ID:fhaEXe0r0氏:終末の果て

一日目

ゆたか「突然人が来なくなった……。」

こなた「ゆーちゃん、大変だよっ!人類が滅びたよ。」

ゆたか「あ~~、どおりで人が来ないわけだね。」

こなた「そゆこと。さて、二人で保守しようか。」

ゆたか「うん。」

――――――――――――――――――――――――――――――――

二日目

こなた「人類が滅んで一日たつね。」

ゆたか「そうだね。お姉ちゃん、お腹すいたよぉ。」

こなた「じゃ~~ん、コンビニからいろいろ持ってきたよ!」

ゆたか「うわ~、さすがお姉ちゃん!」

こなた「さ、保守しよ!」

ゆたか「うんっ」

――――――――――――――――――――――――――――――――

三日目

ゆたか「人類が滅んで今日で三日目かぁ。」

こなた「大変だ、コンビニの食料が賞味期限切ればっかりだ。」

ゆたか「えぇぇ、どうしようお姉ちゃん!」

こなた「ちょっと、近くの畑から野菜を探してくるよ。肉は冷凍があるから大丈夫!」

ゆたか「ほ、良かった~。」

こなた「さ、今日もいっぱい保守しよ!」

ゆたか「うん!」

――――――――――――――――――――――――――――――――

四日目


ゆたか「今日で人類が滅んで四日目~~♪さぁ、保守保守……、て、あ、あれ~~!?」

こなた「な、なに?どうしたのゆーちゃん!?」

ゆたか「お、お姉ちゃあん……。保守しようと思ったら落ちてるよぉ……。」

こなた「あ~、ゆーちゃん。VIPはスレが立ってから三日すると自然に落ちちゃうんだよ。」

ゆたか「そ、そんなぁ……。お姉ちゃん……。」

こなた「大丈夫だよ!新しいスレを立てよう!スレタイは『こなた、ゆたかの保守専用スレ』……と。」

ゆたか「うわ~~、ありがとうお姉ちゃん!」

こなた「いやいや~。さっ、最初の保守を任せたよ!」

ゆたか「うん!」

――――――――――――――――――――――――――――――――

五日目


ゆたか「今日で人類滅亡五日目だよ。」

こなた「もう五日になるのか。車が通らないから空気がきれいだね。」

ゆたか「あ、お姉ちゃん。天の川が見えるよ。きれいだなぁ……。始めて見るよ……。」

こなた「星がいっぱいだ……。」

ゆたか「保守専用スレにも☆がいっぱいだよ~。」

こなた「うわおっ。☆じゃなくても、小説とかで保守出来るんだよ?」

ゆたか「そ、そうだね。次からそうする~」

こなた「さて、張り切って保守するよっ!」

ゆたか「うん!」

――――――――――――――――――――――――――――――――

六日目

こなた「むしゃむしゃむしゃ……。」

ゆたか「もぐもぐもぐ……。」

こなた「ゆーちゃん、お茶入れる?」

ゆたか「あ、うん。」

こなた「はい、どうぞぉ。」

ゆたか「ありがとう、お姉ちゃん。ところでこのお肉って何?すごくあっさりしてる。」

こなた「これはカエルだよ。そっちはカラス。冷凍肉は保存用だよ。」

ゆたか「なるほどねぇ。うん、ご馳走様~!」

こなた「ご馳走様。さて、保守しようか。」

ゆたか「今日はね小説を書くんだよ~!」

こなた「いいねっ、じゃあがんばろう!」

ゆたか「うん!」

――――――――――――――――――――――――――――――――

七日目

ゆたか「これでバルサミコ酢な旅行は終わるのだった。おしまい。
ふー、出来た。久しぶりに長い小説かいちゃった。さて、投稿………。」

こなた「お、やってるやってる。」

ゆたか「これで投稿おわり。出来た~!あ、お姉ちゃん、見て小説が出来たよ。」

こなた「おぉ、どれどれ……。んむむ?」

ゆたか「どうしたの?え、落ちてる?」

こなた「うーん、確か立ててから三日たつからねぇ。」

ゆたか「るー……。」

ポム=З

――――――――――――――――――――――――――――――――

八日目

こなた「ゆーちゃん、ゆーちゃんっ」
ゆたか「え?なあにお姉ちゃん」
こなた「これからはパー速スレに立てようよ。1000レスになるまでずっと落ちないスレだよ」
ゆたか「すご~い。あれ?でも私たちが保守しなくてもいいって事?」
こなた「そうなるね~」
ゆたか「私いやだ!保守するのが楽しいんだもん!保守しなくていいなんて、そんなのそんなの……」
こなた「え?ゆ、ゆーちゃん……?」
ゆたか「みんなはいなくなっちゃったけど、私たちだけは保守をしてスレを守る事って、これが私たちの使命なんじゃないの?」
こなた「……」
ゆたか「それなのに、それなのに……」
こなた「ゆーちゃん、それは違うよ!」
ゆたか「え?」
こなた「私たちが本当にしなくちゃいけない事は、みんなの魂をいつまでも守ること。保守できなくたって魂さえ失わなければいいんだよ。
本当に重要なのはみんなが書こうとしてきた心を動かすSSを、代わりに書き続けることなんじゃないかな」
ゆたか「それじゃあ、私たちが今までやってきたことって……」
こなた「SSをもっと書こうよ!幸いスレは落ちなんだから、今までよりもたくさん書けるはずだよね?」
ゆたか「それもそっかぁ~」
こなた「そうそう。さ、張り切ってSS書こう!」
ゆたか「うん!」

――――――――――――――――――――――――――――――――
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。