「そして、終わらない明日へ」:PnEjViAbO氏

スランプだ。あともう少しで仕上がるというのに、最後のセリフが浮かばない。

彼女は今をときめく超売れっ子作家。デビューしてから15年は経つが、未だ人気は衰えていない。

「はぁ………」

物語はクライマックス、もう少しで完成するのだが、どうしても最後のセリフが思い浮かばない。

「……よし……」

彼女は椅子から立ち上がると、仏壇にある旧友の写真にほほえみ、ジャケットを羽織ると外へと消えていった。







「……4年ぶりかな……」

彼女はスランプになると、いつもその高校に訪れていた。
かつての自分の経験から、話の先を導きだすために。

時刻は4時、授業は終わっていて、中から聞こえるのは部活で汗を流す後輩達の声が中心だった。

「変わってないな……」

彼女は校庭を見回しながら歩いていく。かつての仲間達との生活を思い出しながら。

職員室に行き、来校の報告をする。校内を歩き回っても良いと、彼女の元担任が許可を出した。
『まだ教師でいられたんですね』と彼女が問いかけて激昂したのは、まあどうでもいい話だが……






通い慣れた廊下、彼女の頭に思い出がよぎる。
級友との別れを悲しんでいたあの日から、少しだけ強くなれた、そう感じた。
やってきた場所は3―Bの教室。彼女もかつて、仲間と過ごした場所だ。
中には一人、ノートと格闘している少女がいたが、気にせず教室のドアを開けた。

「あれ? おばさん!!」「まといちゃん、久しぶりだね」

中にいたのは級友の娘、まといであった。薄紫色の長い髪をポニーテールにしている。
彼女がこの『陵桜高校』に来たもうひとつの理由は、まといに会うためだった。

「すっかり大きくなったね」
「最後におばさんと会ってから6年だもん、そりゃ大きくなるよ!」

彼女は小さく笑うと、憂いを含んだ瞳で教室を見回した。

「……おばさん?」
「あ、いや。昔を思い出してたんだ……」
「あ、そっか。おばさん達の教室、ここだったもんね」

おばさん、そう言われると、やはり自分は年をとったのだなと暗い気持ちになった。
同時に、あの出来事も、夢などではなかったのだな、と痛感した。

「……まといちゃん」
「なぁに?」

一呼吸置き、彼女は続けた。

「死ぬ前に、自分にとって大切な人に一言だけ言えるなら、まといちゃんはなんて言う?」
「え? う~ん、そうだなぁ……」

彼女は唇に手を当てて天井を仰いだ後、

「“私が死んでも悲しまないで。”かな?」
「どうして?」

彼女が聞くと、まといは恥ずかしそうに頬を掻きながらこう続けた。

「う~んと……だって、大切に想っている人でしょ? そんな人が悲しんでる姿、見たくないもの。」

まといの顔が笑顔に変わる。その笑顔は、かつての級友のように見えて……

その瞬間、彼女が求めていた言葉がうかんだ。

「まといちゃん、ありがとう!」
「ああ、おばさん!?」

彼女は走る。このお宝を、忘れてしまう前に書き記さなければ……!

「……友達からサイン頼まれてたのに……」





「あ、お母さん。お帰りなさい」

先に帰ってきていたのか、彼女の娘が出迎える。
その声に軽く挨拶した後、直ぐ様書斎へと消えていった。


彼女は早速、原稿に取り掛かる。最後の数行を消し、新たな文字を刻み込んでいく。

『彼女の笑顔を最後に見たのはいつだっただろう、とても久しぶりな気がする。』

どんどん原稿の空白が埋まっていく。ここまでペンがはかどるのは久しぶりだ。

『「どれだけ嘆いても、時は終わらないって、教えてもらったからさ。だから……私はこれから精一杯、笑って過ごすよ」』

最後の一文。それを前に、彼女のペンが止まった。
ゆっくりと目を閉じ、ある人物の笑顔を思い出す。
目に溜まった涙を拭い、彼女は最後の仕事に取り掛かった。

『“そう、そうだよ。それでいいんだ。アンタ達に悲しい顔は似合わないよ。だから、笑っててね。これからもずっと、ずっと……”
 誰にも聞こえない、誰が聞くこともない声で呟き、彼女は陽炎のように虚空へと消えていった。』





後日、彼女の最新刊が発売された。

彼女はこれを最後に執筆活動をやめるという事もあり、瞬く間にベストセラーとなった。

不治の病に冒された主人公『柊かがみ』が、卒業旅行という名目で親友四人と妹の六人で旅行に行く。無論、病のことは秘密で。
たくさんの観光スポットを廻り、たくさんの思い出を作った帰り、かがみは全てを友人に打ち明け、倒れた。
そのまま意識を取り戻すこともなく、彼女は亡くなってしまう。
それを嘆いた友人『泉こなた』は、自殺を試みる。
生死の境を彷徨うこなたの前に現れたのは柊かがみその人だった。
彼女は伝える。『生きて』と、『私の分まで、生きのびて』と。
彼女の願いを聞き入れ、こなたは元の世界へと戻って行く、彼女にとって最初で最後の『ノンフィクション』作品。

彼女はあとがきにこう記していた

『タイトルの理由、それは最後の私自身のセリフもありますが、もうひとつ別に理由があります。
 私は小説の続きが浮かばなくなった時、陵桜高校に足を運ぶんです。
 かつての経験を思い出して、小説に反映させるために。時間旅行と、私は呼んでいました。
 恐らく、それも今回で最後……。だから私は、このタイトルを付けたんです。
 過去は、どれだけ想っても変わらないのだから……。

 『忘れえぬ思い出を胸に ~さよなら、過去への時間旅行~』いかがでしたか?
 皆様とまたお会いする事があると信じ、あとがきとさせていただきます。

            柊こなた 改め 泉こなた』

書店に置いてある一冊の本。その本を手に取り、一人の女性がパラパラとめくる。
読んでいる本は、彼女と、彼女の妹と、彼女の親友、合計六人の物語。
物語の最後のページで、彼女の手が止まる。

“私の声……ちゃんと届いたんだね……”

彼女は本を置くと小さく微笑み、陽炎のように虚空へと消えていった。



~Fin~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。