「タイムリミットは24時間」 ID:FseqzYcIO氏

陵桜学園の文化祭は、ひとまず生徒公開は終了し、後は翌日の一般公開だけとなった。
いろいろトラブルはあったが何とかここまでやってきたと思う。
パティを皮切りに起きたチアダンスは、かがみを中心に成功と言える程までに上達し、わずか数日で生徒達に受ける程までになった。
が、ひよりははっとし、今まで頭の中で引っかかっていた事を思い出した。
「ある人を誘い忘れてたっす…!」
それは放課後での反省会の事だった。

「ほえ?」
「ひよりん、誰それ?」
つかさとこなたは首を傾げる。
「私の入ってる部活の唯一の部員でもあり、先輩でもある人っす。チアのメンバー探しの時に声を掛けようとしたんすけど、忘れちゃって…」
しかし全員、ピンと来なかった。
「できればその先輩とも一緒にやりたいな…」
「でも明日一般公開だよな…」
さすがに現時点で一人新入りを入れるのは無理な話である。ゆたかはみさおの一言で肩を落とした。
「ん~、でもさ、たまに物覚えが早い人っているよね~。できなくてもいいからさ、できる限りやってみようよ!最後の思い出に!」
こなたの発言に皆が考え込む。
「そうね…泣いても笑ってもこれで最後だもんね。あんたもいい事言うじゃない。」
「と言うわけでひよりん今からその人呼べる?」
「たぶん問題無いと思うっすけど…」
携帯を取り出し、電話をする。
理由を話し、用件を話すひより。それを見守るメンバー。
「じゃあ私の教室で…はい。はーい。…来れるみたいっすよ。」
「じゃあ計画を立てないとね。っと言っても練習の時間決めるだけだけどね…」
かがみも少ない時間でどうするか迷ってしまう。

数分後、こうが教室にやってきた。
「あーっ!」
しかし突如声を上げるこう。
「あの時はよくも捨てゲーしてくれたね…」
「へ?」
実はこうは既にこなたと面識はあった。が、当然のごとくこなたは顔も知らない。
「何のこと?」
「ゲーセンの格ゲーで何度も負けてリベンジしてたら突然いなくなって…」
「ああ~まさかあのお客さんか~。ごめんごめん。」
こなたが思い出したのはいいが、空気は次第に殺伐としていった。
「こうちゃん先輩…一応こなた先輩は3年生っすよ…?」
しかしこの一言が終止符を打つ事になる。
そして改めて自己紹介をお互いに済ませ、本題に入る。
「で、先ずは振り付けだけど…」
かがみがコツコツと教えていく。
曲を流し、一通り踊らせ、そして改善した方がいい所は皆で意見を出し直す。
時間は7時を切った。
ゆたかは体力的な問題と病弱という事もあり、途中で帰った。
全員汗だくである。

「今日はここまでね…でも、大体は出来たのはいいんだけど、まだ少し出来てない所があるのが惜しいのよね…」
「恐縮です…」
かがみとこうはため息をついた。
「でも私たちにとっては復習にはなった…かな…ね、ゆきちゃん。」
「そうですね。」
「デモどうしましょうカ…」
「…やっぱり…あれしかないか…」
「何か考えでもあるの?岩崎ちゃん。」
「朝練を…するしかないですよ…」
「そっか!朝早く来ればいいのか!いい考えだな!」
「そうね…そうするか。じゃあ7時に体育館でいい?」
「私は構いませんよ。先輩方よろしくお願いします。」
お辞儀をするこう。


「おはようございます。先輩方。」
「おはよ~こうちゃん。」
かがみの後ろではこなたとつかさが眠そうにしている。
「後ろの二人は一体…」
「ああー…気にしないで。無理矢理起こしただけよ。こなたん家まで行くの大変だったのよ。」
「朝からその努力…すごいですね…」
「柊は実はやる気が一番あるからな~」
「う、うるさい!ニヤニヤするな!」
「とりあえず始めようよ…柊ちゃん、みさちゃん。」
「そうね…」
「先輩!残り数時間ファイトっすよ!」
文化祭の一般公開は9時からである。
準備を考えると二時間も無い。
かがみ達は練習を始めた。

とりあえず最初だけ一人で踊ることになったこう。
「じゃあ…流して下さい。」
「はい。ではいきますよ。」
みゆきが再生ボタンを押す。

♪~

1年生と3年生に見守られる中、快調に踊り出すこう。

~♪

「すごいわね~!全部踊れてるじゃない!」
「お姉ちゃん、これなら本番に間に合うね~。」
「私でもあれほど覚えられなかったのを一夜で…むぅ…このスキルはすごいな…」
「ばっちりでしたよこうさん。」
「家で自主練をしてきました。頑張った甲斐があるというか何というか…」
無事に間違えず踊れたこうに拍手が起こった。
「じゃあ最後にみんなでやろっか。」
そして最後の合わせ練習を行った。
こうも自信がついたのか、大成功と言える出来である。
だが、一列目なので緊張はしているだろう。

「何かとても嬉しいです。こういうのに誘ってもらえて、こんな感じで踊り切れて。」
「ひよりんとゆたかに感謝デスヨ!ひよりんが思い出してくれなかったり、ゆたかが言ってくれなければ、こんな事は二度とありませんデシタ。」
「いや~もう少し早めに思い出せれば…恐縮っす。」
「私もこういう風に揃ってもらえてどてもうれしいですよ!」
「私らにとってはこれが思い出になるしな~。」
「そうだね。高校最後だもんね…。」
しんみりとする一同。
「そうだ…田村さん…チアの衣装…渡さないと。」
「おっと、そうだった。これをどうぞっす!先輩!」
チアの衣装を渡すひより。
「おー…これまた見る方が喜ぶような衣装…」
「そういうと思ったっす!」
「じゃあ準備しましょう?私たち一番初めだしね。」
周りを見ると、ちらほらと準備に追われてる生徒がいた。
こう達も準備の為、女子更衣室に向かった。

「人が昨日より沢山いるっすね~」
ステージ上。既に直立で待機している状態である。
降りている幕の隙間からちらちらと人が見える。
「き…緊張してきた…頑張ろうぜ、こうちゃん。」
「は…はい。日下部先輩。」
『あ~テステス。皆様、今日は陵桜学園文化祭にお越し頂きありがとうございます。本日の司会を勤めさせていただく、白石みのるです。よろしくお願いします。』
「そろそろよ。みんな頑張りましょう。」
かがみが最後の言葉を掛ける。
『では、まず初めの発表は、一年生のパトリシアさんが、仲のいい方を集めて結成したチアリーディングの発表です。では踊ってもらいましょう。『もってけ!セーラーふく!』です!』
幕が上がりはじめ、歓声と拍手の音が広がってゆく。
(がんばれ…私…)
こうは一発気合いを入れた。


タイムリミットは24時間
~完~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。