二月の雪化粧

 徐々に春が近づく頃だった。その日、たくさんの雪が積もった。
あまりに雪が多く降ったため、交通事故が相つぎ、電車も止まってしまった。
その影響で陵桜学園など、あらゆるところで遅刻が相次いぐ様な、混沌とした朝だった。
それは泉こなたなど、ワザと遅くに家を出る人間が現れるほどだった。


 そんな騒々しい一日もようやく終わり、日が落ちて、やれやれと皆が帰宅についている頃。
誰もいない公園を一組のカップルが独り占めにしていた。

夜になっても空にへばりついた雲は、都会の灯りを受けて全体が光っている。
それが月明かりと同じように、公園を照らし出した。
だから公園の雪は、闇のなかでも目立って白く、ぼんやりと見える。
二人にはそれがとても魅力的に思えた。

この公園は二人にとっては近所であり、とても慣れ親しんだ場所だった。
だから二人にとってはここが自分たちの場所であり、独り占めしたからと言って誰かに文句を言われる筋合いはない。

二人は公園に設置されたベンチに、積もった雪を払うと座った。
ロマンチックな、二人のための公園で、二人は愛を深めていった。

 雪が再び降り出した時、公園にカップルの姿はなかった。
ただ、代わりに大きな雪だるまが一つ、木の陰で切なそうに、たたずんでいた。





 前日の大雪のせいで庭には雪が未だに残っていた。
昨日の夕方以降にも降ったのか、その時に付けたはずの足跡が消えている。
普段見慣れている場所で、普段では見ることの出来ない光景を見ることは、なんとも、不思議な感覚がするものだ。

しかしみさおの場合は少し違う。

「あぁあ、今日の部活も雪かきからだなこりゃ……。」

あやのとの待ち合わせ場所に行く事は、小学校の頃から習慣付いていた事だった。
当然、今日もいつもと同じように待ち合わせ場所へと行く。

あやのがまだ来ていない。普段ならみさおよりも早く来て待っている。

珍しいことではあるが、長い付き合いの中では何度かあった事だった。
こういう時、みさおはあやのの家に迎えに行くことにしている。
だから今日もあやのの家を目指した。

こちらの道は、隣接の住人の雪かきで、随分と雪は減っていた。
そのお陰で昨日の朝に比べて、かなり楽に歩く事が出来た。


 道沿いに歩いていると公園が見えてくる。
みさおも昔はこの公園でよく遊んでいて、とても思い出の多い場所だった。
あまり大きくはなく、近所の子供がたまに遊びに来るという程度だ。
ただ、今日に限っては雪遊びをしに、大勢の子供たちがやって来るだろうと、みさおは予想した。

誰もいない公園の筈だった。
なんとなく公園の中を覗いてみると、明らかな異変があった。

見慣れた色の布のようなもの。それは陵桜学園指定のコートだった。
はじめはコートが雪の上に敷いてあるのだと思った。ただそれは不自然な事である。
その場所へ駆け寄ってみると、何故そうなっているのか、それが何のかわかった。

つやつやした茶色い髪の毛を広げて、顔を雪に埋めて倒れているのは、間違いなくあやのだった。

「あやの!」

みさおはあやのの肩をつかんで、うつ伏せから仰向けの状態に体制を変えると、揺さぶりをかけた。
くぼんだ雪の跡は赤く染まっていた。あやのの額から血が流れている。

あやのの反応がない。意識がないようだ。

みさおは何をどうしたらいいのか直ぐにはわからなかった。
ただ、幸いにもパニックだけは起こさずにいた。

「誰かー、助けてくれよ!救急車を呼んでくれー!」

朝の静けさの中で、みさおのかん高い声が響き渡った。

数分後には近所の住民達数名が集まり、10分後には救急車が到着していた。
救急車に担ぎ込まれるあやのに、みさおが引率しようとした。
しかしその頃には、騒ぎを聞き付けたあやのの母親が駆け付けていた。
みさおの母親は、
あとは私に任せなさい、心配なのは分かるけどみさちゃんは学校へ行かないとダメよ、
と引率を拒絶した。
実際、あやのの母親の言うことは正論だった。
みさおが付いて行っても足手まといになるのは明らかで、それはみさお自身も理解していた。

あやのの母親は、ありがとうもう大丈夫よ、と言い残し、あやのと共に救急車で搬送されていった。

残されたみさおは、ただ呆然と救急車を見送った。
救急車のけたたましいサイレンの音が、辺りに響いていた。

後はボーッとしながら学校へ向かうだけだった。
ただ気がかりなのは、あやのの安否。

あやのは雪の積もった公園を歩いており、途中、何かにつま付いて転んだらしい。
いや、走っていたのかもしれない。
とにかく、雪で足元が見えなかったのだ。
そして運悪く、頭を石の段差に打ち付けた。その石とは、植木と広場をへだてるための柵だった。

どうしてあやのがそんな所へ行ったのか。みさおには検討が付かなかった。



 みさおはその日の昼食をかがみと一緒にとっていた。
そこではみさおは、なんともぎこち無くかがみと会話をしていた。
普段はあやのが相手なのに、今日の相手はかがみだ。どうにも馴れない。

あやのの事は桜庭先生がクラスに伝えてある。
だからかがみにあやのの事を伝える必要はなく、今までその件について、みさおは一言も話さなかった。

「ねえ、日下部。詳しく教えてよ、峰岸の事。」

「……。うん。」

「きっと大丈夫だから。」

「大丈夫?さっき兄貴にメールしたんだ。まだ意識が戻らないんだって。重傷なんだって。
今は集中治療室にいて、医者がつきっきりなんだって。まだ大丈夫じゃないんだよ!あやのは。」

興奮したみさおの声は、嫌悪に響いた。

「わ、悪かったわよ……。学校が終わったら病院に行こ?」

「柊も付いて来てくれるのか?」

「当たり前よ!」

「ひいらぎいぃ……。」



 その日、みさおは部活をサボった。そしてかがみと共に病院へ向かう。
その途中、グラウンドの雪かきに追われる仲間がみさおを睨んだが、本人は気にしてはいられなかった。

 病院に着いた二人は受付係にあやのの病室を聞いた。
すでに集中治療室から、一般の病室に移されているらしい。

二人は聞いた番号の部屋を探し当て、ノックをし、そしてゆっくりと中へと入った。

「あやの!」

あやのはベットで眠っている。みさおは駆け出した。

部屋の中にはみさおの兄と、あやのの母親がいた。
みさおの兄は大学を休んでいた。
彼は大学を皆勤で通していたため、少し休んだ程度では単位に影響はない。

彼は、あやのは峠を越えた、言う。
しかし、これから目が覚めるかどうかはまだ分からない、あやの次第、とも言う。

みさおは落胆した。
部屋を移ったと受付係に聞いた時、あやのと話せるくらいはできるだろうと、期待していた。
しかしその期待は砕けた。

結局、何もする事は無く、二人は虚しく帰るだけだった。

 かがみと別れたみさおは、今朝、あやのの倒れていた公園に寄り道をした。
あやのが倒れていたところには、すでに血液の跡は無かった。
まだあったらどうしよう、と思っていたが、白い雪を見て安心した。

あやのは何故、こんな公園にやって来たのか。そして何故、慌てて走ったのか。

その答えは直ぐにわかった。

大きな雪だるまが一つ、木の陰で切なそうに、たたずんでいた。

胴体から生える、木の枝で作られた腕の先に、あやのが普段使っていた手袋が付いていた。
みさおは、なるほどと思った。
何故なら雪だるまの首には、みさおの兄のマフラーが付いていたからだ。そして、頭が半分に割れていた。

みさおの兄が昨日の夜まで帰ってこなかった原因。
その時、あやのとみさおの兄がこの雪だるまを作っていた事。
そして今朝、あやのが雪だるまの頭を慌てて直そうとした事。

その三つの事柄を、この雪だるまが語っていた。

頭の割れた雪だるまは、頭を打ったあやのを連想させた。
みさおは慌てて雪を集めると、それを割れた頭に詰め込んだ。
それから、この雪だるまを作っているあやのの姿を思い浮かべながら、ギュッギュッと押し込んだ。
少々不恰好だが、これなら十分に雪だるまに見える。

しばらく雪だるまをながめていたみさおだが、さ、帰るかな、と区切りを付けて家路についた。



 次の日の朝、みさおが学校へ行くため玄関を開くと、何かがあるのに気が付いた。
まだ雪の残る正面の門。
その門のすぐ下に、黄緑色をした小さくてコロコロした物が置いてあるのだ。
よく見てみると、それは蕗の薹(ふきのとう)であった。

しかしみさおは気にすることは無かった。

学校が終わり、今日もみさおは部活を休んで、かがみと共にあやのの病院へ行く。

「それでこなたったらさぁ、台風一過って何?て聞くのよ~。」

「へぇ。」

「……。ねえ、日下部……。さっきからずっとその調子じゃない。」

「んあ?」

「なんて言うか、ちょっと顔が怖いわよ。」

昨日の事もあって、かがみは慎重にみさおに尋ねた。

「そんなことねえよ……。ただ、あやのが頑張ってるって言うのに、親友の私が笑ってたらいけないような気がしてさ……。」

「ん……。」

かがみは何を言えばいいのかわからなった。
みさおの言うことに全く気づかずに、今まで過ごしていた事を恥じた。

「別に、柊が気にする事じゃねえよ。私が一人で勝手にやってることだし。」

その日もあやのに変化は無かった……。

みさおの兄は今日も大学を休んでいる。
みさおも学校を休んででもあやのに付き添いたいと言ったが、兄とあやのの母が断固拒否した。
私たちがいるから大丈夫だと言い張るのだ。
みさおは不公平だと思ったが、それ以降の言及は避けた。



 しばらくは、この様な日々が続いた。
その間、みさおは一切笑わなかった。それをかがみは不安に思っていた。
もしも、本当にもしもあやのに何かあったら、みさおは本当に笑わなくなってしまうのか、と。

かがみに出来ることは、ただ、みさおを励ますのみだった。

みさおは毎日公園に来ては、溶けていく雪だるまに雪を付けて、少しでも長持ちさせようと努力していた。
みさおにとって、この雪だるまはあやのの分身である。
だからこの雪だるまを守ることこそ、あやのにしてやれる唯一の努力だと思っていた。

しかし雪は日に日に減って行った。


 その日の朝も蕗の薹が門に置かれていた。しかしみさおは特に何もしなかった。
門の脇には今までに置かれた蕗の薹がいくつも転がっていた。

これで六つ目になる。

誰が何の目的で置いていっているのかはわからない。しかし、毎朝必ずここに置かれているのだ。
それでもみさおは拾わない。
単なる子供の悪戯かもしれないし、どうしていいのかもわからなかったのだ。

一日一本ずつ増える蕗の薹。
初めの頃に置かれた蕗の薹など、少し茶色く変色し始めていた。

もう雪は無かった。
雪だるまは既に、元の大きさの三分の一程度しかなく、溶けきるのは時間の問題だった。

公園の雪だるまを一瞥すると、今日もみさおは一人、学校へ向かった。



 その日は今までに無いくらいの快晴だった。気温は春を感じさせるほど高く、今年一番の暖かさだった。
皆はこの春日和を心から喜んだ。
それは柊つかさなど、社会の授業中でも熟睡できるほどだった。

しかしみさおにとっては、不安な日でしかなかった。

「ごめん、柊。私、早退するわっ!」

「はあ?ちょっと、待ちなさいよ!?」

みさおは昼休みに、思い切って学校を抜け出すことにした。
陸上部の足で駅に駆け込むみさお。幸いにも電車はすぐにプラットホームに滑り込んだ。

電車からバスに、みさおは順調に公園に近づいている。
そして公園に入った。

そこに、雪だるまは、無かった。

みさおは唖然とした。
水溜りに浸かった、びしょびしょに濡れた兄のマフラーとあやのの手袋が、そこに雪だるまがあった事を物語っていた。

みさおの携帯が震えている。着信だ。

しかしみさおはそれに出ようとは思わなかった。
誰からどんな用件かは知らないが、もし、これがあやののいる病院からだったらと思うと、怖くて仕方がなかった。

もう二度と笑うことは無いかもしれない、とみさおは自分でそう思った。

みさおは帰宅した。

「あら、今日は早いじゃない。何かあったの?」

「……。」

みさおは何も答えたくはないと思った。黙ったまま自分の部屋に入った。

「みさお?ちょっと、みさおー!」

そして布団の中に潜る。また携帯が震えだす。
その音が脅迫のように聞こえて、それがあまりに怖く、みさおは布団の中で震えていた。

音はピタリと止んだ。

しかしホッとしたのも束の間。今度は家の電話がけたたましく鳴りだす。
スリーコール目で、母親が電話に出た。

そして、自分の部屋に向かって母親の足音が近づいてくる。

みさおの震えはとまらない。もう、ダメだと思った。

「みさお?柊ちゃんから電話よ。」

その名前を聞くと黙って扉を開け、母親から電話を奪い取ると、乱暴に扉を閉めた。

「柊?」

「日下部?まったく何処に行ってんのよ!急に出て行くから、心配して追いかけたのよ。」

「みゅ~、ごめん。」

「あんたが病院に行ったのかもって思って来てみたけど、いないんだもん。」

「病院にいるのか?あ、あやのは?あやのは大丈夫なのか!?」

「そうだったわ。そうよ、日下部。あやの、目が覚めたわよ。」

「目が覚めた!?本当か!?本当なのか!?」

「本当よ!今すぐ来なさいよ!」

「わ、分かった、直ぐに行く!」

みさおは病院まで自転車をとばした。
どうしても顔がにやける。みさおは久しぶりに笑ったと感じた。
よく晴れ渡った気持ちのいい天気。

少し前までこの天気を憎んでいたが、今では最高に気持ちがいい。

病院に自転車を停めると、開ききっていない自動ドアの隙間から強引に病院に入る。
エレベーターを待つ時間すら惜しい。みさおは階段を駆け上った。

「あやの!」

「みさちゃん?」

「やっと来たわね。」

かがみは久しぶりに笑顔のみさおを目撃した。
よかった。もう何も心配しなくてもいい。
かがみは心から安堵した。

「大丈夫なのか?」

「うん。ちょっとボーっとするんだけどね。」

「よかったー……。」

「みさちゃんが助けてくれたんでしょう?ありがとう。
お母さんが言ってたよ。みさちゃんが私を見つけてくれなきゃ、危なかったんだって。」

「みゅ~。別に良いんだぜ~。」

「そうだ……。あのね。私、夢を見たの。
とっても暗い所でね、みさちゃんや柊ちゃんや、あと、みさちゃんのお兄ちゃん達、いろんな人たちの声がするの。
みんな、私を必死で呼んでる。だけど、私には何処から聞こえてるのかわからなった。そこにね、雪だるまが現れたの。
あ、その雪だるまって言うのは、私が倒れる前の日に。」

「兄貴と一緒に作ったんだろ?」

「え?知ってたの?」

「まあな。でも今日、溶けちゃったけどな……。」

「そっか……。」

「どうしたんだよー。」

「雪だるまがね、私を案内するの。こっちだよって……。雪だるまは最初は頭が割れてたんだけど、いつの間にか直ってて……。
それからズーっと雪だるまに付いて行くと、白い穴が見えてきて。それで気が付くと目が覚めてたんだよ。」

「へえ。変な夢だな!」

あやのの精密検査をする必要があるとの事で、すぐにあやの以外の全員は部屋を出た。

みさおは泣いていた。
誰にも見られないトイレの中で、わんわんと。不安から開放された瞬間だった。
今まで我慢していたらしい。止まらなかった。

 次の日、いつもの様に家を出る。

みさおは門の所に目をやった。七つ目の蕗の薹は置かれていなかった。
この蕗の薹が誰からの贈り物なのか、みさおはなんとなく分かっていた。
多分、もう蕗の薹が置かれることは無いだろう。

みさおはこの時初めて、蕗の薹を受け取ることにした。

「今日は天ぷらにするか。」

春の様に日差しの強い朝、みさおは元気良く学校へ向かった。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。