つるぺた団

こなた「我々は今ここに!!」
つかさ「つるぺた団を!!」
ゆたか「結成する~!!」
みなみ「……おー……」

みゆき「皆さん楽しそうですね」

こなた「う、敵だ!!」
つかさ「魔乳だ!!」
ゆたか「あっちいけ~!!」
みなみ「……ぺったんぺったんつるぺったん……」

かがみ「何やってるのよ」

こなた「また敵だ!!」
つかさ「バルサミコ酢散弾発射!!」
ゆたか「悪霊退散~!!」
みなみ「……ぺたぺたつるぺったん……」

ひより「何やってるんスか?」

こなた「おー、援軍だ」
つかさ「一緒に悪を倒そう!!」
ゆたか「じゃないとBL本のこといいふらすよ~!!」
みなみ「……百合本も……」
ひより「是非入らせていただきます」

こなた「我々つるぺた団のマネージャーになるには!!」
つかさ「ビリーズブートキャンプを!!」
ゆたか「24時間ぶっつづけで!!」
ひより「1週間やり続けられるのが!!」
みなみ「……第一試験内容……」

こなた「つる!!」
つかさ「ぺた!!」
ゆたか「だん~!!」
ひより「華麗に!!」
みなみ「……参上……」

ななこ「なにしとるんや……」

こなた「出たなラスボス!!」
つかさ「売れ残りのケーキ!!」
ゆたか「彼氏が逃走~!!」
ひより「なぜか教師!!」
みなみ「……行き遅れ……」

ななこ「全員、はぁ~くいしばれぇ~!!」

こなた「つる!!」
つかさ「ぺた!!」
ゆたか「だん~!!」
ひより「颯爽と!!」
みなみ「……参上……」

そうじろう「お父さんもつるぺただ。団に入れてくれ!!」

こなた「来たな!!変態!!」
つかさ「寄るな!!変態!!」
ゆたか「帰れ!!変態!!」
ひより「逝ってよし!!変態!!」
みなみ「……この人痴漢です……」

そうじろう「ゾクゾクするぅ~、もっと言ってくれ!!」

こなた「つる!!」
つかさ「ぺた!!」
ゆたか「だん~!!」
ひより「愉快に!!」
みなみ「……参上……」

ゆかり「あら~、みなみちゃん達、何やってるの?」

こなた「こ、この人には……」
つかさ「勝てないような……」
ゆたか「気がする~」
ひより「無理だ……」
みなみ「……最強……」

ゆかり「あらあらあら、みんなどうしちゃったの? しょぼんとして……」

こなた「さて、今日はつるぺた団の活動内容について話し合おうと思う」
つかさ「そういえば、何をする団なんだっけ?」
ゆたか「何にも聞いて無かったよ、こなたお姉ちゃん」
ひより「強制的に入れられたので何とも……」
みなみ「……謎……」
こなた「この団では…………」
つかさ・ゆたか・ひより・みなみ「?」
こなた「中くらい以上の胸のある人物を敵とみなし、絶滅させること……かな」
つかさ「それって、人類の半分くらい敵になるんじゃ……」
ゆたか「半分っていうか、女性のほとんど?」
ひより「4人じゃ無理っす」
みなみ「……戦力不足……」
こなた「みんな!! これから力を蓄えるんだよ!!」
つかさ「面倒くさいなぁ~」
ゆたか「こなたお姉ちゃんのその元気はどこから……」
ひより「漫画のネタにはなりそうっスけど……」
みなみ「……無謀?」
こなた「なお、脱退は認めないから」
つかさ・ゆたか・ひより・みなみ「がーん」

こなた「つる!!」
つかさ「ぺた!!」
ゆたか「だん~!!」
ひより「クソ暑くて眠れないので!!」
みなみ「……参上……」

つかさ「あっ、こなちゃん!! 子猫ちゃんが車に轢かれそう!!」
こなた「助けなきゃ!!」

こなた「貧乳ジャスティスブレード!!」
→車45台大破、30台小破
つかさ「バルサミコ拡散弾連射!!」
→タンクローリー炎上、通行人15名死亡、30名負傷
ゆたか「危ないお薬爆弾!!」
→通行人45名死亡、150名負傷
ひより「Gペンスラッシュ!!」
→通行人15名死亡、20名負傷
みなみ「……貧乳バリアー……」
→衝撃波により付近住宅30棟全壊、30名死亡、50名負傷

ゆたか「こなたお姉ちゃん、子猫ちゃんは無事だよ!!」
つかさ「やったね」
こなた「よかったよかった」
ひより「命を救うっていいことっスね!!」
みなみ「……でも、なんか怯えてる……」
つかさ「車に轢かれそうになったのがよっぽど怖かったんだね……」
ひより「あ、猛ダッシュで逃げた……さぞかし恐怖だったんスね」


ゆい「なに……? この惨状……」

こなた「つる!!」
つかさ「ぺた!!」
ゆたか「だん~!!」
ひより「そろそろ二度寝しそうだけど!!」
みなみ「……参上……」

かがみ「あんたら、そろそろいい加減にしなさいよ」

こなた「また出たな!! 万年体重気にしすぎ!!」
つかさ「うちの体重計が可哀想!!」
ゆたか「ポッキー売れまくりでメーカー涙目~!!」
ひより「ツンデレ!! ツンデレ!!」
みなみ「……これだから女ってやつは……」

かがみ「あんたら、拳で教育が必要なようだな」

こなた「つる!!」
つかさ「ぺた!!」
ゆたか「だん~!!」
ひより「眠くなってきたのでまた寝るが!!」
みなみ「……参上……」

ななこ「まだやっとるんか。しょーもないやつらやな」

こなた「出たな!! おやじ!!」
つかさ「好きな色は白というのは嘘だろ!!」
ゆたか「ネトゲー廃人のダメ大人~!!」
ひより「ロッテは万年最下位になるといい!!」
みなみ「……なぜ世界史の教師……」

ななこ「全員今日は無事に帰れないと思え!!」

こなた「つる!!」
つかさ「ぺた!!」
ゆたか「だん~!!」
ひより「腹痛で死にそうだけど!!」
みなみ「……参上……」

あきら「なにやってんの? あいつら?」
白石「さあ……?」

こなた「おお!! 我らが邪神!!」
つかさ「黒さでは日本一!!」
ゆたか「好きな色が青って嘘ですよね~!!」
ひより「セバスチャンは夕張にでも行け!!」
みなみ「……腹黒……」

あきら「あれって、私褒められてんの? けなされてんの?」
白石「褒められてるんじゃないっすか……?」

こなた「つる!!」
つかさ「ぺた!!」
ゆたか「だん~!!」
ひより「いつまで続くかわからないけど!!」
みなみ「……参上……」

ゆい「こなたにゆたか、何やってるの?」

こなた「出たな!! マッポ!!」
つかさ「国家の犬め!!」
ゆたか「暴走警官~!!」
ひより「旦那さん逃亡か!!」
みなみ「……銃を向けるのはやめてください……」

ゆい「みんな、とりあえず取調室に行こうか」

つるぺた☆ちゃんねる

こなた「さて、今日は我々つるぺた団にお便りが来ました」
つかさ「すごーい」
ひより「社会に広く認知されたっスね!」
こなた「うむ」
ゆたか「なんて書いてあるの?」
こなた「えーと。『どうしてつるぺた団はろくなことをしないんですか』だって」
全員「……」
みなみ「……実は苦情?」
こなた「このお便りはなかったことに……」
つかさ「でもろくなことしてないのはじじt」
こなた「何を言う! 私達が何とかしなければこの世界は確実に崩壊してしまうのです!!」
ひより「困ったものです……」
ゆたか「どこかで聞いたことがあるセリフだね……」
みなみ「……古泉一k」
こなた「そんなことはない」
ひより「(言い切った……さすが泉先輩だ……)」
こなた「さあ、どんどんお便りが来るように活動しようではないか!!」
つかさ・ゆたか・ひより・みなみ「お~……」
こなた「今日はこれで解散!!」

こなた「つる!!」
つかさ「ぺた!!」
ゆたか「だん~!!」
ひより「ろくなことしないけど!!」
みなみ「……参上……」

パトリシア「ハロー、ゆたか。なにしてるんデスカ?」

こなた「出たな!! 本場ホルスタイン!!」
つかさ「パツキン外人め!!」
ゆたか「狂牛病の手先め~!!」
ひより「でも、ゆかりさんより胸負けてるぞ!!」
みなみ「……米なのにコメの国じゃない……」

パトリシア「あ、パパ? 今から言う座標にICBM打ち込んでほしいんだけど。まずは泉家……」

こなた「や~め~て~!!」

つるぺた☆ちゃんねる

こなた「さて、また我々つるぺた団にお便りが来ました」
つかさ「今度はなあに?」
こなた「えーと、『パッドについてどう思いますか』だって」
ひより「パッドって胸パッドのことかな?」
こなた「つるぺた団にはゲームパッドは関係ない……と思う」
みなみ「……反逆者の武器……」
こなた「うむ」
つかさ「なんで選ばれし民、つるぺたなのにパッドなんか使うんだろうね」
ゆたか「脳がホルスタイン菌に冒されちゃってるんですよ~」
ひより「ある意味可哀想っスね」
こなた「そういう人たちを救うのが私たちの使命なのだ!!」
つかさ「おー、こなちゃんかっこいい~」
ひより「さすがっス」
こなた「そういうわけで、街中に出てパッド狩りをしよう!!」
ゆたか「え……?」
こなた「引ん剥いて反逆者を公衆の面前でさらし者にするんだ!!」
ひより「先輩、それじゃ救えない……」
こなた「なんか言った?」
ひより「いえ、何にも」
こなた「では出発!!」
つかさ・ゆたか・ひより・みなみ「お~……」

こなた「まずはかがみから尋問だ!!」
つかさ「お姉ちゃんパッドつけてたっけな……?」

ななこ「しかし、泉たちにも困ったもんやな」
みゆき「そうですね」
ゆい「胸が小さいからって……ねぇ」
パトリシア「ひがまれても困りマース」
みゆき「まあ、これだけ大きいと肩が凝ってしょうがなくてしょうがなくて……」
ななこ「(でかすぎや、おまんは……)」
ゆい「(何食べたらこうなるの……)」
パトリシア「(アメリカ本土でもここまでは……)」
みゆき「みなさん、どうなされたんですか?」

こう「みんなお揃いで、何やってるん?」

みゆき・ななこ・ゆい・パトリシア「誰?」


ゆさゆさ団はあんまりぱっとしないな…w
没!!

こなた「つる!!」
つかさ「ぺた!!」
ゆたか「だん~!!」
ひより「マンネリになってきたけど!!」
みなみ「……参上……」

ひかる「お前ら何やってんだ?」

こなた「あ、顧問が来た!!」
つかさ「邪神に唯一勝つる顧問だ!!」
ゆたか「さすがキャプテン!!」
ひより「尊敬するっス!!」
みなみ「……背も小さい……」

ひかる「いつからお前らの顧問になったんだ……」

こなた「つる!!」
つかさ「ぺた!!」
ゆたか「だん~!!」
ひより「ネタが切れてきたけど!!」
みなみ「……参上……」

みさお「おーす、ちびっこ。何やってるん?」

こなた「来たな!! 無い様で胸のあるやつ!!」
つかさ「このさながら背景が!!」
ゆたか「男女で彼氏ができない~!!」
ひより「陸上部で逃げ足だけ速そうだ!!」
みなみ「……泉先輩のクローンですか?」

みさお「あやの~、ちびっこがいじめる~」
あやの「まあまあ」

つるぺた☆ちゃんねる

こなた「癒しの集団、つるぺた団にまたまたお便りが来ました」
つかさ「癒してるのかなぁ……」
こなた「えー、『つるぺた団可愛い』だそうです」
ゆたか「私たち良い子だし、可愛く見られるのかなぁ~」
ひより「妹属性があるって感じっスかね」
みなみ「……萌え……」
こなた「いやぁ~、日頃の行いっていうの? 地道に活動してきて良かったね」
つかさ「うん」
ゆたか「そうだね」
ひより「これからもこの調子っスよ!!」
みなみ「……大丈夫かな……」
こなた「やっぱ、貧乳はジャスティスなのだよ!!」
つかさ「こなちゃん燃えてるねぇ」
ひより「今度のコミケは貧乳本で行くっス!!」
みなみ「……布教……」
こなた「さあ、これから町に繰り出して巨乳どもを迫害だぁ!!」
ひより「いきまりそれっスか!?」
こなた「なんか言った?」
ひより「何でもありません……」
こなた「では、レッツゴー!!」
つかさ・ゆたか・ひより・みなみ「お~……」

つるぺた団の短き活動は終わった……。
いつしかネタが出来たら再び現れるかもしれない……。
そう、あなたのそばに……。

つるぺた団 第一部 完
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。