ID:LTQQ00wPO氏:タイトル不明

「こなちゃん!こぉなぁちゃん!」
私の頭に向かって振り下ろされるエクスカリバーという名の剣。剣の見た目に刃に当たる部分からビームらしき縦棒が付いている。
あれに当たったらひとたまりもない。
私はフリーダムのブーストを使って後ろに飛び、剣を避ける。
剣は空を切った後、再び構えられた。
「こなちゃんが……おねぇちゃんをあんなひどい目に合わせたんだ」
ディスティニーがブーストを大幅に出力し、こちらに迫ってくる。
「だから……こなちゃんを絶対許さない!」
「くっ……ごめんつかさ」

私はそう呟くと、ビームサーベルを機体の右手に持ち、ディスティニーに向かってブーストを飛ばす。

お互いの武器の射程に入る。
ディスティニーが剣を上から両手で振り降ろす。
私は下から斜め上へと切り上げる。



鉄が熱で溶けた音がする。
結果は、つかさの剣は空を切り、私の剣はディスティニーの両手を切り裂いた。
海に落下していくディスティニーの両手
「うぅぅぅ……!」
ディスティニーは両手が無ければただの無能と化す。
私はディスティニーの手、足、頭、ブーストなど、コックピット以外の全てを斬り落とした。
「あぁぁぁぁ……」
機体はコックピットを残し、無様に海へと落ちていった。

「つかささん!」

前方から赤い機体が飛んで来た。
あれはセイバーと呼ばれる機体だ。
「みゆきさん……」

私は呟く。
「こなたさん……いくらなんでも酷すぎます」
「しょうが……なかったんだよ」
「……そんなの理由になってません!」
「私があなたを落とします。つかささんのために……」
「くっ………」


ビームライフルを撃ち合う音が鳴り続ける。
右手に持つビームライフルと呼ばれる銃をみゆきさんのセイバーの頭に照準を合わせ、撃つ。

だが軽く躱される。躱しながら私に向かってビームライフルを構える。
放たれたビームを、私は左手に持つシールドで弾く。
一進一退の攻防、均衡した戦い。……だったのもつかの間だった。
セイバーの腰にぶら下がっている巨大なビーム砲。
威力、大きさは普通のビームライフル数倍はある、それが放たれた。
私はシールドで直撃は防いだが、シールドは木端微塵に吹き飛んだ。
「くっ」
私はすぐ様ビームライフルをセイバーに向け構える。が、それを予知していたのか、私のビームライフルをセイバーのビームが撃ち抜く。
私のビームライフルは使い物にならなくなった。

焦った私は、ビームサーベルを二本両手に持ち、セイバーに向かって突っ込んだ。
だがセイバーは微動だにしない。
私は両肩目掛けてビームサーベルを振り下ろした。







空を斬るサーベル。消えたセイバーの姿。
下にむいていた視界を上へ持ち上げる。
そこには腰のビーム砲を構えたセイバーの姿………


ドゥン!
凄く大きな発射音と共にビームが発射される
ビームはフリーダムの両肩を貫いていった。
「わあぁぁぁぁ……」もの凄いGが私を襲う。コックピット内に危険を知らせる警報が鳴り響く。

私は操縦に集中することが出来なくなり、真っ逆様に落ちていった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。