ID:ojEfPdyx0氏:ゆたかinわんだ~らんど

朝起きたら、そこは不思議な世界でした。
魚が空を飛び、小鳥が海を泳いでいる、時計だって逆回り、そんな世界です。
草むらの中で、寝惚け眼の私に声がかけられました。
「ほら!遅れちゃうわよ!早く起きて!…ああ!こなたんとのランデブーが!」
巫女服に身を包んだうさぎさんでした。
「え…遅れるって」
「ほら!早く!早く!」
「あっ、あの」
言葉より先に手が動く、まさにそれで、うさぎさんは私の手を掴んで走り出してしまいました。
「ど、どこへ行くんですか!?」
「聖地よ!聖地!」
聖地…わかりません。
今迄晴れていた空に、突然雲がかかってきました。まるで嵐でも来そうな…
ついに空が鳴り出しました。雷です。
「きゃっ!?」
雷は苦手です。足がすくんでしゃがみこんでしまいました。
「ちょっと、大丈夫?」
なかなかやんでくれません。
「す、すいません…」
うさぎさんが手をかけてくれたその時、どこからか声が聞こえてきました。
「ゆたかさんをみwiki空間に引きずり込めー!!」
空です。空に何か得体の知れない顔?が浮かんでいます。
「あ、やばいわ」
うさぎさんが叫びます。でも、どうしようもなくて…
天と地が逆転してる?私の体がぐるぐる回ってる?
「きゃ!?」  


どこか別の場所に私はいました。うさぎさんはいません。
「ここ…どこ?」
不安がる私の前に、立て看板がありました。
『保守はじめました。みwiki空間は光と熱の渦巻く楽しい空間です。あなたに安らぎの一時を』
みwiki空間、今流行りのリラクゼーション空間?なのかな?
やっぱりうさぎさんは見当たりません。
とぼとぼ歩いていると、遊園地みたいな物が見付かりました。
魚頭の人や下半身が蛸みたいな人、色々な人が楽しそうに遊んでいます。
「わぁ!」
私も遊びたい、そう思って大好きなメリーゴーランドへ向かいました。
並んで待っていると、馬に乗ったリボンの子と目があってしまいました。
その子の手には、何故かモザイクがかけられていました。
最近事件があったので、多分自粛なんだと思います。あ、危ないよ…。あ、降りて来ました。
「あはははは、あなたも倒しにいくの?」
「倒し…何をですか?」
「あれ?違うの?これでね?えい!てりゃ!って。えへへへへ」
ぎらつくそれを女の子は振り回します。
「あ、危ないですよ~」
「大丈夫だよ♪私の制御はかんぺk…あ…」
魚の頭が空を飛びました。
「えへへへへ…失敗失敗♪」
どこからか刺身!だとか寿司!だとか、そんな声が聞こえてきます。
「まぁ、色々あるよ。色々ね。でもそんなの(ry 大丈夫大丈夫♪」
大丈夫…
「あ…大丈夫じゃないかも…」
女の子は赤くてモザイクのかかったそれを私に手渡すと、一目散に逃げてしまいました。
「あ、あの…」
「逮捕だ!」 
え!?
振り向くと、眼鏡をかけた女の人が立っていました。
なめんなよ!と書かれた免許証?を私に見せ、私をじろじろ見ています。
「あなた、やったわね」
やった…
「ち、違います!これはさっき渡されて!」
「こんな小さな子が…お姉さんびっくりだ!でもダメ!捕縛!」
その人の腕に巻かれた鎖が、蛇の様に私を絡めます。
「星雲鎖からは逃げられないわよ!」
捕まってしまいました。これから私、どうなってしまうのでしょうか?
女の人に連れられて、私は高級住宅街らしき所を進みます。
目的地はそこの一角にありました。大きな家…
家の中はとても広くて、どこかで見た事のある部屋に案内されてしまいました。
これは…そうだ、テレビで見た事ある!裁判所だ!
「裁きを申し渡します!小早川ゆたか被告、懲役6ヶ月!」
え!?いきなり!?まだ何も…そもそも私、何もしてないのに…冤罪、冤罪ですよ~!
「…そうはさせない…」
扉がばたんと開くと、女の子が立っていました。あれ?あの子、もしかして…
「…ゆたかは私が…護る…」
女の子はマントを翻し、私の元へやってきました。
「…もう大丈夫だから…ゆたか…」
「ぐはっ!?きたっス!きたっスよー!百合!百合!」
「オウ!ジャパニーズオヤクソクネ!」
傍聴席から声が聞こえます。
「ゆきちゃん…みつけた…みつけたよ」
また扉から人が入って来ました。さっきのリボンの女の子です。
体中を真っ赤にして、さっきより大きなモザイクを持っています。
「…ゆたか…ここにいちゃ…駄目だ…」
あ、目の前が真っ暗になって、周りから叫び声、悲鳴の様なものが聞こえてきます。
マントが壁になって何も見えません。ホラー映画でも始まったのかな?   
「…行こう…ゆたか…」
え?わ?その人に抱き抱えられて?視界がはっきりする頃には、家の外にいました。
家の中ならはまだ悲鳴が聞こえてきます。よっぽど怖いんだ…
「…ゆたか…こっち…」
「あ、うん」
手招きされて、向かいの家に入ります。
あれ?あそこにいるの…
道端で、最初に出会ったうさぎさんを見つけました。
抱き枕をかかえてごろごろしているみたい。邪魔しちゃ悪いよね。
「お邪魔します」
女の子の部屋はどこか見覚えあって、なんだか居心地が良くて、急に眠気が…
私は…うとうとして…ベッドに…倒れ込んで………
「…ここは終着駅…そろそろ起きなきゃ…」
……ピピピピ!ピピピピ!
「…きて!…起きて!ゆーちゃん!」
はっ!?
「ゆーちゃん!遅れちゃうよ!?早く起きて!」
私の目の前には、青い髪のきつねさんがいました。
どこからか声が聞こえます。
「ミコ酢空間に引きずり込め~♪」
あれ?あれれれれ???
~ふしぎな旅はまだ続く~
(おわり)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。