ID:SAQaZkkRO氏:ずっとつかさのターン!!

つかさ「ねぇ、こなちゃん」

こなた「何つかさ?」

つかさ「~やおい~って何かな?」

こなた「あぁ、それはね…」

や…八た烏!?
お…お前それは禁止カードだろ!?
い…いれちゃらめぇぇぇ!!

こなた「って意味だよ」

つかさ「そっかぁ、良かったね☆」

こなた「え……」

かがみ(ふーん、やおいってそーゆー意味だったんだ…)

その夜…

つかさ「お姉ちゃんデュエルしよー♪」
かがみ「良いわよ♪」

デュエル!!

つかさ「私のターン、ドロー!伏せカードを二枚伏せてターンエンド」
かがみ「(つかさの奴、怪物[モンスター]が出なかったのかしら?攻撃するなら今のうちね)私のターン、ドロー!」

つかさ「この瞬間、罠カード発動!はたき落とし!」
かがみ「え!?」

つかさ「お姉ちゃんは、今引いたカードを墓地に捨てるんだよ」
かがみ「分かってるわよ…」

かがみ(高レベルの怪物カードか、今の私には必要ないカードね)
つかさ「お姉ちゃんごめんね」

かがみ「ならこっちも行かせてもらうわ!速攻魔法サイクロン発動!あんたのもう一つの伏せカードを破壊!」
つかさ「そうはさせないよー、罠カード発動!和睦の使者、これでこのターン私はダメージを受けなくて済むね」

かがみ「う…、サイクロンが無駄になっちゃったわ…。なら魔法カード、強欲な壷を発動。カードを二枚ドローするわね」
つかさ「ふぅ~ん」

かがみ→手札6枚に

かがみ「私は怪物を裏守備で召喚し、伏せカードを一枚伏せてターンエンドよ」
かがみ→手札四枚に

つかさ「私のターンだね、ドロー!ふぅん」
かがみ「何よ(強い怪物でも引いたのかしら?でも私の伏せたカードは落とし穴、何も心配はいらないわ)」

つかさ「行くよお姉ちゃん♪魔法カード発動、強引な番兵」
かがみ「え!?」

つかさ「お姉ちゃんの手札を一枚捨てさせてもらうよ、ん~と、じゃあこれね♪」
かがみ「くっ…」

かがみ→手札三枚に

つかさ「まだまだ行くよ♪魔法カード、悪戯好きな双子悪魔発動!」
かがみ「また手札破壊カード!?」

つかさ「1000ライフ払い効果発動!お姉ちゃんの手札を二枚捨てるよ。じゃあこれ、後一枚はお姉ちゃんが決めてね♪」
かがみ「や…、やるわねつかさ……」

かがみ→手札一枚に
つかさ→ライフ残り3000

つかさ「お姉ちゃんの手札一枚になっちゃったね」
かがみ「う……」

つかさ「魔法カード発動!抹殺の使徒!お姉ちゃんの場(フィールド)の怪物を除外するね」
かがみ「今度は場を破壊!?まさか…!」

つかさ「うん、その伏せカードも破壊させてもらうよ。魔法カード、大嵐発動!」
かがみ「う…、まずいわね、場ががら空きだわ……」
つかさ「私も手札が一枚になっちゃったよ☆」
かがみ「まさかそれが怪物だったり……」

つかさ「そうだよ」
かがみ「やられたわ……」

かがみ→手札一枚、ライフ4000

つかさ→手札一枚、ライフ3000

つかさ「お姉ちゃん」
かがみ「何?早く攻撃しなさいよ(次のターンで絶対逆転してやる)」

つかさ「私の勝ちだよ」
かがみ「はぁ?(いくらなんでもレベル4以下の怪物で私のライフは全部削れるわけ…)」

つかさ「八汰烏召喚!」
かがみ「な…!?ちょっとそれは~やおい~じゃないの!?」

つかさ「へ?」
かがみ「だからそれは~やおい~だって…」

つかさ「あはは、バルス~☆」
かがみ「え?」

つかさ「お姉ちゃんまでこなちゃんと同じ事いってるんだもん」
かがみ「ギクッ…」

つかさ「やおいはそういう意味じゃないんだよ、ゆきちゃんに聞いたんだけど…」

や…山梨県
お…落ち梨県
い…意味梨県

つかさ「なんだって、こなちゃん何で私に嘘ついたんだろ?」
かがみ「そ、そうなの…(///)」

つかさ「それに禁止カードって言ったって、お姉ちゃんも使ったよ~」
かがみ「え?そうだっけ?」

つかさ「強欲な壷も今では禁止カードなんだって」
かがみ「そうなの?じゃあお互い様って事か」


つかさは禁止カードのオンパレードだけどね


つかさ「どうするお姉ちゃん?ギブアップする?」
かがみ「するわけないでしょ!最後まで戦うわ」

つかさ「そっかぁ、良かったね☆八汰烏で直接攻撃!」
八汰烏「ぃよっしゃあぁぁ!!」
かがみ「くっ」

かがみ→ライフ残り3800

つかさ「八汰烏はエンドフェイズに手札に戻って来るんだよ☆ターンエンド」

かがみ「私のターン、ド…っと、八汰烏の効果でドローは出来ないんだったわね…」
つかさ「お姉ちゃん、その残りの一枚でどうやって勝つのかな?」

かがみ「(このカードはまだ使えないわね、つかさが覚えてるかもしれないから…)ターンエンドよ」
つかさ「あれぇ、エンドなの?バルス~☆私のターン!」

かがみ(それにしても今日のつかさ、様子が少し変ね……)

あれから数分が経った…

かがみ→ライフ1200
つかさ→ライフ3000

つかさ「お姉ちゃん、いい加減諦めてよ~」
かがみ「(後少しだけ…、何か話を反らさないと)そういえばつかさ、その首に下げてるのは何?」

つかさ「え?これ?良く分かんないけど、これ付けてると力が湧いてくるんだ☆なんか強気になれるんだよ」

かがみ「(つかさがおかしい理由は恐らくあのアクセサリーが原因ね
   ならここで私が負けたらつかさはどんどん性格がアレな方向へ向かってしまうわ!
   どこの誰がつかさに渡したのか知らないけど、そうはさせないわよ!)」

つかさ「さ、お姉ちゃんのターンだよ」
かがみ「(そろそろ大丈夫よね!)私のターン!つかさ、勝負よ!!」

つかさ「え?」
かがみ「魔法カード発動!クイズ!」

つかさ「クイズ?」
かがみ「そう、クイズよ」

かがみ「このカードは相手が私の墓地の一番下の怪物名を当てるカード、当てた場合は何も起きないけど、外れた場合はその怪物を私の場に特殊召喚でき…」

つかさ「あぁ、知ってるよ。ブルーアイズホワイトドラゴンでしょ?最初にはたき落としで捨てたカードだもんね」
かがみ「え゙…!?」

つかさ「確認するね、ほらやっぱりブルーアイズだよ☆」
かがみ「つかさ……」

つかさ「何?」
かがみ「負けました…」

つかさ「よろしい」


こうしてつかさは今日も更に黒くなって行くのでした☆
     完
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。