ID:+ksuBndAO氏:蕎麦の謎解き

お姉ちゃんの家に遊びに行った時、柊つかさ先輩から突然批評を依頼されてしまった。
「…どういう意味ですか?批評って何を批評するんです?」
「うん、お蕎麦なんだ。ゆきちゃんに聞いたんだけど、みなみちゃんお蕎麦好きなんでしょ?」
確かにお蕎麦は好きだけど、通という訳じゃない。
批評なんてできるほどの舌を持ってないし、人によっては『下品』なカケの類も平気な人間だ。
「実はね、専門学校でお蕎麦作ったんだけど」
「…料理の専門学校って、お蕎麦も作るんですか?」
「正確には課題は『麺類』だったんだけど…グループでやる課題だから、同じグループの子が『目立つように』ってお蕎麦にしちゃって」
しかもわざわざ手打ち蕎麦にしたとか。さすがにつなぎを使った二八蕎麦らしいが、講師は食べる前に
「作り直し」
と宣告した。
食べもしないで、とグループの人達は抗議の声を上げたらしいが、逆に講師は溜め息をついたとかなんとか。そして
「…違う麺類にして作る事。それと、なんでこれが駄目なのかの理由をレポートで提出しなさい。コレが駄目な理由がわからないようなら、問題ありだからね」
と言ったらしい。
…問題ありとは随分な話だなぁと思う。
「…それで私に?」
「うん、ゆきちゃんにも訊いたんだけど」
「料理については私よりつかささんや泉さんの方が詳しいですから、つかささんがわからない事に気づける自信がないんです。それでみなみちゃんがお蕎麦が好きだと伝えたんです。好きな人なら何かわかるのではないかと」
「お蕎麦は好きだけど、わかるかどうかはちょっと」
「なんでも良いの。お願い、手伝ってくれないかな」
…そこまで言われたら仕方がない。協力するしかないかな。
「わかりました。…その、お蕎麦って今ありますか?」
「ありがとう!ゆきちゃんに試食してもらうために持ってきてあるから、今から作るね。お台所借りていい?」
「どうぞ。勝手はわかりますか?」
「大丈夫だよ」

…でも見ただけでわかる食べない理由、何だろう?
掛け蕎麦で『下品』と思ったから?…いや、さすがに料理学校の講師がそれはないと思う。たぶんだけど。
手打ち蕎麦がボロボロだったとか…はない。二八と言ってたし、そもそもそれならつかささん達にもわかる。
となると、やっぱりアレかな。


『蕎麦の香りが死んでいた』


蕎麦を選んで食べる理由の一つは、蕎麦の香りを楽しむためだ。
その香りがしないものを出されて、しかも理由がわからないと言われたのなら、講師の溜め息も納得がいく。
…でも食べないでわかるだろうか………いや、わかる。見るだけで香りが死んでいるとわかる方法がある。
好きなだけの私が知っているのだから、講師なら尚更だ。
あれ、でも手打ち蕎麦って言っていたけど…うん…あり得るけど…。


「出来たよ、これがその時の盛り蕎麦と花巻蕎麦だよ」
………うわぁ………予想した通りだった。これは講師さんの反応も納得だ。
「みなみさん?もしかしてわかったんですか?」
「…うん。つかさ先輩、確認したいのですが、お蕎麦の色はあの時もこの色だったんですね?」
「う、うん。こういう色だったけど…え、色のせいだったの?」
「違います。色でわかったんです、このお蕎麦は香りが死んでいると」
「ちょっと一口もらいます。…確かに、お蕎麦の香りがしませんね」
「ホントだ。私てっきりダシ汁に問題があるのかと思ってたのに」
「味見しなかったんですか?」
「おつゆしかしてなかったんだ、手打ちって言ってたから…」
「手打ちなのは本当だと思います。けど…出来立てじゃなくて、何日か経っている、もしくはそば粉が古いんです」
だから変色していた。下手に『手打ち』を売りにしているまずいお蕎麦屋にありがちな色になっている。
どんなに保存に気を使っていようと、劣化は避けられない。
蕎麦も『鮮度が命』なんだ。
それがわからずに抗議されては、講師の人も呆れただろう。
『手打ちだから』無条件に美味しいわけじゃない。こんな蕎麦なんかより、機械打ちを出された方がまだ評価するだろう。
「そういえば、市河米庵という蕎麦通の江戸時代の書家が言ってましたね。蕎麦のうまさは鮮度にある、と」
「そうなの?」
「その人の事は知りませんが…こういう色のお蕎麦を何度か食べたことがあるんです。それがどうにも気になって、別の美味しいお店の人に訊いたんです。ああいう色の蕎麦はどうして不味いのでしょう?って」
「お店の人が教えて下さったんですか?」
「うぅん。近くで聞いていた他のお客さんが教えてくれた」
親切な人だった。お礼にその人のお金は払うと申し出たのだが、さすがに年下の女性に奢ってもらうわけにはいかないと断られた。


「親切な方もいるんですね」
「うん…」
「ならその内容をレポートに書いて提出するよ。ありがとう二人とも、お礼に今度何か作って持ってくるね。何がいい?」
…何か、か。
…ならやっぱりここは。
「…お蕎麦でお願いします」

END


「…ところでこのお蕎麦はどうします?」
「…えーと、一応食べない?」
「でもなんで花巻蕎麦なんです?」
「えっと、海苔が好きな子がいるから」


今度こそEND


コメント・感想フォーム

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。