1レス物

こなた「つかさ!つかさ!ねぇ、起きてよ!つかさ・・・つかさ・・・っう・・・っう・・・ひぐっひぐっ(泣)」

かがみ「こなた・・・」

こなた「一緒にまたゲームしようって言ったじゃん!ねぇ、つかさ! ひぐっ・・・っう っう」


かがみ「つかさ、ほらあんたの好きな漫画の新刊。買ってきたよ」
つかさ「あっ!ありがとうお姉ちゃん!やったー、続き続き~」
かがみ「その漫画、私的にはナシなんだけどねぇ~」
つかさ「いいのぉー、面白いんだからー…ん?」
かがみ「はいはい、まあゆっくり読んでなさい。どれ、りんごでも剥いてあげようか」
つかさ(……あ…れ……この文字…なんて読むんだっけ……)
つかさ(……誰…だっけ…?…このキャラ……)
つかさ(…え?……え?……私…こんな漫画……読んでたっけ……)
かがみ「そういえば今日こなたがまーた下らないことやっててさー…」
つかさ(………この人……誰だっけ…誰…この人……こなた…誰…こなた……………ハッ!!)
かがみ「はい、りんご。お茶も淹れよっか」
つかさ「お…お姉ちゃん…?」
かがみ「ん?なによ。飲むでしょ?」
つかさ「お姉ちゃん……!!お、お姉ちゃん?お姉ちゃんだよね!?」
かがみ「なによ、どうしたの?あ、この茶葉いい匂い。これにするわね」
つかさ(お姉ちゃん…お姉ちゃん…!こなちゃん……!!…やだ…私まだ…忘れたくない……)


つかさ「こなちゃん、前にイチゴショートの話したよね?」
こなた「あー、あったねぇ。イチゴを食べる順番」
つかさ「わたしやっぱり、好きな物をいちばん先に食べちゃうことにしたんだ」
みゆき「つかささん、急にどうされました?前は後に残すって…」
つかさ「う、ううん。ちょっとした心境の変化」
こなた「ふーん」
つかさ「間に合わなかったらいやだから…」
みゆき「間に合う?何か急ぐ理由でも?」
つかさ「な、なんでもないの!えへへ」
こなた「へんなの」


524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 02:07:23.39 ID:b8M53ah50
テーマ自殺

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 02:39:26.15 ID:JLLJgNiJ0

テーマ:自殺>>524 眠くてもうグダグダみたい

「あはは、またテストひどい点数だよ・・・はぁ・・・」
「私ってばほんとだめだなぁ・・・」
「運動もダメダメだし・・・何も取り柄ないな・・・」
「私なんて・・・いてもいなくても変わらない・・・よね・・・」

風が強い日でした。つかさは、高いビルの屋上にいました。
「お姉ちゃん達にも迷惑かけてばっかりだし・・・私なんていなくなったほうが・・・いいよね・・・」
落下防止用のフェンスを乗り越え、屋上の淵に立っていました。
「・・・お父さんお母さん、悪い娘に育っちゃってごめんね」
「お姉ちゃん・・・こなちゃん・・・ゆきちゃん・・・もっと一緒にいたかったな・・・」
つかさは少しずつ、歩を進めていきました。
少し下を覗いて見ると・・・道路をはしる車が小さく見えました。とても小さく。
「・・・うう、やっぱり・・・怖い・・・別の方法にしよっかな・・・アハハ」
そして、フェンスに戻ろうとした刹那、強風がつかさを煽る。
「・・・ぇ、え?イヤ!イヤアアアアアア!」
強風に煽られバランスを崩したつかさはビルの谷間に吸い込まれるように・・・。
「イヤあああ死にたくないよ!イヤ!おねえちゃああん!!」


「まったく、ほんとつかさったらおっちょこちょいね、無事でよかったわよ」
「エヘヘ・・・お姉ちゃんごめんね・・・」
奇跡的に、下の道路を走る大型トラックを突き破り、中の家具がクッションになり骨折程度で済んだのでした。
みんなに自殺をしようとしたとは伝えてはいないけれど、もう二度としないと誓ったつかさでした。
「あんな怖い思い、もうしたくないからね・・・ダメはダメなりにがんばるよ!」

 つかさ「   ジサツ ダメ ゼッタイ!  」


体育の柔道の授業

こなた「誰とやろうかなぁー」
あたりを見回す。するとかがみの様子が見えた
かがみ「アレ?こなた。今日休みじゃなかったっけ?」
こなた「途中から来た。かがみ。やる?」
かがみ「いいわよ。相手してあげるわ・・・!!」
こなた「んじゃいくね。覚悟しててよかがみ「
かがみ「ふん。何をえらそうにじゃう始めるわよ」
こなた「うん」
かがみ「よし、じゃあてはじめ・・・に・・?!!!」
こなた「はい、私の勝ち。かがみ動けないよね?」
かがみ「あが・・・ぐぐぐ!!!」
こなた「ははは、無駄無駄、完璧に押さえ込んだから」
ギギギギ!!かがみの骨の音がきしむ
かがみ「はぁはぁ・・・(今・・一瞬で間合いをつめられたような・・・あんなに距離あったのに・・それにこの力強さ・・・)」
かがみ「わ・・わかった・・まいった!!まいったわよ!!」
こなた「ふぅ・・・」
かがみ「伊達じゃないわねアンタ・・・ここまで強いとは思わなかったわよ」
こなた「ははは、ありがと」


かがみ「そういえばなんであんたチョココロネ好きなの?」
こなた「おいしいから」
かがみ「それだけ?」
こなた「うん」
かがみ「そう…」
こなた「………」
かがみ「………」
こなた「実はちゃんと理由あるんだよ」
かがみ「ふーん」
こなた「聞きたくないの?」
かがみ「うーん」
こなた「……聞いてる?」
かがみ「うーん」
こなた「かがみは可愛いねぇ」
かがみ「へー」
こなた「聞いて無いじゃん!もう勝手に話すよ」
かがみ「ふーん」

 

かがみ「ねぇ?さっきチョココロネがなんとかって言ってなかった?」
こなた「うん言ったよ」
かがみ「ごめんちゃんと聞いてなかった。もう一回言って」
こなた「やだよー、同じこと二回も言いたくないもん」
かがみ「えー、そんなあ」
そうしてこなたのチョココロネに関する思い出は知られることは無かった


ラジオ局屋上
あきら「はぁ~…白石の奴がむかつくむかつくむかつく!!アシスタントと癖にでしゃばりやがって!!」
白石「あ…あの~あきら様?」
あきら「ああ?白石、何で私がここにいるってわかった?」
白石「ええっとラジオ局内かけずり回ってやっと見つけました。プロデューサーが呼んでましたよ。会議室で今後のラジオの企画立ての手伝いをして欲しいそうです」
あきら「あぁ~そ。ったくめんどくさい…」
白石「…街へ行きませんか?」
あきら「あ?」
白石「あきら様の気分転換って事で一つ。苛々している時程考えが短絡的になるものですよ?」
あきら「その苛々の種がお前なんだけど」
白石「それはかなり耳に痛いですね。俺の奢りでどうでしょうか?」
あきら「はっ!ちょっと着替えてくるから下で待ってろ、いいわね」
白石「サー!了解っサー!」
キイィ…ガチャン
白石「……本当はプロデューサーが呼んでる何て嘘なんだけど、あの言葉を伝える為には…仕方ない嘘なんだろうなぁ。がんばっ!俺!」
その後、たった一つの言葉を伝える為に勇気を振り絞った少年に、少女は最初は戸惑いながらもそれを受け入れた-…
あき☆すた終

みゆき教授は大学の授業でいった。
「ではクイズの時間です」みゆき教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼女は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼女は学生の泉こなたに聞いた。
「この壺は満杯でしょうか?」泉こなたは「うん」と答えた。
「本当にですか?」そう言いながらみゆきは、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯でしょうか?」泉こなたは答えられない。
一人の生徒柊かがみが「多分違うんじゃない」と答えた。

教授は「そうです」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいでしょうか?」
学生達は声を揃えて、「いや」と答えた。
みゆき教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼女は学生達に最後の質問を投げかける。
「私が何を言いたいのかわかりますか?」

一人の学生柊つかさが手を挙げた。
「えっと、どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「いいえ、それは違います」とみゆきは言った。
「重要なポイントはそこじゃないんです。この例が私達に示してくれる真実は、 大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんです」
私たちの人生にとって"大きな岩"とは何でしょう、とみゆきは話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。ここで言う"大きな岩"とは、私たちにとって一番大事なものです。
それを最初に壺の中に入れるのです。さもないと、私達はそれを永遠に失う事になります。
もし私達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、私達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるでしょう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失ってしまうのです。

その後、泉こなたはネットゲームの時間を減らし、柊つかさは日頃の長すぎる睡眠時間を考え直し、柊かがみは今まで以上に友達を大切にするようになった。


ゆたか「みなみちゃん……私怖いよ……」
みなみ「……大丈夫……ゆたかは私が守」
パァン!
ドサッ!(ゆたか撃たれ倒れる)
みなみ「……ゆたか?」
みさお「あ、当たっちゃった………足元撃って驚かせるつもりが……」
みなみ「………(キッ!)」
チャキ!(銃を構える)
あやの「! みさちゃん危ない」
ドン!(みさおを突き飛ばす)
パァン!ドサッ!(あやの撃たれ倒れる)
みさお「……あやの……」
チャキ!(みなみがみさおに銃の照準を合わせる)
みさお「よくも………よくもあやのをやったなぁぁー!!(種割れ)」
チャキ!パァン!
みなみ「!(銃を撃ち落とされる)」

みさお「終わりだ!」みなみ「……ゆたかの敵は……私が……取る!!(種割れ)」
みなみがゆたかの銃を引き抜く
パパン!
みさお&みなみ「くっ!」
お互い銃を弾き飛ばされる
両者サバイバルナイフを取り出し、お互いの敵に向かって走り出す
みさお「お前ぇー!!」
みなみ「……ゆたかの敵!!」

ガキィィィン(ナイフがぶつかりあう音)


「悪いわね、こなた・・・」
かがみは銃の標準をこなたの頭に合わせた。
「か、かがみん?」
こなたは狼狽した。
あのかがみがまさかこんなゲームに参加してしまうなんて・・・
「私はもう生き残るしかないのよ」
この下らないゲームもあと1時間でタイムリミット。
それまでに終わらなければ残された参加者の首は一斉に爆発する。
「つかさがね・・・寂しがってるの。こなちゃんこなちゃん・・・ってね。
1人じゃ寂しいでしょうから、あんたを殺してあたしもあの子のところにいかなきゃ」
そういってかがみは引き金を

「かがみん、最後に言いたいことがあるんだけど」
「・・・いいわよ、聞いてあげる。誰にも伝えることはできないけどね」
引き金に指をかけたまま、かがみはこなたを真正面から見据えた。
「・・・あのね、これ、アニメの言葉なんだけどね」
ゆっくりとこなたは言葉を紡ぐ。
かがみは静かに耳を傾けていた。
(この期に及んでアニメの話か・・・まぁこなたらしいったららしいわね・・・)
「『獲物を前に舌なめずりは3流のすることだ』よ」


こなたは眼前にそびえたつ「塔」といっても過言ではない高さをもつものを見据えていた。
とてつもない高さだ。飛び台があるとはいえ、人間に飛びこえられるものなのか。
彼女は率直に感想をもらした。
だが飛ばなくてはいかない。
飛べば栄光が待っている。失敗なんて考えるな。
自分に自信をつけるため自身を励ます。
そして彼女は駆け出した。
駆ける足はグングンと最高速へと近付いていく。
飛び台に乗るタイミング合わせもバッチリだ。
これで失敗したなら……いや失敗するはずがない。
彼女は心の中でそう呼び掛け、全神経を集中させる。
飛び台をしっかりと踏む、飛び台からは完璧に近いほど踏ん張りが効く位置に足を踏み付けた。
そして彼女はそびえたつ塔の頂上を目指してほぼ垂直に近い跳躍を見せた。
勢いよく昇っていく。
頂上が見えてきた。
いける!と彼女は確信したが、
彼女の上半身が塔を超えた所で、さっきまでの勢いが死んできた。勢いの限界が来たらしく、ものすごい速度で失速していく。
彼女は塔の頂上へと両手を着く。だが両手は塔の手前ギリギリの位置を掴み、飛び超えるのは不可能に近い所だった。
彼女は歯を食いしばり、全身の力をこめる。手を支点にして、山なりの放物線を描くように身体を前へと突出す。
塔の頂上は、彼女の手以外に触れることなく飛び超えさせることを許した。
「泉こなた、モンスターボックス世界新記録達成ー!」
それを見ていた実況の人が、興奮気味に、そう叫んだ。
という訳でお題「らきすたNO1決定戦」
よろしく
悪魔の囁きが、彼女の意識を支配してゆく。

「こなた、つかさ‥‥私、もう‥‥駄目みたい‥‥」
「待ってよかがみ!もぅちょっとなんだよ!?」
「そうだよお姉ちゃん!!私との約束、忘れちゃったの?!一緒に海に行こうって言ったじゃない!!お願いだからそんなこと言わないで!!」

止まれと身体に命じる。しかしその命が果たされることはなく。
一歩、また一歩と歩みを進めてゆく足。

「あはは、ありがと、二人とも。でも自分の身体のことは自分が一番よく解るから‥‥」
「かがみ‥‥」
「お姉ちゃん‥‥」

否、それが出来ないのは最初から解っていたことだ。
何故ならこれは、自らという存在に刻まれた業。
己の存在意義そのものなのだから。

「じゃあね、二人とも。今まで本当にありがとう‥‥」
「だっ、ダメだよかがみ!!」
「お姉ちゃあぁあん!!!」

現実というものはいつも理想や希望などとはかけ離れている世界。
それを身にしみて感じながら、自らに最後のジャッジメントを下した。

光沢を放つ、目の前の長方形の物体───


「烏龍茶とオレンジジュースを1つずつで。ええ、お願いします」
「…………」
「いやー、カラオケなんて久しぶりだな。あきら様はどうですか?」
「……え、いやその……これで二回目」
「あれ、二回しか来たことないんですか。自分で歌った曲のCDも出してるのに」
「そうだけど、子供だって理由で誘われないのよ。だから家族と来た事があるだけで」
「はあ……意外なような、納得できるような」
「アイドルってことで、学校でも気兼ねなく付き合える相手なんて出来なかったしね」
「そ、そうでしたか。変な話をして、すいません」
「別に気にしてないけどね。私の精神年齢が高すぎて、同年代だと釣り合わないってだけなんだから」
「そうですか。まあそれはともかく、今日は思いっきり歌ってストレス発散しましょう!」
「………うん」
「って、滅茶苦茶テンション低いなぁ。カラオケは嫌でしたか?」
「そうじゃないけど」
「じゃあなんで。あ、もしかして体調悪いですか? それなら無理に誘ったりしなければよかったかな……」
「違うけど。ちょっと気になることがあって」
「気になること、ですか。相談したい事とかなら、全力で考えますよ。話せることなら気軽にどうぞ」
「悩みとかじゃないわよ。その……カラオケで男女が二人きりになると、男は狼になるっていう噂を聞いて」
「まさか~。それはないですよ。一応、ああやって監視カメラもついているわけですからね。ええ」
「はあ? 芸能界の大御所。永遠の17歳、みき姉さんが言ってたんだよ。出任せのはずがないでしょ」
「いや……たぶん、騙されてるんじゃないかと思うんですけど。極例外はともかく」
「なに。私、からかわれた?」
「うーん……そんな冗談を真に受けるなんて、あきら様もけっこう純粋な部分が残ってるんですねぇ」
「うっさいわね。大物が黒って言ったら、白でも黒になるのよ」
「あれ……ところでそんな噂を信じてたのなら、どうして来てくれたんですか? 断ればよかったのに」
「え、それは、その――」
ガチャ
「どうもー、ドリンクお持ちしました」
「…………」

本家

「ったく、最近はどいつもこいつも黒キャラ化してさー。私とキャラかぶるじゃない」
「まあまあ。あきら様の人気が高いからこそ、真似する人が増えていると思えばいいじゃないですか」
「よくない……私だって、好きで黒キャラやってるわけじゃないのに」
「へ?」
「人気回復のためのテコ入れよ。ツンデレみたいな二面性キャラとして黒い面を演じてるの!」
「は、はあ……そうだったんですか。でも、それが何か関係あるんですか?」
「あるわよ。同じキャラだったら、より人気のあるほうがオリジナルとして見られるじゃない」
「ん……ああ。盗作でも本物より認知度が高ければオリジナル扱いですよね。某国のお菓子みたいに」
「でしょ? それなのに。私と違って、みんな黒さ以外の個性を持ってるのに……なんで真似するのよ……」
「あの、あきら様?」
「既に人気のある人が安易に真似して、それで他人の特徴を薄めて楽しいの? ねえ、どうなのよ!?」
「いや、誰もそんな悪意があるわけじゃないと思いますよ」
「なら奪わないでよ。私の個性を。逆にファンを減らすかもしれないって不安と戦って挑戦したのに」
「……そんな特徴捨てて、元の方針に戻せばいいじゃないですか。あの純粋系に」
「簡単に言うけどね、そんな風には出来ないの。一度でも腹黒を演じたら、もう完全な白には戻れない」
「それは、そうかも知れないですけど。でも……」
「まあ、過去は変えられないんだし、誰から嫌われたとしても今のキャラを続けていくしかないのかもね」
「……他の誰が嫌いだと言っても、僕はあきら様のことが好きですよ。あ……その、変な意味じゃなくて」
「わかってる///」
「と、とにかく! 僕は何があろうと、あきら様の味方ですから。それは忘れないでくださいね」
「………うん」

 

「ふう……。これで、白石は無条件に私を優先するようになるかな。いやー、出番確保も大変だわ」


み「只今からつかささんの検死解剖を行います。宜しくお願いします。…では、メス」
つかさの胸にメスが入り、縦一文字に切り目が入れられていく。
血はでない。代わりに
み「なんですか?これは!?」
肉の裂け目から黒褐色の液体が滲出てきた。
み「つかささんの体が…」
皮膚がぽろぼろ削げ落ち、次第に筋肉が液化してく。
つ「ゆ…き…ちゃん…たす…け…」
みゆきは声を聞いたような気がした。
み「つかささん!?」
融解していく手を握り、みゆきは叫んだ。
しかしつかさは答えない、口をなくしたつかさに喋る術はなかった。
異臭を放ち、つかさは消えた。
謎の液体も蒸発したのか、すでに見当たらなかった。
呆けるみゆきは再び声を聞いた気がした。
「ゆきちゃんの体、暖かいな…」
廃屋でみゆきが見付かった時、彼女は級友の遺体と共に水風呂につかっていた。
「つかささん…私達、親友ですよね…親友ですよね」
保護された後も、みゆきは延々とそう呟いていたと言う。

進路について
「ねぇこなた、あんた卒業したらどうするの?進学?それとも就職?」
「あたし?あたしは専門かな。就職率100%越えてたりさ、待遇も良いみたいで、そこに行こうかなって」
「ふ~ん、実績あるんだ。そこ、何てとこ?」
「代○木アニメーション学院。講師も有名所押さえててさ、雑誌でもよく紹介されてるよ」
「へぇ~、じゃあそこ出たらもう一人前のプロになれちゃうわけだ。挫折するなよ?」
「あはははは、そのうちかがみんの好きな作品にもあたしの名前でるかも知れないね」
電話ーかがみ×みゆき
「でね、こなたそこに行くんだって。就職も確実みたいでさ…」
「…かがみさん、その話、泉さんがされてたんですか?」
「そうよ?何で?」
「その専門学校…私の知り合いも通ってたんです」
「え、みゆきの?嘘?意外…じゃあ今、アニメとかの仕事してたりするわけ?」
「いえ、それが…」
「?」
「パン工場で…働いているんです…」
「え゛」
「…何でも、『就職率』はどんな企業でも対象になるらしく、それに一人で複数合格していれば
 それも加算されてしまうんです。ですから『100%以上』という数字がだせるんだと、私は聞かされました…」
「それじゃあその人以外にも…」
「ええ。業界に行けた人、関係のない企業に決まった人、それに就を得られなかった人…様々だったそうです」
「それじゃあこなたも…」
「可能性は…。でも、きっと泉さんなら大丈夫ですよ!」
「そ、そうよね?あ、あいつならなんとかなるわよね!はははは(いいのか?こなた!それで良いのか!?)」   

ゆきちゃん、今日も怒るんだろうな…。
学校、行きたくないな…。
電車…。飛込んだら…楽になれるのかな?
「何ボーッとしてるのよ!挽かれちゃうわよ!?」
「あっ、うん。ごめん…」
私が死んだら、みんな悲しいの、かな…?
だったらヤだな…。
…もう少し、頑張ろう…。あっ、あれ!?う、うわっ!!
グモッチュイーーン!!!!!!!!  

こ「お父さん、起きて、朝だよ!朝!」
そ「ん…んぐぐぐ…ふぁあ。もう…朝…か…。おはよう、かなた」
こ「もう、何寝惚けてんの?早く起きて。朝御飯冷めちゃうよ?」
……
そ「かなた、お前の作る料理はいつ食べても最高だな。五つ星だ」
こ「いつまで寝惚けてんの…あたしはこ・な・た。それとも新しいプレイ?」
そ「?かなた?あ、そうだ。かなた、今日、暇だったらデートしないか?」
こ「もう!あたしは学校!」
そ「?学校?お前は主婦だろ?」
こ「…学校、行って来るよ」
……
こ「もう、なんなんだろね、あの人は。えーと鏡、鏡…?あれ?ホクロ…がない?…アンテナ…も。あれ?」

つ「つかさちゃん、こんちには」
つ「つかさちゃん、こんちには」
つ「あはははは♪同じ名前だね」
つ「うん。つかさちゃんと同じ名前。あはははは♪」
つ「つかさちゃん、良かったら飲んで?美味しいジュースだよ?」
つ「つかさちゃん、ありがとう。頂きます。…うん、美味しいね♪」
つ「つかさちゃん、今日は何して遊ぼうか?」
つ「う~ん、私、お絵書きしたいな」
つ「うん。お絵書きしよっか」
つ「うん。お絵書きする~♪」
つ「つかさちゃん上手~♪」
つ「つかさちゃんだってとっても上手だよ~♪」
ガチャ
か「つかさ、一人で何騒いでるの?あ!また散らかして!」
つ「お姉ちゃん。一人じゃないよ?ほら、友達のつかさちゃん」
か「はぁ?何言って…ひっ!?」
かがみは見てはいけないモノを見た気がした。
つかさの前に佇む、赤黒くただれた少女。
目のない眼孔がかがみを凝視している。
つ「初めてまして、かがみお姉ちゃん」
つ「お姉ちゃんも一緒に遊ぼう?ね、お姉ちゃん」 
つ「かがみにお姉ちゃん」
つ「お姉ちゃん」
か「いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ななこ「ただいま~っと、今日はあんさんの好きな物、作たるで~」
「…」
ななこ「ほいっ、ほいっと。なかなかのもんやろ?プロ顔敗けや」
「…」
ななこ「よし、できた。ななこ特製、カリビアンブリテンパスタや!ささ、食べて食べて」
「…」
ななこ「…どや?美味しいやろ!?うち、ええ奥さんになれるで?」
「…」
ななこ「…やっぱ…寂しいなぁ…。なんであんさん、先に逝ってもうたん?形見がタグ一つなんて、あんまりやん」
「…」
ななこ「今日はあんさんの誕生日やから、心込めて作ったのに…。うちに霊感あったら、あんさんの姿、見えるん?あんさんの声、聞こえるん?
 …今更言っても…しゃあないか…。そこにいるんなら返事くらいし!うちはもう寝る!」
「…」
ななこ「…夢でいいから、出てきて…な。…すぅ…すぅ」
「…ナナコ…アリガトウ…」

そ「なあ、かなた」
か「何?そうく…きゃっ!?」
そ「ほ~ら、高い高~い。高い高~い」
か「ちょっと!?そう君?恥ずかしいよ、やめて、ね?」
そ「かなたは可愛いなぁ。高い高~い高い高~い!」
か「むー!」
そ「高い高~い高い高~い。かなた、楽しいだろ?高い高~い。ほら、かなたも!」
か「もー…。高い、高~い…あ、あはは、高い高~い、あはははは♪高い高~い♪高い高~い♪」
そ「あはは~、楽しいな~かなた~。高い高~い、高い高~い♪」

つかさ「あれ?ゆきちゃん?その帽子、髪の毛切っちゃったの?」
かがみ「つ、つかさ!」
つかさ「あ、ごめん…ゆきちゃん。つい…」
みゆき「…いえ…。良いんです…。お気になさらないで…」
がや『知ってる?高良の奴』
がや『感染症らしいな。真面目ぶってるくせに、裏で何やってるんだかw』
がや『こっちにも染るかもしれないから、近付かない方がいいぜ?』
みゆき「…」
かがみ「変な噂でしょ?気にしちゃだめよ?みゆき」
みゆき「ありがとうございます…。かがみさん…」

『では、立篭り事件の続報です。本日~』
こなた「まただ…って、大宮!?」
そうじろう「ああ。お昼からこのニュースばっかだ…」
こなた「案外ゆい姉さんもいたりして…」
そうじろう「ははははは、行ってみたら会えるかもなw」
大宮、スーパー丸悦付近、マンションの一室。
ゆい「まったく、子供を人質に捕るなんて、とんだ外道ね…」
ライフルを構えたゆいがいた。その姿は狙撃班のそれでなく、いわゆる普通の制服。
いつも彼女がまとっている、婦警の制服であった。只一つ、見慣れぬバッヂを除いては。
ゆい「もう、速やかに投降しなさいよ…あっ!?射った!?…はい、了解しました。…あいつチョッキ着てたのか?」
『今!犯人が射殺された模様!人質に怪我はありません!無事です!』
こなた「あ…」 
そうじろう「終わったか…。さて、夕飯でも用意するか」
夜遅く、ゆいは泉家に夕食を取りに来た。
ゆい「いやぁ~、大変だったよ。今日は。見たでしょ?ニュース…」
ゆいの秘密を誰も知らない。知られちゃいけない。
無論家族でさえも。それが特別狙撃隊の誓いであった。

キャッチボール

ふわりと飛んできたボールを受け止めると、私はそれを全力でお父さんに投げ返した。
私が非力なせいで同じ距離まで届かせるのに全力を出す必要がある、というわけではない。
身体の小さい私への衝撃を気遣って投げる父への、強く投げても問題ないという無言のメッセージだった。
私が投げ返してから少しの間があり、次に飛んできたボールはわずかに勢いを増していた。
「こなたー、大丈夫かー?」
「うん。平気ー!」
ひと気がない事と二人の距離による必要性から、自然と声は大きくなる。
互いに叫ぶようにして会話しながらもコントロールは狂わず、ボールが川に転がり落ちることはなかった。
「ところで、どうしていきなりキャッチボール?」
「ああ。お父さん明日から、取材のために海外に行くって言ってただろ?」
それは知っている。
行き先が東南アジアではないかと質問をした時に、冗談で「おう」と答えられたので記憶に残っていた。
「この年齢になってまだ飛行機が怖いのかって言われそうなんだが、ふと昔の夢を思い出してなー」
「……夢?」
「子供が男の子だったら一緒にキャッチボールをしたかったんだが、女の子だからって無理じゃないだろう」
そう言われて私は驚いた。この父親が、まさかそんな一般的な夢に憧れていたなんて。
私は素直に関心したが、同時に不安にもなる。
飛行機に乗る前日に昔の夢を叶えること。よくある死亡フラグだ。
「…………」
私はそれを口に出そうとして、やめた。
たとえ、冗談であったとしても、お父さんが死ぬということを言葉にしたくなかったのだ。
「こなたー?」
私があまりに長く動きを止めていたせいだろう。
心配げな顔をしたお父さんが、砂と小石の散らばる河原を走って私のもとにやって来た。
「どうかしたのか?」
私が「何でもない」と言いながら目をそらすと、幅の広い緩やかな流れの川と、その先に対岸が見えた。
「……お父さんは、お母さんに似た人を見たら川を渡っちゃうのかな」
「ん? ああ、三途の川か。どうだろうなぁ。選択肢があるなら、渡るか……それとも渡らないか」
私が返事を待っていると、不意に頭に手が置かれた。今まで私とキャッチボールをしていた大きな手だ。
「まあ、迷うまでもなく渡らないだろうな。こっちの岸にも、かなたにそっくりの奴がいるんだから」


私にとって、それは存在しないもの。

まるで宇宙にできるブラックホールに引き込まれてゆく星々のように、私にとって抗えないもの。
吸い込まれて真っ暗やみのなか。
でもそこは私にとっての楽園(エデン)。

ほら、妖精さん達が手招きしてる。待ってよ私もすぐに行くから。
バラの花で綺麗に彩られた門の上には歓迎の文。

安らぎの地へ、ようこそ。

 

 

「‥‥かさ!つかさ!ホラいつまで寝てんのよ!!」
「ふぁ‥‥むにゃむにゃ」
「ったく、もう昼の2時だってのに‥‥どんだけ~」
「ふふ‥‥あははっ」
「どんな夢見てんだか‥‥しょうがないわね、バルサミコ酢飲ませるか」


日曜の朝を、私はまだ知らない。


みさおの日常
みさお「ひぃらぎぃ~、今日一緒に帰ろうぜ?峰岸が良い店見付け」
かがみ「あ、ごめん。今日用事があるんだ」
みさお「…そっか」
翌日
みさお「ひぃらぎぃ、今日はどうだ?一緒に帰れるか?」
かがみ「ごめんねぇ、今日もちょっと…」
みさお「…む~」
数日後
かがみ「なぁ、峰岸、日下部のヤツ、どしたんだ?元気ないけど」
峰岸「柊ちゃん、鈍感だよ。」
かがみ「?」
峰岸「柊ちゃん、いつも隣のクラスの子と一緒にいるじゃない?お昼の時も学校の帰りも。みさちゃん、言ってたよ?
 『柊、私達の事、どう思ってるのかな。やっぱり、あいつ等の方が好きなのかな』って。みさちゃんああ見えても寂しがりやだから…だから、ね、たまには…」
かがみ「…あいつ…」
休み時間か放課後
かがみ「日下部、今日、暇?この前言ってたお店、連れていってよ!」
みさお「…いかない」
かがみ「え?」
みさお「お店、いかない…」
かがみ「ちょ、日下部?今までの事怒ってるの?だったら、その、ごめん。だからさ…」
みさお「…」
かがみ「ほんと、ごめんね…」
みさお「…ププ、嘘だよぉ、ひぃらぎぃ!全然怒ってないって!あの店、凄い美味しいんだよ!?癖になるくらい!よし、今日行こう!な、ひぃらぎぃ~♪」
みさおはかがみん好き好き~♪


高校を卒業してから10年がたった。高校時代のメンバーが全員集まることは最近難しくなっている。
かがみは弁護士になり、つかさは家庭科の教師、みゆきさんは看護婦になった。私はというとゲーム
会社のプログラマーとして就職した。恋人は一応出来た。大学時代に知り合ったある男の子だ。私の
方が年上なのに向こうの方が背がでかく(当たり前か)、たまに兄弟と間違われる。そういう時少し
だけ私は落ち込む、でも、彼は優しく声をかけてくれるから何回でも間違われてもいいかもしれない。
他の3人の恋人事情はというとかがみは結婚し、つかさは同じ学校の先生と交際中、みゆきさんは有
名会社の役員と付き合ってるらしい。今度、三人で会う約束をしている。楽しみだ。

泉こなたさん(28)の日記より抜粋。事故の前日に書かれた物だ。


貴女が死んでから私の心は大きな穴が開いたみたい。貴女と出会うきっかけとなったハンカチを
毎日眺める日々。貴女が居ない世界がどうしてこんなに寂しいのだろう。私が「一緒に」と言っ
た時に貴女は「私の分まで生きて」と言ってくれた。でも、こんな日々に生きている意味はある
の?私は解らない。どうすればいいのか、わからない。どうして、私は貴女が居ない世界で一人
生きてるの?教えて

この文章は岩崎みなみさんのデビュー曲の元となった文章だ。彼女が高校生の時に失った親友へ
の思いが痛々しくも表れている。今回、岩崎さんがコレを発表したのは全国に私と同じ気持ちを
胸に抱えてる人へのメッセージとの事だ。


>>159と>>161
ひより「・・・・少しやりすぎたかも・・・・セカチ○ウみたいに嘘が現実になるかもしれないし・・・」
カキカキカキカキカキ
>>159>>161は夢落ちです。
ひより「コレでよし!」

ある日の午後
そうじろう「なぁ」
かなた「?」
そうじろう「オレとなんかと結婚して
かなた「私は、幸せでした。」
そうじろう「そうか・・・」
かなた「はい」
そうじろう「・・・・・」
かなた「・・・・・」

かなた「そうく~ん、準備できたよ~」
そうじろう「おう、今行く…。おお!?えらく豪勢じゃないか!」
かなた「だって今日はこなたの誕生日よ?それはもう、頑張っちゃうわよ。ね~こなた~」
こなた「きゃっ!きゃっ!」
そうじろう「お、こなたも喜んでる。よかったな~、こんなカッコいいパパと、優しいママがいてくれて♪」
かなた「あはははは、さっ、二人とも?席に付いて」
かなじろう「…こなた、お誕生日、おめでとう!」
こなた「きゃ!きゃ!」
そうじろう「ははは、それじゃ、食うゾ~」
かなた「もう、そうくんたら♪ほら、こなたも、あ~ん」
……
こなた「お父さん、そっちの部屋、すんだ?て、またアルバム見てるの?もう!お父さん!」
そうじろう「ああ、すまんすまん。すぐ始めるよ。お掃除お掃除楽しいな~♪」
かなた「ん~…(また、泣いてる…)」 

かなた「そうくん、お仕事捗ってる?」
そうじろう「ああ、今から一息入れようと思ってたところだ」
かなた「そう思って、はい。コーヒー」
そうじろう「サンキュ。かなた。うぉ!?」
かなた「お客さん、随分肩こってますな…えい!やぁ!」
そうじろう「あ~気持良い~。巧いな~、かなたは」
こなた「お父さん、お母さん、何やってるの?あっ、肩揉み!こなたもやる~」
かなた「あ!?あ~、気持良い~。こなたは肩揉みの天才ね♪」
こなた「えへへへ~♪揉み揉み~♪」
そうじろう「…ん?」
かなた「…」
こなた「揉み揉み~♪」
そうじろう「…!(かなた!寝てる!?)」
こなた「揉み揉み~♪」 

ラジオの収録を終えた後、帰ろうとする私に白石さんが話かけてくれた。
「あきら様って、小さい子供に人気があるんですね」
「はあ?」
私の周りの人間はかなりの年上ばかりで、年齢が近い競演者はあまりいない。
その少数の人間も上辺だけの挨拶や世間話をする程度で、本気で私と友人になろうとする人はいない。
そうした中で、競争相手ではなく、ただの友人のような関係になろう言ってくれたのは彼だけだった。
最初は彼も他の人間と同じだろうと疑って、かなり冷たく接してきた。
だけどどんなに適当にあしらっても、次に会うときには明るく挨拶をしてくれる。
ああ、この人は本気で私の友達になろうとしているんだ。
そう気づいた時には既に乱暴な言葉で受け答えするのが定着していて、変えることは難しくなっていた。
だから今日も、私は喜びを抑えて不機嫌そうな声を作る。
「いきなり何の話? 最近は子供の来るようなイベントに出演してないんだけど」
「えっとですね。実は僕、番組で読まなかったハガキにも毎回かならず目を通しているんですよ」
「あー、はいはい。偉いわね」
紹介する候補に入らなかったハガキとインターネットでのお便りは、私達に読む義務はない。
どうしているのか訊ねたことはないが、私達が欲しがらなければ担当の人間が処分しているのだろう。
それをわざわざ全て読む。最近になって、彼は人気が出たことでかなり忙しくなったはずなのに。
私は彼の真面目さに純粋に感心したが、あえて無関心を装った。
「あんたも暇よね。それで、それがどうかしたの?」
「いつも打ち合わせの段階で弾かれちゃうんですけど、必ず送ってくる常連が何人もいるんですよ」
「それは別に普通でしょ。ファンにしてもアンチにしても、採用してもらうために何度も送るもんだって」
「いや、ところが小学生なんですよ。ラジオが始まる頃には眠っているのが当たり前の子が常連なんです」
私は思わず反応しそうになるのを、感情が顔に出ないようにと必死で押さえ込む。
「今回も何枚か貰ってきたんですけど、見ますか?」
そう言いながら彼が手渡してきたハガキは、見覚えのあるヘタな字で書かれていた。
イタズラのつもりで白石さんの鞄をあさった日に見た、消印の押されていないハガキと同じ文字だ。
「うーん。あきら様が本当は優しいんだって、子供にはわかるんでしょうかねえ」
「……なに、バカなこと言ってんのよ。まあ、あんたに保管されるのも子供が可哀想だし、貰ってあげるわ」
私はハガキを返してもらおうとする白石さんの手を払いのけると、驚く彼の声を無視して走った。
彼が私のために書いてくれたハガキだ。宝物として大切に保存しようと、私は自分の家へと急いだ。

兄さんが、いなくなってしまいました。

素敵で。
優しくて。
賢くて。
笑顔が格好よくて。

すべてを兼ねそろえた、愛する兄さんが、私の元から永遠に去ってしまいました。

彼の一つ一つの仕草が、鮮明に思い浮かびます。
その度に私は胸を締め付けられるような感覚に襲われるのです。

でも、もう大人だから、泣きません。
悲しいけど、泣きません。
私が泣くと、兄さんは悲しむでしょう。
だから、泣きません。
笑顔でいます。
それが、大人なんですよね、兄さん。

パタ、

こなた「………見ちゃ、いけないものを見ちゃったかな……」
みゆき「泉さーん、飲み物を持ってきましたよー」
こなた「え、あ、うん」

こなた「(日記のページ、所々涙の跡があった……)」


みさお「…あの、隣、良いですか?」
みゆき「あっ、はい。どうぞ」
みさお「…すいません」
みゆき「いえ。…どうかなされたんですか?うかない顔をして」
みさお「…え?」
みゆき「あっ、あの、迷惑でしたら謝ります。かがみさんのお友達の方ですよね?確か、日下部みさおさん」
みさお「私の事、知ってるんだ…」
みゆき「かがみさんがたまに話してくれますので…」
みさお「柊が?…そっか、そうなんだ…」
みゆき「私で良ければ、話を聞きますよ?かがみさんの事で悩んでいるのしょう?」
みさお「…うん」
みゆき「私は高良みゆき。よろしくお願いします」
みさお「あっ、私は日下部…って、知ってるんだよね。ははは」 
みゆき「私達は、今から親友同士です。何でも話して下さい」
みさお「親友…うん!あ、あのさ、柊がさ…」
新たな友情の芽生え。これが、その瞬間だった。    

みさお「なぁ、峰岸ぃ…」
あやの「なぁに?みさちゃん」
みさお「私達とあいつの五年って、何だったのかな…」
あやの「…みさちゃんは、私じゃ不満?」
みさお「え、…いや、そういうわけじゃ…」
かがみ「よっ、お昼食べよ」
みさお「あり?隣で食べるんじゃ…」
かがみ「予定変更♪私がいないと寂しいでしょ?特に…」
みさお「…しょうがないなぁ、柊は。一緒に食べてあげますか♪」
あやの「♪」 

「お父さん、なんでこんなに月って気になるんだろうね……ただの岩塊なのにね」

「俺も昔は月にロマン、憧れ、畏怖、様々な感情を抱いてきたからな」

「畏怖って?どんな?月が落ちてくるとか?」

「怖かったんだ。月がかなたを遠くに連れて行っちまうんじゃないかって」

「……」

「実際、かなたを連れて行ったのは病魔だった。月なんか関係ない」

「……………」

「でもな…病院の窓から覗いた月は魔力的に美しかった。」

「……」

「それ以来俺は月が少しばかり怖い。今度はこなたを連れて行っちまうんじゃないかとな」

「お父さん。私は大丈夫だよ」

「……そうだな」

「そうだよ」

「俺も久しぶりに…月見でもするか」

おしまい。

こなた「だ~れだ」
ゆたか「お、お姉ちゃん?」
こなた「F・A?」
ゆたか「F・A!」
こなた「…正解!」
そう言ってお姉ちゃんは手を離したんだと、思う。
でも、目の前は真っ暗で、何も見えなくて…
目は開いてるはずなのに…何で?どうして?


こなた「ゆーちゃん、どったの?」
ゆたか「お姉ちゃん、どうしよ…目が、目が見えないの…」
こなた「…」
ゆたか「お姉ちゃん…」
こなた「ゆーちゃん…だって電気つけてないジャン。ほら」
ゆたか「あっ///」
電気に照らされて私の視界に飛込んできたのは
朧気で、まっ白な世界でした。
ゆたか「あれ?」
やっぱり何も見えません。
欝展開、こうですか!?わかりません><
 
儂の宮神社境内
こなた「か、かがみ?や、やめてよ!?ねぇ、ねぇってば!?」
かがみ「ごめんね、ごめんね…こなた。私、私…もうどうする事もできない…」
こなた「ん!!!んんん!!!」
こなたの腹にかがみの手が突き刺さった。
鋭利な刃は、己の掌を傷つけながら、こなたの体を蝕んでいく。
こなた「ひぎぃぃぃ!!痛い!!痛いよ!!止めてよかがみ!!」
かがみ「こなたを感じるよ?気持ち良い…これがこなたなんだ…」
全身を血に染め、かがみは微笑んでいた。
かがみ「こなたも本当は気持ち良いんでしょ?そうだ!!んぐぶぉ!!…ホントだ…痛いわね…」
こなたから刃を抜くと、今度は己自身にそれを突き刺した。
かがみ「ひぎぃぁぁ!!」
横に引いた赤い一の字から、腸が飛び出してくる。
かがみ「ぶぉふ!?…ごぁなぁたぁ…、内蔵を絡ませあお゛うよ…。きっと…気持ち…良いよ?」
かがみは自身から垂れるモノを握り、こなたの腹に突っ込んだ。
かがみ「…ほら゛…私と、こなたのが…凄い音立てて、いやらしいね…でも…気持ち良い…」
二人の血と腸がそれぞれの中で混じり合う、禁断の愛撫。
かがみ「こなた…大好きだよ…」
血まみれの口をかがみの口が塞いだ。唾液と唾液、血と血の交換、しかしこなたの反応は微弱であった。
かがみ「気持ち…良い…、こなたは?こなたは?…そうだ」
かがみは自分のそれをこなたから抜くと、今度はこなたの口に含ませた。
かがみ「どぉ?こなた…私…美味しい?こなたのも舐めて上げるね?…」
桃色の腸をまんべんなく舐めていくかがみ。
かがみ「少しピリピリするね…でも…美味しいよ…もっと…味わいたいな…」
虚ろな意識の中、かがみはこなたの腹を開き、その中に顔を埋めていった。
かがみ「こなた…愛してるよ…こなた…こなた…」
こなたは吐血した。それは二人の命の絶えた瞬間だった。
翌朝、ただおによって二人の死が確認された。      

つかさ「っていう夢をみたよ」
こなた「うわ……やばいねそれ」
かがみ「なるほど」

そう「ふあぁぁぁ。もう寝るかな。よっと。…ん?こなた?どうした?そんなところで。眠れないのか?」
こなた「えいっ!」
そう「おいおい、俺と寝るのか?まあ、俺はかまわんが」
こなた「こんばんは。そうくん」
そう「へ?…お…おい、どっきりするじゃないか…こなた」
こなた「私の声、こなたに似てるかな?」
そう「…えっ…どういう…いや、だってかなたは…」
かなた「うん。だから、今日は特別」
そう「あ、会いに来て、くれたのか?」
かなた「うん♪体はこなただけどね」
そう「…会いたかった…会いたかったぞ…かなた…」
かなた「私もだよ、そうくん。そうくん、泣いてる?相変わらず涙脆いな」
そう「当然だろ…涙枯れそうだ…」
かなた「よしよし」
そう「…懐かしいな…あの頃もお前に慰めてもらったよな…」
かなた「そうくんを慰めるのは私の役目だもん。
    …ごめんね、私の体じゃないから、これ以上はできない…」
そう「こうしてくれるだけで十分。娘の体には手出しできないよ」
かなた「大事に育ててるんだね」
そう「当然だろ?俺とお前の愛の結晶だ」
かなた「…少し嫉妬しちゃうな…」
そう「…」
かなた「そうくん?」
そう「…zzz」
かなた「そうくん、お疲れ様」
……
こなた「ケダモノ!!もう!!私は娘だよ!?何考えてんのさ!?ゆい姉さんに電話しなきゃ!!」
そう「あ、あれ?…こなた?かなた?」
こなた「あ、もしもし!?ゆい姉さん!?お父さんがね(ry」
かなた『そうくん、ごめんね…』      

寒い日で、

つかさ「おはよ~」
こなた「あ…、でね、みゆきさん、立木さんがさ(ry」
みゆき「くすくす…おかしいですね♪それからどうなったんですか?こなたさん」
つかさ「…(何で二人とも無視するんだろ…)」

かがみ「おーす、げっ!?…やっぱ自分のクラスで食べるわ。ごめんね、こなた、みゆき」
つかさ「え…お姉ちゃん?」
こなた「つれないなぁ、かがみんは」
みゆき「残念ですが、頂きましょうか?こなたさん」
つかさ「…あはははは、どしたんだろ、お姉ちゃん…」

みき「みんな~、ごはんよ~」
かがみ「う~い」
つかさ「あれ?私のご飯は?」
まつり「かがみ、それとって」
いのり「お母さん、マヨネーズまだある?」
ただお「おっ、虚人優勝か」
つかさ「…私の…ご飯…」
みき「みんな、おかわりあるから沢山食べてね♪」

つかさ「つかさです。…寒いです…私何かしたのでしょうか?…寒杉です…」 

おばさんa「奥さん、最近あの子、良く見掛けるわね。おうちのお手伝いかしら。偉いわね~」
おばさんb「どの子?…まっ!奥さん!あの子、泉さんとこの奥さんよ?」
おばさんa「えっ!?だって…うぇ!?泉さんてあの作家さんよね?…まさか炉」
おばさんb「ああみえても同い年ですって。かなりラブラブらしいわよ?あ!目があった」
かなた「こんにちわ~」
しばらくたって
おばさんa「最近めっきり見なくなったわね。泉さんの奥さん」
おばさんb「ああ、入院してるらしいわよ。お子さん産んでからあまり具合が良くないらしくって」
おばさんa「体が小さい分負担も大きかったのかしら。お気の毒にね」
更にしばらくたって
おばさんa「奥さん聞きまして?」
おばさんb「ええ、泉さんの奥さん、亡くなったらしいわね…」
おばさんa「まだこれからって時に…」
おばさんb「あら、あの人、泉さんよね、随分やつれて…」
10ん年後
おばさんa「それにしてもよく似てるわよね…」
おばさんb「泉さんの娘さん?ほんとそっくりよね~。溺愛されてるって噂よ?」
おばさんa「それじゃあ彼氏なんかできた日には」
おばさんb「悔しくて悲しくて、耐えられないでしょうねw…あ」
こなた「こんちわー」
そんな日常 

こなた「そんな……お父さんが黒の組織のボスだったなんて……」
そうじろう「すまない。かなたが大人になっていく現実に耐えられなかったんだ」
こなた「まさか、私やゆーちゃんがこんな身体なのも!?」
そうじろう「ああ。かなたは薬の副作用で死んでしまったが、おかげでお前達には調整した物を……」
こなた「嘘だ! ねえ、嘘だと言ってよお父さん」

富士の樹海
誰か「よし、ロープも張った。これでいい。これで楽になれる。
   …何もない人生だったけど、それなりに楽しかったよ。…じゃ…」
?「じゃねーだろ…ヲイ!」
誰か「うお!?だ、誰だ、あんた!?いつからいた!?」
?「ずっといたよ。あんたが気が付かなかっただけた。そんな事より、あんた、死ぬつもりか?」
誰か「あ、あんたには関係ないだろ!ほっといてくれ」
?「まあ、これでも見てくれよ。それ」
誰か「おおお?よっと…ん?…うわぁぁぁぁぁ!な、ななな生首!!」
?「男だか女だかもわからねぇ。まあ、あんたの逝く末ってわけだ。気持ち悪いだろ?」
誰か「げはっ…、じ、自殺を…止めさせるつもりか?」
?「別に。俺には関係ないからな」
誰か「あんたは…何やってるんだよ?こんな所で」
?「仕事さ。わがままお姫様のお使いでね…」
誰か「仕事…一人でか?」
?「あんたには関係ない。こいつに水をくんで、職場に戻る。それだけだ」
誰か「ぼろぼろ…傷だらけじゃないか。仕事って…、罰ゲームかなにかか?」
?「似た様なもんさ。俺も色々と失望してるが、死なないぜ?生傷にまみれ様が、罵倒され様が、俺は死なない」
誰か「…」
?「俺はもういくぜ?死にたいなら好きにしな。じゃあな」
誰か「お、おい、あんた、名前は?」
?「名前…白い、いや、白…しら…」
誰か「最初見たとき鬼かと思ったよ。まさに鬼の形相だった。
   (白がつくのか…)じゃああんたは白鬼、富士の白鬼だ。そう覚えておく」
白鬼「じきに日が暮れる。抜けるなら急いだ方が良い」
そう言い残し、更に森の奥へと入っていく白鬼。
誰か「あ、あんたも、気を付けろよなー!!」
無言。それが白鬼の返事。
今日も見ず知らずの人の命を救った白石であった。
彼が戻るのは、いったいいつの日か…  

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。