?」キラーン
かがみ「勝てる訳無いだろうが!!」

つかさ「アルセウス強いなぁー♪」

こなかが「!?」


恋愛黙示録カガミ

つかさあんしんつかしあん

クリームレモン~禁断の父娘愛~
            著・泉そうじろう 

人か魔か
柊かがみ
獣かそれ以下か
鬼か
それ以上か

 

しぐ☆るい


ここは仮面ライダー魅癒鬼(劇場版)の出番ですか?
みゆき「鍛えてます。しゅ!」
つかさ「うわ~…点数下がってるよ…」
みゆき「馬鹿につける薬はありませんね」
つかさ「え…」
みゆき「つかささんは基本さえ掴めば問題ないですよ…プ赤点」
つかさ「…」
バル酢バル酢バル酢バル酢バル酢バル酢バル酢バカじゃないの?
しつこいんだよ。バルサミコ酢最高とか言ってる野郎は死ねよ。
テメェらの大好きなバルサミコ酢だってとっくに終わってんだよバルサミコ酢共が。
マジでイライラするからバルサミコ酢置くなバルサミコ酢が。

みゆき「………っと」カタカタ


つかさ「ゆきちゃんマジ病気www」
待っています。あなたの一作 
wiki~公共高良機構です。
つかさ「ゆきちゃんは実にけしからん!」
かがみ「は?」
つかさ「ピンクと言い眼鏡と言いあのほんわか具合いと言い…」
かがみ「…」
つかさ「けしからん!!」 
かがみ「(こなたも実に(ry)」
「留学生のホワイトロック・ミレーヌです」

こなた「?!」
こなた「・・・夢か」


泉こなたの五段活用

あずみこなた
いずみこなた
うずみこなた
えずみこなた
おずみこなた


みゆき「一即触発ですね!」

みさお「なぁ、あやの、あやのの将来の夢って、やっぱ兄貴の嫁だったりすんの?」
あやの「み、みさちゃん…、そんな…急に…。まぁ、それも…あるけど…」
みさお「けど?」
あやの「…お菓子作るの好きだから、スイーツ職人もいいかなって…」
みさお「スイーツ…」
かがみ「(パティシエって言えよ…脳)」
ひらがなみっつでこなた
かがみ「つかさー入るわよー」
つかさ「べろべろべろ!べろべろ、べろべろべろ!!」
かがみ「つ、つかさ!?」
つかさ「あっお姉ちゃん、どうかした?」


べろ☆つか


ふゆき「そう言えば桜庭先生、お見合いは大丈夫なんですか?」
ひかる「ん。別にふゆきが居れば生きて行けそうな気がするしな」

かがみ「草食ってさー」
     「臭くってさー」
     「句作ってさー」
かがみ「必死すぎだよねー」
つかさ「ひくよねー」
かがみ「埋め…うめ…産め…。私、こなたの子供産むわ」
つかさ「(お姉ちゃん…頑張れ)」 
寂死姉兎 
酔狂酢妹
海草眼鏡
父子家庭
かがみ「投手としてじゃなくても、私はあんたが好きよ!」

 

 

 

 

 

こなた「ななな何今の……? 夢…だよね?」


かがみ「ふしぎふしぎー!」
こなた「かがみ…それ、キャラ違う…」
かがみ「レインったら、失礼しちゃうわ」
こなた「…(つかさ…これは…)」
つかさ「…(勉強のしすぎ…かな?)」
かがみ「あはははは~ラストのアレはベアード様ね~このロ(ry」
ガラッ

そうじろう「うぃ~す、sososoそうじろ……のぅわ!?」


HiνこなたんVSナイチンかがみ
つかさ「みっちゃん」
みゆき「さんを付けろ。酢臭いんだよ神岸」
ゆたか「むー!Hなのはいけないと思います!」
みなみ「…ゆたか…頑張れ…(サーセンwww)」
ひより「ゆーちゃん、よく言った!(サーセンwww)」
つかさ「赤いと…ゼネバスだよね?ゆきちゃん」
みゆき「赤い眼鏡というのもありますね」 
そうじろう「(みゆきちゃん、ケルベロスは『紅い』だよ…)」
ふゆき「桜庭先生、もうすぐ誕生日ですね」

つかさ「ゆきちゃん、[禁則事項です]事件って何?」
みゆき「[禁則事項です]事件!?つかささん!忘れて下さい!危険すぎます!」
つかさ「?」

美味しいこなたんの食べ方、
一生懸命、愛す……これだけ。

因みに美味しいこなたんの作り方は、
愛情と私の1:1、これだけ。

    ■かっがーみん


こなた「いやいやいやいや!!」


かがみ「子供の頃やったといえば、小麦粉をビニール袋に詰めてシャブ工場~、とかやったわよね」
あやの「シャブ工場?」
みさお「ひ、柊ー、何か怖えー……(ガクガクブルブル)」
あやの「峰岸です、よろしく」
男子1「あの子結構可愛いじゃん」
男子2「あいつ彼氏持ちだぜ」
男子全員「[ピーーー]ビッチ」
かがみの一日、朝起きて


こなたん食べて~♪


昼までボー……


こなたん食べて~♪


夜までボー……


こなたん食べて~♪


毎日食べたい、こなったん♪

      ■かがみんず


こなた「無理」
ピッチャー:立木
キャッチャー:立木
ファースト:立木
セカンド:立木
サード:立木
ライト:立木
レフト:立木
ショート:立木
センター:立木
マネージャー:くじら
監督:くじら

おお☆ふり
かがみ「こなたぁぁぁぁぁぁ私とコントラクトサーヴァントしよぉぉぉぉぉぉ」(*´3`)ンー
こなた「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」(ilil=Д=.)Σ
こなた「私剣道やる」

おわり
メイド装備(アルバイト仕様)に身を包み、大剣チョココロネを手に
エロゲー資金を稼ぐ為、いざ空のチキン王者リオレウスに挑む少女ハンター。

その名も……モンスターハンターこなた!!



なんとなく書いた。続かない。
イレギュラーハンターこなた!!

左腕に輝く、チョココロネ型バスターを片手に……今、シグマの野望を打ち砕くべく、立ち上がる!!


ヴぁヴぁ「ここから先は行かせないんだってヴぁ」
かがみ「やっぱりゆとり教育はやめて正解よねー」
みさお「何言ってんだ柊ー、私はゆとり教育続けるべきだと思うぞー」
かがみ「どういうこと?」
みさお「ここでゆとり教育やめたら、私ら子供にゆとり呼ばわりされてバカにされるんだぜー!」
かがみ「その発想がゆとり教育の弊害だっつーの」
かがみ「そういえば、日下部が汚したリラッタヌってどんなものだったの?」
みさお「それがね、CMでナレーションやってる若本さんの声が吹き込まれてるものだったのよー」
こなた「あー、そりゃ怒りたくもなるよねー」
みさお「な、何だよー、ちびっ子までー」

かがみ(ちょっと待ていっ! 峰岸ってそんなキャラだったっけ!?)


こなた「みんな酷いんだよ?ゆとりは馬鹿だとか、ゆとりwとか、ゆとり氏ねとか」
かがみ「私はあまり掲示板とか見ないけど、そうなの?」
つかさ「そうだよ!人権侵害だよ!保護法案可決だよ!」
かがみ「(…さては煽られたわね、つかさ…)」
みゆき「弱い犬程、よく吠えます。…あ、いえ、決してそう言う意味では…」
かがみ「(他にどう言う意味があるんだ…みゆき)」


かがみ「えへへ、ゲーム買っちゃったwwこれでこなたと…フヒヒww」
つかさ「雪って白くて綺麗だよね~」
みゆき「ありがとうございます♪」
つかさ「おめーじゃねーよ」
みゆき「…」
チェリー「わふわふ」
みなみ「こ、これはあげられない……油物だから……」
チェリー「……」
ビターン!
みなみ「うぐうっ」
チェリー「むしゃむしゃ」
[ピーーー]、[ピーーー]……

かがみ「あぁ! 私のモンチーが!」
こなた(モンチー……?)

モンザエモンに変な名前付けてるかがみであった。


つかさ「ねえねえこなちゃん、SSって何の略なんだろうね?」
こなた「んー、“涼宮ハルヒの”“小説”かなー」

かがみ「この漫画はらき☆すただっつーの」


ゆたか「キスなんて挨拶代わりでしょ?」
みゆき「きゃあっ、除光液が・・・」
つかさ「あはは、ゆきちゃん、除光液に火をつけたらよく燃えるんだよ~☆」
ゆたか「ゲルギムガンゴーッぐほぉおお!!」
みなみ「ゆたかああああああああああ」
あやの「今日みさちゃんのこと見てたでしょ?私がいるのにさぁ‥昨日見てるって言ったじゃない!私だけ見てるって…ねぇ、言ったよね?」

ヤンデレあやの…ヤヴァイ好きだぁぁぁ‥

みさお「なっなにするんだよあやの~」
あやの「ふふ、ほら、みさちゃんはこんなにもはしたない子なんだよ?嫌いになったでしょ?ね?私のほうが好きって言って…」


ただお「百合よりもっと良いこと教えてやろう。ほら、しゃぶれよ」

そうじろう「ひいぃぃぃぃぃっ!!」


かがみの鳴き声
かがみ「こなたハアハア、こなたハアハア、こなたハアハア、こなたハアハア、こなたハアハア、こなたハアハア、こなたハアハア、こなたハアハア、こなたハアハア……」
こなた「いろんな意味で眠れないよ~っ」
こなたの成長はBボタンでキャンセルするしかない!!
つかさ「柊です、よろしく」
男子1「あの子結構かわいいじゃん」
男子2「あいつ、バルサミコ酢とちんちんのことしか考えてないぜ」
かがみの家にて
こなた「ねぇお母さん(かがみを見ながら)」
かがみ「私アンタの親じゃないわよ?」
こなた「あっ////」
こんな感じになる時あるかな?
みさお「え?この「書き込む」ってとこお酢と柊が私の物になるのか?
よしっ!ぽちっとな」
かがみ「よっ、絶壁」
あやの「…」
かがみ「…がぁぁぁ!」
みさお「(凄ぇ、柊、血ぃ吐いてる…)」
ただお「さて、脱ぎたてのパンツの臭いがするわけだが…これは3日ものかな?」
こなた「シンメトリカル!」
ゆたか「ドッキング!」
ゆたか・こなた「貧乳神!!」

みなみ「・・・私・・・は?・・・・」


こなた「私スケートはじめてで・・・うわぁ!」
つかさ「こなちゃんがこけた!」

みゆき「AGGGGGGGGGGGGGGGG」

かがみ「スケート靴のブレードがみゆきの顔面に!それはともかく大丈夫?!こなた!」
こなた「う、うん」
つかさ「だいじょうぶ?ほんとに?」
こなた「だいじょうぶだってば。さ、すべろ!」


男子「ふゆき先生ー、俺も小早川と一緒のベッドで休みたいです」
ふゆき「駄目ですよー」

こなた「誤爆したー」
かがみ「どうしたの?」
こなた「いやいやー気にしないでくれたまへ」
こなた「久しぶりに来てみたら・・・・」

かがみ「パー速とはね・・・・」

みゆき「あらあら」

ゆたか「ゆたかいきます!」


つかさ「ふふん」
こなた「つかさ…何やってんの?教卓になんかに立っちゃって」
かがみ「しかも腕なんか組んで、随分偉そうね」
みゆき「何か…見下されている様な…」
つかさ「ニヤ、常に上から目線♪ふふん」
ななこ「…柊は留年っと。ついでに止めなかった姉も同罪。これで良しやな♪」
かがみ「いや、全然良くないです。つかさだけでお願いします」 
こなた「ツンデレの後輩・・・」
そうじろう「かなたとにゃんにゃんしたいぉ」
テレビ「ジャポニカジャンケン、ジャポニカポン!」

ゆたか「やったー! パーで勝ったからパラダイスだよ!」
こなた「良かったね、ゆーちゃん(かわいい……)」

ゆたか「これで58勝、23敗……と」
こなた「うぇーー!?」


テレビ「来週もまた見てくだしあね>< ジャンケン、ボン! フハハハハハハ!」


ゆたか「やったー! また勝ったよー!」
こなた(また? はっ! ゆーちゃんの手元にあるメモ用紙の”勝ち”の欄に”正”の文字が沢山!!)


ただお「つかさ、漫画もいいけどたまには聖教新聞も読みなよ」
つかさ「はーい」
かがみ「え……う、うちって神社だよね? ねえ?」
???「ボクがきたからにはもう大丈夫だよ!」
こなた「や、八ツ橋くん!?」
八ツ橋くん「不良どもめ!正義の八ツ橋パンチで☆になれ!」
こなた「はっΣ(=△=.)チョココロネが酸っぱい。つかさー」
つかさ「バル酢!」
こなた「あ、こら。よくも~」
みゆき「はっ、ワカメが酢に浸かって、ワカメのバルサミコ酢漬けに。つかささん、これはいったい……」
つかさ「あっはははバル酢~」
みゆき「待ってくださいつかささん!」
みさお「今だから言うぜ、あやの」
あやの「なぁに?みさちゃん」
みさお「兄貴の子…身籠った」

あやの「やっぱり嘘だったんじゃない。中に誰も、いないってヴぁ」
nice vava
みゆき「1000でしたら、新シリーズのヒロインは私、高・良・みゆきでお願いします
   泉さんとかがみさんは背景コンビへ降格、日下部さん、峰岸さん、
   かつて背景コンビでしたお2人を、レギュラー化。彼女達の日常を
   追ってみるのも良いかも知れませんね。つかささん?どなたでしょうか?
   新キャラクターでしょうか?聞き覚えのない名前なのですが…
   あ、ことぶきつかささんでしょうか?あの方は漫画家で、本作品とは無関係…
   柊つかささん?かがみさんのお知り合い?え、妹?そんなはずありません。
   かがみさんは3人姉妹の3女のはずです。夢でも、見てたのではないですか?
   良い病院、紹介しますよ?では」
ひかげ「これが5000円札?すごーい、初めて見た」
黒井「稲造!稲造やないか!」
つかさ「お姉ちゃん、私、お姉ちゃんの事が、好きなの」
かがみ「ごめん、私にはこなたがいるから」
ある日、こなたが児童ポルノなゲームをしているところを目撃した、ゆい姉さん。

「ど、どうすればいいんだ」


そうじろう「ただおさん、ご職業の割に随分鍛えてますね」
ただお「いざということがあるからね。うちは女の子ばっかりだし」
そうじろう「うーん、私も鍛えた方がいいかな」
ただお「括約筋とかをですか?」
そうじろう「そうですねー活躍筋鍛えたいですね」
ただお「うほwwwwww」
そうじろう「うちも女の子ばっかりだし」
ただお「!?」
なぜチョココロネが好きなのか・・・
かなたとそうじろうが「こなた」と命名した真実とは・・・
生まれる前から現在まで、泉こなたの生い立ちを毎号詳しい図解や本人からの生話を収録

創刊号はこなたんキーホルダーがついて560円

らきゴスティーニ☆


かがみ「さーて、次回のらき☆すたは?」
こなた「こなたです。原作4巻の表紙見てて思ったんだけど、下を帯で隠すと、みなみちゃんがゆーちゃんにボディーブローしてるように見えるよね」
ゆたか「むー、みなみちゃんはそんなことしないもんっ」
みなみ「泉先輩……怒りますよ……?」
こなた「え? じょ、冗談だよ、ははは……というわけで、次回ボディーブロー」
かがみ「いい加減にしなさいっ」
つかさ「お姉ちゃん、クイズクイズ~。あのね、お寿司のネタにマグロってあるじゃん?
    あのマグロって何のお魚のお肉か知ってる~?」

かがみ「何って・・・マグロでしょ?」

つかさ「ブー。違うよ~。正解はサメのお肉でした♪」

かがみ「・・・は?あ、あんた、まじで言ってんの?」

つかさ「( ゚ω゚)?え?」

・・・という実話がありましたとさ。


みゆき「あの、鯨を食べるの、やめにしませんか?」
かがみ「みゆきうぜぇwww」
みさお「なぁ、鯨を食うなんて可哀想だよぉ、柊ぃ」
かがみ「日下部もうぜぇwww」
ななこ「そやで?鯨を食うなんて、野蛮人のする事や。やめやめ」
かがみ「黒井超うぜぇwww」
ななこ「く…黒井て…」
かがみ「こなたぁ! 今日はバレンタインデーよ! チョコちょうだい!」
こなた「…………」ピンッ

コロコロ⌒r⌒r⌒□←チロルチョコ

こなた「拾え」
かがみ「うっひょー!」


ふゆき「……それが遅刻の理由ですか?」
ひかる「ダメかナー?」
ふゆき「ダメですよー」

ぱに☆ぽに


つかさ「ばるさみこす おいしい です」





かがみ「それは しょうゆ です」
こなた「お父さん、フィルタリングはずしてよ」
そうじろう「まかせろ、こなた!」

こなた「ってわけで私の携帯にフィルターかかってないんだよねー」
かがみ「つーかアンタはまず携帯をほとんど使わないから関係ないんじゃ…」

らき☆すた


こなた「かがみも煽てりゃ木に登るっと」
かがみ「こなたさぁん?それは私がブタだと言いたいのかしらぁ?」
コンクールか…。
かがみ「はい!はい!はい!次のお題は姫初め!じゃなくて雛祭りが良いと思うわ!
    お内裏様とお雛様!お内裏様×お姫様!こなた×私!私×こなた!
    白酒呑ませてべろん×2のこなたを…ククク…だからお題は姫初めがいいです!」
みなみ「ゆたか……がんばって……」
みなみー! ゆーちゃんを助けてあげて!
ただお「ホモがいると聞いて飛んできました、さぁ一緒に新世界へ旅立とう!」
白石「ハンペン様! 何やってるんですか!」
中の人ネタです本当にry
こなた「/=ω=,\コッナサーン」
かがみ「こなたー。体操服忘れちゃったから貸してくれない?」
こなた「え?でもあたしのサイズ小さいよ?それにウチのクラスも体育あったから汗でビショビショだし・・・」
かがみ「いいから」
3月3日
パティ「(・3・) アルェー」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。