めか☆生体・紫狼

機体を薄紫色に施した柊かがみの専用機、ケーニッヒウルフ・TT。戦闘時、尾が2門の砲に変わる改造機だ。
新鋭の機狼は、静かに闇に潜み、時を待っていた。
時折センサーにかかるのは森の住民達。かがみの対峙すべき相手は、未だ影一つ現さないでいた。
暗視ゴーグルが絶え間なく状況を伝える。静寂、当たり前ながら、深夜の森は静まりかえっていた。
このルートには来ない、かがみは何度もそう思ったが、過去がその考えを容易く打ち消していく。
敵はいつ何時現れるかわからない。既に見破られている可能性すらあったのだ。
陣を敷いて半日、途切れぬ緊張、機体を隠す為、空調も最低限の働きしかしていない。
絶え間なく汗が額を流れ、インナーを濡らしていた。
「ここはサウナかっつーの!」
スーツをはたかせ、手ウチワで風を送る。
「早くきなさいよね…まったく、茹であがっちゃうわよ」
外に出て涼みたい、そんな気持ちを抑え、モニターを凝視する。定期的に時だけが過ぎていく。
ふとカメラが何かを捉えた。近付くにつれて演算機が答えを導きだしてくれる。
森に住むモノではない。モニターが出した答え、それはグスタフだった。
かがみの任務はこの地を行くグスタフの撃破と、積み荷の奪取。帝国の技術を得る事だった。
「来たわね…」
TTの由来、2門の砲がグスタフを狙う。
「いくわよ!」
爆煙を放ち、弾がグスタフの装甲を貫いた。
次弾、休む間もなく弾丸がグスタフを襲う。
屈強な装甲の持ち主も、集中砲火の前ではただの獲物でしかなかった。
接近すると、コクピットは砕け、そこは血の海だった。
「…あとは…」
コンテナに寄るウルフ。コンテナは無償であった。
「…これか」
ウルフのマシンアームがコンテナを開錠した、その時、
不意に天窓が開き、そこから何かが飛び出してきた

「えっ!?ちょ!?」
空を飛ぶ小型のゾイド、アタックゾイドだった。
「あ、あなた…」
それに乗っていたのはまだあどけない1人の少女。
「お…お姉ちゃん…共和国の人?」
ウルフの国章をみ、少女はおどおどと訪ねた。
「そう…だけど、あなたは?」
少女はひかげと名乗った。姉と共に帝国に拐われたのだと言う。
聞けば少女達の住む地区は非戦闘区域、言わば中立区とも言える場所だった。
「人拐い…穏やかじゃないわね…まあ、良いわ。あなたを保護するわね。それを後ろにのせて、あなたはこっちね」
コンテナには彼女達しかいなかった。話に聞く物はどこにも見当たらなかった。
「お姉ちゃん…」
「大丈夫よ。私達がなんとかしてあげるから」
しばらくモニターを確認するも、第2陣の来る様子はない。
「…(今ので逃げられたか?…別ルートには日下部達がいるけど…)」
「お姉ちゃん…」
「ん?あ、お腹すいてるよね。ゴメンね、今…」
振り向いてかがみは驚愕した。ひかげの体には無数の爆弾が巻かれていたのだ。
ひかげは泣いていた。泣いてかがみに銃を向けていた。
「ごめんね…ごめんね…ごめんなさい…ごめんなさい」
「ど、どういう…事よ…」
「これが…これが、私の…任務なの…」
「任務って…自爆する気?…あなた…まさか…」
「…ごめんなさい…ごめんなさい」
ふと、ひかげの指が動いた。と同時にかがみも素早く手を出した。
「あ…」
かがみの手刀がひかげの首を捉えていた。

「自爆テロ?…あいつら、こんな小さな子に何やらしてんのよ」
刺激せぬよう爆弾を一つ一つ取り除いていく。
芯管を抜き、次第に爆弾がただの火薬の集まりになっていく。
「これで良いわよね…。あ、まさか!?」
嫌な予感を覚え、かがみは勇み足にウルフの背中に回った。
固定されたそれに爆発物センサーを這わせると、反応した。1箇所ではない。
装甲の下、至るところにそれは設置されていた。
「ちょっと…えぐすぎるわよ…これ」
気の遠くなる様な作業だった。いつしか朝日が山から顔を覗かせていた。
「…基地に帰らないと」
再びウルフに乗り、始動させる。ひかげは寝息を立てていた。
「もう…そんな年で死なないでよ…」
「お姉ちゃん…お肉…またそんな本買って…zzz」
「お姉ちゃんは…本当にいるのか…」
基地に着いて早速声をかけてきたのはみさおだった。
「ひぃらぎぃ~、その娘、お前のアレか?」
と小指を立てる。見ればみさおの頭には包帯が巻かれていた。
「あんた、それ…」
「なはははは、コクピットの中でやりあっちゃってね。迂濶だったZE!」
けらけら笑うみさおの額は血でにじんでいた。
「その娘も?」「うん…お互い無事よ?」「そっか。それは何より」
気が重い。ひかげはずっとうつ向いたままだ。
「まぁ、戦争は私達の仕事だ。子供は無理すんな。んじゃ、私は整備があるから行くな」
本作戦でコマンドウルフ3機が大破し、同乗していたパイロットは皆死亡した。いずれも子供を助けた後の惨事であった。
結局帝国の技術で得るべきモノは何もなかった。
得たのは唯一つ、子供すら爆弾にしうる冷酷さだけ。
その日、かがみは珍しく枕を濡らしながら床についた。…(紫狼・完)…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。