ID:YvxQMUbnO氏:ドリームクラッシャーみゆき

第一話 説明お姉さんの恐怖

民家にて……

子供「ねぇねぇ!今日はサンタさんが来る日だよね!?」
父「Yes!hinamizawa、でも良い子にしてないと来ないかもよ~?」
子供「僕良い子にしてる~!!」
父「はっはっはっ」

ドギャバキーン!!←壁を突き破る音

父「何だ!?」
みゆき「そんな良い子には、素晴らしいことを教えてあげましょう☆」
子供「わーい、何ー?」

みゆき「サンタクロースというのは、あーだこーだぺらぺらかくかくしーかじか!!」
父「や、やめろ!」

みゆき「つまり、正体はこの家のお父さんの事ですね☆」
子供「そう、だったんだ……サンタさんは…いないんだ……」

父「おのれぇ、誰だお前は!?」

みゆき「子供の夢を粉砕する女、ドリームクラッシャーマッ!!」

ジャンジャジャージャ、ジャジャ!

みゆき「では、ごきげんよう」シュタ


子供「サンタさんはいないサンタさんはいないブツブツ……」
父「ちっくしょーい!!」


第二話 ヒーローを粉砕する女

デパートの屋上にて……

司会「キャー、このままじゃ悪い怪獣に食べられちゃう!みんなー!大きな声で呼ぼう!!せーの!!」

「「「「アソパソマソー!!」」」」

アソパソマソ「死ねよおめーら」

司会「アソパソマソに怪獣をやっつけてもらおうか!!」

「「「「おー!!」」」」

ヒューン ズン!!←空から何か落ちて来た音

司会「なんでぃすか!?」

みゆき「うふふ、皆さんに良い事を教えてあげますね☆」

アソパソマソ「邪魔すんじゃねーよ、おめー」
子供達「へ!誰だか知らないがアソパソマソ!そいつもやっつけてよ!」
アソパソマソ「おk」

みゆき「知っていますか?あれは着ぐるみといって、中に人が入っているのです」

アソパソマソ「ちょ、おま!」
司会「困りますよ!!」

子供達「意味☆不明。アソパソマソはアソパソマソだよ?」

みゆき「では真実を教えて差し上げましょう、透視メガーネ!」ピカー

アソパソマソ「のわっ!?」
アソパソマソの着ぐるみが透けてオッサンが現れた。

子供達(゚Д゚)
司会(゚Д゚)

アソパソマソ「おのれ!誰だお前は!?」

みゆき「子供達の憧れをぶち壊す女、ドリームクラッシャーマッ!」
ジャンジャジャージャ、ジャジャ!
みゆき「それでは、ごきげんよう☆」シュタ

アソパソマソ「ちくしょう!」


第三話 みゆき危機一髪

教室にて……

こなた「ねぇ、知ってる?最近子供の夢を壊す変な女の話し」
つかさ「あぁー、知ってるよ~。ドリームクラッシャーだっけ?今朝新聞に載ってたね~」
かがみ「なんか見た目がピンクワカメって書いてあったけど」
みゆき「酷いですね、子供の夢を壊すなんて……」

こなつかかが「ピンクワカメ……」

みゆき「どうしたんですか、皆さん?」

こなた「いや、別に……」
みゆき「まさか、私を疑ってらっしゃるのですか……?」ウルッ

かがみ「そ、そんなわけないでしょ!」
つかさ「そ、そーだよ!ゆきちゃんがそんな事するはずないよ!!」

みゆき「ですよねー☆」

みゆき(ふぅ、危ないところでした……)


最終回 さらばみゆき!ドリームクラッシャー暁に死す

子供「オレ大きくなったら鯨になるんだぜ!」 
子供Ω「は?オレがなるんだし^^お前は蟻だし^^」 
子供「なにをー!!」 
大人「仲良く二人でなればおk」

ダダダダダダダ←走る音

みゆき「夢の話しですか?子供内だけですよ、そのような事を……」 
警察「確保ぉー!!」

みゆき「え!?きゃ!!」 
警察「まんまと罠に掛かりやがって!へっへー!」

――翌日

こなた「まさか、みゆきさんが犯人だったなんて……」 
つかさ「死刑判決出たんでしょ…?」 
かがみ「あれだけの事をしたんだもんね……」

こなた「まぁ、その…なんだ」 
つかさ「うん、そだね…」 
かがみ「あれね…」

こなつかかが「どん☆まい」
        完

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。