ID:+bJExfX40氏:かがみ地獄変

かがみ「皆さん、お願いです!この子に、この子にほんの少しで良いんです!酢を分けてあげてください!お願いします!」
つかさ「お姉…ちゃん…もう…良いよ…もう…」
かがみ「つかさ!もう少しで治るんだよ!?頑張ろうよ!?つかさ!」
つかさ「お姉…ちゃん」
かがみ「大丈夫、すぐ治るから。ね?あ、ありがとうごさいます。あ、あ、あ、皆さんこんなに…ありがとう、ありがとうごさいます!」
つかさ「お姉…ちゃ…」
かがみ「ありがとうごさいます!ありがとうごさいます!つかさ!見てよ!こんなに貰えたよ?つかさ?」
つかさ「…」
かがみ「つか…さ?」
つかさ「…」 

かがみ「ほら、さっき貰った酢だよ?これ、飲んでさ…ほら、どお?美味しい?」
つかさ「…」
かがみ「ちゃんと…ちゃんと飲んでよぉ!!つかさ!!」
つかさ「…」
かがみ「目を開いてよ…、また『お姉ちゃん』て呼んでよ、つかさ!つかさ!死なないでよぉ…つかさぁ!!!」
お葬式変
かがみ「え?…これがつかさの骨なの?灰しか…灰しかないじゃない!?」
    そうだ、この灰を食べればつかさは生きられる、つかさは私の中で生きられるんだ」
一同「!?」
かがみ「はぐはぐはぐはぐ…あはははは、つかさ、これでいつでも一緒にいられるね!つかさ!はぐはぐはぐ」
みゆき「止めてください!かがみさん!そんな事しても(ry」
かがみ「美味しい…つかさ…美味しいよ…あはははは…あはははは」
 
みゆき「おはようごさいます…」 
こなた「ゆきさん、おはよう。どうだった?かがみの様子」
みゆき「…」
こなた「そっか…。かがみ、もう治らないのかな…」
みゆき「つかささんをなくした事実、死者は蘇らない、この事実をしっかり受け止めない限り、回復は…」
こなた「残酷だね」
みゆき「ええ、でも、現実を拒絶する限り、そこから先へは進めません」
こなた「そうだよね…、認めなくちゃ、ダメなんだよね」
みゆき「私も、認めたく、ありません。酷すぎです」
こなた「うん。私も、放課後行ってみるよ」
みゆき「はい。私もお供しますわ」
隔離病棟
こなた「また病室、移ったんだね」
みゆき「ガラス越しの接見なんて…」
こなた「かがみ、随分痩せたんだね。痩せすぎだよ。まるで別人」
みゆき「ああして、ずっとお人形で遊んでいるんです。恐らく、私達の事は認識してません」
こなた「…もう、忘れちゃったのかな、私達の事」
みゆき「…」
こなた「ご、ごめん。お手洗い、行ってくる」
みゆき「こなたさん…」
    
学校
こなた「ゆきさん、聞いた?かがみの事」 
みゆき「ええ、○×病院に移られるそうですね。あそこには腕の良い精神科医がいると聞きます」
こなた「それじゃあ!?」
みゆき「月一通える距離じゃなくなりましたが、希望は持てますよね」
病院
医師「手続きは全て完了しました。あそこには素晴らしい医師、設備が揃っております。しかし、もう一度言います。
   かがみさんは肉体、精神、共に限界と言っても過言ではない状態にあるんです…」
ただお「助かる可能性があるなら、それに賭けたいんです」
みき「お願いします!」
医師「…わかりました。では、これが最後の書類です。ご署名を」
学校ー昼休みー
こなた「今日、だね」
みゆき「ええ。あれから色々調べました。かがみさんもきっと良くりますよ。それまで」
こなた「しばらくのお別れ、だね。バイバイ、かがみん」
病院
かがみ「放して!私は行きたくないの!助けて!助けてよ!お姉ちゃん!!かがみお姉ちゃん!!!助けてよぉ!!!!」 
~お・わ・り~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。