ID:u6hSTM3rO氏:『萌えの国』日本

※このSSはらき☆すたドラマCDを元に構成されています


(……なんで?)

彼女が日本に来て最初に抱いた疑問はソレだった。

(なんで日本人は、外国人を避けるんだろう?)

日本についてはよく勉強していたから、少しは理解していた。
だから、日本語が話せれば、少しはマシになると思っていた。
だけど。

(やっぱり、外国人というだけで、避けられちゃうんだ……)

希望を持って日本に来たけど、その希望は絶望に変わりつつあった。
これが、本当に『萌えの国』なのだろうか?




「デスカラ! 受けと、攻めの、キャラが!!」

初めてやってきたコミフェだが、やはり自分の周りは誰もいない。
この店員(?)も、自分と話したくないオーラ全開だった。
日本な留学する予定だったが、やはり帰ろうかなと思った時――


「あ、あの……」
「ハァイ!? オォ……キュートガール! アナタも私と同じ意見ですか?」

桃色セミロングヘアの女の子が話し掛けてきた。
外国人の自分に、しかも自分から話し掛けてきてくれたことに、彼女はひどく感動した。

「いや、おせっかいだとは思うんだけどね? ただカップリングに関しては、人それぞれ好みがあるからさ。自分と同じ趣向の本を見つけて楽しんだ方がいいんじゃないかなー、と」

続いて青色ロングヘアの女の子。恐らく桃色セミロングヘアの子の姉か友人。

「それジャ、私の好みのカップリング一緒に探してくれマスね!! セーンキュセーンキュセーンキュー!!」
「え……わ、私もいろいろと買いに行きたいんだけども……」
「私、パトリシアといいマース! パトリシア=マーティン! パティ、と呼んでくだサーイ!」
「わ、私は小早川ゆたかといいます。よろしくお願いします!」
「……泉こなただよ」

この時の彼女――パトリシア=マーティンは、幸せの絶頂にあった。
初めて日本人の友人ができて、しかも自分の好みのカップリングを一緒に探してくれるなんて。
なんて優しい日本人なんだ!!

「……無理やり連れてこられてるだけなんだけどなぁ……」




『で、どうするの? パティ』
『やっぱり、日本に留学することにしたよ。春から本格的に日本に住むから』

電話で祖国の母と会話しているパティ(もちろん英語)。
休みを利用して、留学を希望していた日本に来ていたのだ。

『日本のお土産、忘れないでね』
『わかってるよ、お母さん! ちゃんとミクルのフィギュア・ドール持ってくから』

電話を切ったパティは、あの時「こなた」「ゆたか」という女の子と一緒に買った同人誌を見た。
やっぱり日本は、まだまだ知らないところがたくさんある。
これからいっぱい、日本について学んでいこうと誓ったパティだった。




「今日からここの生徒ですネー」

春。陵桜学園の校門にパティはいた。
陵桜の制服を着ているパティは、校庭へと足を踏み入れる。
ゆたかとこなた、彼女達のような友達ができればいいなと思いながら。

「ンン? アレは……?」

見覚えのある髪型2つ。まさか、だとしたら、なんたる偶然……!!

「エクスキューズミー? ひょっとして……ユタカ&コナタですカ?」
「ぇ……わー!! なんか出たー!!」
「ぱ、パトリシアさん!!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。